名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

伊藤厚子(臨床心理士)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

伊藤厚子(臨床心理士)のプロフィール

伊藤厚子、いとう・あつこ。日本の臨床心理士。「メンタルサポート・アレーズ」代表。筑波大学心理学専攻卒業後、民間相談施設などのカウンセラーを経て「メンタルサポート・アレーズ」を設立。また、東京理科大学学生相談室相談員を務めた。

伊藤厚子(臨床心理士)の名言 一覧

大半の職種において、緊急性が高い連絡は頻繁にはありません。集中の妨げになるスマホと相即不離なのは精神衛生的にもよくありません。


デジタルデバイスの使い方は、「ルール」を設けないと、仕事の集中を妨げ、効率もダウンさせます。「作業時間を決める」「視界に入れない」「アナログ手法で対処する」といったルールを設けましょう。これだけでも集中力の低下を防げます。


電話する、会って話すなど、アナログな手法の方が、スピーディーに終わる場合も多い。また、メモなどもデバイスにできるだけ頼らず、手書きを活用するといい。どうしても忘れそうなものだけスマホやパソコンのスケジューラーなどに残すといった「使い分け」をしましょう。


伊藤厚子(臨床心理士)の経歴・略歴

伊藤厚子、いとう・あつこ。日本の臨床心理士。「メンタルサポート・アレーズ」代表。筑波大学心理学専攻卒業後、民間相談施設などのカウンセラーを経て「メンタルサポート・アレーズ」を設立。また、東京理科大学学生相談室相談員を務めた。

他の記事も読んでみる

新浪博士

天野(篤)先生は、手術と手術の合間に少しでも暇があったら寝たほうがいいよ、とアドバイスしてくれました。天野先生自身も寝るのですが、みんなのいるところで寝るから誰もリラックスできない(笑)。だから私は自分の部屋に戻って寝るようにしています。


渡辺利夫

結局、自分が生きて今ここに在るのは祖先のおかげであって、つまりは自分を超える何者かに「生かされている」のだと思わなければならない。


裵英洙(医療機関再生コンサルタント)

午後の眠くなる時間に単純作業を入れるのは避けてください。デスクワークより、営業の外回りのように体を動かす仕事の方がいい。室内で会議をやるとしても、立ってやるなどの工夫をしたいところ。


鈴木貴博(コンサルタント)

クレーム主が優先客か劣後客で対応は異なります。劣後客の場合は、経営効率上自社サービスに適応しきれていないことがクレームにつながる場合がある。それが原因のクレームは仕方ないと見切る経営判断もある。


飯田敏(ファイナンシャルプランナー)

資産運用は始めるならば早い方がいい。短い時間で資産を形成しようとすれば、当然リスクも高くなります。長いスパンで投資を考えられれば、市場の変動にも対応できます。


山口周

情報の整理方法は、いまの時代は、やはりデジタル管理がおすすめですね。私はタブレット端末を活用してます。後に使いたい情報や書き出したデータは、たとえば「組織」といったキーワードで「タグ」をつけ、クラウドに保存しておく。検索すると、過去にまとめた情報がすべて一覧できるようにしています。情報のストックが増えてくると、独学は本当に楽しくなりますよ。


池森賢二

化粧品による肌のトラブルをなくそうと、1980年に防腐剤などを含まない無添加化粧品の通信販売事業を立ち上げ、15年たって直営店展開を始めました。店の店員には「売らない勇気を持てよ」と教えてきました。よそと違って、一日何万円売りなさいというノルマもないし、歩合制でもないけれど、お客様がお見えになれば、売りたい気持ちが誰にも本能的にある。でもたとえば、ニキビができた思春期の子がクリームが欲しいと買いに来たら、洗顔を勧めて「お客様には必要ないと思いますよ、ときちんと言いなさい」と。クリームをつけると、かえってニキビを悪化させてしまうんです。


テリー伊藤

オレは死ぬ日を自分で決めています。途中で死んだら仕方ないし、予定より長生きできたら儲けもの。人生、なめてかかってマジメに生きろと思ってるからね。


高津和彦

結婚式のスピーチなどで、緊張し過ぎてグダグダになったなら「嬉しすぎてよくわからなくなってきた。とにかくおめでとう! それだけ!」と大きな声で自分を実況中継しちゃえばいい。どこまでも気持ちを伝えるのがスピーチの基本。


江川昌史

私はアナログによるコミュニケーションも実は重視しています。コミュニケーションというのは、お互いの気持ちをより正しく、強く伝えることが大切。


野口美佳

始めは一人でスタートして、やがて3人、50人、100人と増え、いまは300人規模の会社になりました。経営の仕方というのは、規模によって違います。私は会社の成長とともに、社長として成長してきたと思います。


荻田築

東京東部支店立て直しのとき、私が実践していたのは朝・晩は机に座っていないで、必ず倉庫に立つことでした。倉庫にいると本音が聞こえてくるからです。商品を見ながら、どれが売れてどれが売れていないかも分かりますし、営業から帰ってきた人の顔を見れば、どんな成果だったかも分かります。