伊藤守の名言

伊藤守のプロフィール

伊藤守、いとう・まもる。日本の経営者、エグゼクティブコーチ。日本大学卒業後、商社勤務を経て20代で貿易会社を設立。30代で出版社を設立。45歳のときにコーチングのコーチ・トゥエンティワン(のちのコーチ・エィ)を設立。経営者を対象としたエグゼクティブ・コーチングを行うかたわら、企業・経営者団体・地方公共団体・教育機関などで講演活動を行っている。著書に『神戸大学ビジネススクールで教える コーチング・リーダーシップ』『コーチングの教科書』『エグゼクティブのための正しいゴルフの習い方』『1分コーチング ~効果的な「聞き方・話し方」72のスキル』『コーチング・マネジメント―人と組織のハイパフォーマンスをつくる』『主体的に動く アカウンタビリティ・マネジメント』『図解コーチングマネジメント』ほか。

伊藤守の名言 一覧

最近は再びリストラの話を聞きますが、いい経営者が次々と手を打っていけば次世代のリーダーが新たな事業に挑み、雇用はむしろ増えるはずです。私は社長のミッションとは、新たな仕事をつくり、雇用を創出することだとこれまで心がけてきました。だからこそ、後継者のマネジメントが経営者にとって最も重要な務めだといえるのです。


いまの時代は乱世ですから、不確実性や複雑さ、不安定さといった環境の中で新しい価値を創造していくリーダーが求められます。様々なストレスに対する耐性や、部下のモチベーションを高める力も必要です。私はそういうリーダーを数多く育てることが、結果として新たな事業や雇用の創出にもつながるとみています。


後継者を決めるというのは、何も次の社長一人だけを育てることではありません。その候補者のブレーンを含めて、次世代のマネジメント層を育てることなんです。つまり一人の後継者を決めることによって、次を担うマネジメント層がぐんと広がり、育っていきます。


社長とは完成形の存在ではありません。自分の考えを整理してくれるような人が身近にいた方がいい。


米国では名だたる経営者にもコーチがついています。対話を通じて自分を客観視したり、社員の目や顧客の目線で自分を見たりと、複数の視点を持っていないと経営はおぼつきません。私も自らの経験からそう感じました。


45歳のときに後継者を決めたことが、会社の拡大に寄与しました。グループの規模は当時に比べて5倍くらいに伸びています。私一人が頑張るのではなく、次や、その次の世代の人たちが一緒に動いたからでしょう。


私が最初に米国人コーチに言われたことは「後継者は誰にするんですか」ということでした。45歳といえば、一般的にはまだこれからという年代です。急に聞かれてもわかりません。「まだ決めていません」と答えると、そのコーチは「じゃあ、次回会う時までに遺書を書いておいてください」と言いました。「遺書を書け」と言われて初めて、後継者を考えることにリアリティが湧いてきました。


伊藤守の経歴・略歴

伊藤守、いとう・まもる。日本の経営者、エグゼクティブコーチ。日本大学卒業後、商社勤務を経て20代で貿易会社を設立。30代で出版社を設立。45歳のときにコーチングのコーチ・トゥエンティワン(のちのコーチ・エィ)を設立。経営者を対象としたエグゼクティブ・コーチングを行うかたわら、企業・経営者団体・地方公共団体・教育機関などで講演活動を行っている。著書に『神戸大学ビジネススクールで教える コーチング・リーダーシップ』『コーチングの教科書』『エグゼクティブのための正しいゴルフの習い方』『1分コーチング ~効果的な「聞き方・話し方」72のスキル』『コーチング・マネジメント―人と組織のハイパフォーマンスをつくる』『主体的に動く アカウンタビリティ・マネジメント』『図解コーチングマネジメント』ほか。

他の記事も読んでみる

長谷川閑史

私が社長になるまで、武田薬品工業は本格的な買収は一回もやったことがありませんでした。まずふたつほど小さな会社を買収して、米ミレニアム・ファーマシューティカルズを3年ほど前に買収しました。その成功体験を踏まえ、ナイコメッド(スイスの大手製薬会社)の買収に乗り出しました。


日覺昭廣

市場がなくなってしまった領域では撤退というか、事業をやめるしかありません。ですが、市場が存在し続ける限りは、撤退なんてあり得ません。苦しい時を耐え忍び、20~30年待っていると、国内海外問わず優秀な人材が育ってきます。それは何にも代えがたい財産になるからです。


渡部恒三

大事なのは、やっぱり思いやりと感謝の気持ち。それが人生哲学です。だから、親の七光りもないし、人より優れているものなんかなんにもない私が県議会議員2期、衆議院議員14回、一度も落選することなく連続で当選することができたのだと思います。


岡野喜太郎

非常時にも平常のように営業するのが銀行の使命である。お客様から預かった大切なお金を、この災害(関東大震災)で金のいるときに、支払いの出来るのに支払いをしてはならないというはずがない。必要なのは復興である。復興の資金である。
【覚書き|関東大震災の直後、神奈川県の支店を早急に立て直し営業を開始した当時を振り返っての発言】


丹生光

フレームワークの基本はたった2つです。ひとつは「原因と結果の因果関係を探る」ということ。「A→B」というのが、最も原始的なフレームワークです。もうひとつは、異なる軸を用いるなどして「全体を俯瞰する」こと。どちらも、言葉よりもビジュアルでこそ明確になるのです。また、ビジュアル化することで、他の人に伝えやすくなるというメリットもあります。


今井雅人

いろいろ探しては自分たちの行きたい方向に持っていこうとする。市場とはそういうものです。メインシナリオとリスクシナリオを持つ


秋沢崇夫

会社をつくる前のビジネスマン時代に、部下を持って仕事をしていましたが、ちょっとした仕事を頼みたいと思っても、部下も忙しいので頼めない。結局、自分でやらなければならず、こういうときに誰かに頼めればいいなと思ったところから着想しました。


福井威夫

生きることは言ってみれば「仕事をすること」なんです。20歳そこそこで就職して、40年近く会社で一日十時間くらい働くわけでしょう?人生のほとんどが仕事です。もちろん趣味は持ってもいいですが、まず仕事が楽しくなくちゃいけない。「ホンダの三つの喜び」のなかに、つくる喜びが入っているのは、ホンダは滅私奉公じゃないんですよということなんです。仕事から喜びを感じよう。また、喜びを感じるためにいろいろなことをやりましょう。そうすれば、成果である商品も他社とは違ったものになる。


細谷英二

変化を愛することが重要です。現在の経済環境では、以前に起きたことが繰り返されることが減り、逆にこれまで起こらなかったことが日常茶飯事で起こるようになっていくはずです。非循環的な環境に対応できるようになる必要があります。


松本桂樹

緊張しながら懸命に仕事をする姿勢が伝われば、周囲からも好感をもたれるでしょう。ですから、緊張状態を悪いことと決めつける必要はありません。緊張しつつも同時に視野を広げて仕事の意義を考えることが大切なのです。そのことは、働き手としての成長にも確実につながっていくことでしょう。


高城幸司

苦手だろうとも、会社としては、社内外の人とコミュニケーションをとって、きちんと仕事をしてもらい、利益を生んでもらわなければなりません。ですから、僕は人づき合いが苦手という社員にはこうアドバイスしているんです。普段は無愛想でも、だらしなくても何をしてもいい。ただ、仕事のときだけはテキパキとこなし、どんな人とも笑顔で接する、爽やかなサラリーマンに変身する。割り切って、演じるんです。男性は変身モノが好きでしょ? 案外、できるものですよ。


本田圭佑

アメリカでは僕のことを誰も知らない。その状況が燃える。成功して自分のビジネスやビジョンを広めたいという思いがある。


秋山浩保

人間は、自分の入れ込んでいるやり方を褒められると嬉しいものです。自分のこだわりや意識していることを的確に指摘して褒められるのも嬉しい。やっぱり可愛くなりますよ。人間そういうもんですよね。私も気をつけなくては。


御手洗冨士夫

日本は技術で高付加価値の商品やサービスをつくり、生産技術でコストを徹底的に削減していくことが大事。


小島順彦

上手な英語でなくとも自分の意見を言うことが大事。


ページの先頭へ