名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

伊東龍也の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

伊東龍也のプロフィール

伊東龍也、いとう・たつや。日本の経営者。「ゴルフ・ドゥ」社長。埼玉県出身。立教大学卒業。ボックスグループ取締役、ゴルフ・ドゥ専務取締役などを経て社長に就任。

伊東龍也の名言 一覧

オンラインショップを始めた当初は、そういう(ゴルフクラブはグリップを握れないネットでは売りにくいのではという)不安を抱えながら始めましたが、不思議なことに、ここ1、2年で順調に伸びています。実店舗で触らなくても、「中古のBランクはこれくらい」というのが皆さん分かるようになってきたのでしょう。


これからもっと突き詰めていきたいと思っているのが、シニアの活用です。その世代はゴルフ好きが多いので戦力になります。社会である程度経験されてリタイヤされている人なので、しっかり会話できる人が多く、逆に我々の店長が知識で圧倒されてしまうこともあるほどです。現在、全店で社員94名、クルー134名の内、60歳以上の28名のクルーが、店頭で若者に負けないくらい元気に働いています。ゴルフ業界は、まだまだチャンスが転がっています。


創業当時から行っていることですが、とにかく「お売りください」の精神を持ち、どれだけお客様にアピールできるかに尽きます。店頭では、とにかくお客様と会話をして、たとえばその方がクラブを買い換えるとなれば、同時にクラブが1本余るので、そこは買い取れるチャンスです。そこに対するアプローチは店頭が一番のチャンスになるので積極的に取り組んでいます。


ゴルフ人口に歯止めをかけることは業界全体の話になりますので、一企業として出来ることはどうしても限界ができてきますが、何もマイナスの話ばかりではありません。例えば、中古クラブ、いわゆるリユースクラブのニーズが、今は逆に増えています。理由のひとつは中古に対する抵抗感が世の中全体でなくなってきています。ありとあらゆるものが中古商品として流通しているということは、ユーザーの意識が完全に変わってきているということです。もっと言うと、若い人の中には、粋な中古商品をオシャレに感じる人も出てきているようです。


伊東龍也の経歴・略歴

伊東龍也、いとう・たつや。日本の経営者。「ゴルフ・ドゥ」社長。埼玉県出身。立教大学卒業。ボックスグループ取締役、ゴルフ・ドゥ専務取締役などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

宮本彰

私はマーケティングに時間や資金を使うのが大嫌い。売れる、売れないは市場に聞けば分かる。


岸本正壽

有力な新規事業が出れば、市場が成熟化している既存事業の人材や技術資産といった経営資源を有効活用する道が開けます。単に収益水準を押し上げる以上の効果が出て来るのです。経営トップは何よりも新規事業の育成にリーダーシップを発揮すべきだと思います。


古川裕倫

お客様を味方にしたり、顧問弁護士や契約している経営コンサルタントに言わせたりすると効果が出やすいですね。上司によっては部下からアレコレ言われるとツムジを曲げるのに、そうした外部の専門職や先生の意見に対しては意外と素直に聞くタイプが意外に多いのです。


柳井正

未来を創るのが経営者です。未来を創るという事は、ある意味ではクリエイターなのです。


太田和伸

2代目になってうまくいかない会社も山ほど見ているので、自分の子供に2代目を譲ろうとはまったく思いません。ただ、自分の子供が成人するまでは親として頑張ろう。そんな一歩引いて見ている自分がいて、そこが経営者としての強みかもしれません。熱くなり過ぎて周囲が見えなくなることはないですね。


野田憲史

メディア事業で期待しているのが、コスプレ写真を自分で投稿できるSNSアプリ「コスらぼっ!」です。一度は事業化を却下したのですが、改めて出された現場社員からの提案書の熱量と数字を見て面白いと思いました。蓋を開けてみると、プロモーションを全く行わずに1年で3万ダウンロードを達成。どんな写真でも投稿できるインスタグラムなどと違い、コスプレに特化したのが功を奏しました。


辻範明

逆境にあっても「会社が好きだ」「会社を残したい」という強い気持ちがあったからこそ、「修羅場」「土壇場」「正念場」という三つの「場」を乗り切ることができた。


寺町彰博

大手IT企業が自動車メーカーのライバルとなるなど、予想もしなかった競争相手が出現する時代です。そこで生き残るには、常に備えておかなければなりません。そのためにも、幅広く知識を学び情報を集め、未来を予測する。学ぶことはいくらでもあります。


中溪正樹

経営者は森を見ろと言います。しかし、一本一本の木が見分けられない状況で、森を見ても意味はありません。必要に応じて現場に入っていき、より良い知恵を共に生み出そうと努めることが重要です。


南雲吉則

父の死を通して、2つの気づきがありました。ひとつは自分が自己中心的な人間であったということ。もうひとつは父の人生は僕ら子どもたちを守るための人生だったということです。僕は父に何か返せていたのかと反省し、それからは周囲が見える人間となって、弟子を育てたいと考えるようになりました。今では名古屋や大阪などのクリニックは弟子に引き継いでいます。今後も若い人たちの独立を支援していきます。


田村公正

お客様の困りごとを解決していくことが私たちの存在意義。


大平浩二

企業組織は戦略に従うと言いますが、むしろ経営者の哲学に従うべきだ、と私は考えています。企業不祥事を防ぐための原点は、あくまで経営者の人間力に求められるのではないでしょうか。