伊藤嘉明(経営者)の名言

伊藤嘉明(経営者)のプロフィール

伊藤嘉明、いとう・よしあき。日本の経営者。「ハイアールアジア」社長。タイ・バンコク出身。米国オレゴン州コンコーディア大学マーケティング学部卒業後、オートテクニックタイランド勤務を経て米国サンダーバード国際経営大学院ビジネススクールでMBAを取得。日本アーンスト・アンド・ヤング・コンサルティング、日本コカコーラ、デル、レノボ、アディダスジャパン、ソニーピクチャーズエンタテインメントなどを経てハイアールアジア社長に就任。

伊藤嘉明(経営者)の名言 一覧

前例がないからといって、やらない理由はどこにもありません。


コンフォートゾーンを抜け出すには、転職するのも一つの方法ですが、それが難しいなら、ぜひ社内で前例のない仕事に挑戦してほしい。


同じ場所で3年も過ごすと、その分野のことはだいたいわかって、仕事がラクになる。ラクだと感じた瞬間に進歩は止まっています。


次々と結果を出すことで、最初は反対していた人も私のやり方を認めるようになりました。自分でやって成果を残せば、自然と評価はついてくるのです。


周囲の反発を跳ね返すには、自分でやってみせるしかない。そうすれば、周囲の評価が変わる瞬間が必ず訪れます。


他人が当たり前にやっていることができない人は、どの組織でも必要とされません。その現実を直視すべきです。


階層が多い企業に未来はない。有能な社員が無力化してしまう。


競争意欲が低い日本人は地位を失う。


筋トレで組織が一度破壊され、それを修復すべく筋肉がつくように、世界に勝つには競争という負荷が必要だ。


あえて「他人に反対される人間」を目指してほしい。そのときは居心地が悪くても、必ず成果は出る。そして、社会や組織から高く評価される人材になれるはず。


ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメントでマイケル・ジャクソンのDVD「THIS IS IT」の記録的セールスを達成したとき私がやったことの一つが、新たな販売ルートの開拓です。スポーツ用品店やスポーツジムなどは、その一例。これらの店舗や施設は間口が広く、レンタルショップやDVDの販売店などでは貼れない巨大ポスターも展示できる。私から見れば、こんなにメリットの大きい場所はありませんでした。そこで取引先に営業に行ってみると、相手は「いいですよ。うちに置きましょう」と言ってくれて、数万単位で数字が積み上がっていった。


私は転職のたびに前職とは違う業界を選び、あえて「よそ者」になろうとしてきました。会社の事業を伸ばす、あるいは再生するには、よそ者ならではの新しい視点や発想を持ち込み、業界の常識を覆すことが有効だと知っていたからです。


「評価する人材は?」と聞かれたら、まず、オーナーシップがあることが条件。オーナーシップのある人間は、「自分の人生は自分で決める」という姿勢を持っています。そして、自分が何を欲しいのかがわかっている。「3年後にはこんな仕事をしていたい」とわかっているから、そこから逆算して、「そのために必要なスキルを身につけよう」と考え、自ら努力することができるのです。そんな人なら、たとえ経験がなくても、重要なポジションを任せたいですね。


階層が多い組織では、社員が新商品を上に提案しても、各階層で必ず「なぜこの機能なのか?」「デザインがダメだ」などの意見が出てくる。全員から了解を取ろうとするうちに、尖った部分が削られ、結局、どこにでもある普通の商品になってしまいます。なのに、そんな結果になった責任を誰も取らない。ですから、決定に関わる人を最小限にし、責任の所在を明確にしたのです。その結果、当社の2014年度の業績は15年ぶりに黒字に転じ、「COTON(世界最小の洗濯機)」など、他にはない商品を生み出すことができました。


社長になって最初に着手したのは職責の見直しです。三洋電機時代に14あった職責の階層を、社長を含めて5階層にまで減らしました。それで何が変わったかというと、社員のオーナーシップです。


ハイアールアジアは、過去約10年間にわたって赤字だった組織(三洋電機白物家電部門)を引き継ぎました。だから、そのままでは黒字になるはずがない。社長に就任してからは、頻繁に制度や組織変更を行なっています。


前身である三洋の白物家電事業は売却で切り離され、中国の会社に買われて生き残っている。この状況を理解していない社員が多い。仕事があるだけでも感謝すべきだ。にもかかわらず、以前と変わらずのほほんとした働き方でいてもらっては困る。


あんな仕組み(三洋電機時代の人事制度)では、誰もが思考停止になってしまう。能力の有無に関係なく、皆が用意されたエスカレーターに乗っていくようなもの。これでは、新たな商品やサービスを生み出す力は湧いてこない。


伊藤嘉明(経営者)の経歴・略歴

伊藤嘉明、いとう・よしあき。日本の経営者。「ハイアールアジア」社長。タイ・バンコク出身。米国オレゴン州コンコーディア大学マーケティング学部卒業後、オートテクニックタイランド勤務を経て米国サンダーバード国際経営大学院ビジネススクールでMBAを取得。日本アーンスト・アンド・ヤング・コンサルティング、日本コカコーラ、デル、レノボ、アディダスジャパン、ソニーピクチャーズエンタテインメントなどを経てハイアールアジア社長に就任。

他の記事も読んでみる

岩片和行

現場にいれば、問題発生とその解決を膨大な数で経験できます。この経験はより大きな問題に接した場合でも、必ず活きてきます。


柳井正

私は経営理念がない会社は、心がない会社だと思っています。何のために仕事をするのか、それを端的に表したものが経営理念です。英語で言えば「ミッション」、日本語で言えば「使命」とも言い換えることができると思います。それを信じるところから、仕事を始めなければなりません。


和田秀樹

勝てない戦いはするな。まず自分の特徴を知ること。自分の得意な分野を見つけ、その分野で勝負した方が成功する確率は高くなる。私はギャンブルもしないし、女遊びもしない。それは私が道徳的だからではない。それらの分野はあまり得意ではないし、勝てそうにないと思うからやらないのだ。


スティーブ・ジョブズ

ベストを尽くして失敗したら、ベストを尽くしたってことさ。


吉田たかよし

脳には理性や思考力をつかさどる前頭前野と呼ばれる部位があります。じつはこの部位が最も活性化するのは日が覚めてから3時間後。創造力や判断力が必要とされる仕事はこの時間帯にこなすようにしています。この時間帯をコアタイムにしているのはとても理にかなっている。


稲盛和夫

私は京セラを立ち上げた際、経営についてはまったくの門外漢でした。それでも、日々様々な経営判断を下さなくてはならない。そこで私は、「人間として何が正しいのか」を判断基準にしました。だからこそ、迷わずに判断をすることができた。


細谷功

モチベーションは、上位目的が明確なほど高まります。モチベーションが低い人の多くは、「目の前の仕事=手段」だけに気を取られがちです。


坂田浩一

私は提携相手のトップとは何度も会い、人間を知り、信頼関係を作る努力を怠りませんでした。ところが、欧米の会社は業績が落ち込むと経営トップがいとも簡単に更迭されてしまう。日本的な浪花節は通用しません。最後の最後にものをいうのは「契約」だということを思い知りました。


小笹芳央

高い視点や時代の潮流を見るのは大事ですが、それによって与えられた仕事のやる気が削がれているのなら問題です。まずは、目の前の仕事をやりきることを目標にしましょう。


今敏

プロットを作るときでもそうなんだけど、作ってる間に変わっていくんですよ。考え方は進歩してるし、深まっていくわけだから、最初のアイデアが途中でなくなることだってあり得るわけです。「あ、これなら付き合っていけるな」という感覚のものじゃないとダメなんです。
【覚書き:劇場作品の企画選びについて語った言葉】


池谷裕二

「やる気」はそもそも、「行なわなくても死なない」ことをするときに求められるものです。猛獣に追われたら、どんなにやる気のない人も全力で逃げるでしょう。これに比べると、仕事や勉強にはそこまでの切迫性はない。その程度の対象に精力を傾けるのは、ある意味で不自然なことなのです。だからこそ、意識的に心をコントロールする工夫が必要。


ヘンリー・フォード

私はいままでどんな人でも採用してきたし、一度採った者は絶対に解雇しない主義でやってきた。車をつくるのではなく人間をつくるつもりなのだ。解雇は絶対にしない。
【覚書き|大不況を解雇なしで乗り切ったときの発言】


加藤進(住友商事)

国境を越える人材とは、一地域のみを長く経験し、その地域だけに精通した人材ではない。たとえばアメリカ、東南アジア、中東など多様な国・地域のビジネス文化に熟知し、上手く組み合わせて仕事をつくる人材である。幅広い知識と経験が、従来以上に求められているのだ。こうした人材を輩出するには部門間、あるいは本社、事業会社の垣根を越えた、ローテーションによる育成が不可欠だ。


飯田亮

日本の国のあり方、考え方みたいなのものは、もっとしっかり考えないとダメ。どこかに頼って生きていくような感じじゃまずい。


亀井静香

日本郵政の新社長に元大蔵省の事務次官・斎藤次郎さんを起用すると発表したら、大新聞は一斉に「元次官に郵政を託す『脱官僚』」とか「民から官へ、逆流ですか」って皮肉って批判したでしょう。だから記者会見のときに、記者たちに向かって言ってやったんだよ。「斎藤次郎さんの就任について反対のヤツは、手を挙げろ!」と。そしたら記者たちはだれも挙げなかった(笑)。だいたい10年以上も前に官僚だったからといって、「官僚支配の復活だ」みたいに騒ぐほうがおかしいでしょう。官僚だって、いい人材がいれば使えばいいんだよ。まあ、マスコミにあおられるまま、役人をバッシングしていれば国民にも拍手されるかもしれないけどね。


ページの先頭へ