名言DB

9429 人 / 110879 名言

伊藤友則の名言

twitter Facebook はてブ

伊藤友則のプロフィール

伊藤友則、いとう・とものり。日本の経営学者。東京大学経済学部卒業後、東京銀行(のちの東京三菱UFJ銀行)に入行。ニューヨーク駐在を経験。ハーバード・ビジネススクールでMBAを取得。スイス・ユニオン銀行(のちのUBS)東京支店に入社。UBS証券マネージング・ディレクター投資銀行本部長などを経て一橋大学大学院国際企業戦略研究科教授に就任。

伊藤友則の名言 一覧

平均的な日本企業などもう存在しない。よい会社と悪い会社があるのみ。


GE流育成のポイントは、いろいろな経験をさせて、失敗させるポジションに早くから登用することにある。


かつては本流とされる人事、企画出身の人材が内部昇格し社長に就任するケースが多かったが、内向きの世界に浸りすぎた人材は、変化を起こすリーダーにはなれない。


スキルにしろ、教養にしろ、実践して、失敗してみて「ああ、これじゃダメだ」と思うことが必要だ。失敗を経験し、能力はアップグレードしていく。


大事なのは経営者としての柔軟性だ。「うちはこれでやってきたから、ずっとこれでやるんだ」と言っている会社は取り残されてしまうだろう。


バブル崩壊以降、20数年経つが、日本経済は基本的には成長していない。その中で成長しようと思ったら、ほかとは違うことをしなければならない。だが、違うことを実行するのは大変な作業で、腕力のある人でなければできない。そのためには強いリーダー、経営者が必要とされる。


将来リーダーになるべき人材は、早い段階で小さくてもいいから一国一城の主になることが必要だ。大組織のワンパートを経験するだけでは、全体像は見えない。小さくても構わないから経営を任せられると、全体が見えてくる。苦労はするが、鍛えられる。こうした育成を日本企業は意識的にしなければならない。


過去には本田宗一郎や松下幸之助など優れた経営者もいたが、彼らは天才だ。普通のビジネスマンが強い経営者になるには教育をしっかり受けなければならない。


よい会社には、強い経営者がおり、そうした会社の株価パフォーマンスは明らかにいい。強い経営者は今、変化を求め、グローバル競争に勝とうとする日本企業にとって、必須の条件になりつつあるのだ。


伊藤友則の経歴・略歴

伊藤友則、いとう・とものり。日本の経営学者。東京大学経済学部卒業後、東京銀行(のちの東京三菱UFJ銀行)に入行。ニューヨーク駐在を経験。ハーバード・ビジネススクールでMBAを取得。スイス・ユニオン銀行(のちのUBS)東京支店に入社。UBS証券マネージング・ディレクター投資銀行本部長などを経て一橋大学大学院国際企業戦略研究科教授に就任。

他の記事も読んでみる

柳楽幸雄

リーマンショックのときのテーマは「無・減・代」。コストを減らすだけでなく、仕事自体を無くしたり、代わりのモノを提供したりすることで、事業変革のスピードを加速することにした。結果的に一般の日本企業と比べると、かなり早く立て直せたと思う。


鈴木純(経営者)

勝つには個々のメンバーの能力が高いことと、全員がチームの目標と戦術を理解していることが不可欠。


川淵三郎

ワールドカップは、日本を世界にアピールするチャンスであり、文字を読めない人でも映像で見ることができるのですから、日本人のメンタリティーまで知ってもらえるチャンスです。もっと事前に僕らが、これをうまく利用しない手はないでしょう。


二宮雅也

リスク管理の高度化や内部統制を厳格化するのは当然ですが、そのうえで、お客様目線の徹底という基本に立ち返る必要があると感じています。保険業界はもともと規制業種でしたから、マーケティングやお客様ニーズの把握などは不得手なほうです。しかし今後は、お客様の信頼を得てはじめて成長を語れるのだということを肝に銘じていきたいと思います。


安藤百福

管理職は部下に指示を与えれば仕事が終わったように思っていないか?率先、陣頭に立つ。口先だけで人は付いてこない。社員の結束を図るために、トップは先頭に立って旗印を掲げる必要がある。


村西とおる

一時、私も栄華を極めたころがありました。会社が年商100億円。4億円のクルーザーを持ち、1億円のロールスロイスに乗り、10億円の家を建てたりも致しました。それが倒産したら、緑の楽園があっという間に見渡す限りの荒野です。残ったのは50億円の借金だけでした。何カ月もマンションの家賃さえ払えない状態が続きましたから、楽しみは妄想することくらいです。日々、妄想しまくりです。でも、俺がこうだったらこうしてやろうと、あれこれ考えたことが、結局は再起の原動力になりました。


宮坂学

ヤフーはポータルサイトからメールサービス、ネット通販、スマートフォンアプリなど、さまざまな事業を手がけていますが、創業社長の井上と違って、私には経験のない事業がいくつもある。この未経験の空白を埋めるために、できるだけ現場の声を聞くようにしています。


前澤友作

会社はバンド、社員はメンバー。僕は創業以来ずっとそういう考え方です。一緒に同じ歌を歌えるか、それから仲間がその人をメンバーとして一緒に働きたいと思うか。そういう観点で採用しています。いまは約250名とかなりのビッグバンドになって、さすがに昔のように細部まで目は届きませんが、それでも統制はバッチリとれています。


江上治

自分に自信を持つことが大切です。相手のペースを遮って、話の方向を転換するには勇気がいります。相手のエネルギーに圧倒され、ペースに飲まれないための自信を得るには、自分の得意分野で強みを磨き、自分の軸を確立する以外に方法はありません。


河田重

人間の価値なんてものは、学校の成績だけでわかるものではない。本当の勉強はむしろ学校を出てからだ。考えてもみたまえ。学校時代の秀才がそのまま世の中に通るとしたら、官界にもっと優れた人物が出ていいはずではないか。政界にしてもそうだ。そのむかし秀才と言われた人間でどうやらものになったのは、俺の知る限り岸信介さんぐらいのもので、吉田茂さんにしろ、林譲治さんや益谷秀次さんにしても、みんな学校の方はパッとしない組だった。もちろん、財界もその例外ではない。君たちも将来に希望をもって、これからうんと勉強することだよ。
【覚書き|旧制高校時代の友人の息子である新入社員に「社長は高校でビリだったと親父に聞きました」と言われたときの返答】