名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

伊東豊雄の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

伊東豊雄のプロフィール

伊東豊雄、いとう・とよお。日本の建築家。日本統治時代の朝鮮京城府(のちのソウル市)出身。東京大学工学部建築学科卒業後、菊竹清訓建築設計事務所を経てアーバンロボット(のちの伊東豊雄建築設計事務所)を設立。多くの賞を受賞。

伊東豊雄の名言 一覧

耐震偽装事件が起こったのも、技術の問題というより、モラルの問題だと思います。自分たちがやっている仕事が、すごく誇りが持てるものであれば、あのようなことは絶対起こるはずはない。


伊東豊雄の経歴・略歴

伊東豊雄、いとう・とよお。日本の建築家。日本統治時代の朝鮮京城府(のちのソウル市)出身。東京大学工学部建築学科卒業後、菊竹清訓建築設計事務所を経てアーバンロボット(のちの伊東豊雄建築設計事務所)を設立。多くの賞を受賞。

他の記事も読んでみる

川上徹也(コピーライター)

特にスピーチでは「内容」や「表現」を意識しすぎて「目的」を忘れがちです。そこさえ決まれば、中身は自然と見えてきます。


松井忠三

かつて、私が作った海外留学の制度を利用してMBAを取った社員がいました。彼は当然、その知識を活かして働きたいわけです。しかし会社に戻って来ると、店舗の課長職に戻ってしまった。これでは向こうで学んだ成果を発揮できません。その結果、海外留学をした人たちは皆辞めていきました。制度だけ作っても、それを活かせる文化や社風が無かったのです。


高田明(ジャパネットたかた)

企業が危機を乗り越えるときに一番必要なのは理念だと思います。企業がどういう姿勢で、世の中と向き合っているのか、理念を持たない人や企業は、消費者から見限られると思います。常にまじめに謙虚にお客さんに向き合っている姿勢を企業家はもたないといけない。


名越康文

「自分が好きな仕事、楽しい仕事を選びなさい」という人もいるけれど、それは天才だからできること。我々凡人が現状の未熟な判断力で「楽しい仕事」を選んだとしても、うまくいかないことも多い。それより、任された仕事を苦労してこなすうちに、だんだん楽しさがわかってくるほうがいい。私も精神科医になってから5年間は本当につらかった。その後に、ようやく少し面白さが見えてきたかな、という感じでした。


佐藤安太

どうやってヒットを生み出してきたのかと、よく聞かれます。ひらめきに頼ってきたので、本当のところはよく分かりません。


堀之内九一郎

もう打つ手がない状況に陥りやすいのは、やるべきことをやり尽くしたときだと思われがちですが、そうではありません。いろいろ試してきたからこそ、それまでに得た多くの結果(データ)をふまえて、次の策が出やすくなるし、それが有効な策である可能性が高くなる。休まずに手を打ち続けている人は、新しい結果から次の手段を見つけられるから、行き詰まらないんです。一方、やるべきことをまだまだ中途半端にしかやっていない人は、次の手を生むための結果を持っていないから、すぐに「行き詰まった気分」になってしまう。


岡田武史

どんなリスクも死ぬ気になれば乗り越えられる。ならば、やれることをどんどんやっていくことが大事。


太田昭宏

心の中にあるのは、ものすごい激動の時代というのが今だなと。目の前の対応に追われた政治だけでは、とても政権の役割は果たせないという思いが日に日に募ってきましてね。時間軸というのは、10年先、20年先、そこを見据えて時代を想像して、今何をやるかということです。


佐藤優

どうも一握りの幸運な成功者だとか、抜きんでた才覚の持ち主だとか、そんな人たちの話ばかりを聞きたがる人が多いようですが、僕から言わせれば方向が違うと。たとえば何かのサークルでもいいし、町内会や趣味のグループでもいい。マイペースで楽しく生きている人がいるはずです。そういう人たちのなかにこそ、幸せのヒントがあると思う。


中埜和英(八代目・中埜又左衛門)

私が結婚した当時、義理の父とよく話す機会がありました。そのときに聞いた彼の家業についての話に影響を受けたのです。江戸時代に藍商人として活躍していた8代目の話です。当時、藍商人は阿波藩(のちの徳島県) と密接なつながりで商売をしていたのですが、その8代目は阿波藩との関係で、ほかの地に行かなくてはならなくなった。そこで琴平(香川県)の酒造会社を買ったそうです。当時としては、リスクを分散しながら、色々なことを考えてやっていたんですね。その話を聞いて、私が思ったのは、資産をどう分散化して、資産から収益を上げていくかということです。


下地寛也

課題を与えられたら、最初は「なぜやるのか」の「WHY(なぜ)思考」で考えてみる。頭の回転が速い人は、まずそこから考え始める。相手の意図がわかれば、正解に近づいていける。


松尾均

アンケートはがきで重要なのは、そこに書かれているお客様の生の声です。それが、私たちを勇気づけてくれたり、新たな改善の手がかりになったりするのですから。