伊藤勝康(経営者)の名言

伊藤勝康(経営者)のプロフィール

伊藤勝康、いとう・かつやす。日本の経営者、公認会計士。「リゾートトラスト」創業者。愛知県出身。一橋大学商学部卒業後、公認会計士登録。その後、友人とともに宝塚コーポレーション(のちのリゾートトラスト)を共同創業。常務、専務、副社長、COO(最高執行責任者)を経て社長・会長を務めた。

伊藤勝康(経営者)の名言 一覧

我々が会員制リゾートという市場を開拓できたのは、常に会員と我々の目線をできるだけ近づけ、感覚を一致させる努力をしてきたからだと思います。会員の方々が何を望んでいるか、常に心掛ける。だからこそ、会員の方々が新規の会員を紹介してくださるのです。


会員の方1人が、1年間に当社の施設で使う金額はおよそ50万円です。でもリゾートとベイコート、あるいはリゾートとグランドハイメディック倶楽部などのように、2つ以上会員権を持っている人は100万円以上、ご利用されています。ですから、新しい事業を開拓し、それを既存会員の方々に利用していただければ、当社の業績も伸びていきます。


今後とも会員を増やすために力を注いでいきます。でも、いまや当社の会員数は17万人となりました。ここまで増えると、分母が大きくなったため、多少、会員が増えてもそれほど大きな伸び率にはなりません。ですから会員を増やすと同時に、会員1人に使っていただくお金を増やすために、新しいサービスを提供していこうと考えています。


昔と今で圧倒的に違うのは、60代、70代の方たちの活動量です。大変アクティブな方々が多い。アンケートを取ると、ほぼ全員が年に一度は海外旅行を楽しんでいます。しかも一番人気はイタリアです。老後も子供たちに頼ろうとは思わない。介護されるにしても自分たちで何とかしようという意識が強い。


会員制リゾートという市場は、我々が先陣を切って40年以上の歳月をかけてつくってきました。一流の施設をつくり、一流のおもてなしを体験していただく。そういう楽しみ方があることを、ようやく多くの方々に知っていただけるようになりました。旅をするよりも、リゾートでゆっくりとくつろぐことを楽しむ人が増えてきました。その傾向は今後もしばらくは変わらないと思います。


メディカル事業について、たぶん、ほとんどの人が、我々が検診や医療分野を始めるとは思っていなかったでしょう。けれど会員の皆さんの声を聞き、同じ目線で考えると、この事業は必然でした。アクティブな高齢者が増えています。65歳の定年を迎えても、皆さんお元気です。この方々に、まずはエクシブなどの会員になっていただく。でもいくらアクティブでも、健康への不安は皆さんお持ちです。その人たちの不安を解消するサービスを提供することで、会員の方々の満足度は上がっていきます。これが一番大切です。そしてそれを追求することで、我々も事業の幅が広がり、成長へとつながるのです。


会員の方々の健康のために、メディカル事業にも力を入れています。そのひとつがグランドハイメディック倶楽部で、全国に8か所あります。民間医療機関としては日本で初めてPETを設置するなど、高度な医療検診を行っています。さらには万が一のための治療サポートや予防医療・健康サポートも提供しています。また、快適で安心できるシニアライフを送っていただくため、介護付き有料老人ホームを運営しています。つまり、リゾートトラストの会員の方々が、生涯、快適で健康的な生活を送るためのサービスを様々な形で提供しています。今後も内容を充実させるだけでなく、メニューも増やしていこうと考えています。


伊藤勝康(経営者)の経歴・略歴

伊藤勝康、いとう・かつやす。日本の経営者、公認会計士。「リゾートトラスト」創業者。愛知県出身。一橋大学商学部卒業後、公認会計士登録。その後、友人とともに宝塚コーポレーション(のちのリゾートトラスト)を共同創業。常務、専務、副社長、COO(最高執行責任者)を経て社長・会長を務めた。

他の記事も読んでみる

義家弘介(ヤンキー先生)

まず子供と「自分のなりたい未来予想図は何なの?」という点を話し合うべきです。たとえばリストカットや不登校にしても、どうやってやめさせるかではありません。その行為の原因となったものと向き合うことで解決するかもしれません。それと同じで夢や希望、目的を持たせるためには、夢や希望、目的を持てない原因は何なのかをきっちりと話し合い、子供と一緒にその原因と向き合ってあげることです。


樋口武男

運は勝手についてきませんが、特別な才能もいりません。「口」に「+(プラス)」と書いて「叶う」と読みますが、ポジティブな言葉を発するといい。そして私の祖母の教えのように、嘘とごまかしなく、人様に迷惑をかけることなく、堂々と生きればよいと思います。


後藤卓也(花王)

社長の一言ですべてが決まるような組織は誰も判断せず、お伺いを立てるようになってしまいます。いまはトップダウンで先頭の機関車が車両を引っ張っていく時代ではなく、新幹線みたいに個々の車両にモーターがついて、みんなで動かしていかなければなりません。


七五三木敏幸

日本では出る杭は打たれますが、アメリカ、少なくとも私がいた会社は違う。出る杭はもっと出てくるようにと引っ張られる。出る杭しか上に引っ張り上げてもらえない。難しい仕事を託されたときは、「あなたにはできる」という保証書付きなんです。


堀之内九一郎

そのうち起業しようと思っているんだとしても、いつも独りぼっちでいるという意味での一匹狼にはならないほうがいい。リーダーとしての自覚や責任を持つことと、独りで吠えることを混同している人がたまにいるようですが、狼になるなら、仲間をまとめる力を持った狼になってください。


川村元気

映画をつくるときも小説を描くときも、最初は、日常生活の中で感じた「違和感」からはじめます。その後に「自分がなぜそう感じたのか?」という根拠を見つけるために、取材し、ファクトをひとつひとつ拾い集めていきます。自分の思いつきを、ロジックに置き換えていく作業を繰り返す。感覚で捉えたピントがボケた映像のような「時代の気分」が、そうすることでクリアに浮かび上がってくる気がしています。


片田珠美

実は精神科では、すぐ医者と揉め事を起こす患者さんを同じように他院に紹介することがあります。医療業界では「チームワーク医療」と呼んでいますが、実質的にはたらい回しです。たらい回しというと聞こえが悪いですが、問題が大きくなる前に火を消すには、こういう手法を用いるしかない場合もあります。被害者ぶる人が個人の手に負えないなら、組織として対応してもらうことも視野に入れるべき。一人で背負い込むと心身ともに消耗するので、まわりの力をうまく借りてください。


古田英明

「怒られ上手」になることが大切です。「説教したら屁理屈を返してくるのでは」「説教したら恨まれるのでは」と、相手に思わせないような対応を心がけて、どんどん助言してもらうのです。


立花貴

自分が生まれた時代よりも後世の社会がよくなったと実感したい。身近な人に感謝しながら、チャレンジを続け、最後に「人生悔いなし」と言い切って生きた時間を終えたい。これが私の野心です。


谷原誠

私が交渉において最も重視しているのは、「勝ち負けにこだわらない」という考え方です。交渉というと勝ち負けを意識しがちですが、そうすると目が曇って大切なことを見逃します。たとえば、弁護士の仕事は依頼者の問題を解決することです。問題が依頼者に最も有利な状態で解決すれば、裁判に勝とうが負けようが関係ありません。これは一般の交渉事にしても同じで、商談なりなんなり自分に有利に解決するためのひとつの方法として交渉があるわけで、交渉自体の勝ち負けには、さほど意味がないんです。


松沢幸一

決断をする際には、成功体験を引きずらないようにしています。たとえば、10年前のことがいまも通じるとは思えません。世の中の変化のスピードはものすごく速いですから。


小林豊(小林製薬)

当社の得意分野は芳香・消臭剤ですが、芳香・消臭剤だけで新製品が出て、他カテゴリーからはなかなか出てこないようでは、企業としての価値が損なわれかねません。カテゴリーごとに人材を均等に配置し、それぞれの部門を競わせれば、オーラルケアや衛生雑貨からもヒット商品が生まれる可能性が高まります。カテゴリー制は、開発体制を整えるための組織なのです。


小林喜光

社長に就任してまず手をつけたのが、伝統的な石油化学製品のリストラです。塩化ビニール樹脂やスチレンモノマーなど汎用製品の成長は、誰もが厳しいと「感じて」いましたが、関係者が多い主力事業であるため見直しの対象にはなっていませんでした。しかも、こうした事業は短期的には市況の変化などで黒字になることがあり、のど元過ぎれば熱さを忘れてしまう。そこで数字で攻めることにしました。今の体制のまま事業を続けた場合に発生する将来の赤字額を詳細に算出、経営会議にかけ、事業部に迫りました。数字によって具体的な議論になり、次々と撤退が決まっていきました。


青木紘二

一緒に仕事をしたい相手には、ただお願いしてもダメ。「この相手と仕事をしたい」と思わせることが大事なんです。


オグ・マンディーノ

もしあなたの働きと、あなたの忍耐と、あなたの計画が、あなたに幸運を運んで来たら、引き潮に飲み込まれている人を探しだし、引き上げてあげなさい。あなたが他の人にしてあげたことが、やがてあなたに返ってくるのだ。あなたが受け取る愛を何より大切にしなさい。あなたが持っている黄金や健康が消えてしまってもなお久しく残るものは愛である。


ページの先頭へ