名言DB

9490 人 / 112001 名言

伊藤博(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

伊藤博(経営者)のプロフィール

伊藤博、いとう・ひろし。日本の経営者。総合セキュリティの「セコム」社長。茨城県出身。早稲田大学政治経済学部卒業後、警備員としてセコムに入社。取締役、セコム情報システム(のちのセコムトラストシステムズ)社長、セコム執行役員、常務取締役などを経て社長に就任。

伊藤博(経営者)の名言 一覧

セコムの強みをさらに強くして、世の中の困りごとの解決策を提示していきたい。お客様のお困りごとからサービスを創っていく。


理念を大事にしていますが、判断尺度は正しさです。セコムにとっての正しさではなくて、社会にとっての正しさ、公正であるかどうかです。


全体が完成しなくてもまずはスタートをする。そうすれば進化させて、いいサービスに仕上げていける。


社会にとっての正しさを追求し、既成概念を否定、現状を否定してみて、どうあるべきかを考える。これをベースに社員の行動規範を作っています。


行動規範は集合研修やOJT、昇級試験に出したり、さまざまな場面で伝えています。セコムはお客様からの信頼がすべてですが、鍵を預かることの責任とはどういうことなのか。入社時には真面目、正直であることが大切だと伝えています。くり返しさまざまな機会を通じて徹底しています。


ビッグデータ解析によって今後、さらに高度なサービスの提供が可能になります。2020年をにらみ、新たなシステムを研究中です。一例を挙げると、不特定多数の人間の中で、一定の速度で歩いていく人間を「安全」とすれば、逆に走っていたり、ウロウロしている人だけをマークし、「要注意人物」として情報を上げるシステムです。東京五輪では警備員数は1万4000人が必要だと言われています。ロンドンやソチ五輪では軍隊が投入されましたが、日本ではそうはいかない。日本流の警備とは、警備然とせず、技術と人間の力をもって安全を担保することです。これこそ、真の「おもてなし」と言えるのではないでしょうか。


2014年6月末、初めて100万件を突破しました。しかし、日本全体で5000万世帯以上ある中で見れば、当社のホームセキュリティーが導入されているのは2%に満たない。ですから、セコムはまだ普及する余地があると思っています。「セコム、してますか?」から、「セコム、してないの?」という時代がやがてやってくるでしょう。


伊藤博(経営者)の経歴・略歴

伊藤博、いとう・ひろし。日本の経営者。総合セキュリティの「セコム」社長。茨城県出身。早稲田大学政治経済学部卒業後、警備員としてセコムに入社。取締役、セコム情報システム(のちのセコムトラストシステムズ)社長、セコム執行役員、常務取締役などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

川田達男

前任の黒川誠一社長から「このままだと会社はつぶれる。気に任せるから、思い切りやってほしい」と社長就任を打診された。赤字経営が続いて重くなっていた社員の人心を一新するため、やりますと即答した。


松本晃(経営者)

ダイバーシティなしに会社は成長しませんし、特定の人たちだけで、ビジネスのゲームはできません。例えば、昔、読売ジャイアンツは純血主義で日本人選手だけでやっていましたが、今そんなことをやっていたら絶対に勝てない。同じことは会社にも言えます。そうなると今、一番活用できていないのは女性、次に外国人、障がいを持つ人。それ以外にもあらゆる人たちを戦力にしていかないとこれからは勝てません。


中西宏明

私がここ数年繰り返し言っているのは、自分たちの事業が自分たちのターゲットとするマーケットでどういうポジションなのか明確にして、そこにちゃんと到達できるかということです。


中野渡利八郎

壁や床、ドア、サッシ、キッチンなど、さまざまな部材を組み合わせることで、一つの家は構成されています。当社はどのような部材をどこに使えば快適で長持ちする家が作れるかということを第一に考えています。残念ながら、ハウスメーカーにはそうした考えが見受けられません。


吉田浩一郎

スケジュールには1週間のうち半日程度空白を確保しています。理由のひとつは優先順位の高い会合や面会を入れられること。もうひとつは予定が入らなかった際、未来の事業や戦略をイメージする時間に充てられることです。


佐藤綾子(心理学者)

社内で部下や同僚と話すとき、最もコントロールが必要な感情が、自分の中の「怒り」や「責め」の気持ちです。例えば、「あいつがしていることは、ろくなことではないだろう。本当に困ったヤツだ」といった「責め」の気持ちがあれば、何を言われてもすべてネガティブにとらえて聞くので、相手が言っていることの正当性がわからなくなってしまいます。そのため、相手に対して「責め」の気持ちで話を聞くのは、判断ミスに繋がります。逆に、自分が猛烈に嬉しくて有頂天になって浮かれていると、部下が持ってきた深刻な話が耳に入りません。


安田隆夫

限界を感じず、このまま行けると思った瞬間に、本当に見えていない限界、見えない危機が私の後ろに近づいているのかもしれない。


孫正義

中国何千年の歴史で大きく天下が動いた時というのは、やはり大きな絵を描いて、人々の心を揺さぶる檄文を書いて、100万の大群を錦の御旗の下に集めた時ですよ。そういう意味では、大きなビジョンというのは掲げないといけない。


上野治男

90年代に入ると、企業不祥事が各社で多発し、それを執拗に取り上げる報道が嫌でも目につくようになっていました。しかし、企業がにわかに悪化したわけではありません。誤解を恐れずに言えば、企業は昔から同じことをしてきました。変わったのは企業を取り巻く環境のほうで、社会全体が敏感になった。市民・消費者・マスコミの企業を見る目が厳しくなったというのが、近年の企業不祥事の特徴です。企業にはそれぞれ固有の伝統や風土がありますが、それは必ずしも外からは見えません。企業としての存在意義を示し、それを実のあるものにするために、企業は何を考え、何のために、何をしようとしているのかを明らかにしてほしい。そして、今の社会で通用する論理に従って行動してほしい、という要求が強まってきたのです。


山田隆持

世の中にデッド・エンドはないんです。完全な袋小路に陥っても、努力を続けていると環境の方が変化してきて、必ず光がさしてきます。その光に向かって歩き続ければいいのです。


廣瀬禎彦

部下に仕事を任せる場合、その仕事の目的をブレイクダウンして段取りをするために論理を使います。目的からブレイクダウンすることがポイントです。現状から論理を積み上げていくと、目的に到達するかどうかわからないからです。


村田昭治

後輩に、内外他社の優れたところを学びとり、自社の短所を改善し長所をさらに伸ばしていく姿勢を身につけさせるにはどうしたらいいか。同じ視線で、多様性を退けず、悩み、研究し、工夫していくことだろう。日本の各界に出た多くのリーダーが育てあげた人財が、こんにちの日本を支えている。いまの経営者には、ぜひ次代のリーダーを育てることに頭脳と愛情と手間をかけていただきたいと願っている。