名言DB

9413 人 / 110706 名言

伊藤助成の名言

twitter Facebook はてブ

伊藤助成のプロフィール

伊藤助成、いとう・じょせい。日本生命保険社長。一橋大学経済学部を卒業後、日本生命保険に入社。取締役、常務、常務首都圏営業本部長、専務、副社長などを経て社長・会長を務めた。生命保険協会会長、経済同友会副代表幹事、経済団体連合会副会長、如水会(一橋大学の後援などをする組織)理事長なども歴任した

伊藤助成の名言 一覧

どんなことでも、新しいものを取り入れるためには古いものを捨てなくてはならない。その余白にしか新しい物は入ってこない。だから古いものをどんどん捨てなさい。


他国の手本となる素晴らしい高齢化社会を実現することは、最大の貢献でしょう。
【覚書き:高齢化社会は暗いことばかりではないという見通しを語った時の言葉】


伊藤助成の経歴・略歴

伊藤助成、いとう・じょせい。日本生命保険社長。一橋大学経済学部を卒業後、日本生命保険に入社。取締役、常務、常務首都圏営業本部長、専務、副社長などを経て社長・会長を務めた。生命保険協会会長、経済同友会副代表幹事、経済団体連合会副会長、如水会(一橋大学の後援などをする組織)理事長なども歴任した

他の記事も読んでみる

ジェフリー・イメルト(ジェフ・イメルト)

私だってわからないことだらけで毎日不安だけれど、社員の前で「わからない」とは言えない。だから決断して行動する。それが間違っていたら軌道修正する。この繰り返しだ。


平野洋一郎

会社を設立してまもなくすぐに倒産寸前の状態に陥ってしまいました。墜落寸前で踏みとどまれたのは、一緒にやってきた北原がいたからです。彼が開発担当で、商品が出来てくるのが見えていたので、出来るまででいい、だから何とかつなごう、それが私の役目だと頑張ることができました。


ジョセフ・ジューベル

若者に聞いてみなさい。彼らはすべてを知っていますよ。


前澤友作

僕自身、楽しんで働きたいんですよ。人を蹴落として勝つよりも、人の役に立ち、お互い幸せな気持ちになるほうが重要じゃないですか。仕事もプライベートも充実してこそ、人生は豊かになるはずだし、そうした生き方がスマートでしょう。成果主義に背を向けて13年。こういう考え方でやってきましたが、おかげさまで業績は上がっています。


古川裕倫

まず部下の悩みを聞く。あるいは提案に耳を傾ける。そこで、ウンウンと聞くだけで終わらせてはいけません。ガス抜きをする相手なら同僚にグチるのと変わりません。あなたは上司です。自分の力でクリアできる問題は解決してあげるのです。


廣瀬恭久

苦しんで、苦しんでゼロから自分で作り上げたからこその強みがあるし、その後に残るものがある。


川西修

会社の課題をやり遂げるというのは、パート、アルバイトまでが「なぜやるのか」ということが伝わる仕組みをつくらなければならない。


喜多あおい

現在ではインターネットという便利なツールが普及していますが、最初からネットでリサーチするのはお勧めできません。検索ワードを選んだ段階で、すでに自分の思い込みが入っているからです。そうすると、集めたデータが偏ったものになり、リサーチが失敗する確率が高くなります。


野村文吾

嘆いていても何も始まりません。社員に成功体験を身に付けさせて、会社を立て直したい――。すぐに気持ちを切り替え、社内の改革に乗り出しました。


杉田敏

語学での「聞く」学習では、集中して聞くことが大切です。英語を垂れ流しにした状態で音として英語を長時間聞いていても、あまり効果はないと思います。また、これも重要な点ですが、テキストなどに書かれたものを読みながら聞くのはよくありません。書かれた英文を観た段階で、自分なりにそれを読んでしまい、それが癖となって残る可能性が高いからです。


大東隆行

うちの会社は個性派の集団で、いわば動物園みたいなものです。そんな個性豊かな従業員がついてきてくれるのも、僕が想像を絶するくらい働いたからでしょう。僕は本部で夜中まで仕事をして、それから店に行って、朝まで掃除をしたことが数えきれないほどあります。朝になると、店の鍋で湯を沸かして体をふきました。血の汗、血のションベンを流しながら働きました。うちのみんなはそれを見ている。だから、会社はまとまりました。


村岡恵理

部下と上司もひとつの出会い。良きにつけ、悪しきにつけ、部下にとってはその出会いが、将来こんな上司になりたい、あんな上司にはなりたくないというイメージの基点となります。


徳重徹

テラモーターズ創業に至るまでに大きな挫折や苦労を繰り返してきたため、ほとんどの事態に冷静に対処できるようになりました。またそういったマイナスの経験が、どんな時でも力が湧いてくるエネルギーの源泉になっており、失敗経験は本当に必要不可欠なものだと思っています。


伊藤羊一

プレゼンでは相手を話に引き込まなければいけない。それにはストーリーが重要ということです。「~だから~である」と繋いでみて、話に説得力があるかどうか。わかりやすく言うと、「食べなければ痩せる」というのは、繋がっているわけです。でも、「食べても痩せる」は繋がっていないから、そこになにか付け加えないといけない。例えば「食べても炭水化物を摂らなきゃ痩せる」とか。やはりロジックは大事ですね。


伊佐山元

シリコンバレーと日本の違いについてよく質問を受けますが、最近の僕のお気に入りの答えは、「現地のスタバヘ行けば、コーヒー1杯飲み終わるまでに答えがわかります」。シリコンバレーのカフェでは、起業家やベンチャーキャピタリストが日常的に会話をしていて、その中でビジネスの話が自然に生まれていきます。そうした空間がいたるところにあることが、シリコンバレーの強みですね。