名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

伊牟田均の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

伊牟田均のプロフィール

伊牟田均、いむた・ひとし。日本の経営者。「城山観光」社長。鹿児島県出身。鹿児島大学卒業後、野村證券に入社。ノムラ・ニューヨーク副社長、野村證券国際金融部長、ノムラ・シンガポール社長、日本合同ファイナンス(のちのジャフコ)取締役、専務、野村・中国投資副社長、オークラガーデンホテル上海副理事長、城山観光副社長などを経て社長に就任。城山観光ホテルの経営再建を行った。

伊牟田均の名言 一覧

城山のサルになるな。城山の常識が世界の常識ではない。
【覚え書き|城山観光副社長に就任したときの発言】


変化に対応してスピード感をもって行動し、失敗を恐れない――これは私が自由闊達な社風をもつ野村證券時代に体験し学んだこと。


伊牟田均の経歴・略歴

伊牟田均、いむた・ひとし。日本の経営者。「城山観光」社長。鹿児島県出身。鹿児島大学卒業後、野村證券に入社。ノムラ・ニューヨーク副社長、野村證券国際金融部長、ノムラ・シンガポール社長、日本合同ファイナンス(のちのジャフコ)取締役、専務、野村・中国投資副社長、オークラガーデンホテル上海副理事長、城山観光副社長などを経て社長に就任。城山観光ホテルの経営再建を行った。

他の記事も読んでみる

出口治明

世界史を学ぶと分かることですが、実はこの世界は「99%が失敗」と言ってもいいくらいに、「失敗の連続」で成り立っています。失敗続きの世界史を丹念に学んでいくと身につけられるもの、それは単なる知識という意味に加えて、「骨太の知性」です。ビジネスで失敗したり、精神的な痛手を受けたりしても、この胆力とも言える「骨太の知性」があれば、ニヤリと笑って受け止められるようになる。極端な例ですが、昇進人事で敗れて左遷されても、「自分は必ず立ち直れる」という強い気持ちを持てます。


戸塚隆将

TODOリストが必要なのは新人だけではありません。実際、私が仕事を学んだ先輩たちはよくTODOリストを作って机に貼っていました。また、帰宅前に翌日のTODOを書き出すようにしている人もいました。こうすることで朝イチから仕事に集中することができるのです。


井上明美

漠然と「皆が使っているからこれでいいだろう」と考えるのではなく、まずは正しい表現を知ること。それでこそ、カジュアルな場ではカジュアルに、フォーマルな場ではフォーマルにと、場面に応じた言葉の使い分けができるようになる。


大西洋

お客様は独自性のあるものを求めるもの。自分たちで考え、お客様に付加価値のあるものを提案・提供していけるように、お客様が店に入ってワクワク、ドキドキするような店をつくっていきたい。


川路耕一

私の原点は先物相場で鍛えられた「先物感覚」と言ってもいいかもしれません。上がったものはずっと上がりっぱなしではなく、必ず下がる。逆に下がりっぱなしではなく必ず戻ります。その先物感覚、日本人はなかなかわかっていないんです。ですから、上がっている時には、みんなして儲かっていると錯覚していますし、下がっているときはみんなして損しているから仕方ないと諦めているんです。そしてそれにマスコミが一斉に拍車をかけます。ですから、外国人投資家に上手くやられてしまうのです。


川越達也

企業とコラボレーションするとき、僕がこうしたい、ああしたいということは実は二の次なのです。ですから、先方がたとえばパスタソースをつくりたいなら、まずはどんなソースをつくりたいのか、そしてその会社のできること、できないこと、利用できる人員や設備、既存の商品といったものをじっくりうかがって受け入れる。そのうえで、与えられた条件を足し算、引き算して「御社がつくりたかったものはこういう感じではないですか?」と返していくのが私のやり方。だから、相手の企業さんにやりやすいと感じてもらえるのでしょう。


友野典男

人には、将来の利益よりも、今、目の前にある利益を優先してしまう傾向が備わっています。自然な状態だと、飲み会やケーキのような目先の小さな利益を取ってしまうがゆえに、将来の大きな利益を逃すものなのです。つまり、人は「近視眼的」なものなのです。これは、サバンナで狩猟採集をしていた時代には必要不可欠なバイアスでした。食料が豊富にあるわけではありませんから、将来のことを考えるよりも、目の前にある食べ物を食べないと生き残れない。近視眼的な人が生き残り、進化してきたのです。


小泉文明

「とりあえず、全員参加で開かれた会議」は、全く意味がない。情報共有のためだけに時間をかけ、何も発言せずにただ参加しているだけの出席者が多い会議はムダ。大事なのは活発な議論です。当社は、参加者が10人以上で情報共有が前提になっている会議を廃止しました。様々な意見を徹底的に戦わせているかどうかがポイントで、経営会議も激しい言い合いです。外から見たら、ケンカしているように思われるかもしれません。でも議論を尽くしますから、会議室を出た瞬間に合意内容の実現に向かって全員が手を取り合っていける。「あの意思決定、実は納得してなくてさ……」といった不満を漏らすメンバーはいない。


福地茂雄

人間は背骨が弱くては長く立っていられません。同様に企業も、背骨、つまり縦軸の組織が強ければ強いほどいいと私は考えます。ただ、強い背骨(縦軸)にあばら骨(横軸)が入らなければ、縦軸の強さが生かされません。部門、業界を超えたコミュニケーションを図り横軸を強化することが大切なんです


瀬戸欣哉

突破口は、短時間で簡単に施工できる商品群の開発だ。というのも、今、工務店などで工事を担う人材が不足し、受注拡大のボトルネックになってしまっている。こうした現状にテコ入れできれば、エンドユーザーの声も吸い上げられ、リフォーム分野の新たな需要をも掘り起こすことができる。


和田秀樹

どうしてもやる気が出ないときは、すぐにできることや得意で楽しい仕事を先にやってみるのもいいでしょう。日本人は、先に苦手な仕事を片付け、それから得意な仕事に手をつけなくてはいけないという禁欲的なところがありますが、これは順番が逆です。気分が乗らないままやったら8時間かかることも、ほかの気分的なラクな作業で弾みをつけたあとなら、4時間でできるかもしれません。


村山哲治

その人の人脈を利用させてもらったら、必ず結果を対面で報告すること。メールや電話のやり取りが当たり前の時代だからこそ、そういったアナログのコミュニケーションが、人間関係を密にするのに意外なほど威力を発揮します。