名言DB

9,528 人 / 112,482 名言

伊藤助成の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

伊藤助成のプロフィール

伊藤助成、いとう・じょせい。日本生命保険社長。一橋大学経済学部を卒業後、日本生命保険に入社。取締役、常務、常務首都圏営業本部長、専務、副社長などを経て社長・会長を務めた。生命保険協会会長、経済同友会副代表幹事、経済団体連合会副会長、如水会(一橋大学の後援などをする組織)理事長なども歴任した

伊藤助成の名言 一覧

どんなことでも、新しいものを取り入れるためには古いものを捨てなくてはならない。その余白にしか新しい物は入ってこない。だから古いものをどんどん捨てなさい。


他国の手本となる素晴らしい高齢化社会を実現することは、最大の貢献でしょう。
【覚書き:高齢化社会は暗いことばかりではないという見通しを語った時の言葉】


伊藤助成の経歴・略歴

伊藤助成、いとう・じょせい。日本生命保険社長。一橋大学経済学部を卒業後、日本生命保険に入社。取締役、常務、常務首都圏営業本部長、専務、副社長などを経て社長・会長を務めた。生命保険協会会長、経済同友会副代表幹事、経済団体連合会副会長、如水会(一橋大学の後援などをする組織)理事長なども歴任した

他の記事も読んでみる

落合寛司

NPOのためのインキュベーションオフィスを開設し、安い賃料で使ってもらっていますし、NPOに対する貸出金利は0.1%です。しかも専門家のアドバイスを受けるのも無料です。なぜこういうことをやるかというと、いずれ地方公共団体は財源不足に陥ります。この時、行政に代わって住民サービスを行ってくれるのがNPOです。信用金庫は地域の力に支えられています。NPOの活動によって、地域が元気になれば、取引先も元気になります。その結果、我々も元気になるのです。


ローランド・シュミット

優秀な人間が、まずい計画の欠陥を修正することはできる。しかし、その逆はまず不可能だ。


後藤忠治

社内ではスタイルアップキャンペーンを実施しており、いま以上に健康的で周りから憧れとなるカラダを手に入れることで、「0歳から一生涯の健康づくりに貢献する」という当社の企業理念に一層の説得力を持たせるよう努力しています。


林真理子

無駄遣いを推奨するわけではありません。でも、お金のかかるもののほうがやはり上等であり、その先の愉しみを提供してくれる、ということを、知らないままでいるよりは知ったほうがいいと思うのです。


米津玄師

言葉を尽くすっていうことは、すごく大事なことだと思っていて。対面にいる人に音楽を届けるためには、その周りにあるものも、ちゃんと説明しなければいけない瞬間もある。


大山健太郎

当社が急成長したのは、お客様が「なるほど」と思う商品を値ごろな価格で提供することに尽きる。生活者の視点で「なぜ?」を繰り返す。そうしたユーザーインの思想で開発してきたことが強み。


大前研一

MIT(マサチューセッツ工科大学)では、たとえば課題を出された僕が「図書館で調べてきます」と答えると先生が突然チョークを投げつけるんだな。「オレたちが考えて出ない答えは世界中が持ってない。答えは探すものではなく、自分の頭で考え抜くものだ!」と。


井上弘

我々の業界は、人や社会環境によって左右される、受動的な仕事を続けてきた面がありますが、意識を変えて、我々自身で変化を起こせないかと考えています。例えば、AIの導入による人材の再配置などです。


羽生善治

ミスには2種類あります。1つは「自分が認識できるミス」、もう1つは「認識できないミス」です。正しいことをやっているつもりでも、「後から見れば間違っていた」というケースはよくあります。とすれば、少なくとも今の時点で「ミスに気づいている」ということは、それほど深刻な状況ではない、ということでもある。むしろ、気づかずミスすることの方が怖い。


西山昭彦

取るに足りない内容だから、忙しいからといった理由で部下の提案を放っておいたのでは部下の気持ちは離れてしまいます。提案のどの部分がよかったのか、どの部分がいま一歩だったのかという具体的な指示をすることで部下のモチベーションは上がります。


相川秀希

プレゼンや交渉の場では、質問に素早く切り返す瞬発力、すなわち「即興力」が大切です。短時間で問題を解こうと努力すれば、その能力が磨けるでしょう。また、短時間で表現するほど本音が出やすくなるため、自分が深層心理で考えていることを確認することもできるのです。


羽根拓也

日本企業にとって大事なのは自らの価値を能動的に出すこと。日本人はこの点において消極的で、他者と交わるスキルが低いと言われるゆえんでもある。知的交配は能動的に価値を出し合うことから始まり、その後互いに価値を認識し、交配が始まる。交配する背同士が「方向性」という名の共通言語を持つ必要もある。多くの場合、これは経営者が示すべきものだ。会社としてどこに向かいたいのかをはっきり明示し、ゴールを明確にしなければ、知的交配が行われるどころか、衝突すら起きる可能性がある。