名言DB

9,528 人 / 112,482 名言

伊藤嘉明(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

伊藤嘉明(経営者)のプロフィール

伊藤嘉明、いとう・よしあき。日本の経営者。「ハイアールアジア」社長。タイ・バンコク出身。米国オレゴン州コンコーディア大学マーケティング学部卒業後、オートテクニックタイランド勤務を経て米国サンダーバード国際経営大学院ビジネススクールでMBAを取得。日本アーンスト・アンド・ヤング・コンサルティング、日本コカコーラ、デル、レノボ、アディダスジャパン、ソニーピクチャーズエンタテインメントなどを経てハイアールアジア社長に就任。

伊藤嘉明(経営者)の名言 一覧

前例がないからといって、やらない理由はどこにもありません。


コンフォートゾーンを抜け出すには、転職するのも一つの方法ですが、それが難しいなら、ぜひ社内で前例のない仕事に挑戦してほしい。


同じ場所で3年も過ごすと、その分野のことはだいたいわかって、仕事がラクになる。ラクだと感じた瞬間に進歩は止まっています。


次々と結果を出すことで、最初は反対していた人も私のやり方を認めるようになりました。自分でやって成果を残せば、自然と評価はついてくるのです。


周囲の反発を跳ね返すには、自分でやってみせるしかない。そうすれば、周囲の評価が変わる瞬間が必ず訪れます。


他人が当たり前にやっていることができない人は、どの組織でも必要とされません。その現実を直視すべきです。


階層が多い企業に未来はない。有能な社員が無力化してしまう。


競争意欲が低い日本人は地位を失う。


筋トレで組織が一度破壊され、それを修復すべく筋肉がつくように、世界に勝つには競争という負荷が必要だ。


あえて「他人に反対される人間」を目指してほしい。そのときは居心地が悪くても、必ず成果は出る。そして、社会や組織から高く評価される人材になれるはず。


ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメントでマイケル・ジャクソンのDVD「THIS IS IT」の記録的セールスを達成したとき私がやったことの一つが、新たな販売ルートの開拓です。スポーツ用品店やスポーツジムなどは、その一例。これらの店舗や施設は間口が広く、レンタルショップやDVDの販売店などでは貼れない巨大ポスターも展示できる。私から見れば、こんなにメリットの大きい場所はありませんでした。そこで取引先に営業に行ってみると、相手は「いいですよ。うちに置きましょう」と言ってくれて、数万単位で数字が積み上がっていった。


私は転職のたびに前職とは違う業界を選び、あえて「よそ者」になろうとしてきました。会社の事業を伸ばす、あるいは再生するには、よそ者ならではの新しい視点や発想を持ち込み、業界の常識を覆すことが有効だと知っていたからです。


「評価する人材は?」と聞かれたら、まず、オーナーシップがあることが条件。オーナーシップのある人間は、「自分の人生は自分で決める」という姿勢を持っています。そして、自分が何を欲しいのかがわかっている。「3年後にはこんな仕事をしていたい」とわかっているから、そこから逆算して、「そのために必要なスキルを身につけよう」と考え、自ら努力することができるのです。そんな人なら、たとえ経験がなくても、重要なポジションを任せたいですね。


階層が多い組織では、社員が新商品を上に提案しても、各階層で必ず「なぜこの機能なのか?」「デザインがダメだ」などの意見が出てくる。全員から了解を取ろうとするうちに、尖った部分が削られ、結局、どこにでもある普通の商品になってしまいます。なのに、そんな結果になった責任を誰も取らない。ですから、決定に関わる人を最小限にし、責任の所在を明確にしたのです。その結果、当社の2014年度の業績は15年ぶりに黒字に転じ、「COTON(世界最小の洗濯機)」など、他にはない商品を生み出すことができました。


社長になって最初に着手したのは職責の見直しです。三洋電機時代に14あった職責の階層を、社長を含めて5階層にまで減らしました。それで何が変わったかというと、社員のオーナーシップです。


ハイアールアジアは、過去約10年間にわたって赤字だった組織(三洋電機白物家電部門)を引き継ぎました。だから、そのままでは黒字になるはずがない。社長に就任してからは、頻繁に制度や組織変更を行なっています。


前身である三洋の白物家電事業は売却で切り離され、中国の会社に買われて生き残っている。この状況を理解していない社員が多い。仕事があるだけでも感謝すべきだ。にもかかわらず、以前と変わらずのほほんとした働き方でいてもらっては困る。


あんな仕組み(三洋電機時代の人事制度)では、誰もが思考停止になってしまう。能力の有無に関係なく、皆が用意されたエスカレーターに乗っていくようなもの。これでは、新たな商品やサービスを生み出す力は湧いてこない。


伊藤嘉明(経営者)の経歴・略歴

伊藤嘉明、いとう・よしあき。日本の経営者。「ハイアールアジア」社長。タイ・バンコク出身。米国オレゴン州コンコーディア大学マーケティング学部卒業後、オートテクニックタイランド勤務を経て米国サンダーバード国際経営大学院ビジネススクールでMBAを取得。日本アーンスト・アンド・ヤング・コンサルティング、日本コカコーラ、デル、レノボ、アディダスジャパン、ソニーピクチャーズエンタテインメントなどを経てハイアールアジア社長に就任。

他の記事も読んでみる

西内啓

ミドル世代も自らデータを集めるべきかというと、そうとは言い切れません。むしろ、データ収集と分析に関しては、若い人のほうが長けているかもしれないからです。それよりも、40代はデータの中から、プロジェクトの成果を最大化するために最適なゴールを設定することが求められています。そして、分析結果をもとに最適なアクションを選び取る。それは、経験値があるミドル世代だからこそ、できることなのです。


生月誠

嘆いたところで、状況は好転しません。まずは、身体の緊張を解きほぐし、リラックスすることがもっとも重要。いまジタバタしてもどうにもならないことならとりあえず脇に追いやる。そして楽しいと思えることだけに専念する。悩み続ける一日も一日、笑う一日も一日です。


松方弘樹

世の中、格差はあるんですよ。仲良くお手々つないでゴールとはいかない。人間は社会に出たら、絶対に競争にさらされる。でもね、だからこそ人間同士のコミュニケーションが大事になる。


國分文也(国分文也)

人の生活を豊かにする、日本や、世界のエネルギーセキュリティに貢献する、産業に貢献するということがはっきりしている仕事は、結果として長く続いています。それが商社の本来の仕事だと思います。


森本貴義

多くの成功者は自分を客観視するスキルに長けていて、何が自身のスペシャリティで、いま自分はどのレベルにあるか、理路整然と言うことができました。そして人の何倍もの努力をし、努力する方向を間違えていない。


徳岡邦夫

もし、周りからうまく協力を得られなくて悩んでいる、という人がいるなら、物事を損得で語っていないか、一度見直してみてはどうでしょうか。私利私欲ではない夢を相手と共有できたとき、きっとその人は協力者になってくれるはずです。


陰山英男

大人の勉強で非常に大事なことがあります。それは、お金をかけること。本気のスイッチを入れるには、これが一番簡単な方法です。お金をかければかけるほど、人はその分の学びを確実に得ようと必死になる。もしお金をかけるのをためらうとしたら、それはあなたが本気で学ぼうとしていないということです。私は教師になりたての20代の頃は、ひと月に5万円ほどを書籍代に費やしていました。当時の月給が15万円程度でしたから、かなりの出費です。しかし、より良い授業を実践するために参考になると思えば、惜しみなく書籍にお金を注ぎ込みました。その頃に投資したお金が、教師としての私のキャリアの礎を形成し、今では使ったお金の何百倍、何千倍にもなって返ってきています。


アンジェロ・ボナーティ

情熱を育むために心がけているのが、社員のモチベーションアップです。これはリーダーにとって極めて重要な責務です。だから、とくに社員のアイデアを却下するときは必ず明確に理解できるまで説明します。


島正博

貧しかった子供時代、生きていくために出来ることは、農業、畜産、水産と何でもやりました。野菜や魚がたくさん取れれば、天ぷらにして売りました。とにかく皆貧しいから考える。少ない資源で効率的にするにはどうしたら良いか常に考えていました。このような体験から企画力が養われました。


伊藤慎介

東京都内でも、渋谷や六本木にあるITやアプリの会社が大田区のモノづくり系中小企業とコラボレーションするとすごいことが起こるんじゃないかと思います。あるいは墨田区でもいい。でも、渋谷や六本木の人たちは「大田区は大田区で違う世界だよね」と見えてしまっているから、なかなか蒲田に行ってコラボしようということにならないわけです。ところがシリコンバレーではこれからはモノづくりが面白いと言って、ITとかソフトウェアの分野で活躍していた人たちがこぞってモノづくりに挑戦し始めています。でも、残念ながらシリコンバレーには大田区、墨田区、東大阪など想像を超えるアウトプットを出せるモノづくりの産業基盤がないので、日本と同じようなことはできないはずです。日本はとても恵まれていると思いますよ。


大久保幸夫

変革を起こせるかどうかがトッププロになれるかどうかの分かれ道です。これまで身につけてきた基礎力と専門性を土台に、新たな枠組み、新たな方策を立案する。先人たちのつくったものではなく、時代に即した新たな価値をつくり出し、次の世代に伝えていく。それこそがリーダーに真に求められる仕事です。


安田隆夫

私欲から社欲に変化したきっかけのひとつは株式を上場して、投資家がリスクマネーを投じてくれているという責務の重みを感じた時ですね。それから、2万人を超える従業員の命運を握っている責務に比べたら、私個人の損得なんて微々たるものですよ。それが理解できないようなら、我々のような編集型小売業の経営者は務まりません。