名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

伊與田覺の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

伊與田覺のプロフィール

伊與田覺、いよた・さとる。日本の教育者。「論語普及会」学監。高知県出身。幼少期から論語を学ぶ。学生時代から安岡正篤に師事。「学塾有源舎」「太平思想研究所」「精神道場有源学院」などを設立。関西師友協会事務局長、財団法人成人教学研修所所長などを務め論語教育にあたった。著書に『仮名論語』『人に長たる者の人間学』『大学を素読する』。

伊與田覺の名言 一覧

人相に学歴は出ません。生涯をかけた努力が顔に出る。


人間70を過ぎると学歴など問題にならない。


私の場合、日々「論語」に親しむのは食事と同じで生きる上での「当たり前」だったから、倦(う)むこともなくそうしてきたにすぎないのです。


道徳の「道」とはルールのこと。私たちが人として生きるには、まずルールを知らなくてはなりません。しかし、知るだけでは何の役にも立たない。それが徳にならなければいけません。では徳とは何か。素直な心を持って「人の道」を実践すること。それができたとき、「道徳」になるのです。


『論語』は食べ物みたいなものです。同じ食べ物でも、若いころと年を取ってからでは味が違う。美味しいときもあれば、まずいときもある。でも、命をつなぐためには、美味しくてもまずくても食べねばならない。食べたら儲かるとか、何か得をするという理由で食べている人はいません。『論語』も同じです。


伊與田覺の経歴・略歴

伊與田覺、いよた・さとる。日本の教育者。「論語普及会」学監。高知県出身。幼少期から論語を学ぶ。学生時代から安岡正篤に師事。「学塾有源舎」「太平思想研究所」「精神道場有源学院」などを設立。関西師友協会事務局長、財団法人成人教学研修所所長などを務め論語教育にあたった。著書に『仮名論語』『人に長たる者の人間学』『大学を素読する』。

他の記事も読んでみる

廣瀬光雄

ジョンソン・エンド・ジョンソンは、とにかく成長したら分社して自分の目に叶う人材に権限委譲して経営は任せる。それこそが、会社が長期で安定して成長する方法だということを徹底していた。


長門正貢

ゆうちよ銀については「政治が絡む」「民間が嫌う」といった話も聞きましたが、これだけの組織をどうやって民間金融界に組み込んでいくのかというタイミングで、評論家ではなくプレーヤーで関われる。しかも上場を控えていた。これは人生一度のチャレンジとして、受けて立つべきだと考えました。


松本正義

私は仕事で失敗したことがありません。秘訣は萬事入精(誠心誠意立ち向かい、日夜奮闘して成功させること。初代住友当主、住友政友が残した住友事業精神の中の一節)です。あらゆる方法論を検討し、多角的にものを見るのです。もちろん苦悩はありますが、それを機会ととらえるかピンチととらえるかは心の問題です。


前田修司

文章で表現しようとすると、文字を細かく追う必要がありますし、人によっては読み飛ばす個所が出てきたり受け取り方にニュアンスの差が生まれてくるでしょう。そうなると、メンバーの意識を整えるのに時間がかかってしまいます。その点、絵や図解だと、誰もが感覚的に理解できますし、認識にズレがなくなるのです。


森田仁基

重要なのは現場の力。経営陣だけがやろうと思ってもしょうがない。僕は取締役を通り越して社長になっているので、ほとんど事業現場の経験しかないが、そこが強みだ。


松本大

プレゼンテーションの際に重要なのは誰を説得するのかということです。例えば20人が出席している会議であっても、その中の意思決定権を持つ人が いた場合、その人に向かってプレゼンをする。たった1人説得すれば成功という場合に、そこに出席する全員に向けてプレゼンする必要はないわけです。


大塚寿

上位2割に入る人と、それ以外の人。何の差かといえば、勉強量の差です。同じ大学を出て、入社当時はほぼ同様の能力でも、30代後半から40代前半の頃になると、その差が想像以上につく。勉強を怠っていた人がそのときに気づいても後の祭りです。


エマヌエル・スウェーデンボルグ

父と母の情愛は子供たちに生まれつき内在している。しかし、父の愛情は内面的なものであって、それゆえに長い時期を経過してそれ自身を明示していく。これに反して、母の愛情は外面的なものであるため、短期間でそれ自身を明示する。


三浦善司

フランスでの社長時代、日本人は私だけ。フランス語を必死に覚え、下手でも話していました。その時から電子辞書を使い始めています。もう3台目ですね。正しい発音を理解したかったので音声で読み上げる機能付きを買いました。スピーチが多いので、出張時は必需品です。胸ポケットに忍ばせて、さっと取り出し発音を確認できるところが気に入っています。


山崎将志

問題が起こったときに、上司に「どうしたらいいですか?」と相談する人がいるが、これが口ぐせになっている人は、上司からの評価は低いと考えたほうがいい。困ったことがあったときに、すぐに上司に相談する点では評価できるが、上司が部下に求めているのは、「こうしたいけれど、いいですか?」という承認、確認の相談である。


高島郁夫

いまの若い人は、すごく真面目だけど小粒か、たんにハチャメチャなだけのどちらかです。「一見ハチャメチャだけど、根は真面目」というのが理想なんですが、そういう人は本当に少ない。でも、それは希少価値があるということでもありますから、「自分のやりたいことを明確に持っていて、それに邁進するハチャメチャなパワーもある人」にとっては、いまは追い風が吹いていると思っていいでしょう。


中村邦夫

グローバル社会のビジネスでは、私もいろいろと失敗経験があります。その体験から言えることは、やはり、「これだ!」と言えるくらいの、競争優位を得ることができる独自性を持つことが最も大事だということ。