名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

伊藤嘉明(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

伊藤嘉明(経営者)のプロフィール

伊藤嘉明、いとう・よしあき。日本の経営者。「ハイアールアジア」社長。タイ・バンコク出身。米国オレゴン州コンコーディア大学マーケティング学部卒業後、オートテクニックタイランド勤務を経て米国サンダーバード国際経営大学院ビジネススクールでMBAを取得。日本アーンスト・アンド・ヤング・コンサルティング、日本コカコーラ、デル、レノボ、アディダスジャパン、ソニーピクチャーズエンタテインメントなどを経てハイアールアジア社長に就任。

伊藤嘉明(経営者)の名言 一覧

前例がないからといって、やらない理由はどこにもありません。


コンフォートゾーンを抜け出すには、転職するのも一つの方法ですが、それが難しいなら、ぜひ社内で前例のない仕事に挑戦してほしい。


同じ場所で3年も過ごすと、その分野のことはだいたいわかって、仕事がラクになる。ラクだと感じた瞬間に進歩は止まっています。


次々と結果を出すことで、最初は反対していた人も私のやり方を認めるようになりました。自分でやって成果を残せば、自然と評価はついてくるのです。


周囲の反発を跳ね返すには、自分でやってみせるしかない。そうすれば、周囲の評価が変わる瞬間が必ず訪れます。


他人が当たり前にやっていることができない人は、どの組織でも必要とされません。その現実を直視すべきです。


階層が多い企業に未来はない。有能な社員が無力化してしまう。


競争意欲が低い日本人は地位を失う。


筋トレで組織が一度破壊され、それを修復すべく筋肉がつくように、世界に勝つには競争という負荷が必要だ。


あえて「他人に反対される人間」を目指してほしい。そのときは居心地が悪くても、必ず成果は出る。そして、社会や組織から高く評価される人材になれるはず。


ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメントでマイケル・ジャクソンのDVD「THIS IS IT」の記録的セールスを達成したとき私がやったことの一つが、新たな販売ルートの開拓です。スポーツ用品店やスポーツジムなどは、その一例。これらの店舗や施設は間口が広く、レンタルショップやDVDの販売店などでは貼れない巨大ポスターも展示できる。私から見れば、こんなにメリットの大きい場所はありませんでした。そこで取引先に営業に行ってみると、相手は「いいですよ。うちに置きましょう」と言ってくれて、数万単位で数字が積み上がっていった。


私は転職のたびに前職とは違う業界を選び、あえて「よそ者」になろうとしてきました。会社の事業を伸ばす、あるいは再生するには、よそ者ならではの新しい視点や発想を持ち込み、業界の常識を覆すことが有効だと知っていたからです。


「評価する人材は?」と聞かれたら、まず、オーナーシップがあることが条件。オーナーシップのある人間は、「自分の人生は自分で決める」という姿勢を持っています。そして、自分が何を欲しいのかがわかっている。「3年後にはこんな仕事をしていたい」とわかっているから、そこから逆算して、「そのために必要なスキルを身につけよう」と考え、自ら努力することができるのです。そんな人なら、たとえ経験がなくても、重要なポジションを任せたいですね。


階層が多い組織では、社員が新商品を上に提案しても、各階層で必ず「なぜこの機能なのか?」「デザインがダメだ」などの意見が出てくる。全員から了解を取ろうとするうちに、尖った部分が削られ、結局、どこにでもある普通の商品になってしまいます。なのに、そんな結果になった責任を誰も取らない。ですから、決定に関わる人を最小限にし、責任の所在を明確にしたのです。その結果、当社の2014年度の業績は15年ぶりに黒字に転じ、「COTON(世界最小の洗濯機)」など、他にはない商品を生み出すことができました。


社長になって最初に着手したのは職責の見直しです。三洋電機時代に14あった職責の階層を、社長を含めて5階層にまで減らしました。それで何が変わったかというと、社員のオーナーシップです。


ハイアールアジアは、過去約10年間にわたって赤字だった組織(三洋電機白物家電部門)を引き継ぎました。だから、そのままでは黒字になるはずがない。社長に就任してからは、頻繁に制度や組織変更を行なっています。


前身である三洋の白物家電事業は売却で切り離され、中国の会社に買われて生き残っている。この状況を理解していない社員が多い。仕事があるだけでも感謝すべきだ。にもかかわらず、以前と変わらずのほほんとした働き方でいてもらっては困る。


あんな仕組み(三洋電機時代の人事制度)では、誰もが思考停止になってしまう。能力の有無に関係なく、皆が用意されたエスカレーターに乗っていくようなもの。これでは、新たな商品やサービスを生み出す力は湧いてこない。


伊藤嘉明(経営者)の経歴・略歴

伊藤嘉明、いとう・よしあき。日本の経営者。「ハイアールアジア」社長。タイ・バンコク出身。米国オレゴン州コンコーディア大学マーケティング学部卒業後、オートテクニックタイランド勤務を経て米国サンダーバード国際経営大学院ビジネススクールでMBAを取得。日本アーンスト・アンド・ヤング・コンサルティング、日本コカコーラ、デル、レノボ、アディダスジャパン、ソニーピクチャーズエンタテインメントなどを経てハイアールアジア社長に就任。

他の記事も読んでみる

天坊昭彦

常に新しい市場に挑戦し、そこで大義ある事業を展開する。この2つが、出光の事業ポートフォリオを形作ってきたと言えます。


ジョエル・ティリングハスト

経営者に問題がある会社の株を購入するという失敗もある。さらに、流行り廃りの激しい事業や汎用品の販売を手掛ける会社の株を買ったり、割高な価格で賊入したりといった失敗がよく見られる。


安形哲夫

業績や財務に関しては、営業利益率とROA(総資産利益率)を重視しています。利益率というのは、会社の稼ぐ力そのものです。


是枝秀治

海外や遠方の方、お仕事の都合で通学が難しい方向けには、すべてオンラインでのトレーニングご提供も可能です。毎日ネイティブと英語を繰り返しトレーニングできる環境を実現しつつ、月額3万円程度と始めやすい価格設定なのも「English for Everyone」の魅力です。ビジネスのグローバル化が進む中で、英語が話せない・聞けないというのは、個人のキャリアにも影響します。危機感をお持ちの方も多く、これまで、東京だけでなく、海外を含む遠方在住のたくさんのビジネスパーソンに受講いただき、大手法人様にもご採用いただきました。


リンダ・グラットン

人生に対して長期にわたって恩恵をもたらす3つの「無形資産」

  1. 「生産性資産」。人が仕事で生産性を高めて成功し、所得を増やすのに役立つ要素。スキルと知識が主たる構成要素であるが、他にも様々な要素が含まれる。
  2. 「活力資産」。肉体的・精神的な健康と幸福のこと。健康、友人関係、パートナーやその他の家族との良好な関係などが該当する。
  3. 「変化資産」。変化するために必要な資産。自分についてよく知っていること、多様性に富んだ人的ネットワークを持っていること、新しい経験に対して開かれた姿勢を持っていることなどが含まれる。

津村記久子

タイマーで時間を区切って執筆するのは、小説を投稿し始めた頃からの習慣で、以前は60分とか80分とかに設定していました。でも、設定時間が長すぎると逆効果。タイマーの残り時間を見て「あと40分もある」と思うと、頑張りが続きません。これが25分だと「いろいろやりたいことがあるのは分かるけど、25分だけ我慢しい」と自分に言い聞かせることができます。


原典之

私が入社した当時は先輩がやっている仕事を「盗む」といった文化もありましたね。電話しているのを聞いていて、どんな話をしているのか、あるいはトラブルになっているとしたら、なぜトラブルになって、どう解決しようとしているのかをよく聞いて、いかに自分に生かすかということは意識していました。


ロバート・アレン

物事を先延ばしにすることは、成功するために必要不可欠な要素です。そんなことをするのは敗北者だけだと思われるかもしれません。しかし実際のところ、大成功している人たちは先延ばしの達人でもあるのです。ナポレオンは一か月に一度しか手紙の封を切らなかったそうです。一か月後まで依然として重要な案件なら即座に対応し、一か月して重要でなくなった案件なら無視すればいいからです。重要な少数の仕事をいますぐやり、些細な多数の仕事は後回しにする。


青山真治

ストレスの連続である撮影中は、ストレス解消と称して酒を呑み、呑みすぎてしばしば身体を壊しています。悪循環ですね(笑)。在宅中は猫と遊んでいればいいんですけど。
【覚書き|ストレス解消法についての発言】


堀雅寿

シンガポール進出時、現地の嗜好に合わせたグリーンティ開発において、日本人の社員だけでなく、名門のシンガポール国立大学の学生と共同で行いました。そうして売り出された甘いお茶は、我々には飲みづらいものでしたが、現地では順調にシェアを拡大。そして、ポッカはシンガポール市場に日本企業として初の上場を果たしました。


桜井醜

10人で100キロの荷物を持って山に登るとき、10人が10キロずつ担ぐのではなく、メンバーの体力や経験に合わせて担ぐ重さを調整するのが本当の平等というものです。
【覚書き|登山という中学時代からの趣味と経営との類似点を語った言葉】


堀江裕介

慶應も昔はたしかに大勢の起業家がいました。クックパッドの佐野陽光さんも慶應出身で、授業に来てくれたこともあります。でも、最近は目立った起業家が少なく、同級生にもいなかった。これなら実際に働いたほうが早いと思って、クックパッドの子会社で働き始めました。習い事で教えたい人と教わりたい人をマッチングするプラットフォームをつくっている会社です。そこで3~4か月、毎日15時間ほど、本気で働きました。集客のためのコンテンツづくりとか、地味な作業をやり続けました。やってみてわかったのは、インターネットはそれほど複雑ではないということ。自分で一から挑戦したい気持ちが強くなって独立しました。