名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

伊藤妃実子の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

伊藤妃実子のプロフィール

伊藤妃実子、いとう・ひみこ。日本の経営者、デザイナー。「グラネス」社長。東京都出身。慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科修士課程修了。大学在学中にグラネスを設立。

伊藤妃実子の名言 一覧

日本の革職人の現場では、海外ブランドの下請けや低価格で作らされるなど、優秀な職人が正当に評価されていないことを疑問に思いました。日本製の商品は、技術が高くて製作に時間がかかり、価格は高めです。そうした価格設定をお客さまに認めてもらうために、日本で長く培われてきた贈答の文化に着目しました。自分の物であれば安い商品でも十分ですが、人には少し高くても、きちんとしたものを贈りたいですよね。


記念品は会社のイメージを伝えるものですし、さまざまな思いが詰まっています。私の祖父は母が送った日本製の革ベルトを30年たっても大切に使っていました。今は長く使われるものが少なくなりましたが、世代を超えていつまでも大切に使っていただける商品を今後も提供していきます。


伊藤妃実子の経歴・略歴

伊藤妃実子、いとう・ひみこ。日本の経営者、デザイナー。「グラネス」社長。東京都出身。慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科修士課程修了。大学在学中にグラネスを設立。

他の記事も読んでみる

釜本邦茂

創意工夫し、自分だけのものを作れ。


芦田昭充

私が課長時代、アフリカのお客さんから運賃をもらう契約をしても取り漏れとなるリスクが高いので、実質的にはアフリカとの商売は禁止されていました。しかし面白い商売ですから、どこかに解決方法はないかと考えて、商社に相談してみたのです。「あなた方はアフリカにモノを売っているでしょう。どうやって代金を回収しているのですか」と。すると、アフリカのお客に、銀行でLC(荷為替信用状)を開設させて、銀行から代金を取っているというのです。そこで、海運運賃もそれができるかと聞いてみると、理屈の上ではできるはずだという。LCを使ったのは、日本の海運会社で初めてのことでしたし、おそらく世界中の海運会社にも、前例がなかったことだと思います。


赤羽雄二

最近、「睡眠負債」という言葉が注目されていますが、日々の睡眠不足は、借金のように積み重なり健康に悪影響を与えます。そんな無理は長続きするはずもありません。睡眠時間を確保し自己投資の時間も確保するには、1日8時間だけ全力で頑張り、定時で帰る必要がどうしても出てきます。まず、そう決意することが重要です。ダラダラ仕事をするわけにはいかないので、自然と効率がアップします。


ビリー・ブランクス

根性あるのみ。途中で諦める人も多い。心のトレーニングも必要ってわけだ。


小山五郎

いまマイホーム主義という言葉が流行して、誰にも干渉されずに小さく小さく生きるという風潮が世の中に広まっていますが、こういう時代の中でこそ、若い人は火中の栗を拾うぐらいの気概が欲しいところです。蛮勇を振えとはいいませんが、せめて小さな勇気を出してほしいと切に若い人には希望しています。


吉永泰之

トップの表情を社員みんなが見ている。明るくしていた方がいい。トップが眉間に皺を寄せていたら社内は不安になる。


森本雄司

現在の課題は売場の人手不足と働き方改革です。結婚して子育てをし、人手不足の中で働き方と生活を両立させることに取り組まないと本当にいいサービスは提供できない。今までも営業時間の見直し、休館日の導入、会議時間の短縮、デジタル化などを進めてきました。これをもっと浸透させていこうと考えています。


福原義春

人間には「生きる技術」と「生きる意味」がある。生きる技術というのは英語を学ぶことやIT技術をマスターすることです。だけど、もうひとつ「生きる意味」というのがあると思うのです。生きる意味は人間にしかない。つまり自分はどういう存在であるのか、自分でできることは何なのか、自分は社会に対して何をしてあげられるのかということを考えられるのは人間だけです。それが生きる意味だと思うのです。


吉田忠裕

それぞれのお客様にとって必要な品質、価格にミートするファスナーを提供できるのが一番いいわけですが、それはそのお客様にとってベストだとしても、別のお客様にとってベストであるかどうかはわかりません。そうすると、究極はワン・トゥー・ワンになります。ファスナーもコモディティ化してくるのですが、やはり「あなたのためのファスナーを提供します」という活動が重要になります。


上田準二

一般的には、もう少し暖かくなってから発表して、新社長就任は株主総会後というやり方もあります。しかし、私は社長を代わるに当たり、1月1日付にこだわりました。会社の経営はリレー競争です。前の経営者が全速力で次の経営者の所に突っ込んでくる。新しい経営者はそのスピードを落とすことなく、トップスピードで走り続けないといけません。いまは変化の速い時代ですし、競争も激しいからなおさらです。仮に3月に発表して、5月の株主総会後に就任するなんてことをやっていたら、1年があっという間に終わってしまう。総会後に社長になって、もしトンチンカンなことをしてしまえば、次の年度にも影響します。それだったら社長として早いうちに社内外に知ってもらった方がいい。そう考えました。
【覚書き|社長を退く発表を12月27日に行った理由を語った言葉】


魔裟斗

強くなりたければ、自分の一番嫌いな練習や苦手な練習をやった方がいい。好きなことや楽なことばかりやっていたら、強くなれるわけがありません。


西原理恵子

自分の実力を認めるって怖いもんね。でも、要らんプライドをへし折られて、初めて自分の立ち位置がわかるから、若いうちはどんどん失敗したらいいんです。