名言DB

9,510 人 / 112,245 名言

伊藤信吾の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

伊藤信吾のプロフィール

伊藤信吾、いとう・しんご。日本の経営者。豆腐メーカー「男前豆腐店」創業者。千葉県出身。明治大学経営学部卒業後、シンガポールの貿易会社勤務、築地の水産会社勤務などを経て父が経営する三和豆友食品(のちの三和豆水庵)に入社。営業部次長、常務取締役などを務めたのち、独立して「男前豆腐店」を創業。「男前豆腐」「豆腐屋ジョニー」「ジョニ男」などユニークなネーミングのこだわり豆腐を販売した。著書に『風に吹かれて豆腐屋ジョニー 実録男前豆腐店ストーリー』。

伊藤信吾の名言 一覧

構想時に他人の意見をほとんど聞かない。聞いても反対されるに決まっていますから(笑)。


うちの豆腐には、ぜんぜん満足していないんですよ。もっと美味くなるはずなんです。いつもそれですごく悩んでいます。


最高に美味しい豆腐が何なのかわからない。だからこそ、挑戦のし甲斐がある。


今、最大のライバルは「男前豆腐」と「風に吹かれて豆腐屋ジョニー」です。このふたつには僕が一番飽きている。今はこれらを超える美味しい豆腐をつくること。それだけに興味がありますね。


安い豆腐に未来はありません。たくさん売れても利益が出ないから、開発にお金もかけられない。僕は、とにかく美味しい豆腐を適正な価格で提供していきたいんです。


目隠ししながら何十種類の豆腐を試食しても必ず選んでいただける。そんな本物の味をこれからも追求していきたい。


ネーミングやパッケージのデザインはあくまで世に出るひとつの有効な方法です。うちの豆腐を知ってもらうために、ハデなデザインでみんなの注目を集めようと思ったんです。


味を改善するために、ネットもすごく利用しています。うちの豆腐の感想を毎日検索して調べているんです。絶賛の感想も批判の記事も、本音の情報だから、勉強になるんです。


僕は、あくまでクリエイターです。自分の作り出したものを世の中に問いたいから起業した。経営者がクリエイターでなくなったらそこで終わりだと思う。トップの僕が社内でも一番創造的なアイデアを持ち続けていたい。


伊藤信吾の経歴・略歴

伊藤信吾、いとう・しんご。日本の経営者。豆腐メーカー「男前豆腐店」創業者。千葉県出身。明治大学経営学部卒業後、シンガポールの貿易会社勤務、築地の水産会社勤務などを経て父が経営する三和豆友食品(のちの三和豆水庵)に入社。営業部次長、常務取締役などを務めたのち、独立して「男前豆腐店」を創業。「男前豆腐」「豆腐屋ジョニー」「ジョニ男」などユニークなネーミングのこだわり豆腐を販売した。著書に『風に吹かれて豆腐屋ジョニー 実録男前豆腐店ストーリー』。

他の記事も読んでみる

村岡恵理

人間関係が大事だからといって、無理に好かれようと媚びを売ったり、自分に有利になるような人脈を築けば良いというわけでもありません。そうした甘い策略は、自分も疲弊する上に、かえって裏目に出ることさえあります。


川上量生

「着メロ」にせよ「ニコニコ動画」にせよ、経営者になってから作った新しいサービスの動機は何かというと、「このままだと(日本のコンテンツ業界は)本当にやばい」という危機感なんですね。危機感が僕に命令を与えたというか、もう義務感ですね。


李健煕(イ・ゴンヒ)

父は経営の一線にいつも私を同伴し、多くのことを私に直接やってみろと注文した。しかし、どんなことにも、詳細な説明はなかった。


仰木彬

先入観なしに白紙で選手を見るには、結果を出す場をつくるしかない。


井口尊仁

信じている人間が自分の言葉で直接語るのが一番伝わる。


カルロス・ゴーン

国際的に活躍する人の共通点は、自分とは違う人に興味を持ち、共感し、敬意を払う姿勢があるところだ。


ヨシタケシンスケ

絵本の魅力の一つは、大人になってからも読み返せて、しかも子供のときには気づかなかったメッセージを改めて発見できること。僕の絵本もそうであってほしいのですが、のちのち読み返してもらうためには「なんか面白い」という引っかかりを持ってもらわなくちゃいけない。


壺阪龍哉

1日の仕事を終えて帰る前に、5分間でもいいから毎日デスクまわりを整頓して帰るようにしましょう。5分間を整理時間に充てるだけで、翌日はスッキリしたデスクで仕事を始めることができます。それを繰り返すだけで、整理の達人になれるのです。


松本晃(経営者)

私にとっての経営の軸は何かと考えると、ビジョン、プラン、リーダーシップの3つで、これらが会社経営で最も大事なものだと思います。


作山若子

中小企業の経営者やマネージャーの方々に、オフィスコーヒーをご案内する仕事だったのですが、私は営業の「エ」の字もしらない状態でした。社長室の革張りのソファーにちょこんと座って社長を待ったり、名刺の受け渡し方がおかしかったりして、毎日のようにお客様からお叱りを受けていました。いま振り返ると、顔から火が出るような思い出もありますが、逆に叱咤されつつも面倒を見ていただき、より良い関係を築けました。
【覚書き|ユニマットで営業をやり始めた当初を振り返っての発言。のちに彼女は全国1位の営業成績を出すまでになった】


北尾吉孝

北尾家には、代々中国古典の教えが受け継がれてきた。それが僕の中にも芽生えてそれを自分で勉強するようになり、特に安岡(正篤)先生のような中国古典に精通した碩学の本を読むことでさらに体系化され、自分の生き方、自分のモノの見方・考え方として醸成されていったのだと思います。明治の哲人で『修身教授録』を書いた森信三先生にも多くのことを学びました。こういう人たちの著作を精神の糧とし、トレーニングして磨いてきたということですね。


田中良和(GREE)

ユーザー数が伸びるのは良いサービスを作っているからです。そして、売り上げが伸びるのは、そこに価値があるからです。