名言DB

9413 人 / 110706 名言

伊與田英徳の名言

twitter Facebook はてブ

伊與田英徳のプロフィール

伊與田英徳、いよだ・ひでのり。日本のドラマプロデューサー、演出家。東京理科大学基礎工学部卒業後、TBSテレビに入社。数々のヒット作を担当。

伊與田英徳の名言 一覧

最初からあらゆる世代に受けようと思っても無理。


ヒットは狙ってできるものではない。


マーケティング論は必要ですが、このドラマにとっていいと思うことを信じて皆で突き進んでこられたのがいい結果に結びついたのだと思います。


見ていただけるための努力はするけど、まずは自分たちが面白いと思うものを作ること。あとは少なくとも自分の友達には面白いと言ってもらえるようにしよう。そんなところからスタートした感じです。


伊與田英徳の経歴・略歴

伊與田英徳、いよだ・ひでのり。日本のドラマプロデューサー、演出家。東京理科大学基礎工学部卒業後、TBSテレビに入社。数々のヒット作を担当。

他の記事も読んでみる

前澤友作

重要なのは、そのビジネスが何のために行われているのかということ。社会や人のためになっているかを、常に意識する必要があると思います。


本広克行

一発でかいヒットを当てると、作り手が受けるダメージはものすごい。祭りの終わったあとの寂しさに似た感情と、報酬の大きさで、どんなに強い精神力の人でも無気力になるというか。次を目指せなくなる。


小野田寛郎(小野田少尉)

僕が言うと僭越かもしれないけれど、後ろを振り向いても仕方ないんですね。ルバング島はルバング島で、それで終わり。苦しかろうと何だろうと、その分いろいろな教訓を得ました。今度は、それを上手く利用していく。あのときはどうしたのこうしたのと、後ろは絶対に振り向かない。牧場をつくるときは必死で牧場をつくる。牧場が何とかここまでできたから、次は日本の子供たちのために何か役立ちたいと思って、そのことを懸命にやる。


鈴木幸一(経営者)

「インターネットには世の中すべての仕組みを変えてしまう力がある」。そう信じてIIJを創業し、日本企業として初めてインターネット接続サービスを商用化したのは1994年のことだ。以来、様々な産業でインターネットを情報通信のインフラに使って事業を進める取り組みが拡大し、それに伴って旧来のビジネスモデルが崩壊していったのは周知の通りだ。


デービッド・アーカー

新しいサブカテゴリーが生み出せれば、市場のリーダーになれる可能性が十分にある。


伊藤雅俊(イトーヨーカドー)

いまの日本経済は明らかに肥満体質になってしまって、動きが取れない。どこを見ても過剰設定になってしまったわけです。そう考えれば、給料が三割減になるか、人数が三割減になるか、銀行や証券会社が三割減になるか、それくらいでバランスが取れるのではないでしょうか。


横山光昭

貯金力は決して生まれつきや育った環境で決められてしまうものではありません。


ケリー・マクゴニガル

費やした時間やお金に見合った対価、結果がすぐに出るとは限りません。「思うような結果が得られていない」という現状は、ゴールに近づくための途上、プロセスです。


田中仁(経営者)

高校を卒業して信用金庫に就職したのも、起業するときに役立つだろうと思ったからです。信用金庫には5年弱在籍しました。ノルマに追われて大変なときもありましたが、自分に向いていたこともあり、営業成績もよく、2~3年目以降は新入社員を教育するトレーナーのような役割も与えられました。信用金庫を退職後、起業するまでの1年間、知人に誘われ生活雑貨を扱うメーカーに勤めました。小さな会社でしたから、営業も企画も流通も生産管理もなんでもやりました。一通りの経験ができたことは、後の会社経営で非常に役に立ちましたね。


宮内義彦

現在では人事評価を少しでも間違うと、優秀な人材が会社からいなくなる可能性が高くなっています。人事評価は「真剣勝負の時代」になりつつあります。正しい評価に基づいた報酬制度にしないと、他社でもっと良い処遇を受けられる自信のある社員や実際にそういう実力を持った社員は、次々と会社を辞めていくかもしれません。


鍵山秀三郎

少しでも世の中をよくしていくために大切なことは、人と人が直接触れ合って、お互いに感受性を高めるということに尽きる。


谷川須佐雄

本当に売れる営業マンというのは、お客様に媚びません。お客様から素敵だなあ、あの人といるとこちらも気分がいいなあと、お客様に好かれている人が結果的に一番売れているのです。


古森重隆

グローバル市場で黙っている人間は声を発する勇気がないか、能力がないか、発信する論拠を持たないかのいずれかと見なされ、一人前の人間として評価されない。


佐藤可士和

デスク周りで厄介なのが書類や資料です。紙の整理は、同じものを省いてひとつにすること、また可能なかぎりデジタル化して紙をなくすことが大切です。プレゼンの資料などは、結果に至る過程の段階のものはバッサリ捨てて、最終結果のものだけを保管すれば、大幅にスリム化できます。もし捨てるのに忍びない資料があれば、いったんまとめて段ボール箱へ。1力月や1年という期限を決めて、そのリミットまでに使わなかったら処分します。


石川泰彦

生産性の改善が欠かせない。より少ない人数でサービスを提供できるようになれば、浮いた人件費が会社の利益になり、その一部を処遇の改善に振り向けることができます。会社の利益を上げて、社員の給料も上げる。それがひいては、お客様満足の向上にもつながる。