伊與田英徳の名言

伊與田英徳のプロフィール

伊與田英徳、いよだ・ひでのり。日本のドラマプロデューサー、演出家。東京理科大学基礎工学部卒業後、TBSテレビに入社。数々のヒット作を担当。

伊與田英徳の名言 一覧

最初からあらゆる世代に受けようと思っても無理。


ヒットは狙ってできるものではない。


マーケティング論は必要ですが、このドラマにとっていいと思うことを信じて皆で突き進んでこられたのがいい結果に結びついたのだと思います。


見ていただけるための努力はするけど、まずは自分たちが面白いと思うものを作ること。あとは少なくとも自分の友達には面白いと言ってもらえるようにしよう。そんなところからスタートした感じです。


伊與田英徳の経歴・略歴

伊與田英徳、いよだ・ひでのり。日本のドラマプロデューサー、演出家。東京理科大学基礎工学部卒業後、TBSテレビに入社。数々のヒット作を担当。

他の記事も読んでみる

山本為三郎(経営者)

渡辺崋山の商人訓のなかで、私の記憶にあるもうひとつの戒めは「近所に同業ができたら、よしみを厚くして相励め」ということである。これは実にいい言葉だと思う。同業は競争者ではないという精神である。この精神があるからこそ、大阪の道修町は町の端から端まで4、5丁の間、全部薬屋でやっているし、また本町といえば、昔から繊維業者ばかりが軒を並べている。ときに消長はあるにしろ、こうしてみんな何代、何十代と続けていくのは結局、よしみを厚くして相励んでいるからではなかろうか。


佐藤秀樹(経営者)

自分たちがやっていることが社会に役立っている、社会的に意義があると感じることができるのは素晴らしいこと。


藤巻幸夫(藤巻幸大)

私はいつも「試飲」「試食」「試聴」「試着」「試読」の「5つの試」を心がけている。試読は立ち読みのこと。時間があれば本屋に飛び込んで目についた本や雑誌を開くようにするだけでも、雑学の幅はどんどん広がっていく。


前田鎌利

プレゼン資料も、ただ論理的に作ればよいのではなく、こちらの姿勢や熱意を伝える内容にしなければなりません。それによってはじめて、相手の心に響かせることができるのです。


石井住枝

最初からうまく話が続かなくても、会話を重ねることで、ほどよい空気感を作ることができる。


太田垣士郎

四分の危険があっても、六分の可能性があれば私はやる。


森川亮

日本人は情報収集が大好きという傾向がありますが、ビジネスにおいては情報収集よりも迅速な行動が大事。


濱田純一

グローバル化に対応し、多様性を生む新たな教育を確立すること。それが教育改革の本質です。大学で知識を開発する手法が変われば、社会に大きな影響を及ぼします。そのため、大学改革は東大だけではなく、社会全体で考える問題です。秋入学は、その第一歩。だから諦めませんし、嫌がられても耳の痛い話をし続けるつもりです。


本田宗一郎

技能というものは、その人一人の性格にこだわるから不安定である。アイデアで解決したものは安定している


金山精三郎

ピザを焼く場所も、1つのステージとしてお客様に楽しんでいただけるようオープンキッチンにしました。「度行って、もう一度来たくなるお店になり続ける」。こんな店を作っていきたい。


鈴木喬(経営者)

人は変化を嫌う生き物ですから、ちょっと命令されたぐらいじゃ、新しい行動なんて起こさない。「このオッサンの言うとおりにしないと、本当に叩き殺されるかもしれない」ぐらいの恐怖感がないと動きませんわな(笑)。


塚越寛

経営においては、その業績が本当に自分や会社の実力なのか、単に追い風によるものなのかの見極めが非常に大事。


清武英利

人間は不条理な世界に生きている。だが、朝起きて窓越しに見るぼんやりした空あかりを頼りにして生きていくしかない。


中谷恭子

ショップは街の空気感にマッチしている必要がある。雑誌やネットからは伝わらない情報を五感でチェックすることが大切です。


遊川和彦

パッションがあれば、伝えたいことがあれば、なぜそこまでこだわるんだと、観る方も引き込まれる。


ページの先頭へ