名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

伊東龍也の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

伊東龍也のプロフィール

伊東龍也、いとう・たつや。日本の経営者。「ゴルフ・ドゥ」社長。埼玉県出身。立教大学卒業。ボックスグループ取締役、ゴルフ・ドゥ専務取締役などを経て社長に就任。

伊東龍也の名言 一覧

オンラインショップを始めた当初は、そういう(ゴルフクラブはグリップを握れないネットでは売りにくいのではという)不安を抱えながら始めましたが、不思議なことに、ここ1、2年で順調に伸びています。実店舗で触らなくても、「中古のBランクはこれくらい」というのが皆さん分かるようになってきたのでしょう。


これからもっと突き詰めていきたいと思っているのが、シニアの活用です。その世代はゴルフ好きが多いので戦力になります。社会である程度経験されてリタイヤされている人なので、しっかり会話できる人が多く、逆に我々の店長が知識で圧倒されてしまうこともあるほどです。現在、全店で社員94名、クルー134名の内、60歳以上の28名のクルーが、店頭で若者に負けないくらい元気に働いています。ゴルフ業界は、まだまだチャンスが転がっています。


創業当時から行っていることですが、とにかく「お売りください」の精神を持ち、どれだけお客様にアピールできるかに尽きます。店頭では、とにかくお客様と会話をして、たとえばその方がクラブを買い換えるとなれば、同時にクラブが1本余るので、そこは買い取れるチャンスです。そこに対するアプローチは店頭が一番のチャンスになるので積極的に取り組んでいます。


ゴルフ人口に歯止めをかけることは業界全体の話になりますので、一企業として出来ることはどうしても限界ができてきますが、何もマイナスの話ばかりではありません。例えば、中古クラブ、いわゆるリユースクラブのニーズが、今は逆に増えています。理由のひとつは中古に対する抵抗感が世の中全体でなくなってきています。ありとあらゆるものが中古商品として流通しているということは、ユーザーの意識が完全に変わってきているということです。もっと言うと、若い人の中には、粋な中古商品をオシャレに感じる人も出てきているようです。


伊東龍也の経歴・略歴

伊東龍也、いとう・たつや。日本の経営者。「ゴルフ・ドゥ」社長。埼玉県出身。立教大学卒業。ボックスグループ取締役、ゴルフ・ドゥ専務取締役などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

藤波克之

我々は世界のおしぼり企業を目指しています。今後は、おしぼり業界をどこまで最先端な産業に成長させることができるかが課題です。地域の同業者とも協力しながら、業界全体の底上げを目指します。


浜島俊哉

お客様からの「ありがとう」が何よりも大切。高校1年生でバイトをした喫茶店での経験が原点です。


籾井勝人

エンジニアの心のケアというのは、突き詰めれば、人と人とのコミュニケーションをいかに円滑にするか、というのが問われていると思うんですね。結局、うつ病になる人というのは、一人で抱え込んでしまうわけですからね。


中川裕(経営者)

東日本大震災当時はNTT東日本の経営企画部長でしたが、被災した社員も自らインフラ復旧のために率先して動いてくれました。企業にとって最も重要なのは人。それを本当の意味で学びましたね。


武藤潤(経営者)

世界のエネルギー業界をリードするエクソンモービルと10年以上にわたって密接に仕事をしてきたので、グローバル企業とはいかなるものか身をもって経験してきました。エクソンモービルは、働いている人が多様です。国籍や宗教、言語など実にさまざま。考え方、意見、行動も異なります。多様だからこそ、たとえばひとつのプロジェクトを立ち上げるとき、さまざまな意見を戦わせ、議論にかなりの時間をかけます。その結果、ひとつのゴール(目的)が決まったときの出席者の「納得のレベル」が非常に高い。全員が一丸となって、プロジェクトを進めることができるのです。


齋藤真帆

一方的に発信するのではなく現地に合わせてローカライズするのがポイント。


高田明(ジャパネットたかた)

「目は口ほどにモノを言う」という言葉もありますが、実際には目も、手も、指も、身体も、表情もしゃべります。そういう非言語の力を活用することが、伝える際には不可欠。


工藤公康

たとえ現役が終わっても次の目標があり、叶えたい夢があるんです。それは、子供たちを育成するアカデミーの設立です。野球に限らない、いわば遊びの塾みたいなものです。きっと僕が積み上げてきた野球の経験を生かせるはずです。僕はいま、その夢に向かって、自分の体を実験台にして試しているといってもいいのかもしれません。


中西哲生

現役を引退したときも、新しく何かを始めるときも、不安というのはまったくないですね。逆に、新しい生活が始まると思うとワクワクしてくるタイプです。


棚橋弘至

人見知りでも、必ずいい友だちはできるはず。お勧めは逆転の発想です。普通は「誰かいい友達になってくれないかな」と考えますよね。でも、これは相手を主語にした受け身の考え方。そうではなく、「自分は誰かのいい友達になれるだろうか」と自分を主語にして考えるのです。自分を主語にすると、自然に周りのことを考えて動くようになるし、相手を思って行動する人は強いエネルギーを発するから、人が引き寄せられてきます。これなら別に、自分から「友達になろう」と言わなくてもいいんです。


所ジョージ

楽しむ秘訣は「昔だったら持ち上げられた」とか「こんなに疲れなかった」みたいに、若い頃と比較しないこと! いまの私は60を過ぎてるんだから、30代40代の自分と同じようにはできなくて当たり前ですよ。そこを振り返っても、衰えているのは事実。それなら、いまの年相応のやり方を面白がろうよ。誰だって年を取るんだから。自分だけが年を食うわけじゃないしね。同世代と比べて元気なら、十分に喜ばしい。


成田靖也

営業スタッフに強制的に頑張らせるのではなく、自らが行動し、頑張りたくなる仕組みづくりが営業組織には必要。スタッフが自然と「頑張りたい!」と思える環境をつくること。