名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

伊牟田均の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

伊牟田均のプロフィール

伊牟田均、いむた・ひとし。日本の経営者。「城山観光」社長。鹿児島県出身。鹿児島大学卒業後、野村證券に入社。ノムラ・ニューヨーク副社長、野村證券国際金融部長、ノムラ・シンガポール社長、日本合同ファイナンス(のちのジャフコ)取締役、専務、野村・中国投資副社長、オークラガーデンホテル上海副理事長、城山観光副社長などを経て社長に就任。城山観光ホテルの経営再建を行った。

伊牟田均の名言 一覧

城山のサルになるな。城山の常識が世界の常識ではない。
【覚え書き|城山観光副社長に就任したときの発言】


変化に対応してスピード感をもって行動し、失敗を恐れない――これは私が自由闊達な社風をもつ野村證券時代に体験し学んだこと。


伊牟田均の経歴・略歴

伊牟田均、いむた・ひとし。日本の経営者。「城山観光」社長。鹿児島県出身。鹿児島大学卒業後、野村證券に入社。ノムラ・ニューヨーク副社長、野村證券国際金融部長、ノムラ・シンガポール社長、日本合同ファイナンス(のちのジャフコ)取締役、専務、野村・中国投資副社長、オークラガーデンホテル上海副理事長、城山観光副社長などを経て社長に就任。城山観光ホテルの経営再建を行った。

他の記事も読んでみる

成毛眞

伝達という点において最も後れを取っているのが、いまだにやたらと電話をかけてくる人たちである。ふいにかかってきた電話を取ると、それまで進めていた自分の仕事を中断しなくてはならず、当然のことながら生産性がダウンしてしまう。だから、伝達手段を電話に頼っている人は、相手の都合を考えない、仕事のデキナイ人といえる。それゆえ、私は絶対に電話に出ないし、いまではオフィスの電話もほとんど鳴らなくなった。


永井浩二(経営者)

証券業はこの十数年で急速に複雑化してきました。これまでは株や債券の売買や発行を仲介して手数料をいただくビジネスが中心でした。ところが現在では、企業合併や買収、巨額の資金調達など証券会社の果たす役割は大きく広がっているうえ、海外との取引を希望するケースも増えています。当社でも高度で専門的な知識をもつ人材を育ててきました。専門性を高めることは重要です。しかし、自分の業務に責任感をもつあまり、部署ごとにしきたりやルールをつくるようになる。すると他部署の干渉を遠ざけ、異物を排除するようになる。私はずっと「これはおかしいぞ」と感じていました。


依田宣夫

退職金をもらってしまえば、その後の定期収入は年金だけ。多くの人は、それで自分の老後の消費生活がひどく限定されてしまったと感じる。しかし、家庭の経済活動の主体は消費活動だ。その消費をいかにマネジメントするかによって、老後の生活はいかようにも豊かにしていくことが可能だ。


アンジェロ・ボナーティ

ニッチブランドの価値とは何かといえば、いかに内容ある価値を備えているかです。


本田健

「運」は「頑張っている人」にだけ吹く追い風。努力をしないで、「いいことが起きてほしい」と運に頼ってばかりいる人に、追い風は吹かない。


山本亮二郎

私たちは出資者から大切な資金を預かり運用しています。投資をして得るのは未公開株であり、冷静に考えると非常に責任の重いデリケートな仕事だと自覚している。投資先には厳しい意見も伝えなければならないケースがある。そういう場面では親しさが正しい判断を下すのに邪魔をすることがある。その弊害を考えるとお酒は必要ないと思う。常に自らを律する意識を持っていないといけない。
【覚え書き|投資先のベンチャー経営者と食事や飲み会をしない理由について語った言葉】


新房昭之

新しいことに挑戦したい気持ちは強い。やることに迷いはなかった。


神戸守一

たい焼きを一匹ずつ焼くから、数ができないんだよ。たくさんの人が並んでくれても待たせちゃう。でもうちがここまで続いた理由は、この一丁焼きを通したから。味はもちろんだけど、誰もマネができない技があったことが大きいね。


プラユキ・ナラテボー

生存競争を生き抜くために身体的な強さが何より重要な動物と異なり、社会生活を営む私たち人間は、身体的な力以上に精神的な力がものをいう。それは、私たち誰にとっても求められている力といっていいだろう。


稲盛和夫

つらいことはいくらでもありましたが、歯を食いしばって頑張ってきました。


後藤忠治

スポーツという世界を歩んできた私が企業経営者として約50年の起業家人生を歩むことができたのは、スポーツの世界で学び、育んできた精神や理念、そして目標があったから。


遠藤功

接待をする以上、相手の印象に残らなければ意味がありません。その際に大事なのは「I CARE YOU」の精神。相手の目線に立ち、「気を遣ってもらっているな」ということが相手にさりげなく伝わるよう準備をすることです。店選び、料理選び、酒選び、手土産選び、すべてこの「I CARE YOU」が基本です。だからこそ、事前リサーチは必須です。私も初めての方を接待するときは必ず、相手の好みをリサーチします。その方の秘書に連絡を取って、好みや酒量などを確認します。