名言DB

9413 人 / 110706 名言

伊藤亮太(ファイナンシャルプランナー)の名言

twitter Facebook はてブ

伊藤亮太(ファイナンシャルプランナー)のプロフィール

伊藤亮太、いとう・りょうた。日本のファイナンシャルプランナー。「伊藤亮太FP事務所」代表。慶應義塾大学商学部卒業、慶應義塾大学大学院商学研究科修士課程修了。証券会社を経てスキラージャパンを設立。また、複数の大学で非常勤講師を務めた。

伊藤亮太(ファイナンシャルプランナー)の名言 一覧

自分が信用できる相手を見つけるためには、複数の事業者に同じ希望を伝えてみるなど、こちら側も能動的に行動することが求められます。受け身でいるだけでは、なかなかいいパートナーとは出会えません。


自分自身の仕事や業界など、身近なところから発想して運用対象を選んでみるのも一つの方法だと思います。相応の知識を持っている分野なら情報も収集しやすいし、感覚もつかみやすい。投資の世界では、案外足下に成功のヒントがあることも多いんです。


私自身も投資をしており、いくつかの事業者とお付き合いしていますが、いい会社というのはある程度時間が経っても、こちらのニーズに合った情報や商品が出てくれば伝えてくれます。付き合い始めだけでなく、中長期の視点で顧客と向き合っているかどうかは見極めの基準になるでしょう。


目的や目標、自分なりの基準を持つと資産運用の方向性も定まってきます。まとまったお金を預けてじっくり運用する、ある程度リスクをとってリターンを狙う、長期の視点で不動産などへの投資を検討する。選ぶべき対象やその配分なども見えてくるでしょう。


経済リスクばかりでなく、政治的なリスクも高まるなか、お金を取り巻く環境の先を読むのは非常に難しい。そこで一つ重要なのが情報力です。新聞や雑誌、ネットから多様な情報を取れる時代ですから、そこは惜しまずにある程度手間をかけてほしいと思います。継続的に情報にあたっていれば、知識が身に付き、大きなニュースがあっても落ち着いて対応することができる。またファイナンシャル・プランナーなどの専門家や事業者とのやりとりにも生きてきます。確かな情報とリテラシーが合理的な判断には欠かせない。これも資産運用とビジネスの共通点の一つですね。


資産運用では、自分自身をコントロールできる、しっかり決断ができる。そうした人が総じて成功しています。目標や目的、基準を設けても、それを忠実に実行することができなければ意味がありません。その時々の状況をとらえ、周囲の声などに耳を傾けることは大事ですが、それらに流されて軸がブレてしまってはいけない。これはビジネスと共通していると思います。事態に臨機応変に対応しながらも、目標を見据えて追求することが大切。実際、資産運用で成果を上げている人は、ビジネスパーソンとしても優秀な人が多いように感じます。


「何のために」「どれくらいの期間」「どの程度の金額まで」運用を行うか。これをはっきりさせることが資産運用のスタート。基本的なことではありますが、すぐに答えられる人は多くありません。ただ、こちらがいろいろ質問をするとその輪郭がだんだんと見えてきます。つまり潜在的には目的、目標があるわけで、そこをまず顕在化することが第一歩です。そのうえで、家計を「生活防衛資金+使用予定資金」と「余裕資金」に分けて、どれくらい投資に回せるかを考える。これも基本中の基本です。


40代を中心に経営者や企業の役員クラス、公務員など、多くの方が今後の資産運用の方法について相談に来られます.定期預金の金利もほぼ0%という状況で、お金をただ寝かせておいても仕方ない。自ら効率的に運用して資産づくりをしていくしかないだろう、と現状を案外ポジティブにとらえている人が多い印象です。実際、それは正しい認識だと思います。今、NISAやiDeCoをはじめ投資における税制優遇の制度などが次々に登場していますが、これはある意味「今後、資産づくりはそれぞれ自助努力で」という国からのメッセージなのです。


伊藤亮太(ファイナンシャルプランナー)の経歴・略歴

伊藤亮太、いとう・りょうた。日本のファイナンシャルプランナー。「伊藤亮太FP事務所」代表。慶應義塾大学商学部卒業、慶應義塾大学大学院商学研究科修士課程修了。証券会社を経てスキラージャパンを設立。また、複数の大学で非常勤講師を務めた。

他の記事も読んでみる

ロバート・キヨサキ

多くの夫婦が経済的な困難に遭遇して苦しむのは、そもそも「自分たちがお金に困ることなんてあるはずがない」と信じ込んでいるからだ。経済的につらい時期は、どんな夫婦にもやってくると覚悟することだ。人生は長い旅路だ。


古田新太

舞台に立つようになって、わりとすぐにそこそこの人気が出て、お客さんも入るようになって。その頃のおいらは先輩たちのことを完全に舐めてました。「下手くそばっかりだ」って、平気で言ってましたからね、29歳のときに転機となる出会いが訪れるまでは。日生劇場で『虎 国性爺合戦』という芝居に出たときのこと。大竹しのぶさんと白石加代子さんの芝居を見て「これはヤバい」と感じたんです。天才・大竹しのぶと化け物・白石加代子。それまでおいらは自分のことを天才だと思っていましたが、即座に「秀才だったんだな」と(笑)。そうなってくると、おいらはこの人たちと同じ舞台に立つために、一体、何を磨けばいいのか、と考えるようになって。


岩崎夏海

顧客満足などとよく言いますが、顧客をはき違えるケースは多い。そうならないためにも、顧客が誰なのか問い続けること。


唐池恒二

最初は、あまり賛成の空気はなかったです。なぜなら自分たちが経験したことがなかったからです。裕福でゴージャスな旅行をしたことがないのです。ですから、「ななつ星」を準備するチームにはヨーロッパなどにある豪華列車に手分けして乗せに行きました。私も乗りに行きましたが、どこの列車もほとんど平日でも満室に近い。「これはいける」。そう感じました。
【覚え書き|ななつ星の高額料金設定について】


西野伸一郎

出版不況と言われますが、人の趣味がなくなることもありません。インターネットの特長を活かして雑誌が培ってきたファンとの交流を継続して積み重ねることが出来れば、雑誌は魅力あるビジネスであり続けることが出来ると思います。


勝俣恒久

各部門には何年までに何%のコスト削減といった具体的な目標を立ててハッパをかけました。というのは自由化、競争は嫌だ嫌だという逃げの姿勢でなく、競争に積極的に「立ち向かおう」といってやってきたんです。
【覚書き|電力小売りの一部自由化が始まった当時を振り返っての発言】


中鉢良治

自分で見て、自分で気づくことが重要なのです。そして、その気づきを情報としてストックしていく。バーチャルなものと実像では、情報量に圧倒的な差があります。


柳井正

従来の繊維産業、旧来の小売業にとどまっていては生きていけない。それには自らが創り出すという考え方が必要。


橘玲

一般的にストレスや不安は有害なものとされます。実際、過度のストレスはうつ病の原因にもなりますが、だからといって、ストレスがないほうが優れているとは言えません。問題はストレスや不安をなくすことではなく、どう捉え、どう向き合うか。一流のアスリートやプロほど、ストレスや不安を利用して細心の注意や準備をし、状況をコントロールできるようにするのです。


野間口有

部下の弱点をうるさく指摘するのではなく、強い部分を引き出して伸ばしてやる。部下と接するとき、私はいつもそういう言葉を投げかけるよう心掛けてきたつもりです。


矢野薫(NEC)

若い人には無限の可能性がある。


吉野真由美

テレアポでは、「自分が持っている貴重な情報を、一刻も早くお客様にお伝えしたい」という気持ちで電話をかけることが大切です。「自分には貴重な情報提供の使命がある」。そうした気持ちで電話をかけることで、役に立ちたいという気持ちごと相手に伝わり、相手に良い印象を残すことができます。


松本大

僕は中学高校が開成なんですけど、先輩が現役の生徒向けに話をしたときに「開成の最もいいところは理不尽なところだ」と。開成って、先輩に「やれ」と言われたら、やらなきゃいけない。いまだにそうなんですよ。この年になっても、先輩から何か言われると抵抗できない。もう理不尽極まりない。ただ、それを中高の間に体験できたのは、すごくよかった。


菊池武茂

公(おおやけ)の出仕や、私(わたくし)の交際の外には、名聞栄華を好んではならない。俗界にある身であるから、少しは退屈を慰めるために世俗の振る舞いを行なうのは仕方がないが、当世に流行る不実者の振る舞いをしたり文武両道に外れたり、仏法興隆の妨げとなったり、法をくぐって国家に御迷惑をかけたりすることは、正法護持のために固く慎まなければならない。


佐藤琢磨

20代に比べたら部分的な身体能力は劣るはずですが、あまり感じないですね。視力の衰えもありません。(40歳になって)唯一少し感じるのはケガが治りにくい、疲れが取れにくいということだけ。メンタルもフィジカルも実際に上がっているし、体力が横ばいだったとしても経験値は増えているので、総合的なパフォーマンスは上がっていると言えます。特に経験値はレース中の一瞬の判断を左右するので。