名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

伊藤博之(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

伊藤博之(経営者)のプロフィール

伊藤博之、いとう・ひろゆき。日本の経営者。クリプトン・フューチャー・メディア社長。北海道出身。北海学園大学経済学部を卒業し、北海道大学で職員として働いたのち、クリプトン・フューチャー・メディアを設立。効果音・BGMなどの音素材の販売、携帯電話の着メロ販売などを取り扱ったのち、ボーカロイド『初音ミク』などのヒット商品を生み出した。そのほか北海道情報大学客員教授なども務めた。

伊藤博之(経営者)の名言 一覧

インターネットでいろんな人が自由につながる状況下、既存の考え方をいったん白紙に戻し、最も最適なスタイルは何か、考えていくべきでしょう。


知識というのは金庫の中に10年間しまい込んでも何も増えない。自由に泳がせ、利用させたら、よほど価値が膨らんで返ってくる。そのことは初音ミクの5年間でイヤというほど見てきましたから。


初音ミクに限らず、ネットで起きているのは、いかに共感をつくるか、というボトムアップの大きなムーブメントだと思います。だから、言ってしまうと、共感をつくれない会社は、この先、未来がないんじゃないか。


僕の意見としては、クリエイターが関心を持っているのは、見る人・聞く人をいかに共感させるかだと思う。グッとくるとか、ピンとくるとか。僕たちは日々、共感を消費して生きている。普通の消費より、そちらのウェイトの方が大きくなっている。クリエイターも共感させるためにコンテンツをつくっている。


オープンカルチャーというか、こういう考え方はビジネスの新しいイノベーション、プロモーションの方向でもあると思います。僕は「密結合」と「疎結合」と言うんですが、自然界って「疎」ですよね。花が咲き、ハチが飛んできて蜜を吸い、体に花粉がついて別の花に運ぶ。両者はとくに契約書を交わしているわけではない。反対に銀行と銀行の統合のような人為的な「密」な結合は、必ずといっていいほどトラブルが発生するじゃないですか。労使関係や企業の契約関係もそう。不自然で非効率的な「密」のリスクを減らしていくのが合理的だと思う。


ピアプロでは「原作品を利用する場合には作者に、利用しました、と報告し感謝の意を表する」などの規約順守を前提に(ピアプロで公開されている作品の)2次・3次創作を認めています。ヒントになったのは、フリーソフトウェアや、「クリエイティブ・コモンズ」の考え方です。著作権法によって作品の改変を禁止するのではなく、作者が一部の権利を解放することを宣言して、利用を促進し、第三者との共同作業によって完成度を高めようというムーブメントです。


放っておくと、初音ミクは秋葉原系とかオタク系とか、そっちけいの文脈に引っ張られかねない。そういう閉じたモチーフにはしたくないと思っていますので、一般の方々に訴求できるアパレルとの取り組みはすごくウェルカム。ひとつの試金石としてこの先の展開を楽しみにしています。
【覚書き|アパレルメーカーとのコラボレーションについて語った言葉】


初音ミクの正体は何か。言ってみれば、初音ミクってひとつの「側(外枠)」でしかない。緑色の髪の長い女の子というひとつの共通認識。そこから多種多様なアウトプットが出てくる。クリエイティブなことをしたいと思っている10万人、もしかしたら100万人規模のクリエイターたちのプラットフォームなんです。そして、そこから生まれるものに共感しあうコミュニティでもある。


伊藤博之(経営者)の経歴・略歴

伊藤博之、いとう・ひろゆき。日本の経営者。クリプトン・フューチャー・メディア社長。北海道出身。北海学園大学経済学部を卒業し、北海道大学で職員として働いたのち、クリプトン・フューチャー・メディアを設立。効果音・BGMなどの音素材の販売、携帯電話の着メロ販売などを取り扱ったのち、ボーカロイド『初音ミク』などのヒット商品を生み出した。そのほか北海道情報大学客員教授なども務めた。

他の記事も読んでみる

三木谷浩史

楽天グループの最大のポイントは、単品の強さではない、という点なんですね。1つのサービスだけでなく、複数のサービスを利用してもらうことで様々な相乗効果が生まれる。


井上礼之

技術を囲い込んで利益を独占しようとしても、いずれは追いつかれるかもしれません。それならば、ある程度開放し、仲間を増やして市場を広げていきながら、そのプロセスで技術の優位性やコスト競争力を武器に大きなパイを奪う。そんなオープン化戦略がいまの時代に合っているように思います。


古川武士

業務で手を抜くことはリスクですが、時間は有限。選択と集中は必須です。「最善主義の人」はそれを理解したうえで、成果への最短距離と最小時間を意識して、仕事を進めるのです。


江上治

下手な営業マンは、相手が誰であろうとお構いなしに、いきなり自分の売り込みから入る。商品説明から始める。これでは営業マンが自分の売り上げしか考えていないことが見え見えなので、お客も引いてしまう。当たり前だ。


藤沢武夫

我々は、能力の高い人を常に掘り出す仕組みを、考えておかねばならないんです。それに最も詳しいエキスパートが直ちに集まり、知恵を出す仕組みをつくることです。


松本大

「書く」ことの前提は「読まれる」こと。手紙もメールもコミュニケーションの手段であり、主役は相手なので、自分の感覚よりも読んでくれる相手の感覚に合わせるのが当然だと思います。どんな書き方を好むかは人によって違い、時候の挨拶から始まる改まった文章のやりとりを好む人もいれば、用件だけの短い効率的なコミュニケーションが好きな人もいます。メールや手紙など、どの手段で伝えるのがいいかも人によって異なります。まずはその見極めが大切。


プラユキ・ナラテボー

日本人はみずからの心の安定はさておき、相手への思いやりを優先する傾向がある。それが礼儀正しさや責任感の強さといった評価にもつながっていくのであろう。しかし相手の気持ちを慮(おもんばか)るためには、思考を働かせねばならない。それがときにクリアット(心配しすぎ)となり、「心配事」や「気がかり」が多くなって悩みがちになるゆえんでもあろう。


熊谷聖司(経営者)

何より重視しているのが人材の育成です。当社の海外技術部は常に世界に向けてアンテナを張り、月一回のペースで世界トップクラスの技術者を招致して講義を開いています。営業部でもお問い合わせいただいたお客様へ最適な提案を行うべく、かつて営業マンとしてトヨタ全社でトップセールスの実績を残し、営業コンサルティングとしてもご活躍されてきた酒井亮氏を執行役員に迎え、私とともに「お客様に貢献し、支持される営業」を育てるべく定期的な研修を行っています。


末川久幸

不景気になって、収入も含めて変化があると、消費者は必ずお金の使い方を見直すフェーズに入ります。保険の掛け金であったり、車を買い換えるなら燃費の良い車にしよう、小型車にしようというようにです。そうした時に、選択肢として残ることが重要です。


相良暁(経営者)

誰もやったことのないこと、できなかったことに挑戦することで、当社は新たな成長のステージに入ることができた。


池井戸潤

毎回思うことですが、映像は着るものもセットも最初に全部用意するのが、本当に大変ですよね。小説だと、書きながら「ああ、彼はこういうヤツだったんだ」と気づいていく部分があるんですが……。撮影現場を見に行くと、普段、自分の想像がいかに足りていないかがよくわかります(笑)。


出口治明

ある会社の大経営者は、「ストレス解消のために宇宙の本を読む」とおっしゃっていました。138億年の物語を読んでいると、自分が直面している問題などたいしたことはないと、気持ちを切り替えられるのだそうです。