名言DB

9412 人 / 110637 名言

伊藤妃実子の名言

twitter Facebook はてブ

伊藤妃実子のプロフィール

伊藤妃実子、いとう・ひみこ。日本の経営者、デザイナー。「グラネス」社長。東京都出身。慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科修士課程修了。大学在学中にグラネスを設立。

伊藤妃実子の名言 一覧

日本の革職人の現場では、海外ブランドの下請けや低価格で作らされるなど、優秀な職人が正当に評価されていないことを疑問に思いました。日本製の商品は、技術が高くて製作に時間がかかり、価格は高めです。そうした価格設定をお客さまに認めてもらうために、日本で長く培われてきた贈答の文化に着目しました。自分の物であれば安い商品でも十分ですが、人には少し高くても、きちんとしたものを贈りたいですよね。


記念品は会社のイメージを伝えるものですし、さまざまな思いが詰まっています。私の祖父は母が送った日本製の革ベルトを30年たっても大切に使っていました。今は長く使われるものが少なくなりましたが、世代を超えていつまでも大切に使っていただける商品を今後も提供していきます。


伊藤妃実子の経歴・略歴

伊藤妃実子、いとう・ひみこ。日本の経営者、デザイナー。「グラネス」社長。東京都出身。慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科修士課程修了。大学在学中にグラネスを設立。

他の記事も読んでみる

川名浩一

我々の収益の柱はコモディティー化したプラントではありません。LNG(液化天然ガス)プラントや、天然ガスから液体燃料を製造するプラントのような、技術的に難しく大規模なものに挑戦し続けています。リスクも大きいのですが、それを普通にこなせば、自然と収益は大きくなります。


唐池恒二

どう伝えればメッセージが社員やスタッフの胸に残り、「自分ごと」として受け止めてくれるのかについて、徹底的に考える。そのことが大切。


山口拓朗

不機嫌な顔で黙っている上司のいる部署は硬直した雰囲気になり、雑談好きな上司の下では豊かなコミュニケーションが生まれるもの。仕事における意思疎通を円滑にするためにも、積極的に同僚や部下に話題を提供しましょう。


池上彰

話している内容が同じでも、伝える姿勢や態度によって、相手が受ける印象は大きく異なります。たとえよいことでも、仏頂面で言っては、相手は不愉快になるかもしれないし、自信なさげだったら相手の心に届かないことも十分にあり得ます。


トム・ピーターズ

年齢と熱意は必ずしも相関しない。


野口敏(経営者)

この仕事に就いてあらためて思ったのは、日本と欧米の意識の差です。日本人は自分たちがしっかりやっていれば品質や安全は守られると信じている。一方、欧米人はそれを信じておらず、システムを構築し、個人の責任分野を明確にすることを考えています。グローバルビジネスの中でこの差は大きい。せっかく優れた製品をつくっても、国際規格や法律に不慣れなため、無用なトラブルを起こすケースが多々あるのは、率直に言って非常に残念です。


小泉文明

メールはその日中の処理が基本です。これは昔からの習慣で、仕事のTODOをメールで自分宛に送る仕事のやり方が影響しているかもしれません。処理が終わったメールは受信ボックスから移すのですが、1日の終わりに空っぽになっていないと、とにかく気が済まない(笑)。1通でも残っていると、「やり残しがある」と感じて気持ち悪いのです。パソコンでしかメールをやり取りできなかった若い頃は、受信ボックスが空になるまで家には帰りたくなかったですね。


宮下勝成

従来の経営理念はやや形骸化しており、ミッションも不明確でした。そこで、「笑顔で満たす世界と未来」をミッションに、社員・経営が「誠心誠意、共存共栄、驀直進前」から成り立つ当社のバリューを共有し、「世界に生きる」というビジョンに「未来を創る」を加えて、次世代のために事業を創ることを掲げました。
【覚え書き|驀直進前(まくじくしんぜん)=周到な準備を整えたら、信じるところを迷わずまっすぐに前進せよという意味の禅語】


森喜朗

政治家というのは自分のことは後回しにして人のために、世のために尽くす仕事。


西澤敬二

「AIが進化すると人が不要になる」とよく言われるが、そんなことはない。AIによって生産性が上がることは確かだが、新しい価値やビジネスを生み出すことは人間にしかできない。我々損保業界の人間は、AIを使って生産性を高めながら、顧客の安心、安全、健康などに資する価値創造にチャレンジしていくべきだと考えている。


坂本朝夫

全部が私の趣味、それが仕事になる。依頼主からは、詳しいね、じゃ任せるとなる。そう言わせるまで、のめり込むことが大事。


大和賢一郎

「火曜の午前中に会議があるから、資料をまとめておいて」といわれると、たいていの人は「じゃあ、月曜中につくればいいな」と考えます。しかし、月曜の夕方に資料を提出して、上司から「いや、こういうのがほしいんじゃないんだよ」といわれたら、あなたは残業をして翌朝までに資料をつくり直さなくてはいけなくなります。このように、締め切り間際になって初めて完成物をみせると、すべてをひっくり返される危険性があります。それを回避するには、途中の段階で「来週出す予定の資料ですが、こんな感じでいいですか」と確認すればよいのです。上司の求めるものとギャップがあれば、早い時点で修正できますし、こちらも最小限の労力で相手のニーズを満たすことができます。


アレックス・カー

「ノーリスク」というと聞こえはいいですが、リターンがなければ組織も個人も成長できず、長期的には行き詰まってしまう。実は、ノーリスクほど怖いものはないのです。


荒蒔康一郎

現場を回るときに大事なのは、上の人間が朝礼方式でみんなの前に立って一方的に話しても、大きな効果は得られないということです。それでは、一人一人に突っ込んだ語りかけができません。そこで、10人くらいのチームをいくつかつくってもらい、1チーム1時間として、「私はいま、こう考えています」と話し、それに対して、できるだけ自由に意見交換ができるようにしました。


竹田和平

一人ひとりの仕事だって、助けたり助けられたりの連続じゃないですか。最終的にはお金の話になるわけだけど、前提として、開発する人も営業する人も「世の中の役に立ってほしい」「会社に貢献したい」という思いがある。経営者も同じで、最近はCSR(企業の社会的責任)が経営の案件にも上げられます。つまり誰もが無意識のうちに「世のため人のため」に生きている。それが徳です。