伊藤信吾の名言

伊藤信吾のプロフィール

伊藤信吾、いとう・しんご。日本の経営者。豆腐メーカー「男前豆腐店」創業者。千葉県出身。明治大学経営学部卒業後、シンガポールの貿易会社勤務、築地の水産会社勤務などを経て父が経営する三和豆友食品(のちの三和豆水庵)に入社。営業部次長、常務取締役などを務めたのち、独立して「男前豆腐店」を創業。「男前豆腐」「豆腐屋ジョニー」「ジョニ男」などユニークなネーミングのこだわり豆腐を販売した。著書に『風に吹かれて豆腐屋ジョニー 実録男前豆腐店ストーリー』。

伊藤信吾の名言 一覧

構想時に他人の意見をほとんど聞かない。聞いても反対されるに決まっていますから(笑)。


うちの豆腐には、ぜんぜん満足していないんですよ。もっと美味くなるはずなんです。いつもそれですごく悩んでいます。


最高に美味しい豆腐が何なのかわからない。だからこそ、挑戦のし甲斐がある。


今、最大のライバルは「男前豆腐」と「風に吹かれて豆腐屋ジョニー」です。このふたつには僕が一番飽きている。今はこれらを超える美味しい豆腐をつくること。それだけに興味がありますね。


安い豆腐に未来はありません。たくさん売れても利益が出ないから、開発にお金もかけられない。僕は、とにかく美味しい豆腐を適正な価格で提供していきたいんです。


目隠ししながら何十種類の豆腐を試食しても必ず選んでいただける。そんな本物の味をこれからも追求していきたい。


ネーミングやパッケージのデザインはあくまで世に出るひとつの有効な方法です。うちの豆腐を知ってもらうために、ハデなデザインでみんなの注目を集めようと思ったんです。


味を改善するために、ネットもすごく利用しています。うちの豆腐の感想を毎日検索して調べているんです。絶賛の感想も批判の記事も、本音の情報だから、勉強になるんです。


僕は、あくまでクリエイターです。自分の作り出したものを世の中に問いたいから起業した。経営者がクリエイターでなくなったらそこで終わりだと思う。トップの僕が社内でも一番創造的なアイデアを持ち続けていたい。


伊藤信吾の経歴・略歴

伊藤信吾、いとう・しんご。日本の経営者。豆腐メーカー「男前豆腐店」創業者。千葉県出身。明治大学経営学部卒業後、シンガポールの貿易会社勤務、築地の水産会社勤務などを経て父が経営する三和豆友食品(のちの三和豆水庵)に入社。営業部次長、常務取締役などを務めたのち、独立して「男前豆腐店」を創業。「男前豆腐」「豆腐屋ジョニー」「ジョニ男」などユニークなネーミングのこだわり豆腐を販売した。著書に『風に吹かれて豆腐屋ジョニー 実録男前豆腐店ストーリー』。

他の記事も読んでみる

米倉誠一郎

企業にとって、何のために存在するのかというミッションは非常に重要だ。もしこれがないと海図なき航海のようなもので、企業はどこに進んでいいか分からない。


堀場雅夫

シルバー世代は自分の働きがい、生きがいを見つけるために、ベンチャーを支援する活動をしてほしい。企業に関する経験、見識は十分なはずです。世の中をよく知っている人たちが若いベンチャーに「おまえたち、そこはな」と教えてあげてほしい。それが本当の教育ですよ。


鄧小平

食糧問題解決のためには増産さえできればよい。黒い猫でも白い猫でもネズミを取るのがよい猫だ。


赤塚保

私どもの看板商品、牛肉のしぐれ煮はもともと早朝ひと働きした従業員や私たちの兄弟がお腹を空かせているだろうと、おにぎりをこしらえていたおふくろの味を再現したものです。昔から慣れ親しんだ食べ物や料理でも、工夫を加え、美味しければお客様は受け入れてくれます。私どもの商品開発では、そのような点を重視しています。


松井道夫

会議をやって、全会一致で「それはいいですね。ぜひやりましょう」ということになったら、むしろそれを理由にしてやめます。経営者はひねくれていないとダメなんです。意外性がないのとオリジナリティがないのとは同義です。


マイケル・ゲルブ

数年前、ヒラリー・クリントンは、エレノア・ルーズベルトと想像上の会話をするということで新聞にからかわれていた。しかし、空想の中で自分のお手本となる人物と話をすることは、ひらめきや自分と異なる視点を得るための昔ながらの効果的な方法だ。


松岡修造

心が弱くなるたびに、何とかこの状況から脱出しようと、坂本龍馬などの偉人伝や、逆境を乗り越えたアスリートの自伝、哲学書などを手に取りました。最も影響を受けたのは、独自の成功哲学を確立した明治生まれの思想家、中村天風先生の本。「この世に生まれたからは、苦しくても下を向いてはいけない。人生を好転させるのは心の持ちようだ」という言葉「絶対積極」に感銘を受け、僕の考え方のベースになりました。ただ感銘を受けるだけでは、何も変わりません。天風先生の言葉にとらわれすぎると、自主性を妨げるような気がしてよくないとも思った。大事なのは、天風先生の言葉を松岡修造風にアレンジし、自分の言葉として体に染み込ませることだと考えました。


大貫卓也

『TSUBAKI』は単なるネーミングではなく、女性像(これからの日本女性の象徴)であり、商品特性(椿油から抽出した美容オイルが入っている)であり、資生堂そのもの(花椿マークは資生堂の象徴)なんです。商品コンセプトとして僕がまず考えたのは、「日本発」ということでした。競合商品はアジアや欧米の美しさをコンセプトにしていましたが、資生堂ならやはり目の前にある日本の美しさだろうと。


久保田隆(経営者)

私自身、カタールでのLNG(液化天然ガス)プラントの交渉では、現地側のトップとコーヒーを飲み、葉巻をくゆらせながら数時間は話し込んだものでした。ビジネス以外の話題に花を咲かせ、互いのことを理解し合えたからこそ、良好なパートナーシップを築けたのです。


永谷研一

もともと習慣化しているものにくっつけると、新しく始める行動も習慣化しやすくなる。


藤原弘治

金融サービスを先に考えるな。まずはお客様に寄り添って課題解決をする。その結果としてどういった金融サービスが導かれてくるのか。その順番で物事を考えよう。


久水宏之

自分の人生を振り返っても、格差や不平等への反発が、むしろ人一倍の努力につながり、更には、その試練があったからこそ、多くの痛みを抱えた人の側に立ち、何とかしたいという志や生き方を身につけた体験がある。もちろん、現実には人間的な努力をしても越えられないハードルも決して少なくない。だからそのために、十分なセーフティネットを張るのが政治に期待される働きだろう。


マット・デイモン

僕らはこの映画(『プロミスト・ランド』)で、(賛成・反対)どちらが正しいかという答えを出そうとは思っていない。会話のきっかけを作りたいと思っているんだ。映画の終わりに偏ったメッセージを示されるような作品を誰も観たいとは思わないだろ?


青山真治

仕事を楽しめる人は誰の前でも微笑む人。ニヤニヤしていない人は、人生楽しくないのかなと思っちゃう。笑わせたくなりますね。ニヤニヤすることから仕事は動き出す。


鎌田實

「ホスピタリティ」とは、ひと言でいえば、「心のこもったおもてなし」のことです。言い換えれば、相手の立場に立って考える習慣のこと。この「ホスピタリティ」の大切さに気づけば、プライベートもうまくいくし、なにより仕事の世界でも一番になれる。


ページの先頭へ