名言DB

9429 人 / 110879 名言

伊澤諒太の名言

twitter Facebook はてブ

伊澤諒太のプロフィール

伊澤諒太、いざわ・りょうた。日本の経営者。「ハタプロ」社長。栃木県出身。中央大学総合政策学部卒業。ハタプロ、ハタプロ・ロボティクスを設立。

伊澤諒太の名言 一覧

高校ではボクシング部に所属し、全国大会などで数多く勝利しましたが、大学でけがをして断念。ボクシングと同じくらい情熱を燃やせる分野としてITで起業しました。相手が格上でも物おじせず自分を信じてリングに上がるのはビジネスにも通じます。


「ZUKKU(ズック)」は身長10センチのフクロウ型ロボットです。安価で手軽に設置できるので、サービスロボットのカテゴリーで普及台数をナンバーワンにしたい。普及台数が増えるほどデータも溜まるので、遠隔操作してディスプレーに広告を配信することもできます。いわばこれ自体がメディアになるのです。当社は製品開発も行っているので、そこと連携させて会社の価値向上も図れると思います。


IoT、ビッグデータ時代に向けたロボットとハードウエアの開発とAIによる分析予測のソリューションを提供しています。ソフトウエアとハードウエアの設計から開発まで一貫して行っており、小ロット開発への対応や、スピード、コスト、品質の最適化を実現しています。


伊澤諒太の経歴・略歴

伊澤諒太、いざわ・りょうた。日本の経営者。「ハタプロ」社長。栃木県出身。中央大学総合政策学部卒業。ハタプロ、ハタプロ・ロボティクスを設立。

他の記事も読んでみる

畑村洋太郎

視察中にメモを取るのは時間の無駄でしょう。写真も必要以上は撮りません。それよりも、自分の目であちこち眺めて、脳に印象を植え付けるのです。写真に依存すると「あとで写真を見て確かめればいいや」と思ってしまいますから。


石村和彦

力を振るうには、勇気も必要。子会社での人事も「乱暴だ」と言われましたが、失敗なら戻せばいいと開き直っていました。


ヘーゲル

この世で情熱なしに達成された偉大なことなどない。


蟹瀬誠一

社会人になった時から、何の根拠もないけれど、1社3年までと決めていました。私の父は転勤が多く、だいたい2年か3年で勤務地が変わっていた。だから私も1カ所にとどまるのは得意じゃないようです。だけど、働く会社や場所は変わったかもしれないけれど、転職したことは一度もありません。道に迷うことなく、ずっとジャーナリストとして働いています。


米山公啓

1つの行動をやり続けることで充実感や達成感を得られれば、脳の中のドーパミンが出て、意欲が継続する。これは脳が効果的に学習するための仕組み。


高岡浩三

部下の能力と上司の能力をすりあわせなければ、イノベーティブな仕事を創り出すことはできない。そのためには、プロセス全体をチェックすることが大事。


吉越浩一郎

ドラッカーが言うには、レイヤー(層)がひとつ増えるごとに、上に上がる有益な情報は半減し、雑音は倍増するそうだ。下からのボトムアップを行おうとすると、レイヤーごとに都合の悪い情報は消されてしまい、むしろ上に気に入られようとする雑音のような情報だけが増えてしまう。だから経営者は現場に入り、生の情報を直接入手すべきである。


坂下英樹

職場でも、自分がしている仕事について、「自分がなぜその仕事をするのか、その仕事は何のためにやるのか」という情報は得られない。企業の経営者や管理職がそれを適切に伝えられていない。その通訳をするのが当社の仕事のひとつです。


青野慶久

働き方改革に取り組み始めて12年。私もたくさんの失敗を重ねて、今の形にたどり着きました。まだまだ、完成形ではありませんけど。理想は、「100人いれば、100通りの働き方」。だから、100通りの制度があってもいい。多様な働き方が求められているのに、1つの仕組みでやろうとするからうまくいかないんです。これからも、現場の意見を参考に新しい働き方にどんどん挑戦していきます。過去の経験から、会社にとっても「いいことずくめ」だと分かっていますから(笑)。


津田梅子

人生の導き手である良い書物は、その書物のなかで語る偉人たちのことばは、求めさえすれば皆さんのものとなることでしょう。