名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

伊藤友則の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

伊藤友則のプロフィール

伊藤友則、いとう・とものり。日本の経営学者。東京大学経済学部卒業後、東京銀行(のちの東京三菱UFJ銀行)に入行。ニューヨーク駐在を経験。ハーバード・ビジネススクールでMBAを取得。スイス・ユニオン銀行(のちのUBS)東京支店に入社。UBS証券マネージング・ディレクター投資銀行本部長などを経て一橋大学大学院国際企業戦略研究科教授に就任。

伊藤友則の名言 一覧

平均的な日本企業などもう存在しない。よい会社と悪い会社があるのみ。


GE流育成のポイントは、いろいろな経験をさせて、失敗させるポジションに早くから登用することにある。


かつては本流とされる人事、企画出身の人材が内部昇格し社長に就任するケースが多かったが、内向きの世界に浸りすぎた人材は、変化を起こすリーダーにはなれない。


スキルにしろ、教養にしろ、実践して、失敗してみて「ああ、これじゃダメだ」と思うことが必要だ。失敗を経験し、能力はアップグレードしていく。


大事なのは経営者としての柔軟性だ。「うちはこれでやってきたから、ずっとこれでやるんだ」と言っている会社は取り残されてしまうだろう。


バブル崩壊以降、20数年経つが、日本経済は基本的には成長していない。その中で成長しようと思ったら、ほかとは違うことをしなければならない。だが、違うことを実行するのは大変な作業で、腕力のある人でなければできない。そのためには強いリーダー、経営者が必要とされる。


将来リーダーになるべき人材は、早い段階で小さくてもいいから一国一城の主になることが必要だ。大組織のワンパートを経験するだけでは、全体像は見えない。小さくても構わないから経営を任せられると、全体が見えてくる。苦労はするが、鍛えられる。こうした育成を日本企業は意識的にしなければならない。


過去には本田宗一郎や松下幸之助など優れた経営者もいたが、彼らは天才だ。普通のビジネスマンが強い経営者になるには教育をしっかり受けなければならない。


よい会社には、強い経営者がおり、そうした会社の株価パフォーマンスは明らかにいい。強い経営者は今、変化を求め、グローバル競争に勝とうとする日本企業にとって、必須の条件になりつつあるのだ。


伊藤友則の経歴・略歴

伊藤友則、いとう・とものり。日本の経営学者。東京大学経済学部卒業後、東京銀行(のちの東京三菱UFJ銀行)に入行。ニューヨーク駐在を経験。ハーバード・ビジネススクールでMBAを取得。スイス・ユニオン銀行(のちのUBS)東京支店に入社。UBS証券マネージング・ディレクター投資銀行本部長などを経て一橋大学大学院国際企業戦略研究科教授に就任。

他の記事も読んでみる

松村清

正論だけでは人を説得できず、相手の気持ちを考慮した話し方が重要。


田上節朗

私どもは学習というものは生徒が自主的に取り組むものだと考えています。そうでなければ本当の意味で学力が身に付くことはありません。一人一人が自分のテーマや課題、目標を設定して学習し、我々はあくまでもそれに取り組むためのサポートをしているに過ぎないのです。


志賀直哉

読んだだけ、聞いただけがただ残っていくという意味の物知りがある。これは知恵というものにはならない。


アレックス・ゴルスキー

私はジョンソン・エンド・ジョンソンから4年間離れていました。さまざまな新しいことを学ぶ良い機会を与えてくれました。他社での経験があったからこそ、より良いリーダーになれたのだと思っています。


伊勢谷友介

僕自身、自分の命で何かが変わるとは思っていませんが、諦めることは誰でもできることですから、諦めることをやめました。挫折禁止がモットーですから。


襟川陽一(シブサワ・コウ)

自分たちしかできない、新しい価値を追求するという流儀は終始一貫して変わらない。


小池龍之介(小池龍照)

転職で気をつけなければいけないのは転職の目的は何かを知ることです。転職は新天地を求める行為。ですが多くの人は、今と同じ業種や職種を探してしまいがちです。それは「今の仕事を選んだことは正しかった」と思いたいからなんですよね。似たような仕事であれば失敗のリスクも少なく、自分は間違っていないと思うことができるから。これを「正しさの煩悩」といいます。正しさの煩悩に囚われて安易に結論を出さず、もっと多くの選択肢を検討するほうがよいのではないでしょうか。新天地は、「没頭できるかどうか」を基準に探してみましょう。やりがいや充実感を得るためには、何かに没頭するのが一番です。


山田隆持

ドコモはいまでも野武士集団でありたいと思っているのです。ただし、野武士集団は野武士集団なりに、内部でのベクトルが揃っていないと単なる野盗になってしまいます。これではいけません。


藤森義明

私はどんなに困難な目標でも、絶対できると自分で思えるまでは、部下には話しません。こうやればできるはずだというプランを持って初めて、部下と議論します。


アウエルバッハ

人間が生きている社会基盤は、一瞬なりとも安定することなく、いろいなの変革によって常に変化している。


奥正之

「量」の獲得を最大の目標とするという意識を持ってはいけません。「質」の伴わない量の追求では、お客様に見切りをつけられる時代です。これからの銀行の収益は、ご提供する質を利用者に心から満足していただいて初めてついてくると確信しています。


杉原博茂

日本オラクルは今年設立30周年になります。この30年間は大きく成長できました。しかし、次の30年も同じようなことが続くわけはない。