名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

伊藤友則の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

伊藤友則のプロフィール

伊藤友則、いとう・とものり。日本の経営学者。東京大学経済学部卒業後、東京銀行(のちの東京三菱UFJ銀行)に入行。ニューヨーク駐在を経験。ハーバード・ビジネススクールでMBAを取得。スイス・ユニオン銀行(のちのUBS)東京支店に入社。UBS証券マネージング・ディレクター投資銀行本部長などを経て一橋大学大学院国際企業戦略研究科教授に就任。

伊藤友則の名言 一覧

平均的な日本企業などもう存在しない。よい会社と悪い会社があるのみ。


GE流育成のポイントは、いろいろな経験をさせて、失敗させるポジションに早くから登用することにある。


かつては本流とされる人事、企画出身の人材が内部昇格し社長に就任するケースが多かったが、内向きの世界に浸りすぎた人材は、変化を起こすリーダーにはなれない。


スキルにしろ、教養にしろ、実践して、失敗してみて「ああ、これじゃダメだ」と思うことが必要だ。失敗を経験し、能力はアップグレードしていく。


大事なのは経営者としての柔軟性だ。「うちはこれでやってきたから、ずっとこれでやるんだ」と言っている会社は取り残されてしまうだろう。


バブル崩壊以降、20数年経つが、日本経済は基本的には成長していない。その中で成長しようと思ったら、ほかとは違うことをしなければならない。だが、違うことを実行するのは大変な作業で、腕力のある人でなければできない。そのためには強いリーダー、経営者が必要とされる。


将来リーダーになるべき人材は、早い段階で小さくてもいいから一国一城の主になることが必要だ。大組織のワンパートを経験するだけでは、全体像は見えない。小さくても構わないから経営を任せられると、全体が見えてくる。苦労はするが、鍛えられる。こうした育成を日本企業は意識的にしなければならない。


過去には本田宗一郎や松下幸之助など優れた経営者もいたが、彼らは天才だ。普通のビジネスマンが強い経営者になるには教育をしっかり受けなければならない。


よい会社には、強い経営者がおり、そうした会社の株価パフォーマンスは明らかにいい。強い経営者は今、変化を求め、グローバル競争に勝とうとする日本企業にとって、必須の条件になりつつあるのだ。


伊藤友則の経歴・略歴

伊藤友則、いとう・とものり。日本の経営学者。東京大学経済学部卒業後、東京銀行(のちの東京三菱UFJ銀行)に入行。ニューヨーク駐在を経験。ハーバード・ビジネススクールでMBAを取得。スイス・ユニオン銀行(のちのUBS)東京支店に入社。UBS証券マネージング・ディレクター投資銀行本部長などを経て一橋大学大学院国際企業戦略研究科教授に就任。

他の記事も読んでみる

佐々木常夫

リーダーシップは志から生まれる。「チームのため、会社のため、社会のために働かなければ本物じゃない」と献身する姿が、周りの人の共感を呼び、力を貸したいと思う原動力になる。


高岡浩三

「相手の立場に立つ」ということは、説得に限らずあらゆる場面でのコミュニケーションにおいて、私が心がけていること。たとえば、私は記者発表会や講演会でプレゼンテーションをする機会があるが、その場合も「相手の立場に立つ」という基本は変わらない。自分が話したいことではなく、聞き手が何を知りたいか、何を疑問に思うかを考える。そのうえで、頭の中で絵コンテのようなストーリーボードを組み立てていく。その際、相手が興味を持ちそうな事例や数字を入れるようにする。


大葉ナナコ

自分でできることは何もないと思い込むと、他人任せになりがちです。私はもっと自分自身で安心感を醸成するセルフケアの方法や、妊娠出産を通して自分がどう成長できるのかを知りたかった。「お任せ」ではもったいないと思いました。
【覚書き|出産前に情報を集めたときを振り返っての発言】


土屋賢二

純粋に議論させても女は強いんです。長年、大学で学生を教えてきた経験から言ってもそうですし、小さい頃から女は違う。それでいながら多分、女の人は論理の力なんて大したことがないと思っている。そこがすごい。男にしたら「論理で言い負かせば自分の勝ち」、でも女は「勝ったから何?」で、その先の利益を求めるでしょう。「謝ってすむなら警察はいらない」とか言ってバッグや靴を買わせたりして。どうやっても、男は女に勝てません。


坂本孝

私が実践して効果的だと感じているのは、ストーリーを語ることです。計画を実行することで、参画した人がどのように幸せになるのか、また世の中がどう変わるのか。「この指止まれ」と仲間を集めるなら、このビジネスを実現させた先にはみんなの幸せがあるというサクセスストーリーを示し、それを共有することが大切です。ストーリーを語らずして、自分より優秀な仲間を集めることは難しいでしょうね。


瀧本哲史

メリットがない人間関係というのは続かない。自分とつき合うことはメリットがあると相手に思ってもらう必要がある。


赤尾昭彦

水産物は6つの漁港で持つセリ権を使って、売れ残った物も全部買ってこいと指示しています。1kgや2kgを買っただけでは商売になりませんが、これをトン単位で確保したら、とても良い商材になる。鮮度は良いし、値段は安いし。


石浦章一

損害回避性格の人の中には、責任を取るのが嫌で新しいことを回避するタイプもいます。そういう人でも、日常の小さな変化を成功させるたびに自信が増して、責任への恐れが薄れてきます。やがて大きな変化にも積極的に取り組めるようになります。このような訓練を通じて積極性が少しでも生まれれば、むしろ先天的に持つ慎重さと、後天的に獲得した積極性が相乗効果を発揮して、より魅力的な人間になるのではないでしょうか。


松岡修造

挫折や敗北の受け止め方は、自分の心次第で変わる。捉え方によって自ら変えることができる。


名取芳彦

大切なのは、相手に対して心を開くこと。こっちが鎧を着ていたら、相手だって警戒して鎧を着て備えるのは当たり前なんですよ。


中原淳

様々な属性を持った人が集まったチームで課題の設定から解決までを行うためには、もはや一人のリーダーが全員を率いていくようなリーダーシップではなく、チームメンバー全員でチームを動かしていく形のリーダーシップが必要になってきている。


宿澤広朗

決断の正しさを求められるのは当たり前の話で、要は正しい決断をいかに速く行動に移せるかである。決断の正しさと同じぐらいスピードは重要。数年前に『選択と集中』が流行ったが、他社と同じ事をやっているのでは本当の戦略とはいえない。他人と違うオリジナルのアイデアを大胆に実行するのが戦略である。