名言DB

9419 人 / 110788 名言

伊藤友則の名言

twitter Facebook はてブ

伊藤友則のプロフィール

伊藤友則、いとう・とものり。日本の経営学者。東京大学経済学部卒業後、東京銀行(のちの東京三菱UFJ銀行)に入行。ニューヨーク駐在を経験。ハーバード・ビジネススクールでMBAを取得。スイス・ユニオン銀行(のちのUBS)東京支店に入社。UBS証券マネージング・ディレクター投資銀行本部長などを経て一橋大学大学院国際企業戦略研究科教授に就任。

伊藤友則の名言 一覧

平均的な日本企業などもう存在しない。よい会社と悪い会社があるのみ。


GE流育成のポイントは、いろいろな経験をさせて、失敗させるポジションに早くから登用することにある。


かつては本流とされる人事、企画出身の人材が内部昇格し社長に就任するケースが多かったが、内向きの世界に浸りすぎた人材は、変化を起こすリーダーにはなれない。


スキルにしろ、教養にしろ、実践して、失敗してみて「ああ、これじゃダメだ」と思うことが必要だ。失敗を経験し、能力はアップグレードしていく。


大事なのは経営者としての柔軟性だ。「うちはこれでやってきたから、ずっとこれでやるんだ」と言っている会社は取り残されてしまうだろう。


バブル崩壊以降、20数年経つが、日本経済は基本的には成長していない。その中で成長しようと思ったら、ほかとは違うことをしなければならない。だが、違うことを実行するのは大変な作業で、腕力のある人でなければできない。そのためには強いリーダー、経営者が必要とされる。


将来リーダーになるべき人材は、早い段階で小さくてもいいから一国一城の主になることが必要だ。大組織のワンパートを経験するだけでは、全体像は見えない。小さくても構わないから経営を任せられると、全体が見えてくる。苦労はするが、鍛えられる。こうした育成を日本企業は意識的にしなければならない。


過去には本田宗一郎や松下幸之助など優れた経営者もいたが、彼らは天才だ。普通のビジネスマンが強い経営者になるには教育をしっかり受けなければならない。


よい会社には、強い経営者がおり、そうした会社の株価パフォーマンスは明らかにいい。強い経営者は今、変化を求め、グローバル競争に勝とうとする日本企業にとって、必須の条件になりつつあるのだ。


伊藤友則の経歴・略歴

伊藤友則、いとう・とものり。日本の経営学者。東京大学経済学部卒業後、東京銀行(のちの東京三菱UFJ銀行)に入行。ニューヨーク駐在を経験。ハーバード・ビジネススクールでMBAを取得。スイス・ユニオン銀行(のちのUBS)東京支店に入社。UBS証券マネージング・ディレクター投資銀行本部長などを経て一橋大学大学院国際企業戦略研究科教授に就任。

他の記事も読んでみる

喜多喜久

誰もが知っている化学者というのがほとんどいなくて、そういう意味でも化学はニッチなジャンルなんですよね。だけどあんがい日常に化学のネタは転がっていて。「クロロホルムを染み込ませたハンカチで口を塞がれても気を失うことはない」とか「青酸カリのアーモンド臭はみなさんがよく食べるものの匂いとは違う」とか、浸透しがちな誤認を正すところからトリックを考えていくと意外性と面白さが生まれたりする。


齋藤孝(教育学者)

会議の目的は、ある課題に対してアイデアを出し合い、チームとして意思決定し、その直後から全員が具体的に動き出せる体制を整えることにある。私の感覚で言えば、そこまでに至らない会議は時間のムダでしかない。


佐藤治彦

休眠状態になっているスポーツジムの会費を、何年も払い続けていたりしませんか? スポーツジムに通って健康を維持するのはいいことですが、年間10万円以上も払って数回程度しか通っていないなら、ビジター料金での利用や、利用回数に応じた料金プランなどに変更したほうが安くあがります。他にもプロバイダー料金、不要なクレジットカードの年会費、ケーブルテレビのチャンネル契約など、あまり利用していないのに長年放置している「ムダな固定費」がないか、チェックしてみるとよいでしょう。


加島禎二(加島禎二)

問題意識を持つこと、理想を持つこと、現状否定を恐れないことが、リーダー候補の条件。


木皿泉(妻鹿年季子)

ある日、テレビを観ていたら、宇宙が終わる話をしていたんです。専門家の間ではそれが主流らしい。でもずっと考えていたら、やっぱりあるんじゃないの、永遠って。ないと思ったらないけど、自分であると思えばある。そんなふうに自分の中で考え続けることが好きなんです。


井上礼之

最近の世の中の風潮を見ていると、対話やコミュニケーションが非常に不足していることを危惧する。自分の主張を述べるばかりで、相手の話に耳を傾けたり、考えを引き出そうと問いかけたりする姿があまり見られない。


小笹芳央

現在、議論されている働き方改革というのは、長時間労働の是正ということだけに光が当たっていますが、それだと「ゆとり教育」ならぬ、「ゆとり労働」で終わってしまいますので、本質的には労働生産性の向上が大事になってきます。


栗山千明

仕事って、自分一人で完結するものって少ないと思うんです。たいていの場合、人と関わり合って進んでいく。あまり馴れ合いの関係になってしまってもいけないけど、意思疎通ができなければ仕事は進みません。ですから、そうならないためにも、いい距離感を保ちながら、ONとOFFのけじめをつけることが大切なんだと思います。


小笹芳央

経営者や管理職の給料が高いのは、会社や部門を正しく導けるだろうという信頼があるからです。そして信頼感には希少性がある。だから、大金を稼ぐのは一部の限られた人なのです。若手の給料が安いのは仕事を任せられるだけの信頼感がなく、交換の利く人材に過ぎないからです。そういう理解がないと、大金は稼げません。だから皆さん、信頼を集めることとお金を稼ぐことは、等価であると考えて仕事に打ち込んでください。


松田憲幸

よくお客様にまで「今日はうちの社長が来ています!」と、アピールするメーカーがありますが、私はそういうことはしたくないのです。お客様の生の声を聞くことも、販売店訪問の重要な目的のひとつですから、社長であることを隠して店頭に立ち、実際に商品を売ります。社長と知って、商品について率直な意見をいう人はいませんから。
【覚書き|毎週必ず販売店店頭に立つことについて語った言葉】