伊藤傳三の名言

伊藤傳三のプロフィール

伊藤傳三、いとう・でんぞう。日本の経営者。伊藤ハム創業者。

伊藤傳三の名言 一覧

返品やできそこないのソーセージをリヤカーにうず高く積んで、真夜中に葦合区の生田川じりへ20貫、30貫と捨てた。運びながらこらえきれなくなって涙がポロポロ出た。
【覚書き:魚肉ソーセージをデパートに納入し、一時的な成功を得たものの、製品に保存性などの問題があり大量返品が来てしまう。その時を振り返っての言葉。このあと、研究に没頭し伊藤ハムの主力商品であるプレスハムの開発に成功した】


伊藤傳三の経歴・略歴

伊藤傳三、いとう・でんぞう。日本の経営者。伊藤ハム創業者。

他の記事も読んでみる

南雲吉則

僕は高齢者の手本となれるように自分自身が若々しく、健康であり続けたいと思っています。10年たっても外見が変わらなければ、南雲の提唱する医療は正しいと信じてくれるはずですから。


田中洋(マーケティング)

大事なことは、何のためにブランディングを行うのかという、目的を明確化すること。それなしに「何となく」行ってもブランディングは成功しない。


中村龍明

ゴルファーの中で悩みが全くないという人は、おそらく一人もいないでしょう。ゴルフを長く続けるほど、悩みは増えていきます。


野村忠宏

「土台」「軸」「心」が揃って初めて、スランプは乗り越えられる。


高原慶一朗

父の製紙会社を継がずに会社を創業したのは、創業社長になりたいという強い願望があったからです。29歳で建材の会社(大成化工)を起こしました。


羽鳥成一郎

化粧品は効能や効果以上にイメージで売上が変わる商品です。自由な発想を尊び、挑戦をいとわない風土があります。一方、医薬品は法律の縛りがあるため、安易なイメージ戦略はとれません。安全性や品質にも化粧品とは段違いの厳格さが求められます。エスエス製薬ではイノベイティブな発想は歓迎されず、リスクを嫌う企業文化がありました。


有本隆浩

正確な数字はありませんが、当社がこのマーケットを作ったので、シェアのほとんどを当社が持っています。


桜井正光

誰もが簡単に情報にアクセスでき、新しい情報を手に入れられ、簡単に加工もできるというのが「人に優しい」ということです。そういう考えでモノづくりをしないと、技術者は個別最適の高性能ばかりを追求してしまい、結果として消費者にとっても使いにくい製品になってしまいます。誰にも使われない製品は資源の無駄です。


渡邉幸義

採用したいと思うのは、ただ採用したいからです。
【覚書き|障害者やニート、シニアなど就職が難しい人々を熱心に雇用することを企業理念にしていることについて語った言葉】


平井伯昌

選手とコーチの信頼関係を深める必要があります。「先生を信じていれば大丈夫」という思いは、五輪で戦ううえで大きな支えになります。選手は不安に振り回されることなく私の指示を信じて、泳ぎに集中することができるはずです。


橋下徹

僕は大阪市役所の「所長」にすぎません。そこをわきまえておかないとしっぺ返しを食らいますから。


野村忠宏

気持ちの持ちようは大きい。ただ、気持ちだけでは、結果は変えられないとも思います。若い頃から地道に築いてきた経験という「土台」、そして「何が何でも五輪で金を獲得する」といったブレない「軸」が必要です。


本間宗久

唯々、平日此の米上がるか下がるかを考え、仕掛け申すべきこと肝要なり。


飯島愛

性体験の年齢がどんどん低下していくいまこそ、きちんとした性教育が必要で、早くしないと手遅れになってしまうと思うんです。


篠原菊紀

勉強のテクニックは身も蓋もないですが、とりあえず始めることです。やる気が出てくるのを待つのではなく、いますぐやる。脳科学的にいっても、それがベストな方法です。始めると脳の奥にある大脳基底核のひとつで、やる気に関連する線条体という部位が勝手に発火して動き出します。これを作業興奮といい、次第に勉強が快感に変わっていきます。


ページの先頭へ