名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

伊藤助成の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

伊藤助成のプロフィール

伊藤助成、いとう・じょせい。日本生命保険社長。一橋大学経済学部を卒業後、日本生命保険に入社。取締役、常務、常務首都圏営業本部長、専務、副社長などを経て社長・会長を務めた。生命保険協会会長、経済同友会副代表幹事、経済団体連合会副会長、如水会(一橋大学の後援などをする組織)理事長なども歴任した

伊藤助成の名言 一覧

どんなことでも、新しいものを取り入れるためには古いものを捨てなくてはならない。その余白にしか新しい物は入ってこない。だから古いものをどんどん捨てなさい。


他国の手本となる素晴らしい高齢化社会を実現することは、最大の貢献でしょう。
【覚書き:高齢化社会は暗いことばかりではないという見通しを語った時の言葉】


伊藤助成の経歴・略歴

伊藤助成、いとう・じょせい。日本生命保険社長。一橋大学経済学部を卒業後、日本生命保険に入社。取締役、常務、常務首都圏営業本部長、専務、副社長などを経て社長・会長を務めた。生命保険協会会長、経済同友会副代表幹事、経済団体連合会副会長、如水会(一橋大学の後援などをする組織)理事長なども歴任した

他の記事も読んでみる

ビル・グロース

株式が常に債権よりも有利であるとは限らない。


樫尾幸雄

失敗から得た教訓が、斬新な製品を今なお世に送り出し続ける、カシオの強さの根幹になっている。


亀井忠夫

昔の建物を利活用しながら、経済的な価値もしっかり備えているような開発の仕方ができないか常に考えています。古い建物に宿った設計者の魂というのは引き継がれていきますから、それを残していくのは非常に大切なことです。もちろん、すべての建物を残せば良いというわけではありません。ただ、本当に価値がある建物を見極めつつ都市の財産として残すべきものは残すという見方が主流となれば、新しく建物を創る時にも芯のしっかりした建物をつくろうという気概が生まれてくる好循環が出てくると思います。


財部誠一

日本のものづくりが現在置かれている状況を考えると、いまあるものを「改革、カイゼン」していくという発想だけで、この先の発展はとても望めない。


安倍昭恵

たとえ忠告をしても、相手が受け入れる気持ちがないときは、結局、なにを伝えても無駄なんですよね。人って聞きたいことしか聞かないので、カチンとされておしまい。私自身もそういうところがあるから、よくわかるんです。


赤塚保正

自分たちの給与はお客様から頂いているんだよ。お客様は神様ですから、お客様が喜んでくれることを常に心がけなさい。


高橋秀実(髙橋秀実)

私の妻は、仕事上のパートナーでもあるので、原稿にも目を通します。すると、「ここからここまで全部いらない」とか、一生懸命書いたものに対して、結構きついことを言われるんですね。そのときはカチンとくるんですけど、冷静になって考えると「確かにそうだな」と。1000回に1回ぐらい、自分のほうが合ってることもあるんですが、そんなの稀ですから、調子に乗らないようにしていて……。


吉田忠裕

他人に依存して「商売しやすい環境をつくって欲しい」と言ってどうにかなるものではない。


栗原幹雄

迷うよりも、やると決めた後に「どうすればうまくいくか」を考えるのが、私の流儀。


冨安徳久

「業界の常識は非常識」と考えると新たなビジネスチャンスが生まれる。


熊谷正寿

人は、大人になってからも、幼い頃の幸せな記憶に救われることがある。その意味でも、長野は生まれ故郷という以上に、今でも、私の心の拠り所であり、心のふるさとになっています。


藤井孝一

いきなり独立して収入源がなくなれば、目先のお金を稼ぐことに追われ、本当にやりたいことができなくなる。副業なら、低リスクでトライ&エラーを重ね、自分のやりたいこと、できることを形にできる。