名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

伊藤守の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

伊藤守のプロフィール

伊藤守、いとう・まもる。日本の経営者、エグゼクティブコーチ。日本大学卒業後、商社勤務を経て20代で貿易会社を設立。30代で出版社を設立。45歳のときにコーチングのコーチ・トゥエンティワン(のちのコーチ・エィ)を設立。経営者を対象としたエグゼクティブ・コーチングを行うかたわら、企業・経営者団体・地方公共団体・教育機関などで講演活動を行っている。著書に『神戸大学ビジネススクールで教える コーチング・リーダーシップ』『コーチングの教科書』『エグゼクティブのための正しいゴルフの習い方』『1分コーチング ~効果的な「聞き方・話し方」72のスキル』『コーチング・マネジメント―人と組織のハイパフォーマンスをつくる』『主体的に動く アカウンタビリティ・マネジメント』『図解コーチングマネジメント』ほか。

伊藤守の名言 一覧

最近は再びリストラの話を聞きますが、いい経営者が次々と手を打っていけば次世代のリーダーが新たな事業に挑み、雇用はむしろ増えるはずです。私は社長のミッションとは、新たな仕事をつくり、雇用を創出することだとこれまで心がけてきました。だからこそ、後継者のマネジメントが経営者にとって最も重要な務めだといえるのです。


いまの時代は乱世ですから、不確実性や複雑さ、不安定さといった環境の中で新しい価値を創造していくリーダーが求められます。様々なストレスに対する耐性や、部下のモチベーションを高める力も必要です。私はそういうリーダーを数多く育てることが、結果として新たな事業や雇用の創出にもつながるとみています。


後継者を決めるというのは、何も次の社長一人だけを育てることではありません。その候補者のブレーンを含めて、次世代のマネジメント層を育てることなんです。つまり一人の後継者を決めることによって、次を担うマネジメント層がぐんと広がり、育っていきます。


社長とは完成形の存在ではありません。自分の考えを整理してくれるような人が身近にいた方がいい。


米国では名だたる経営者にもコーチがついています。対話を通じて自分を客観視したり、社員の目や顧客の目線で自分を見たりと、複数の視点を持っていないと経営はおぼつきません。私も自らの経験からそう感じました。


45歳のときに後継者を決めたことが、会社の拡大に寄与しました。グループの規模は当時に比べて5倍くらいに伸びています。私一人が頑張るのではなく、次や、その次の世代の人たちが一緒に動いたからでしょう。


私が最初に米国人コーチに言われたことは「後継者は誰にするんですか」ということでした。45歳といえば、一般的にはまだこれからという年代です。急に聞かれてもわかりません。「まだ決めていません」と答えると、そのコーチは「じゃあ、次回会う時までに遺書を書いておいてください」と言いました。「遺書を書け」と言われて初めて、後継者を考えることにリアリティが湧いてきました。


伊藤守の経歴・略歴

伊藤守、いとう・まもる。日本の経営者、エグゼクティブコーチ。日本大学卒業後、商社勤務を経て20代で貿易会社を設立。30代で出版社を設立。45歳のときにコーチングのコーチ・トゥエンティワン(のちのコーチ・エィ)を設立。経営者を対象としたエグゼクティブ・コーチングを行うかたわら、企業・経営者団体・地方公共団体・教育機関などで講演活動を行っている。著書に『神戸大学ビジネススクールで教える コーチング・リーダーシップ』『コーチングの教科書』『エグゼクティブのための正しいゴルフの習い方』『1分コーチング ~効果的な「聞き方・話し方」72のスキル』『コーチング・マネジメント―人と組織のハイパフォーマンスをつくる』『主体的に動く アカウンタビリティ・マネジメント』『図解コーチングマネジメント』ほか。

他の記事も読んでみる

宗次徳二

私は現場第一主義なので、とにかく、最初の頃は毎日、全店舗を回っていました。そこで、ことあるごとに接客第一、お客様のことを最優先で考える。売り上げや利益も大事だけれど、ほかのどんな店にも、接客だけは負けない、そういう想いを従業員に伝え続けました。それを続けていく中で、片腕と呼べる部下も育って、増えていく店舗にも対応できるようになっていきました。


八剱洋一郎

あるプロジェクトを成功させたとしても、そのチームの一員であったというだけでは評価されない。


デービッド・アトキンソン

日本のアナリストが書いた本の多くは、キャッチフレーズを並べているだけで、データ分析が足りません。私も執筆中、常識だと思って書いたことが、後にデータと照らし合わせると、結果がまったく違ったことが何度かありました。それほどデータは大切なのに、なぜか日本ではそれを指摘する声が少ない。


澁谷誠(経営者)

成果を出すことをめざしてカイゼン活動に取り組むのですが、グループカイゼン活動では、ときには目標としていた成果を出せなかったチームが最優秀賞を取ることもあります。結果は出せなかったけれどプロセスが素晴らしかったという場合です。要領のいい社員は事前に結果を予測し、それに対して肉づけを行なっていくので、予想どおりの結果が出ますが、そればっかりじゃ困りますよね。思ってもみないような結果が出て、なおかつ素晴らしい成果が上がる。こういうケースがベストなカイゼンです。


前田鎌利

資料作成で大事なのは、余計な情報をギリギリまで削ること。伝えたいキーメッセージを一つに絞って、余白をたくさん残したほうが、想像力をかきたてられた受け手は興味を示し、結果、採用に至りやすい。本編から削ぎ落とした情報は、補足資料として添えることでフォローできます。


徳谷智史

夢の実現には、まず機会を創ること。自分より前に進んでいる人との接点を増やしたり、小さくても自ら新しい予定を入れることをおすすめします。


林野宏

人は皆、自分の中にクリエーティビティーやイノベーションを生み出す「知の泉」を持っています。この泉を広げ深めていくのも、遊びであり、学びであり、仕事です。そして、その源泉にあるのが、好奇心でしょう。


やましたひでこ

断捨離は、たんなる片づけとは異なります。「使えるか、使えないか」といったモノを軸とした考え方ではなく、「このモノは自分にふさわしいか」と問いかけるのです。つまり、主役は「モノ」ではなく「自分」なのです。そして、時間軸はつねに「いま」。「将来、いずれ、そのうちに、必要になるかも……」と考えるのは曖昧な選択、決断ですよね。いま、自分に不必要なモノを手放し、必要なモノを選んでいく。その結果、自分自信を深く知ることにつながり、心までもが軽くなって、ありのままの自分を肯定できるようになります。


大橋未歩

8か月の療養を経て職場に復帰すると、コンビニの店員さんやタクシーの逆転手さん、清掃のおばさんたちが「お帰りなさい」「よかったわ~」と迎えてくださって。うれしいのと同時にハッとしました。私はテレビ局のアナウンサーとして、こういう皆さんに、何かを伝える仕事をしているんだな、と再確認できたんです。目の前にいるスタッフの期待に応えようと、内向きに仕事をしがちだった自分。カメラを見て話すばかりで、誰に何を伝えているのかを見失いがちだった自分に気づきました。


高島郁夫

大塚家具の社長との出会いも、ある営業マンから紹介されたのがきっかけでした。当時、大塚家具は「プライスを崩す取引先」として有名だったのです。僕はそれに納得がいかなかったので、「メーカーを育てようという姿勢を持ってほしい」と社長に直訴したんですが、一所懸命訴えているうちに、感極まって涙ぐんでしまいました。そうしたら、冷たい人という定評だった社長が、値引きをやめてくれた上に、その後もずいぶん懇意にしてくれたんです。


鈴村尚久

リードタイム(所要時間)を短縮したいときは、まず待ち時間を探し出して削ること。


船越英一郎

2時間ドラマでやっと主役をもらえるようになったころ、自分の中での葛藤もあり、マネージャーをはじめ、スタッフたちと「2時間ドラマの仕事を減らして、3番手、4番手になってもトレンディドラマや映画に出演した方がいいんじゃないか」と何度も話し合いました。でもあるとき、「ここまで頑張ってきたんだから、とことん極めよう」と考え方が変わったんです。すると、ドラマの撮影によって人生の大半を忙殺されていると後ろ向きに捉えていた毎日の仕事が、楽しみに変わりました。