名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

伊藤友則の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

伊藤友則のプロフィール

伊藤友則、いとう・とものり。日本の経営学者。東京大学経済学部卒業後、東京銀行(のちの東京三菱UFJ銀行)に入行。ニューヨーク駐在を経験。ハーバード・ビジネススクールでMBAを取得。スイス・ユニオン銀行(のちのUBS)東京支店に入社。UBS証券マネージング・ディレクター投資銀行本部長などを経て一橋大学大学院国際企業戦略研究科教授に就任。

伊藤友則の名言 一覧

平均的な日本企業などもう存在しない。よい会社と悪い会社があるのみ。


GE流育成のポイントは、いろいろな経験をさせて、失敗させるポジションに早くから登用することにある。


かつては本流とされる人事、企画出身の人材が内部昇格し社長に就任するケースが多かったが、内向きの世界に浸りすぎた人材は、変化を起こすリーダーにはなれない。


スキルにしろ、教養にしろ、実践して、失敗してみて「ああ、これじゃダメだ」と思うことが必要だ。失敗を経験し、能力はアップグレードしていく。


大事なのは経営者としての柔軟性だ。「うちはこれでやってきたから、ずっとこれでやるんだ」と言っている会社は取り残されてしまうだろう。


バブル崩壊以降、20数年経つが、日本経済は基本的には成長していない。その中で成長しようと思ったら、ほかとは違うことをしなければならない。だが、違うことを実行するのは大変な作業で、腕力のある人でなければできない。そのためには強いリーダー、経営者が必要とされる。


将来リーダーになるべき人材は、早い段階で小さくてもいいから一国一城の主になることが必要だ。大組織のワンパートを経験するだけでは、全体像は見えない。小さくても構わないから経営を任せられると、全体が見えてくる。苦労はするが、鍛えられる。こうした育成を日本企業は意識的にしなければならない。


過去には本田宗一郎や松下幸之助など優れた経営者もいたが、彼らは天才だ。普通のビジネスマンが強い経営者になるには教育をしっかり受けなければならない。


よい会社には、強い経営者がおり、そうした会社の株価パフォーマンスは明らかにいい。強い経営者は今、変化を求め、グローバル競争に勝とうとする日本企業にとって、必須の条件になりつつあるのだ。


伊藤友則の経歴・略歴

伊藤友則、いとう・とものり。日本の経営学者。東京大学経済学部卒業後、東京銀行(のちの東京三菱UFJ銀行)に入行。ニューヨーク駐在を経験。ハーバード・ビジネススクールでMBAを取得。スイス・ユニオン銀行(のちのUBS)東京支店に入社。UBS証券マネージング・ディレクター投資銀行本部長などを経て一橋大学大学院国際企業戦略研究科教授に就任。

他の記事も読んでみる

横田南嶺

特に上に立つ人は孤独です。孤独との戦いといってもいいでしょう。常に全体を感じ取り、何事も腹で受け止めて、腹で考えていく覚悟が必要。


下田進

大学で自転車部だった者など、自転車が好きな人材があさひには入社してきますので、そういった点からもいい商品が生まれています。


永守重信

当社が再び成長軌道に乗り始めたのは、製品の分野を創業以来のハードディスク用精密モーター一本足から、車載と家電・商業・産業用モーターへ広げることに成功したからだ。パソコン市場が成熟化しても、新たにモーターを多用し始めたクルマや家電などの分野で伸ばしている。


森澤篤

エルニーニョ現象にせよイラク戦争にせよ、世の中のどこかで起っていることは必ず、風が吹けば桶屋が儲かるというぐらいには自分や自分の仕事と関わりがある。それくらいに思って、興味のアンテナをあちこちに立てておく。そして、察知した情報は単に記憶するだけでなく、咀嚼して自分のものにする。それを続けていけば、知識の幅はおのづと広がっていく。


古屋大貴

いつも「数字を上げなければいけない」という意識は持っていました。やっても意味がない、効率が悪いと思ったら、すぐにやめて「違う道があるのでは?」と探していましたね。先輩たちがやっていることでも、違うと思えば変えていました。仕事のスタイルはずっとそうですね。


山田昭男

人をルールで縛るからダメになる。縛りを解けばやる気になる。


篠原興道

優秀な人材を獲得するにはどうしたらいいか常に考えていますが、結論は本格的に学べる環境を提供することだと思います。独立後、3年目から環境づくりに取り組み、狙いは的中しました。


斉藤惇

個人的には、産業界で社長を辞めた人がいつまでも社内に残っている心理が分からない。私はぽんぽん会社を移っているので、余計に分かりません。残って会社にどんな貢献をするのかと思ってしまう。


岡野博一

ブランドを世界に訴求していく際、私は伝統工芸という文脈だけでは広がりにくいという実感を持っています。そこで私が注目しているのが、アートです。アートは世界に伝わっていくスピードが非常に速い。日本の伝統工芸の方が、技術的には明らかに上手なのですが、価順を生み出せていない。そこで、日本の工芸をもう少しアート寄りに持って行きたいところです。世界的に、工芸をアート化していこうという潮流がありますが、その中でも圧倒的な工芸力を誇る日本は、必ずリーダーシップをとれるはずです。


深田和範

つまらないと感じている会社の仕事でも、一人で自由にやるならこんな売り方がある、と考える癖をつけましょう。いまの仕事に活きるかもしれないし、リストラにあっても潰しが利くかもしれませんから。誰かが何とかしてくれる、という思考の人はダメですよね。「40歳定年制」の話題はキャリアを見直すいい機会、と捉える強(したた)かな人が生き残るのではないでしょうか。


出口治明

努力が実りそうもないから何もしないというのは、生き方として疑問です。「この世界に生きる一人一人の人生は、世界経営計画のサブシステムである」というのが私の考えです。全員がいずれかのパートでふさわしい役割を果たすからこそ、この世界が維持されている。あなたの努力はあなたの人生だけでなく、この世界のあり方にも確実に影響を与えているのです。


香山リカ(精神科医)

社会のために自分は何ができるのか、改めて考えてほしい。会社人生で培ったスキルは決して無駄にはなりません。次の世代に自分の力を貸す、むしろ提供するぐらいの気持ちも必要でしょう。