伊藤妃実子の名言

伊藤妃実子のプロフィール

伊藤妃実子、いとう・ひみこ。日本の経営者、デザイナー。「グラネス」社長。東京都出身。慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科修士課程修了。大学在学中にグラネスを設立。

伊藤妃実子の名言 一覧

1 / 11

日本の革職人の現場では、海外ブランドの下請けや低価格で作らされるなど、優秀な職人が正当に評価されていないことを疑問に思いました。日本製の商品は、技術が高くて製作に時間がかかり、価格は高めです。そうした価格設定をお客さまに認めてもらうために、日本で長く培われてきた贈答の文化に着目しました。自分の物であれば安い商品でも十分ですが、人には少し高くても、きちんとしたものを贈りたいですよね。


記念品は会社のイメージを伝えるものですし、さまざまな思いが詰まっています。私の祖父は母が送った日本製の革ベルトを30年たっても大切に使っていました。今は長く使われるものが少なくなりましたが、世代を超えていつまでも大切に使っていただける商品を今後も提供していきます。


伊藤妃実子の経歴・略歴

伊藤妃実子、いとう・ひみこ。日本の経営者、デザイナー。「グラネス」社長。東京都出身。慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科修士課程修了。大学在学中にグラネスを設立。

おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

1 / 11

ページの先頭へ