名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

伊澤諒太の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

伊澤諒太のプロフィール

伊澤諒太、いざわ・りょうた。日本の経営者。「ハタプロ」社長。栃木県出身。中央大学総合政策学部卒業。ハタプロ、ハタプロ・ロボティクスを設立。

伊澤諒太の名言 一覧

高校ではボクシング部に所属し、全国大会などで数多く勝利しましたが、大学でけがをして断念。ボクシングと同じくらい情熱を燃やせる分野としてITで起業しました。相手が格上でも物おじせず自分を信じてリングに上がるのはビジネスにも通じます。


「ZUKKU(ズック)」は身長10センチのフクロウ型ロボットです。安価で手軽に設置できるので、サービスロボットのカテゴリーで普及台数をナンバーワンにしたい。普及台数が増えるほどデータも溜まるので、遠隔操作してディスプレーに広告を配信することもできます。いわばこれ自体がメディアになるのです。当社は製品開発も行っているので、そこと連携させて会社の価値向上も図れると思います。


IoT、ビッグデータ時代に向けたロボットとハードウエアの開発とAIによる分析予測のソリューションを提供しています。ソフトウエアとハードウエアの設計から開発まで一貫して行っており、小ロット開発への対応や、スピード、コスト、品質の最適化を実現しています。


伊澤諒太の経歴・略歴

伊澤諒太、いざわ・りょうた。日本の経営者。「ハタプロ」社長。栃木県出身。中央大学総合政策学部卒業。ハタプロ、ハタプロ・ロボティクスを設立。

他の記事も読んでみる

北川智子(歴史学者)

絵本の英語は易しいですが、文法的に正しく、分かりやすく、学習に適しています。同じ作品でも、絵がメーンの易しいものから、文字の多い難しいものまで揃っているのも魅力です。易しい本で物語を把握しておけば、同じ作品の難しいものにも挑めます。それに何より楽しい。非日常の世界観に浸り、子供と遊びながら英語を学べるのですから。


浦沢直樹

中学生の頃、『火の烏』を読んで漫画の力、それを描く手塚治虫という漫画家の壮大な創造力に心打たれ、僕の人生観のすべてが決まった。


サイモン・クーパー(経営者)

企業は変えるべき部分と変えるべきではない部分を併せ持っています。たとえば時代の変化とともに、ホテルの内装やセキュリティは変わります。しかし、「紳士淑女をおもてなしする私たちもまた紳士淑女です」というモットーと、戦略的事業計画の立案に従業員を参加させるという伝統は変えません。


粟田貴也

お客様に1杯のうどんをどう美味しく食べて頂けるかを考え、全てのコンセプトを作っています。


大谷昭宏

いまはやる前から先に結論を知りたいというか、人生の結論めいたものを求める若者が増えたんじゃないかな。なにかに挑戦するというより、失敗することのほうを非常に警戒するでしょう。社会全体が減点主義になっているからだろうけど、飛び込んでみないことには、何も始まらないじゃない。


塚田健雄

2000年10月1日、新しい通信会社、KDDIが発足しました。慶事に水を差すわけではありませんが、現時点ではDDI、KDD、IDOの三社が表面的にくっついただけです。これから三社をひとつの会社にする大変な作業が待っています。合併というのは根気のいる、実に厳しい仕事です。


山田昭男

未来工業では800人の従業員全員が正社員だ。派遣やパートを雇うことはない。これも社員が喜び、一生懸命に働く動機になっている。正社員として雇用し、30万円の給料を払ったら、社員はみなモチベーションが高まって、必ず30万円分以上働いてくれるものだ。世の多くの経営者は、パート従業員を15万円で雇ったら、正社員を雇っよりも15万円節約できたと思っている。しかし、15万円の従業員は、「安月給で働かされている」と思っているから、まず15万円分働いてくれることはない。社長や管理者が見ている前では働いているふりをするが、見ていないところではできるだけ働くまいとするのが人情だ。つまり生産性や仕事の質は著しく下がってしまう。


長谷川和廣

必要なのは最後までやり遂げる執念、熱意、そして情熱です。部門長は自分自身が覚悟を決めてマネジメントしてほしい。もはや「できる、できない」ではありません。「やるか、やらないか」が問われているのです。


長谷川豊(経営者)

当社の歴史は「接着の持つ限りない可能性を創造的な商品に変えていく」という挑戦の連続。メーカーとして、社員が知恵を絞ってローコストでオリジナル商品を開発し、いいものをリーズナブルにお客様に提供していく。


植田辰哉

組織のリーダーには、言葉で伝える力がなくてはなりません。言葉で伝える力の大切さに気付いたのは、現役を引退したあと、新日鉄のバレーボール部の監督を経験したことが大きいのです。あのころは、「日本一になる」という目標は掲げていたのですが、具体的にどんな戦略や方法で日本一になるのかについて選手やスタッフに話すことはまったくなく、「黙って俺についてこい」というスタイルを押し通していました。ところが、ふと後ろを振り返ってみると、誰もついてきてくれません。選手もスタッフも、私の考えに理解も納得もしていなかったわけです。その結果、当然チームの成績は低迷しました。


吉田たかよし

集中する時間とそうでない時間を、効率的に分配することが、仕事の成果につながります。


川村謙(経営者)

使い方はユーザーが自由に生み出す。「何かが起こるかもしれない」。そんな期待を込めて我々も作っていますし、ユーザーにも使っていただきたい。自由に使ってもらって、利用者がそれぞれに活用の仕方を考えてくれる、そういうサイトにしたい。