名言DB

9429 人 / 110879 名言

伊藤博(経営者)の名言

twitter Facebook はてブ

伊藤博(経営者)のプロフィール

伊藤博、いとう・ひろし。日本の経営者。総合セキュリティの「セコム」社長。茨城県出身。早稲田大学政治経済学部卒業後、警備員としてセコムに入社。取締役、セコム情報システム(のちのセコムトラストシステムズ)社長、セコム執行役員、常務取締役などを経て社長に就任。

伊藤博(経営者)の名言 一覧

セコムの強みをさらに強くして、世の中の困りごとの解決策を提示していきたい。お客様のお困りごとからサービスを創っていく。


理念を大事にしていますが、判断尺度は正しさです。セコムにとっての正しさではなくて、社会にとっての正しさ、公正であるかどうかです。


全体が完成しなくてもまずはスタートをする。そうすれば進化させて、いいサービスに仕上げていける。


社会にとっての正しさを追求し、既成概念を否定、現状を否定してみて、どうあるべきかを考える。これをベースに社員の行動規範を作っています。


行動規範は集合研修やOJT、昇級試験に出したり、さまざまな場面で伝えています。セコムはお客様からの信頼がすべてですが、鍵を預かることの責任とはどういうことなのか。入社時には真面目、正直であることが大切だと伝えています。くり返しさまざまな機会を通じて徹底しています。


ビッグデータ解析によって今後、さらに高度なサービスの提供が可能になります。2020年をにらみ、新たなシステムを研究中です。一例を挙げると、不特定多数の人間の中で、一定の速度で歩いていく人間を「安全」とすれば、逆に走っていたり、ウロウロしている人だけをマークし、「要注意人物」として情報を上げるシステムです。東京五輪では警備員数は1万4000人が必要だと言われています。ロンドンやソチ五輪では軍隊が投入されましたが、日本ではそうはいかない。日本流の警備とは、警備然とせず、技術と人間の力をもって安全を担保することです。これこそ、真の「おもてなし」と言えるのではないでしょうか。


2014年6月末、初めて100万件を突破しました。しかし、日本全体で5000万世帯以上ある中で見れば、当社のホームセキュリティーが導入されているのは2%に満たない。ですから、セコムはまだ普及する余地があると思っています。「セコム、してますか?」から、「セコム、してないの?」という時代がやがてやってくるでしょう。


伊藤博(経営者)の経歴・略歴

伊藤博、いとう・ひろし。日本の経営者。総合セキュリティの「セコム」社長。茨城県出身。早稲田大学政治経済学部卒業後、警備員としてセコムに入社。取締役、セコム情報システム(のちのセコムトラストシステムズ)社長、セコム執行役員、常務取締役などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

石川康晴

常に問題意識を持って、主力事業の周辺にある未開拓の「ホワイトスペース」を探し、挑戦を続けることが「稼ぐ力」につながる。自分で考えて、行動できる自立人に、企業はしかるべきポストと報酬を与える。稼ぐ力を秘めた人に投資をしたい。


松岡修造

自分自身のことをよくわかっているつもりでも、知らないことが意外に多い。「人と接するのが苦手」とか、「デスクワークは好きなんだけれど営業には向いていない」とか、性格や仕事の向き不向きを自分で決めつけていたり、人から言われてそう思い込んでいることが少なくありません。でも、はたして本当にそうなのでしょうか。


上田雄太(経営者)

手間がかかることが差別化のポイント。BtoBはカスタマイズが必要で手間がかかるからこそ、付加価値が付けやすい。


木暮太一

こんな時代に生き残るには、「今の会社以外でも通用する特技」を持っておくことが重要。そんなものない? いえ、意外と自分ではわかりませんが、じっくりキャリアを棚卸しすれば、誰にでもあるものなんです。


泉谷直木

指示や目標を伝えたからそれで良しとはなりません。仕事で大事なのは、伝えたことがどこまで達成できるかなのです。


ゲーテ

古い基礎を人々は貴ぶが、同時にどこかで再び初めから基礎を築きだす権利を放棄してはならない。


弘兼憲史

知識という土台がないと思考力につながりません。しかし、いつまでも知識を詰め込むような学び方では思考力は育たない。そこで普段から、「上司はなぜこう考えるのだろうか」などと、何事にも疑問を持てば、自分で考えるクセが身につきます。


井上五郎

生きるということは希望を持ち、期待と持ち、生きがいを持つことである。


鈴木喬(経営者)

商品開発のキーワードは「聞いて分かる、見て分かる、使って分かる」。まずは「アイデアありき」で走り出すことが大切。


マーク・マコーマック

自分たちの専門知識の本当の価値にふさわしい料金を請求していない会社は多い。素人が同じ知識を獲得するのにどれだけのコストがかかるかわかっていないのだ。我々も最初の10年間はそうだった。この時期、スポーツイベントで取引した企業は1000を超す。スポーツを通じて企業がマーケティング上の目的を達成する方法について私たちは膨大な知識を蓄積していた。当時は、その知識を無料でプレゼントしていた。