伊藤厚子(臨床心理士)の名言

伊藤厚子(臨床心理士)のプロフィール

伊藤厚子、いとう・あつこ。日本の臨床心理士。「メンタルサポート・アレーズ」代表。筑波大学心理学専攻卒業後、民間相談施設などのカウンセラーを経て「メンタルサポート・アレーズ」を設立。また、東京理科大学学生相談室相談員を務めた。

伊藤厚子(臨床心理士)の名言 一覧

大半の職種において、緊急性が高い連絡は頻繁にはありません。集中の妨げになるスマホと相即不離なのは精神衛生的にもよくありません。

伊藤厚子の名言|スマホと相即不離なのは精神衛生的にもよくない。

デジタルデバイスの使い方は、「ルール」を設けないと、仕事の集中を妨げ、効率もダウンさせます。「作業時間を決める」「視界に入れない」「アナログ手法で対処する」といったルールを設けましょう。これだけでも集中力の低下を防げます。

伊藤厚子の名言|デジタルデバイスの使用ルールを設けると集中力の低下を防げる

電話する、会って話すなど、アナログな手法の方が、スピーディーに終わる場合も多い。また、メモなどもデバイスにできるだけ頼らず、手書きを活用するといい。どうしても忘れそうなものだけスマホやパソコンのスケジューラーなどに残すといった「使い分け」をしましょう。

伊藤厚子の名言|アナログな手法の方が、スピーディーに終わる場合も多い

伊藤厚子(臨床心理士)の経歴・略歴

伊藤厚子、いとう・あつこ。日本の臨床心理士。「メンタルサポート・アレーズ」代表。筑波大学心理学専攻卒業後、民間相談施設などのカウンセラーを経て「メンタルサポート・アレーズ」を設立。また、東京理科大学学生相談室相談員を務めた。

ページの先頭へ