伊藤助成の名言

伊藤助成のプロフィール

伊藤助成、いとう・じょせい。日本生命保険社長。一橋大学経済学部を卒業後、日本生命保険に入社。取締役、常務、常務首都圏営業本部長、専務、副社長などを経て社長・会長を務めた。生命保険協会会長、経済同友会副代表幹事、経済団体連合会副会長、如水会(一橋大学の後援などをする組織)理事長なども歴任した

伊藤助成の名言 一覧

どんなことでも、新しいものを取り入れるためには古いものを捨てなくてはならない。その余白にしか新しい物は入ってこない。だから古いものをどんどん捨てなさい。


他国の手本となる素晴らしい高齢化社会を実現することは、最大の貢献でしょう。
【覚書き:高齢化社会は暗いことばかりではないという見通しを語った時の言葉】


伊藤助成の経歴・略歴

伊藤助成、いとう・じょせい。日本生命保険社長。一橋大学経済学部を卒業後、日本生命保険に入社。取締役、常務、常務首都圏営業本部長、専務、副社長などを経て社長・会長を務めた。生命保険協会会長、経済同友会副代表幹事、経済団体連合会副会長、如水会(一橋大学の後援などをする組織)理事長なども歴任した

他の記事も読んでみる

島純

専門課程では自分で考えアイデアを生む面白さを知って欲しい。やはり楽しくないと、勉学も研究も長続きしない。


吉村篤(不動産)

私自身、23年間不動産業界で働いてきて、個人でも様々な不動産投資を実践してきました。その中で最も投資効率の高い方法としてたどり着いたのが、この方法(築古木造戸建てへの投資)でした。木造の戸建てに投資する利点は、築22年という減価償却期間を終えると価値が急落する点。安価になった古家をリフォームして貸し出すと、初期投資額を抑えられるうえに回収期間が早いのです。また現在、全国の空き家率は増加の一途をたどっており、平成25年においては空き家数が820万戸、空き家率が13。5%となっています。空き家の再生は、この問題を解決する意義もあるのです。


北川邦弘

ある意味で、脳天気な人は起業家向きと言えるでしょう。3年間は売上ゼロでも耐え、まずは人のために役立とう、人を喜ばせようと考える起業家は、一時はつらい状況を経験しても、最後は成功していますね。


井上礼之

先行き不透明で変化のスピードも速い時代に正しい決断を下すためには、論理力や戦略立案力よりも、直観力が鍵となります。直感を磨くためには、現場主義と「コミュニケーション」が非常に重要になってくると思います。


泉谷直木

同じ商品でも、新しい飲み方を提案すれば、需要を掘り起こせる。


丹羽宇一郎

30代前半から40代前半までの10年間は、自分が関わっている仕事について日本一、いや、世界一になるつもりで勉強することが重要です。学者と議論しても負けないほど勉強を重ねる。自動車業界に身を置いていれば、「自動車」と名のつく本はすべて買うぐらいの覚悟が必要です。並大抵の努力ではできません。


近藤宣之

病気の人には地位と待遇を維持し、闘病期間中もそれまでと同じ給料を払い続けています。人間、誰でも同じ状況になる可能性があります。辞めさせたり、待遇を変えたりすると、社員は安心して働けません。病気になった時に会社がどのような処遇をするのかは、非常に大事な点です。


深田晶恵

お金が貯まる人になるために、私が提案したいのは、仕事と同じように、家計にも「予算管理」や「決算」の考え方を取り入れること。具体的には「支出に予算(支出上限)を決め、その範囲内で暮らす習慣をつける」「月ごとに収支を把握する」こと。


澤田秀雄

有望な投資先を見つけるには、世界の動きをよく見ること。そこに成長産業、有望な市場の芽があるからです。私はドイツ留学以来、世界各国を旅する中で、世の中の動きを俯瞰して見る目を養ってきました。


澤上篤人

「人々が生きていくうえで必要不可欠な商品を作る会社」は、どんなに株価が上がろうと必す買われます。もし彼らに頼まなければその商品や技術が手に入らないとなれば、大枚をはたいてでも買う客がいる。だからこうした会社は、10年、20年先も隆々と生き残れる。


長榮周作(長栄周作)

私は仕事のことで部下に相談されても、すぐに答えを教えたりはしません。「君はどうしたいんだ?」と必ず聞き返します。そうすれば、部下は自分で考え、決めようとする。迷うたびに上司が答えを言ってしまったら、指示待ち人間ばかりが増え、正しい仕事を粘り強く実現していける部下は育ちません。


ベント・リトリ

スウェーデンもストックホルムのような都会では空気が汚いのです。ちょうど2人目の子供が生まれたころで、この子は都会でもきれいな空気の中で育てたいと強く感じました。それが会社を興した直接のきっかけです。人は誰でもきれいな空気を吸う権利があると思うのです。


迫本淳一

演劇や映画というボラティリティの高い事業を支えるためにも、安定収益源として歌舞伎座にオフィスビルを作るなど、不動産収益でその原資を確保する体制にしています。その上で、非常に優秀な人が育ってきてくれたということだと思います。


ジャン=ジャック・ルソー

ラブレターを書くには、まず何を言おうとしているのか考えずに書きはじめること。そして何を書いたのかを知ろうとせずに、書き終わらなければならない。


小池利和

開発には失敗がつきものです。自由な発想で開発し、時代を先取りした新商品が生まれる一方、市場投入が早過ぎてうまくいかなかった例も数え切れないほどある。


ページの先頭へ