名言DB

9413 人 / 110706 名言

伊藤守の名言

twitter Facebook はてブ

伊藤守のプロフィール

伊藤守、いとう・まもる。日本の経営者、エグゼクティブコーチ。日本大学卒業後、商社勤務を経て20代で貿易会社を設立。30代で出版社を設立。45歳のときにコーチングのコーチ・トゥエンティワン(のちのコーチ・エィ)を設立。経営者を対象としたエグゼクティブ・コーチングを行うかたわら、企業・経営者団体・地方公共団体・教育機関などで講演活動を行っている。著書に『神戸大学ビジネススクールで教える コーチング・リーダーシップ』『コーチングの教科書』『エグゼクティブのための正しいゴルフの習い方』『1分コーチング ~効果的な「聞き方・話し方」72のスキル』『コーチング・マネジメント―人と組織のハイパフォーマンスをつくる』『主体的に動く アカウンタビリティ・マネジメント』『図解コーチングマネジメント』ほか。

伊藤守の名言 一覧

最近は再びリストラの話を聞きますが、いい経営者が次々と手を打っていけば次世代のリーダーが新たな事業に挑み、雇用はむしろ増えるはずです。私は社長のミッションとは、新たな仕事をつくり、雇用を創出することだとこれまで心がけてきました。だからこそ、後継者のマネジメントが経営者にとって最も重要な務めだといえるのです。


いまの時代は乱世ですから、不確実性や複雑さ、不安定さといった環境の中で新しい価値を創造していくリーダーが求められます。様々なストレスに対する耐性や、部下のモチベーションを高める力も必要です。私はそういうリーダーを数多く育てることが、結果として新たな事業や雇用の創出にもつながるとみています。


後継者を決めるというのは、何も次の社長一人だけを育てることではありません。その候補者のブレーンを含めて、次世代のマネジメント層を育てることなんです。つまり一人の後継者を決めることによって、次を担うマネジメント層がぐんと広がり、育っていきます。


社長とは完成形の存在ではありません。自分の考えを整理してくれるような人が身近にいた方がいい。


米国では名だたる経営者にもコーチがついています。対話を通じて自分を客観視したり、社員の目や顧客の目線で自分を見たりと、複数の視点を持っていないと経営はおぼつきません。私も自らの経験からそう感じました。


45歳のときに後継者を決めたことが、会社の拡大に寄与しました。グループの規模は当時に比べて5倍くらいに伸びています。私一人が頑張るのではなく、次や、その次の世代の人たちが一緒に動いたからでしょう。


私が最初に米国人コーチに言われたことは「後継者は誰にするんですか」ということでした。45歳といえば、一般的にはまだこれからという年代です。急に聞かれてもわかりません。「まだ決めていません」と答えると、そのコーチは「じゃあ、次回会う時までに遺書を書いておいてください」と言いました。「遺書を書け」と言われて初めて、後継者を考えることにリアリティが湧いてきました。


伊藤守の経歴・略歴

伊藤守、いとう・まもる。日本の経営者、エグゼクティブコーチ。日本大学卒業後、商社勤務を経て20代で貿易会社を設立。30代で出版社を設立。45歳のときにコーチングのコーチ・トゥエンティワン(のちのコーチ・エィ)を設立。経営者を対象としたエグゼクティブ・コーチングを行うかたわら、企業・経営者団体・地方公共団体・教育機関などで講演活動を行っている。著書に『神戸大学ビジネススクールで教える コーチング・リーダーシップ』『コーチングの教科書』『エグゼクティブのための正しいゴルフの習い方』『1分コーチング ~効果的な「聞き方・話し方」72のスキル』『コーチング・マネジメント―人と組織のハイパフォーマンスをつくる』『主体的に動く アカウンタビリティ・マネジメント』『図解コーチングマネジメント』ほか。

他の記事も読んでみる

藤本やすし

若いスタッフと会話していて、そこから学ぶことも多いですね。


山田隆持

フォロー(追い風)のときは何をやっても上手くいくから、あまりものを考えません。しかし、アゲインスト(向かい風)のときは真剣にものごとを考えます。だからあとになって振り返るとアゲインストのときに蓄積したものの方が多かったと気づくのです。いまは、仕事について真剣に考え、将来のためにしっかりと蓄積をする時期です。これはビジネスマンにとって、もっとも大切な考え方のひとつだと思います。


西岡常一

大学どころじゃない、大大学に行かせてもろうたようなもんです。
【覚書き|法隆寺で宮大工として働いた経験について語った言葉】


小宮一慶

朝の時間や、午前中の頭がクリアな時間に、本をじっくり精読します。本質的な思考や教養を深めることで、仕事に対する新しい視点も得られる。私にとってはなくてはならない勉強なのです。


スタンダール

最も賢明なことは、自分を自分自身の打ち明け相手にすることだ。


捧賢一

ウチには日本一の販売シェアを持つ商品がざっと1000ある。たとえば、年間115万足を販売する長靴。工事現場の足場に使う単管パイプは1万トン。セメントは20キログラム入りが100万袋。灯油は31万2000キロリットル売れています。当たり前なんですよ。店数が圧倒的に多いハード&グリーンは、一般のホームセンターに比べて小型なので、一店に1万8000アイテムしか置けない。その分、一単品の扱いが増えます。


藤原洋

得意なものが1つあれば、それで十分良い。世界は協調した方がいい。得意技を持ち寄れば今よりもっと住みやすい世界になる。日本はここをやりますというのを持っていることが外交上極めて重要。


柳弘之

自身はナイジェリア、アメリカ、フランス、インドと、合計4カ国、18年間海外で仕事をしましたが、そのおかげで、これらの国々の市場と工場のことが肌感覚でわかります。この、海外のことが理屈ではなく肌でわかるということが、非常に重要なポイントだと思います。


林野宏

拙速に目先の答えを求めるような読書は勧めない。本は「知の泉」だ。あなたの幹を太くし、先手を打ち続けるための分析、判断、そして実行を支える力を身につけるべく、ジャンルを問わずに臆せず手に取り、より多くのページをめくってほしい。


小池利和

海外販売会社の資産は、「ヒト」「在庫」「売掛金」の3つに絞られる。特に、どれほど古い商品の在庫を抱えているか、売掛金の支払い遅延は発生していないかどうか。この2つは、新興国で生き残る上で欠かせない指標になります。


山田雅裕

ミスや失敗は誰でも必ずします。だから、「ミスしちゃダメだ」なんて考えなくていい。ミスを怖がりすぎていたら、無難でつまらない仕事しかできなくなりますよ。


イチロー(鈴木一朗)

上手くいっているだけではつまらない。


染谷光男

中東のある国でスーパーの客にしょうゆを味見してもらおうと提案したら、販売代理店から猛反対されました。そこでは宗教上、試供品を手渡す女性に対し、男性客が質問したくても声をかけられないからとのことでした。そこで試供品にレシピを付けるなど知恵を絞りました。


河内誠一

店の経営は、初めからソロバン勘定ばかりを考えてやっていては長続きしません。お客様に感動を与えることが重要なのです。


岡素之

会社の信用とは、結局、社員一人一人が支えていくものです。毎日の仕事の中で、それぞれの社員が取引先やパートナーに信頼されることがすなわち、我が社の信用そのものなのです。