名言DB

9412 人 / 110637 名言

伊與田覺の名言

twitter Facebook はてブ

伊與田覺のプロフィール

伊與田覺、いよた・さとる。日本の教育者。「論語普及会」学監。高知県出身。幼少期から論語を学ぶ。学生時代から安岡正篤に師事。「学塾有源舎」「太平思想研究所」「精神道場有源学院」などを設立。関西師友協会事務局長、財団法人成人教学研修所所長などを務め論語教育にあたった。著書に『仮名論語』『人に長たる者の人間学』『大学を素読する』。

伊與田覺の名言 一覧

人相に学歴は出ません。生涯をかけた努力が顔に出る。


人間70を過ぎると学歴など問題にならない。


私の場合、日々「論語」に親しむのは食事と同じで生きる上での「当たり前」だったから、倦(う)むこともなくそうしてきたにすぎないのです。


道徳の「道」とはルールのこと。私たちが人として生きるには、まずルールを知らなくてはなりません。しかし、知るだけでは何の役にも立たない。それが徳にならなければいけません。では徳とは何か。素直な心を持って「人の道」を実践すること。それができたとき、「道徳」になるのです。


『論語』は食べ物みたいなものです。同じ食べ物でも、若いころと年を取ってからでは味が違う。美味しいときもあれば、まずいときもある。でも、命をつなぐためには、美味しくてもまずくても食べねばならない。食べたら儲かるとか、何か得をするという理由で食べている人はいません。『論語』も同じです。


伊與田覺の経歴・略歴

伊與田覺、いよた・さとる。日本の教育者。「論語普及会」学監。高知県出身。幼少期から論語を学ぶ。学生時代から安岡正篤に師事。「学塾有源舎」「太平思想研究所」「精神道場有源学院」などを設立。関西師友協会事務局長、財団法人成人教学研修所所長などを務め論語教育にあたった。著書に『仮名論語』『人に長たる者の人間学』『大学を素読する』。

他の記事も読んでみる

山下勇

技術と言うものはまことに人間くさいもので、技術者に孤立は許されない。人とのつながり、あるいは人の集団、技術者の集団をうまく形成していくことが、技術者の要件なのである。


三浦雄一郎

ある意味で死ぬのが一番簡単なんですよ。山へ行っても、もう死んだほうがましと思うほど苦しくなる。でも、そんな簡単な道を選んではいけない。人間、最後の最後まで生き抜いて、最後に笑って死ねればいい。それしかありませんよ。


安藤忠雄

日本のマンションは非常に機能的ですが、天井は低いし面白みがない。あれでは生活に感動が生まれません。住んでいる人間が朝起きた時、「ここに住んでよかった」と思える建物を、私はつくりたい。


木川眞

現場らが仕事をやりたいという気持ちになっていないのであれば、会社から指示しても、それは「やらされ感」になってしまう。


岩田松雄

日産では自動車のセールスもやりました。ちなみに当時、新車1台を売った報奨金が1500円。私は報奨金狙いではなく、販売記録をつくって社長賞を獲得すると決め、飛び込み訪問、チラシの投げ込み、何でもやりました。まず目標を定め、実績を出すために必要な戦略を考える。そして、決めたことを一所懸命とことんやる。結果、断トツの結果を出し社長賞を獲得しました。


吉越浩一郎

私はだいたい6~7割の確証で決断しています。現場での感覚を大切にしていれば、6~7割の完成度はすぐにイメージできます。でも、それ以上に完璧を目指そうとすると、逆に時間と手間がかかってしまいます。それに、計画段階で完成度を上げても、現場での実施段階で必ず軌道修正が必要になってくるものです。ですから、7~8割の確証が持てれば決断して、実施段階で軌道修正をしながら時間をかけて完成度を高めていきます。


和田裕美

失敗でへこむだけなのか、それをバネにして「学び」とするのかがその後の成長を決めるので、ミスをどう受け取り、どう対処するかがとても大事。


黒木幸代

業界の発展のためにも、人材教育の重要性を痛感しています。それによって店の存在意義も問われてきます。


和田秀樹

最近は、モノよりも「気分」にお金を払う傾向がある。単にモノやサービスを提供すればお金が入ってくる時代は終わった。最大公約数的な情報は無視しても、貴重な知識や付加価値があれば投資を惜しまないのが現代。


キケロ

汝は生きるために食べなさい。食べるために生きてはいけない。


松井忠三

相手に意識を変えてほしいときに、結論だけを伝えてもダメ。背景や理由をきちんと伝えないと、人の意識は変わりません。


榊原英資

一般的に為替介入だけではなくて、政策の効果を最大限にするためには次の三つの要素が重要であると考えられます。第一に政策をどのタイミングで発表するか。第二に誰がどういう形で発表するか。第三は政策の内容。


イチロー(鈴木一朗)

自分の中で何かひらめいたり、バッティングの技術が高まったりするのは、いつも決まって凡打のときです。


白石康次郎

世界一周というのは確かに大胆なチャレンジだけど、結局は1マイル1マイルの積み重ね。そう考えれば、地道さや慎重さは不可欠です。


長沼毅

最初の生命が生まれた40億年前の地球はマグマが煮えたぎって、生物にとってはとてつもなく過酷な環境でした。辺境生物の生態を探ることは、そういう苛酷な環境で生まれた地球最初の生命に近づくことになる。「生命とは何か?」を解き明かせるかもしれない。これは僕にとって、子供の頃からの夢でした。