名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

伊藤傳三の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

伊藤傳三のプロフィール

伊藤傳三、いとう・でんぞう。日本の経営者。伊藤ハム創業者。

伊藤傳三の名言 一覧

返品やできそこないのソーセージをリヤカーにうず高く積んで、真夜中に葦合区の生田川じりへ20貫、30貫と捨てた。運びながらこらえきれなくなって涙がポロポロ出た。
【覚書き:魚肉ソーセージをデパートに納入し、一時的な成功を得たものの、製品に保存性などの問題があり大量返品が来てしまう。その時を振り返っての言葉。このあと、研究に没頭し伊藤ハムの主力商品であるプレスハムの開発に成功した】


伊藤傳三の経歴・略歴

伊藤傳三、いとう・でんぞう。日本の経営者。伊藤ハム創業者。

他の記事も読んでみる

永井一史

僕は自分で興味が持てないものに関してはまったく関心がわかないのです。そのかわり、いったん興味を持ったら徹底的に深くのめり込んでいけるタイプだと思います。当時はアートやデザインに対しての興味・関心はかなり深かったと思います。


最上悠

人は相手を外見で判断します。言い換えれば、外見からなめられるということ。外見だけに頼るのは問題ですが、ビジネスにおいて、とくに交渉の場では、身だしなみに気を付けることが第一条件です。同時に、肩書きと仕事の成果がなければ甘く見られても仕方がないということも心得ておきましょう。


戸塚隆将

朝早く出勤したとき。なんとなくメールチェックから始めるという人は多いですが、せっかく落ち着いて頭を働かせることができる時間ですから、あえて最初はメールを見ないことも大切です。そもそも、早朝はまだ相手も出勤していませんから、早くレスポンスしてもあまり意味はありません。


成毛眞

資格や勉強そのものが目的になってはいけません。資格取得が楽しいならば別です。勉強しているという意識を持たないほどに思わずやってしまう「好き」を突き詰めていったほうが、結果的に成果につながるでしょう。飛び抜けて優秀な人のなかには、勉強そのものが楽しい、というタイプの人も多いです。


水野和敏

1992年のクルマは700馬力ちょっとなのに、富士スピードウェイのストレートエンドで時速400キロも出ていたからね。F1でもできない、時速400キロ超えからの1コーナーでのフルブレーキを見られたんだもん、当時の日本のお客さんは幸せだったんじゃないの?でも、それが実現したのは、お客さんがそこでのブレーキングを見どころにしていて、そこから俺たちが学ぶことができたからさ。当時、日産が「Cカーレース」で三連覇したのは、お客さんたちに教えてもらうという延長線上で自然についてきたものなんだ。


フランソワ・デュ・ボワ

自己分析で悪い癖に気付けない人は、職場で信頼できる人をつかまえて、聞いてみるといい。「私に改善してほしい癖はないか」「最近、私はどう映っている?」と。僕もそうしている。自分の悪い癖に気付いていないのは本人だけ、ということがよくあるので、そんなサイクルをつくっておくといい。


山東理二

社内では「(筆頭株主の)三菱商事が利用できると思う部分があれば徹底して利用しなさい」と言っている。そして利用する必要がないと思えば使わなければいい。


松山大耕

龍安寺のつくばい(縁側近くの庭に備えてある手を洗う水を入れておく鉢)に「吾唯足知(われ ただ たるを しる)という言葉が刻まれています。貧しい者でも足ることを知る者は富み、逆にリッチでも足ることを知らない人は心が貧しい。欲望を抑えて、今与えられているものに感謝して満足を得る、そういう生き方を勧めています。


壺阪龍哉

いるモノといらないモノを振り分けるとき、過去を基準に判断することが大事です。多くの人は未来を基準に考えてしまうため、「いつか必要になるのではないか」と思って捨てることができません。「過去につかったことがあるかどうか」の実績ベースで考えることが重要です。


山本真司

20代後半のビジネスマンに会うと、「負け犬にはなりたくないんです」とこぼす人が少なくありません。彼らの多くは真面目で、ビジネススキルの修得にも熱心です。とくに「これをやらなければ勝ち組になれない」といわれるようなスキルを必死にマスターしようとしています。しかし、そうしたやり方では、いつまでたっても「勝てるという実感」は得られません。みんなが学んでいるスキルをいくら身につけても、差をつけられないからです。


野口敏(話し方)

「雑談は長く続いて盛り上がることが大切」と思っている人も多いですが、雑談に長さは関係ありません。「○○ですね」「そうですね」の一往復の会話でもいいのです。


鹿島守之助

事業が古くなるとその五割は失敗する。