伊東龍也の名言

伊東龍也のプロフィール

伊東龍也、いとう・たつや。日本の経営者。「ゴルフ・ドゥ」社長。埼玉県出身。立教大学卒業。ボックスグループ取締役、ゴルフ・ドゥ専務取締役などを経て社長に就任。

伊東龍也の名言 一覧

オンラインショップを始めた当初は、そういう(ゴルフクラブはグリップを握れないネットでは売りにくいのではという)不安を抱えながら始めましたが、不思議なことに、ここ1、2年で順調に伸びています。実店舗で触らなくても、「中古のBランクはこれくらい」というのが皆さん分かるようになってきたのでしょう。


これからもっと突き詰めていきたいと思っているのが、シニアの活用です。その世代はゴルフ好きが多いので戦力になります。社会である程度経験されてリタイヤされている人なので、しっかり会話できる人が多く、逆に我々の店長が知識で圧倒されてしまうこともあるほどです。現在、全店で社員94名、クルー134名の内、60歳以上の28名のクルーが、店頭で若者に負けないくらい元気に働いています。ゴルフ業界は、まだまだチャンスが転がっています。


創業当時から行っていることですが、とにかく「お売りください」の精神を持ち、どれだけお客様にアピールできるかに尽きます。店頭では、とにかくお客様と会話をして、たとえばその方がクラブを買い換えるとなれば、同時にクラブが1本余るので、そこは買い取れるチャンスです。そこに対するアプローチは店頭が一番のチャンスになるので積極的に取り組んでいます。


ゴルフ人口に歯止めをかけることは業界全体の話になりますので、一企業として出来ることはどうしても限界ができてきますが、何もマイナスの話ばかりではありません。例えば、中古クラブ、いわゆるリユースクラブのニーズが、今は逆に増えています。理由のひとつは中古に対する抵抗感が世の中全体でなくなってきています。ありとあらゆるものが中古商品として流通しているということは、ユーザーの意識が完全に変わってきているということです。もっと言うと、若い人の中には、粋な中古商品をオシャレに感じる人も出てきているようです。


伊東龍也の経歴・略歴

伊東龍也、いとう・たつや。日本の経営者。「ゴルフ・ドゥ」社長。埼玉県出身。立教大学卒業。ボックスグループ取締役、ゴルフ・ドゥ専務取締役などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

呉文精

どうやったら勝てるのかを真剣に考えていかないといけない。


野津基弘

これまで当グループには経営の「軸」となるものがなかった。新体制移行にあたり、9ヶ月かけて約2800人の全従業員と面談し、各事業会社が抱える課題や取り組むべき投資計画などを洗い出し、グループの存在目的と経営方針を策定しました。


天野浩

若い人には、自分が世界を変えるのだという気持ちで難しい問題にチャレンジしてもらいたい。


桜井一紀

ティーチングとコーチングは決定的に違います。ティーチングでは端的に答えを伝えます。経験者が初心者に対して、より効率的な方法を教えるわけです。一方、コーチングは答えは示しません。相手に質問を投げかけ、考えさせ、話を聞く。一緒に考えることで相手の行動変容をサポートするのです。


坪田信貴

自分を知らない人は、PDCAの「P」で時間をムダにしがちです。独学か、コーチをつけるべきか、読んで覚えるか、映像や音声で聴くべきか、自分に適した学び方をある程度イメージしなければ、数限りなくある方法に片っ端から手をつけ、どれも合わずに途方に暮れることにもなりかねません。


貴島孝雄

ロードスターの開発は、常にコストとの戦いでした。このクルマの価値は、「人馬一体」をキーワードとする運転の楽しさを、手頃な価格で提供することにあります。運転を楽しくするには、まず軽さが大事です。技術者としては多少高価なクルマになっても、アルミなどの高価な素材を使いたくなる。


須藤憲司

「誰が・何を・いつ・どのように」を明確にすることが大切。「あとはよろしく」でトラブルを再発させる現場は、意外に多いものです。最後まで手を抜かないでください。


世耕石弘

今なお、多くの有名大学は、その名前の上に安住しています。しかし少子化が深刻化する今後は、大学の名前が入学の決め手でなく、「こういう勉強をしたいからこの大学に行く」ことが当たり前になる世の中になります。これからが、大学にとって真価が問われる時代なのです。


山極寿一(山極壽一)

直接は関係ないようなアイデアから、色々なイノベーションが起こってくることはよくあります。iPS細胞も、発生学と医学という、もともとはあまり関係のなかった分野がつながることで生まれたものです。異分野の人たち同士の接触が、イノベーションの大きな原動力なのかもしれません。


及川智正

起業に至るまでは、農家として「生産」と、八百屋として「販売」の二つを経験しました。分かったことは、作るのも売るのも大変だということです。農業を変えるには、この二つの境目にある「流通」を変える必要があるのではないかと考え、農業総合研究所を立ち上げました。


吉永泰之

5年後、10年後に、その時の経営陣・社員が「あのとき、あの手を打ってくれてよかった」と思える投資をしなければ。


岩下秀麿

職場の一人ひとりがキラキラ輝く旗を自分の心に立てて仕事ができる雰囲気づくりに上司が徹していることが大事。


久野康成

新卒としての下積み経験もまた、その後の人生の豊かさにつながります。経営者の子息として生まれても、直ぐに親の会社には入社せず、取引先などで下積みをするのは、幅の広い経験をするためです。


鈴木喬(経営者)

「消臭力」のCMは、社内でも反対する人が多かったんです。なにしろ外国人の少年や、歌手の西川貴教さんなどが、「ショーシューリキー」と歌うだけ。CMといえば機能や効能を伝えるのが普通ですからね。でも、私はGOサインを出しました。結果的に大正解です。CM好感度ランキングでは上位となり、商品も大ヒット。もし効能を訴えるだけのCMだったら、消費者の印象には残らなかったでしょう。


マイケル・ゲルブ

1980年代の米国マネジメント協会の出版物によれば、最も成功する管理者とは、「不確かなことに耐える力が大きく、直感的な判断力を持っている人」だった。今では時代の変化の速度はもっと早くなっているから、不確かさに対する「耐性」だけでは十分ではない。不確かさを喜んで受け入れられなければならない。


ページの先頭へ