名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

伊藤喜之の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

伊藤喜之のプロフィール

伊藤喜之、いとう・よしゆき。日本のアーティスト、広告戦略コンサルタント、作家。愛知県出身。著書に『バカでも年収1000万円』。

伊藤喜之の名言 一覧

心のストッパーを外してバカにならないと、人とは違う斬新な発想は生み出せない。


相手の困っていることを解決し、「助かった」と言わせた後なら、相手はこちらのお願いを受け入れてくれる。


「どんな大物でも必ず困っていることがある」という前提で人を観察すると、相手が困っていることが意外と簡単に見つかるもの。


僕はこれまで、恥ずかしさを乗り越えずに成功している大物を一人として見たことがない。


人を助けるためには、なにもすごい才能が必要なわけではない。相手より少しだけ秀でた知識や能力があれば助けられる。友達の知恵や才能を借りたっていい。


人から本やモノ、店、セミナーなどを薦められたら、その場ですぐに買うかどうか決めます。その行動力を買われて、プレゼンもしないで仕事を取れたことが何度もあります。


普通のサラリーマンが成功するには、心のなかの「なりたいキャラ像」はバッサリ捨て去り、「人から突っ込まれるキャラ」を無理やり作らなければならない。自分の趣味やセンスを表現するような、単なる「キャラ作り」はNG。なぜなら、それは「いまのダメな自分の延長線上」なだけだから。


バカキャラを前面に出したら、ちょっとしたことが好評価されるようになり、「なんだ、じつは頭いいじゃん!」とよく言われるようになりました。以前はバカがコンプレックスでひたすら隠していましたが、ウリにしたら逆にバカにされなくなったんです。


心のストッパーを外すには、いつもと違う人に会うか、違う場所に行くかのどちらか。たとえば今まで関わったことのないカフェの人の話をきけば、必ず何かの気づきがあるはず。自分はそれを継続するために、毎週木曜日を「今までやったことのないことを実行する日」と決めています。


僕にとっては貯金よりも自己投資が大事。セミナーに参加したり、取引先に食事をごちそうしたり。知り合いが誕生日なら、豪華なプレゼントも渡します。こうすれば、相手も喜んでくれますし、それが次の仕事や新しい人脈につながります。大事なのは「お金」ではなくて「お金を稼ぐためのスキル」。これさえあれば収入は得られるので貯金がなくても怖くありません。


僕は、今でこそ奇抜な格好をしたキャラが定着していますが、昔はごく普通のスーツを着た地味な会社員でした。そのため営業先ではいつも「突っ込みどころのないつまらないヤツ……」と思われていたようで、成績も散々でした。そんなある日、休日にアウトレットモールへ行くと、定価15万円のブランドスーツが1万円で売られています。色は、超ど派手なピカピカのスカイブルー(笑)。「誰が着るの?」っていうくらい奇抜な色だったので、売れ残っていたんです。ちょっとためらいつつも、破格でしたし、買ってみて、ためしに仕事に着ていきました。すると営業に行った取引先で、すごい反応が。「うわ、スゴイの着てるね!」「そんなのどこで売ってんの!?」などと食いつきまくりです。その勢いで話が弾み、契約も成立してしまいました。そのとき、僕はふと思いました。「あ、自分から話しかけるより、突っ込んでもらった方が断然ラクだな……」と。取引先の人たちが「テッカテカのスーツを着た面白いヤツがいるんだよ!」と噂を広め、勝手に根回ししてくれるので、仕事はドンドン増えていきました。こんなふうに、営業ライバルを出し抜いて成功をつかむには、「キャラ作り」が大きな威力を発揮します。


バカをウリにしてからのほうが、圧倒的にものごとがうまく運ぶようになりました。まず多くの人が「じつは頭いいじゃん!」と言うようになったし、ちょっとまともなことをするだけですごく褒められるようになった。不良がおばあちゃんをおんぶしてるとメッチャいいヤツに見えるヤンキー効果と一緒で、バカを前面に出すと最初のハードルが下がって、普通にしてるだけで評価が高くなるんです。


尊敬する社長さんに、「お金をそんなに持っていない時にも大富豪のフリをしろ。実際にそうなるから」と言われたことがあります。財布を変えると、そのフリがしやすくなります。「小銭はいいや。頑張って寄付しよう」と思うようになるし、お金の払い方も変わる。レジで払いたくなくなるんですよ。財布に見合うようにテーブルチェックで払いたいと思うようになる。つまり、良いお店に行きたくなるんです。そういうところへたまに行くと、お金持ちがたくさんいるので、「ちゃんとカネ稼がなあかんなあ」と奮起するわけですよ。


そこ(白い財布は汚れが目立つこと)がポイントなんですよ。白ってほんとにめっちゃ汚れるから大事にすると思ったんです。使ってみたら、やっぱりすっごい大事にするようになった。財布をお尻のポケットには入れなくなりました。それまでは2つ折りの1万円ぐらいの財布を使っていて、汚れてもいいように深緑で、カードとかでパンパンで……。平気でおしりに敷いていたので、小銭の跡が革についたりしていました。


相手が何気なく言った言葉でも必ず実践することで、相手の中に「借り意識」が生まれます。ぜひあなたも、自分より立場が上で何か得るものがありそうな人を見つけたら、「悪かったな貯金」を始めてみてはいかがでしょう。本を勧められたら、医学書だろうがエロ本だろうがすぐ読む。誘われたら、デートも合コンもキャンセルして必ず行く。たとえその誘いが自分にとって無駄なことでも「貯金」ができるし、実際役に立てば儲けもの。どう転んでも将来への根回しにつながりますよ。


伊藤喜之の経歴・略歴

伊藤喜之、いとう・よしゆき。日本のアーティスト、広告戦略コンサルタント、作家。愛知県出身。著書に『バカでも年収1000万円』。

他の記事も読んでみる

大崎洋(大﨑洋)

お笑いやエンターテインメントの世界なんて、何が当たるかわからないじゃないですか。うちの財務の人間や公認会計士は、「こんな映画当たらん」とか平然と言いますが、つくってる側からすればバクチと一緒で、やってみなくちゃわからない。もちろん事業としての健全性を保つには、管理部門とのせめぎ合いは必要なんだけど、これだけ変化の激しい時代に、絶対当たるコンテンツなんてあり得ません。やってみなくちゃわからない。


横田英毅

今の世の中は、いかに短期間で人を育てるか、組織づくりをするかというノウハウばかりが氾濫し、それがあたかも常識のようになっています。人づくりも組織づくりも、もともと時間がかかるものなんです。


黒田尚子

しっかり貯金できるタイミングは人生で3回だけです。1回目は独身時代から子どもができるまで。2回目は子どもが保育園や幼稚園に通っている間。3回目は子どもの独立後です。教育費や住宅ローンの支払いが重ならない時期が、貯蓄ができるタイミングということになります。ですが、最近では晩婚化が進み、第一子を出産する年齢も上がってきているので、3回目の「独立後」の期間が昔よりも短めに。漫然と毎月の残額を貯めているだけでは、確実に老後資金が足りなくなります。まずは家計の現状を把握することからはじめましょう。


河合薫

人生では「ここは踏ん張らなきゃ」ってときが必ずある。そんなときに「もうちょっとだけ踏ん張ろう」と生きてきた。


神田正

日高屋が成長を続けていられるのは、決して無理せず、一気に出店しなかったからです。調子に乗って50店、100店と出すと、増収減益に陥る大きな落とし穴がある。


萩本博幸

株式の上場は何度も勧められましたが、絶対にしません。なぜなら、上場とは会社を商品にすることだからです。経営者が会社という商品の価値にこだわり始めると、製品開発に向かう力が必然的に削られてしまいます。会社の全精力を製品に向ける。このことが製造業にとって最も大切だと思います。


下遠野亘

私自身が1人の人間として喜びを感じることに着目し、じっくりと深掘りする。そんな日々の習慣で得られた多くのアイデアの芽を頭の中にストックしておき、組み合わせて店作りに生かしてきました。


本庄八郎

私は営業には「商品を売るな」と言っています。その代わり、「自分を売り込みなさい」と。これが営業マンの原理原則です。自分を売り込み、次に誠実さを売り込む。誠実さとは、約束を守ること、時間を守るといったことです。これはグループ会社の社員にもしっかり伝えています。


山本晴義

運動は、15分のウォーキングでもOK。15分という時間は、24時間のうちたったの1%。それすら割けないという人はいないはず。


戸塚隆将

上司と関係がよくないと、結果的にいい仕事はできない。


箱田忠昭

会社を辞めてもきちんと稼いでいける人の特徴は、これだけは絶対誰にも負けない、これをやらせたら社内では一番だというコアコンピタンスを持っている人です。


矢ヶ﨑健一郎(矢ヶ崎健一郎)

当社はチェーンストアのように、画一的な店舗を大量出店するというやり方はしない。ホームセンターだけでなく、リフォーム専門店や趣味ホビーの大型専門店なども併設した特徴ある店づくりができているから、お客様の支持をいただけているのだと思う。