名言DB

9429 人 / 110879 名言

伊藤博之(経営者)の名言

twitter Facebook はてブ

伊藤博之(経営者)のプロフィール

伊藤博之、いとう・ひろゆき。日本の経営者。クリプトン・フューチャー・メディア社長。北海道出身。北海学園大学経済学部を卒業し、北海道大学で職員として働いたのち、クリプトン・フューチャー・メディアを設立。効果音・BGMなどの音素材の販売、携帯電話の着メロ販売などを取り扱ったのち、ボーカロイド『初音ミク』などのヒット商品を生み出した。そのほか北海道情報大学客員教授なども務めた。

伊藤博之(経営者)の名言 一覧

インターネットでいろんな人が自由につながる状況下、既存の考え方をいったん白紙に戻し、最も最適なスタイルは何か、考えていくべきでしょう。


知識というのは金庫の中に10年間しまい込んでも何も増えない。自由に泳がせ、利用させたら、よほど価値が膨らんで返ってくる。そのことは初音ミクの5年間でイヤというほど見てきましたから。


初音ミクに限らず、ネットで起きているのは、いかに共感をつくるか、というボトムアップの大きなムーブメントだと思います。だから、言ってしまうと、共感をつくれない会社は、この先、未来がないんじゃないか。


僕の意見としては、クリエイターが関心を持っているのは、見る人・聞く人をいかに共感させるかだと思う。グッとくるとか、ピンとくるとか。僕たちは日々、共感を消費して生きている。普通の消費より、そちらのウェイトの方が大きくなっている。クリエイターも共感させるためにコンテンツをつくっている。


オープンカルチャーというか、こういう考え方はビジネスの新しいイノベーション、プロモーションの方向でもあると思います。僕は「密結合」と「疎結合」と言うんですが、自然界って「疎」ですよね。花が咲き、ハチが飛んできて蜜を吸い、体に花粉がついて別の花に運ぶ。両者はとくに契約書を交わしているわけではない。反対に銀行と銀行の統合のような人為的な「密」な結合は、必ずといっていいほどトラブルが発生するじゃないですか。労使関係や企業の契約関係もそう。不自然で非効率的な「密」のリスクを減らしていくのが合理的だと思う。


ピアプロでは「原作品を利用する場合には作者に、利用しました、と報告し感謝の意を表する」などの規約順守を前提に(ピアプロで公開されている作品の)2次・3次創作を認めています。ヒントになったのは、フリーソフトウェアや、「クリエイティブ・コモンズ」の考え方です。著作権法によって作品の改変を禁止するのではなく、作者が一部の権利を解放することを宣言して、利用を促進し、第三者との共同作業によって完成度を高めようというムーブメントです。


放っておくと、初音ミクは秋葉原系とかオタク系とか、そっちけいの文脈に引っ張られかねない。そういう閉じたモチーフにはしたくないと思っていますので、一般の方々に訴求できるアパレルとの取り組みはすごくウェルカム。ひとつの試金石としてこの先の展開を楽しみにしています。
【覚書き|アパレルメーカーとのコラボレーションについて語った言葉】


初音ミクの正体は何か。言ってみれば、初音ミクってひとつの「側(外枠)」でしかない。緑色の髪の長い女の子というひとつの共通認識。そこから多種多様なアウトプットが出てくる。クリエイティブなことをしたいと思っている10万人、もしかしたら100万人規模のクリエイターたちのプラットフォームなんです。そして、そこから生まれるものに共感しあうコミュニティでもある。


伊藤博之(経営者)の経歴・略歴

伊藤博之、いとう・ひろゆき。日本の経営者。クリプトン・フューチャー・メディア社長。北海道出身。北海学園大学経済学部を卒業し、北海道大学で職員として働いたのち、クリプトン・フューチャー・メディアを設立。効果音・BGMなどの音素材の販売、携帯電話の着メロ販売などを取り扱ったのち、ボーカロイド『初音ミク』などのヒット商品を生み出した。そのほか北海道情報大学客員教授なども務めた。

他の記事も読んでみる

古屋大貴

全部ハッキリすること、濁さないことが大事だと思うんです。例えば、企業同士の打ち合わせで相手が大企業だと、まったく駄目な提案を受けたときでも「一度持ち帰らせていただきます」とか、言うじゃないですか。でも、一目で駄目な提案を持ち帰る必要なんて、まったくないですよね。時間の無駄というか。世の中、そんなのばっかりだと思うんですね。だから、ひとつひとつの仕事に白黒をはっきりすることが理想だと思います。そのためには、いい判断ができる自分がいなきゃならない。だから、日々の研鑽、つまり遊んでいなきゃ駄目なんですよ。


細谷功

頭の中がもやもやしている時は、いま感じていることを書き出してみるといいですよ。「どうも上司と気が合わないなあ」ともやもやしているなら、その人の何が嫌なのかを徹底的に書き出してみる。それが具体的な解決策につながらなくても、自分がネガティブになっている原因が明確になれば、意外と気持ちがスッキリするものです。


直江文忠

明日起きたら楽しいことが待っている。その気持ちが早起きにもつながるんです。


真鍋精志

日々の安全・安心を提供して私どもの使命をきちんと果たしていく一方で、企業として成長しなければなりません。私どもの営業エリアで地元と一緒になってビジネスを展開していく、つまり地域共生企業をめざすということです。今後は人口が減っていくので、鉄道事業の経営環境はますます厳しくなります。そのため、鉄道以外の事業をいかに伸ばすかが重要になります。


金子太郎

バブル期に不動産を担保とした抵当証券は一切扱わなかったし、系列のファイナンス会社にも土地がらみの融資は禁止させました。銀行から坪1億円で持ちかけられた新社屋用地の購入も断りました。結果としてバブルの傷は浅くて済みました。おかしいことをおかしいと思う、健全な常識のおかげです。


日野原重明

無理な延命治療は患者を苦しめ、家族や社会にも重い負担を強いている。必要以上に延命治療をやりたがる医師は、医療行為を営業行為と勘違いしている。


竹中平蔵

子供たちの世界の試験には正解があるわけですが、社会に出るといつも正解があるわけではありません。議論するほど新しい考えが生まれます。


小笹芳央

以前、ある会社で20人のメンバーを率いる営業所長さんから、相談を受けました。曰く「職場に活気がなく、挨拶すらしない」。そこで私が提案したのは、所長さんが先陣を切って朝の挨拶をするということ。月曜日、彼の挨拶に応えた人はゼロ人でした。それが翌日は、戸惑いながら2人が挨拶を返し、水曜日には6人になり、水曜日には過半数以上に。そして金曜日、ついに全員が挨拶をするようになったのです。


ムーギー・キム(金武貴)

幼少期から自分の進路ややりたいことを自分で決める習慣を育んできた人は、仕事をする時も生産性が高い。というのも、自分で好きなことをやるのだから人一倍頑張るし、自分で決めたのだからモチベーションも高く、継続することができるからだ。そして、「自分の人生の決定権は自分にある」というコントロール感が、高い自己肯定感につながっている。その点が、「上から押しつけられた生き方しかできない」と諦めている人々とは異なるのだ。


松本洋(コンサルタント)

全員が仕事で起こる様々な問題に自責の気持ちで望めば、企業としての目標達成は夢ではない。