名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

伊藤信吾の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

伊藤信吾のプロフィール

伊藤信吾、いとう・しんご。日本の経営者。豆腐メーカー「男前豆腐店」創業者。千葉県出身。明治大学経営学部卒業後、シンガポールの貿易会社勤務、築地の水産会社勤務などを経て父が経営する三和豆友食品(のちの三和豆水庵)に入社。営業部次長、常務取締役などを務めたのち、独立して「男前豆腐店」を創業。「男前豆腐」「豆腐屋ジョニー」「ジョニ男」などユニークなネーミングのこだわり豆腐を販売した。著書に『風に吹かれて豆腐屋ジョニー 実録男前豆腐店ストーリー』。

伊藤信吾の名言 一覧

構想時に他人の意見をほとんど聞かない。聞いても反対されるに決まっていますから(笑)。


うちの豆腐には、ぜんぜん満足していないんですよ。もっと美味くなるはずなんです。いつもそれですごく悩んでいます。


最高に美味しい豆腐が何なのかわからない。だからこそ、挑戦のし甲斐がある。


今、最大のライバルは「男前豆腐」と「風に吹かれて豆腐屋ジョニー」です。このふたつには僕が一番飽きている。今はこれらを超える美味しい豆腐をつくること。それだけに興味がありますね。


安い豆腐に未来はありません。たくさん売れても利益が出ないから、開発にお金もかけられない。僕は、とにかく美味しい豆腐を適正な価格で提供していきたいんです。


目隠ししながら何十種類の豆腐を試食しても必ず選んでいただける。そんな本物の味をこれからも追求していきたい。


ネーミングやパッケージのデザインはあくまで世に出るひとつの有効な方法です。うちの豆腐を知ってもらうために、ハデなデザインでみんなの注目を集めようと思ったんです。


味を改善するために、ネットもすごく利用しています。うちの豆腐の感想を毎日検索して調べているんです。絶賛の感想も批判の記事も、本音の情報だから、勉強になるんです。


僕は、あくまでクリエイターです。自分の作り出したものを世の中に問いたいから起業した。経営者がクリエイターでなくなったらそこで終わりだと思う。トップの僕が社内でも一番創造的なアイデアを持ち続けていたい。


伊藤信吾の経歴・略歴

伊藤信吾、いとう・しんご。日本の経営者。豆腐メーカー「男前豆腐店」創業者。千葉県出身。明治大学経営学部卒業後、シンガポールの貿易会社勤務、築地の水産会社勤務などを経て父が経営する三和豆友食品(のちの三和豆水庵)に入社。営業部次長、常務取締役などを務めたのち、独立して「男前豆腐店」を創業。「男前豆腐」「豆腐屋ジョニー」「ジョニ男」などユニークなネーミングのこだわり豆腐を販売した。著書に『風に吹かれて豆腐屋ジョニー 実録男前豆腐店ストーリー』。

他の記事も読んでみる

午堂登紀雄

いわゆるショック相場で下げたときに買うのが私のやり方。ギリシャ危機などのショック相場は本来の価値以上に下がる傾向があるため、そこで買って戻りで決済すれば簡単に稼げるんです。


大橋未歩

マッサージは一時的に疲れを解消してくれますが、根本的な解決にはなりません。やはり運動をすることで疲れにくい身体を作ることが大切ではないかと思います。


藤田伝三郎

公益を図ることを事業経営の方針とし、決して私利を求めて他を顧みないといことのないように。


タナカノリユキ

僕は裏があるような企業さんとは仕事をしません。以前、10年間ほどユニクロのブランディングをしましたが、そのときも、「現地の労働条件を確かめるために、中国の工場を見せてほしい」と社長の柳井正さんに言って、何カ所も現地の工場を見てきました。


辻慎吾

都市は完成から時間が経過するにつれて鮮度が落ちていきます。むろん成熟するということはあります。都市に集まる顧客の絆はときとともに強まっていきます。しかし、鮮度が落ちてしまった都市に人は集まりません。以下に長い歴史を持った都市でも、人が集まる都市では必ず新しいことが行われているものです。


外村仁

シリコンバレーの企業の多くは、社員をただの労働力じゃなく、共に働く仲間として見ています。働く人を会社が助けてあげれば、企業も自然に助けてもらえるという関係が暗黙のうちに成立するんですね。ここに、いまのシリコンバレーの活力の本質がある気がします。


松浪健四郎

常に美意識を持たなければいけない。なぜなら、自分の振る舞いが美しいかどうかは自分で美意識を持っていないと分からないから。動物には美意識はなくてもいいかもしれませんが、人間には美意識が必要になる。


安岡正篤

不健康、早く老いることの原因は、肉体より精神にあります。精神に感激性のなくなることにあります。ものに感じなくなる、身辺の雑事、日常の俗務意外に感じなくなる、向上の大事に感激性を持たなくなる。これが一番いけません。無心無欲はそういう感激の生活から来るもので、低俗な雑駁(ざっぱく)から解脱することに他なりません。


中村隆介

クレジットカード決済を入れていない理由は、その分を原価にかけたいから。カード利用できるようにすると単価を上げなけれはならなくなる。それはしたくない。店側の最大限の努力を原価に反映させ、満足度を上げたい。


鹿島茂

映画だろうとミステリ小説だろうと、雑多な情報を入手することは教養を深め、歴史観を持つうえで歓迎すべきことである。鍵は、できるだけ雑多な情報に触れることである。


上田真一

重要なのは啓蒙活動。空き家問題は、もはや人ごとではない事態なのですが、そういう意識を持つ人がまだまだ少ない。何となく現状放置すれば資産価値は下がるし、地域にも迷惑がかかる。あげく壊すとなれば、大量の産業廃棄物も出る。どこを取ってもいい話ではないでしょう。皆が当事者意識を持たないと、放置空き家をなくすことはできないんです。私たちの事業や情報発信が、社会を動かすきっかけになれば――そんな思いで走っている日々です。


藤井清孝(経営者)

自分がやりたいことをするために、多くの仲間の力を結集できる人こそが、本当のリーダーです。