名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

伊藤妃実子の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

伊藤妃実子のプロフィール

伊藤妃実子、いとう・ひみこ。日本の経営者、デザイナー。「グラネス」社長。東京都出身。慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科修士課程修了。大学在学中にグラネスを設立。

伊藤妃実子の名言 一覧

日本の革職人の現場では、海外ブランドの下請けや低価格で作らされるなど、優秀な職人が正当に評価されていないことを疑問に思いました。日本製の商品は、技術が高くて製作に時間がかかり、価格は高めです。そうした価格設定をお客さまに認めてもらうために、日本で長く培われてきた贈答の文化に着目しました。自分の物であれば安い商品でも十分ですが、人には少し高くても、きちんとしたものを贈りたいですよね。


記念品は会社のイメージを伝えるものですし、さまざまな思いが詰まっています。私の祖父は母が送った日本製の革ベルトを30年たっても大切に使っていました。今は長く使われるものが少なくなりましたが、世代を超えていつまでも大切に使っていただける商品を今後も提供していきます。


伊藤妃実子の経歴・略歴

伊藤妃実子、いとう・ひみこ。日本の経営者、デザイナー。「グラネス」社長。東京都出身。慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科修士課程修了。大学在学中にグラネスを設立。

他の記事も読んでみる

朝倉義景

勝つべき合戦、取るべき城、攻めの時を選び、方角を考え、時日を移すことはなはだ口惜しく候。いかに良き日なるとて、大風に船をだし、大勢に一人向かわばその甲斐なかるべく候。【覚書き|当時、戦前に占いや風水で日時や攻め込む方角を決めていた。その風潮に異を唱えた言葉。どんな吉日でも、状況が悪化しているのであれば意味がなく、タイミングを計って攻め込んだ方が勝つ確率がずっと高くなるという意味】


太田肇

人の上に立つリーダーには、部下たちの本当の気持ちを理解する洞察力が求められる。常日ごろから部下たちとのコミュニケーションを図る姿勢も必要だろう。そして一人ひとりのことをよく考え、部下を利用して自分が出世しようとするのではなく、むしろ「部下を売り込む」役目を果たしていくのである。そうしたリーダーであれば、部下たちは意気に感じて、そのリーダーについていきたいと願うようになる。


松本晃(経営者)

時間で働く時代は終わった。一人一人がもっと学び、文化・教養を高め、心身共に健康になり、家庭生活を大切にする。そんな人が人間として魅力的になり、知恵を使い良い仕事をして会社に貢献する。そうすれば、会社は新製品、新規事業を興し、発展し、利益をあげられる。そして、貢献してくれた従業員にもっと還元できる。


コシノジュンコ

たった一着だけでもいい。自分に合った居心地のいい服があれば、それを着てあらゆる場面に自信を持って臨むことができる。


箭内道彦

露骨に大声で相手を批判したって伝わらない。チャーミングに反論する努力が日本全体で不足してきた気もします。


村上龍

「海外に出る」のも1つの方法かもしれません。私は、30代後半から、40代にかけて、バカみたいに海外に行っていました。それもたいてい一人旅でした。テニスやF1レース、それにサッカーの取材と称して、ヨーロッパを回り、キューバと出会ってからは、映画を撮るという目的もあったのですが、毎年3~4回訪れていました心しかも1か月とか、2か月とか、滞在は長く、あのころ少しだけ世界を知った気がします。20代や30代前半は、ヨーロッパではなく、南北アメリカ、アジア、アフリカなどによく行きました。ヨーロッパに行くには、それなりの知識と、それなりの資金が必要だと思っていたからです。パック旅行ではなく、できたら個人で、それも一人旅で、海外に出るという選択肢は考えてみる価値があると思います。


田中稔一

一週間の起点となる月曜日の朝に設けている「報連相タイム」も時間を合理的に使うためです。9時、あるいは10時から1時間程度、役員や部長クラスから問題点や悩み事を聞くようにしています。時間節約のための報告資料は最大で1枚が原則。当然、緊急性の高い問題も持ち込まれるので、その場合は、その問題に集中して解決にあたっていくことによってスピードアップを図るのです。


筒井康隆

いくら市場が縮小しようが、文の芸術としての小説というものは細々とながらもずっと残ると思いますよ。


唐池恒二

私はななつ星事業をスタートさせた時に、「世界一を目指そう」というビジョンを、プロジェクトに関わる社員やスタッフに伝えました。夢を語ると、参加するメンバーはまず「何をもって世界一なのか」と考える。そして一人ひとりが考えたことを持ち寄り、皆で話し合うことで、チームとしての価値観が醸成されたり、一体感が生まれたりする。


マイケル・ヒルティ

第一号製品の特性が、そののちの事業体制の構築に大きく影響しました。最初に手掛けたのは鉄骨やコンクリートにくぎを打ち込む銃型の工具ですが、当初は釘が固い壁などにはじかれ危険でした。そこで私たちが考案したのは、たとえ釘がはじかれても人とは反対側に落とす技術です。これによって、ユーザーの安全は確保できます。しかし、その特徴と使い方をきちんと説明するには代理店では難しい。それが直販システム導入のきっかけでした。


山本昌(山本昌広)

みなさん、僕のピッチング・フォームっていうのはずっと同じだと思っているでしょう。でも、毎年、変わるんですよ。端から見ている分には、同じように見えても、毎年微妙に違っているんです。背筋の伸び具合とか、グラブからボールを放すタイミングの違いなんか、僕にはすぐわかりますよ。「あ、これは93年のフォームだ、こっちは97年バージョンだな」って。


鈴木敏文

顧客に本当に満足してもらおうと思ったら、競争相手に勝つのでなく、既存の常識を打ち破らなければならない。なぜなら、真の競争相手は同業他社ではなく、絶えず変化する顧客ニーズだからです。