名言DB

9419 人 / 110788 名言

伊與田覺の名言

twitter Facebook はてブ

伊與田覺のプロフィール

伊與田覺、いよた・さとる。日本の教育者。「論語普及会」学監。高知県出身。幼少期から論語を学ぶ。学生時代から安岡正篤に師事。「学塾有源舎」「太平思想研究所」「精神道場有源学院」などを設立。関西師友協会事務局長、財団法人成人教学研修所所長などを務め論語教育にあたった。著書に『仮名論語』『人に長たる者の人間学』『大学を素読する』。

伊與田覺の名言 一覧

人相に学歴は出ません。生涯をかけた努力が顔に出る。


人間70を過ぎると学歴など問題にならない。


私の場合、日々「論語」に親しむのは食事と同じで生きる上での「当たり前」だったから、倦(う)むこともなくそうしてきたにすぎないのです。


道徳の「道」とはルールのこと。私たちが人として生きるには、まずルールを知らなくてはなりません。しかし、知るだけでは何の役にも立たない。それが徳にならなければいけません。では徳とは何か。素直な心を持って「人の道」を実践すること。それができたとき、「道徳」になるのです。


『論語』は食べ物みたいなものです。同じ食べ物でも、若いころと年を取ってからでは味が違う。美味しいときもあれば、まずいときもある。でも、命をつなぐためには、美味しくてもまずくても食べねばならない。食べたら儲かるとか、何か得をするという理由で食べている人はいません。『論語』も同じです。


伊與田覺の経歴・略歴

伊與田覺、いよた・さとる。日本の教育者。「論語普及会」学監。高知県出身。幼少期から論語を学ぶ。学生時代から安岡正篤に師事。「学塾有源舎」「太平思想研究所」「精神道場有源学院」などを設立。関西師友協会事務局長、財団法人成人教学研修所所長などを務め論語教育にあたった。著書に『仮名論語』『人に長たる者の人間学』『大学を素読する』。

他の記事も読んでみる

名越康文

心をコントロールするのにお勧めなのが、体を動かすこと。心と体は一体。心が乱れていたら、体のバランスも崩れる。体のバランスが崩れ、硬くなっていたら、心も柔軟でなくなり、視野が狭くなって集中力も落ちる、というふうに、心と体は常に連動しているのです。


清宮克幸

経験の浅いコーチは選手の悪いところをすべて直そうとしますが、これでは効率も悪く、なかなか結果も出ません。それよりも、フォーカスを絞ってそこだけをチェックしていった方が、上達は早いのです。


国吉拡

営業の仕事では、断わられても仕方がない面はあります。しかし、行動しなければ結果は生まれません。そして、行動した結果の失敗なら、そこからヒントを得ることができますし、次回はより具体的に成功をイメージできるようになります。


ピーター・ドラッカー

リスクが富を生む。


吉田正樹(経営者)

マネジメントにおいて大事にしているのは「旗を立てること」と「ムチャぶり」です。旗を立てるとは、目指すところを明快にすること。


ジェイ・エイブラハム

チャンスを作るにはまず「独力でやる」という発想から抜け出し、恐れを乗り越えてビジネスという冒険を楽しむことが必要だ。あなたに足りないものを持っている人、そしてあなたが持っているビジョン、明晰さ、実行計画などを必要とする人が必ずいるとすれば、二度とその恐れを感じることはないだろう。


北見尚之(経営者)

我々は常に他社にないものをとり入れてきました。街づくりや1軒の住宅でも「住んで、買って、よかった」と思っていただけるもの、振り返った時に価値が上がるような案件やサービスを目指しています。たとえば戸建住宅の「かし保証」サービスは2011年に当社が日本で初めて導入し今では業界標準になっています。


林修

真に優秀な生徒はこれまでで最も悪い点をとったとしても十分、合格圏内に入れるくらいの準備をしています。だから本番でもムリをしようとしなくて済むので平常心で臨めるし、自己ベストが出なくても心が折れるようなこともないのです。


柿木厚司

1年目、2年目は収益的にも厳しい状況だったが、今年は外部環境と、基盤整備を進めてきたことによるコスト削減効果も出てきたことで業績は好転する見通しだ。今、社内に向けては、この基盤整備の成果を、確実に刈り取ることが大事だという話をしている。


武田國男

いま、全部を自分中心に考える人が実に多いですよね。口では「ステークホルダーのため」などと格好のいいことを言って。最低ですよ。やはり口の立つ人は好きじゃないです。パフォーマンスをする人、そしてブレる人は嫌いです。いまはそういう人が多すぎますな。