名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

伊藤勝康(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

伊藤勝康(経営者)のプロフィール

伊藤勝康、いとう・かつやす。日本の経営者、公認会計士。「リゾートトラスト」創業者。愛知県出身。一橋大学商学部卒業後、公認会計士登録。その後、友人とともに宝塚コーポレーション(のちのリゾートトラスト)を共同創業。常務、専務、副社長、COO(最高執行責任者)を経て社長・会長を務めた。

伊藤勝康(経営者)の名言 一覧

我々が会員制リゾートという市場を開拓できたのは、常に会員と我々の目線をできるだけ近づけ、感覚を一致させる努力をしてきたからだと思います。会員の方々が何を望んでいるか、常に心掛ける。だからこそ、会員の方々が新規の会員を紹介してくださるのです。


会員の方1人が、1年間に当社の施設で使う金額はおよそ50万円です。でもリゾートとベイコート、あるいはリゾートとグランドハイメディック倶楽部などのように、2つ以上会員権を持っている人は100万円以上、ご利用されています。ですから、新しい事業を開拓し、それを既存会員の方々に利用していただければ、当社の業績も伸びていきます。


今後とも会員を増やすために力を注いでいきます。でも、いまや当社の会員数は17万人となりました。ここまで増えると、分母が大きくなったため、多少、会員が増えてもそれほど大きな伸び率にはなりません。ですから会員を増やすと同時に、会員1人に使っていただくお金を増やすために、新しいサービスを提供していこうと考えています。


昔と今で圧倒的に違うのは、60代、70代の方たちの活動量です。大変アクティブな方々が多い。アンケートを取ると、ほぼ全員が年に一度は海外旅行を楽しんでいます。しかも一番人気はイタリアです。老後も子供たちに頼ろうとは思わない。介護されるにしても自分たちで何とかしようという意識が強い。


会員制リゾートという市場は、我々が先陣を切って40年以上の歳月をかけてつくってきました。一流の施設をつくり、一流のおもてなしを体験していただく。そういう楽しみ方があることを、ようやく多くの方々に知っていただけるようになりました。旅をするよりも、リゾートでゆっくりとくつろぐことを楽しむ人が増えてきました。その傾向は今後もしばらくは変わらないと思います。


メディカル事業について、たぶん、ほとんどの人が、我々が検診や医療分野を始めるとは思っていなかったでしょう。けれど会員の皆さんの声を聞き、同じ目線で考えると、この事業は必然でした。アクティブな高齢者が増えています。65歳の定年を迎えても、皆さんお元気です。この方々に、まずはエクシブなどの会員になっていただく。でもいくらアクティブでも、健康への不安は皆さんお持ちです。その人たちの不安を解消するサービスを提供することで、会員の方々の満足度は上がっていきます。これが一番大切です。そしてそれを追求することで、我々も事業の幅が広がり、成長へとつながるのです。


会員の方々の健康のために、メディカル事業にも力を入れています。そのひとつがグランドハイメディック倶楽部で、全国に8か所あります。民間医療機関としては日本で初めてPETを設置するなど、高度な医療検診を行っています。さらには万が一のための治療サポートや予防医療・健康サポートも提供しています。また、快適で安心できるシニアライフを送っていただくため、介護付き有料老人ホームを運営しています。つまり、リゾートトラストの会員の方々が、生涯、快適で健康的な生活を送るためのサービスを様々な形で提供しています。今後も内容を充実させるだけでなく、メニューも増やしていこうと考えています。


伊藤勝康(経営者)の経歴・略歴

伊藤勝康、いとう・かつやす。日本の経営者、公認会計士。「リゾートトラスト」創業者。愛知県出身。一橋大学商学部卒業後、公認会計士登録。その後、友人とともに宝塚コーポレーション(のちのリゾートトラスト)を共同創業。常務、専務、副社長、COO(最高執行責任者)を経て社長・会長を務めた。

他の記事も読んでみる

近藤道生

これまでの反省に立つなら、日本は情報技術において常に先端国家であらねばならない。そうでなくては生きてはいけないと思います。


陰山孔貴

病気にならないだけではなく、常に心身を平穏に保つ、つまり「イライラしない」ことが重要だと思っています。その時々の気分で言うことが変わるような教員には、誰もついてきませんよね。


安藤百福

即席めん開発に成功したとき、私は48歳になっていた。遅い出発ともいわれるが、人生に遅すぎるということはない。50歳でも、60歳でも新しい出発はある。


金川千尋

もし、安易な道が成功への正しい方向であれば難しいことをする必要はないでしょう。ただ、私の経験では、困難な道を選んだときの方が、結果的に成功に結びついてきました。


竹内俊昭

極端に言うと普通の問屋は、いま一番売りやすいものを売ればいい。でも、うちは花王の商品しかない。ブランドを育てるのは研究もマーケティングも、販売も一緒。


筒井康隆

最初の本を出すまでは、結構、悩んだというか、試行錯誤の連続でした。一言でいえば、文章が下手だったんです(笑)。三人称でうまく書けず、視点というのも、よくわかってなかったですから。どうしたか? もともと僕は役者志望だったので、「自分が主人公になったつもりで書けばいいんじゃないか」と思ってね。一人称の「おれ」で書きだし、一時期、何でもかんでも「おれ、おれ」でしたよ(笑)。自分で暴れ、ドタバタやってればいいんだと。感情移入じゃなく肉体移入だな(笑)。


佐々木かをり

ネット社会では、会社も個人も24時間、他人に見られているようなもの。まっすぐに、良い仕事をしているのか。今も、それを常に問われていると思いながら仕事をしています。


山田真哉

たとえば、実際は9割の人が支持していることでも、「10人がつまらないって否定してました」と言えばどうですか。受け取る側の印象がまるで違ってきますよね。数字は、使い方一つでどちらにも転ぶ、まさに諸刃の剣といえるのです。


竹長潤

従来、ボートレジャーを楽しむには、ボートを購入するという手段が唯一の方法でした。ただ、ボートの購入はイニシャル、ランニングともコストがかかり、ごく限られた層の遊びにとどまっていました。その点、当社の会員制マリンクラブは、ローコストで好きな時間に好きな場所で、気軽にボートレジャーを楽しめるのが特徴です。


森俊一

土地を仕入れた人に全権を委ね、企画から販売までを任せています。彼らが社内のスペシャリストを縦横斜めに連携しながら進めますから、組織はいわば球体です。私自身の役割は、ツボを刺激することです。必要に応じてコアにいたり、表面に出たりします。すべてを内製化することで、クオリティとコンプライアンスが維持できるんです。


辻慎吾

現在進めている大規模な再開発プロジェクトは、いずれも森ビルらしい、森ビルにしかできない都市再生プロジェクト。これらをしっかりとやりきること。それが森ビルにとっても、東京にとっても、日本にとっても一番良いと思ってやっています。


小山田浩定

経営理念というのは、合意で決めるようなものではありません。トップの死生観のような根源から出てくるものです。だから、少しブレただけでも自分で分かる。心の底から考えだした理念だからこそ、みずから表現しなければ意味がないのです。