名言DB

9412 人 / 110637 名言

伊牟田均の名言

twitter Facebook はてブ

伊牟田均のプロフィール

伊牟田均、いむた・ひとし。日本の経営者。「城山観光」社長。鹿児島県出身。鹿児島大学卒業後、野村證券に入社。ノムラ・ニューヨーク副社長、野村證券国際金融部長、ノムラ・シンガポール社長、日本合同ファイナンス(のちのジャフコ)取締役、専務、野村・中国投資副社長、オークラガーデンホテル上海副理事長、城山観光副社長などを経て社長に就任。城山観光ホテルの経営再建を行った。

伊牟田均の名言 一覧

城山のサルになるな。城山の常識が世界の常識ではない。
【覚え書き|城山観光副社長に就任したときの発言】


変化に対応してスピード感をもって行動し、失敗を恐れない――これは私が自由闊達な社風をもつ野村證券時代に体験し学んだこと。


伊牟田均の経歴・略歴

伊牟田均、いむた・ひとし。日本の経営者。「城山観光」社長。鹿児島県出身。鹿児島大学卒業後、野村證券に入社。ノムラ・ニューヨーク副社長、野村證券国際金融部長、ノムラ・シンガポール社長、日本合同ファイナンス(のちのジャフコ)取締役、専務、野村・中国投資副社長、オークラガーデンホテル上海副理事長、城山観光副社長などを経て社長に就任。城山観光ホテルの経営再建を行った。

他の記事も読んでみる

楠木建

経営者とはビジネスを丸ごと動かせる人。細かい一分野についてではなく、「要するに、こうやって稼いでいきましょう」と考えて、実行できる人が優れた経営者です。


鎌田實

「ホスピタリティ」とは、ひと言でいえば、「心のこもったおもてなし」のことです。言い換えれば、相手の立場に立って考える習慣のこと。この「ホスピタリティ」の大切さに気づけば、プライベートもうまくいくし、なにより仕事の世界でも一番になれる。


宮永俊一

世界で戦っていこうと言っても、日本の中さえバラバラではどうしようもない。


鍵山秀三郎

企業犯罪が増えてきた背景には、経営者としての人格と資質を正しく備えた人が少なくなったことがあるのではないでしょうか。本来、部下がモラルに外れた仕事をした場合に、断固として是正しなければならないのが経営者です。間違った見識がどんな不測の事態につながるのか、その怖さを察知し、予測して判断するのが役目なのです。


小林喜光

親に今必要なのは競争社会という現実に立ち向かい、必死に働くことではないでしょうか。その姿や雰囲気から子供は多くを学ぶと思います。親が懸命に働いていないのに、その子供は必死に学ぶのでしょうか。働き方改革によって無駄な仕事を削り、生活を充実させる意味はあると思います。ただ、働く意欲や体力がある人にまで無理にブレーキをかけることは、一種の教育的な効果を奪うことになりかねません。


古川裕倫

まずは、自分が普段している業務フローを文書化する。そして、それを部下など他の人に渡して共有する。渡された人は、さらにそれに改善を加えていく。そうすることで、仕事がどんどん効率化していきます。大企業にある引き継ぎ書は、まさにそのためのものです。


大久保幸夫

がむしゃらに働けばいい二十代と遠い、三十代は道を定め、安定して仕事をしていくことが必要になります。そこで大切なのが、「上手に手を抜く」こと。このときに20代のがむしゃらに働いた経験が生きてきます。すべてに全力ではなく、任せられるところは人に任せ、余裕があるのなら、無理せず一日休むなど、周りからはそれとわからないように手を抜いて調整する力は、20代に力を出しきった経験があってこそ生まれるもの。そしてこの力は次第に高度な仕事が増える半面、体力的には衰えがみえる30代には欠かせないものです。それによって、高すぎず低すぎず、自分のモチベーションを一定の高さにキープし続けることができるのです。


田坂広志

人の都合や予定を無視するのは、「自分の時間」を最優先に考えているからです。自分の時間を大切にしても、「他人の時間」には無頓着。それが平気で遅刻する人の思考様式です。こうした思考様式の人に、倫理を説いても効果はありません。考え方を変えさせるには、自分の時間を最優先にすることが個人の行動戦略として最適かどうかを考えさせることです。


宮村眞平

考えを全社に徹底するために、私はとにかく現場を回り、同じ話を繰り返しました。とくに子会社は親会社ばかり見て、自分の現場をよく見ていないから、「収益をあげて親会社に貢献しなさい」と諭したものです。


吉田洸二

目を通したビジネス書のなかで特に印象に残ったのが、「部下は上司の鏡」という言葉でした。その言葉の説明には、「部下が動いてくれないのは、上司である自分の言動に原因がある。部下にどうこう言う前にまずは自分を見つめなおすべきだ」と書いてありました。この言葉に照らして考えてみると、生徒が集中して練習に取り組んでくれないのは、私が立てた練習メニューに原因があることに気付きました。


青田嘉光

今後は分野を超えてノウハウを活かしていく必要があるので、意識して部門横断でコラボレーションする機会を増やしています。


大江英樹

働けるのであればリタイアせずに働いた方がいい。再就職はハローワークなどに頼っても望むような仕事はほとんどない。50代のうちから定年を見据えて社外で信頼できる人脈を作る努力をした上で、自分の人間性や能力を見極め、活用してくれる企業を探す必要がある。


松浦弥太郎

膨大な量のビジネス書を読んで分かったのは、「書いてあることは合理的だけど、内容はオリジナルではないな」ということ。カーネギーやナポレオン・ヒルといった大御所でも、別の何かから学んだうえでの執筆です。それを発見した時、僕は失望ではなく、ホッとしたことを覚えています。自分はオリジナルなものを何も持っていない、という葛藤をずっと抱えていましたので。


澤口俊之

目標を一つの数値や程度に限定すると、到達が困難に感じられ、挫折を招きやすくなります。しかし目標値の上下に幅を持たせると、その下限にはたやすく到達でき、さらに頑張ろうという意欲も湧きます。結果、最初の設定よりももっと高い到達点に達することができるのです。


藤田晋

「捨てることが苦手」と思われる人は、「やめるべきではない」という理由が似たようなものでした。その理由は、「○○にとって必要だから」。9割やめるべき理由があるのに、1割のメリットにとらわれ、やめられないのです。