名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

伊本貴士の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

伊本貴士のプロフィール

伊本貴士、いもと・たかし。日本のITコンサルタント。「メディアスケッチ」社長。大学卒業後、NECソフト、フューチャーアーキテクト、ベンチャー企業などを経て独立。著書に『問題を解いて実力をチェック IoTの問題集』『IoTの全てを網羅した決定版 IoTの教科書』。

伊本貴士の名言 一覧

私たちが持つべきものは、何より「危機感」なんです。それがあれば、自然と学びのスタート地点に立つようになると思います。


次世代テクノロジーについて学ぶときは、できれば、趣味や遊び感覚で学べるものを選びましょう。パソコンをおもちゃとして遊んだ人ほど、優秀な技術者になっていたりしますから。


次世代テクノロジーの場合、これを学んでおけば安心というものはありません。大きなキーワードだけでも、枚挙にいとまがありません。全部に手を出そうとすると挫折するので、まずは興味のあるところから手をつけましょう。たとえば、教育関係の仕事をしている人なら、「教育×AI×小学生」という視点を軸に、次世代テクノロジーを学んでいく。その方が効率よく、モチベーションを維持しながら学べます。


伊本貴士の経歴・略歴

伊本貴士、いもと・たかし。日本のITコンサルタント。「メディアスケッチ」社長。大学卒業後、NECソフト、フューチャーアーキテクト、ベンチャー企業などを経て独立。著書に『問題を解いて実力をチェック IoTの問題集』『IoTの全てを網羅した決定版 IoTの教科書』。

他の記事も読んでみる

高橋俊介

キャリア満足の高い人は、決まって努力をしているものです。


松田洋祐

現在、最終赤字の要因のひとつは、開発から発売までの遅れだ。そうしたタイムラグは、ユーザーとの接触頻度の減少を意味する。我々はもっとタイムリーにお客様の要望に応えていく体制を整える必要がある。


関家一馬

仕事の納得感は報酬と内容の掛け合わせで決まる。自分がやりたいことができれば納得感は得やすい。


ハンス-ポール・バークナー

日本は新興国を理解できる人材を育てていくことが必要です。逆に新興国から人材に来てもらって、日本の文化や風土をよく知ってもらう。その両方が欠かせないでしょう。そして、両者でインターナショナルなチームをつくりあげていけばよいのです。


小林大輝(小説家)

本作(小説『Q&A』)で僕が描きたかったのは、ノートに書かれたQと&という者たちの物語でした。けれど、三人称を使って、Qというのはこういう人ですという風に書くのは嫌だった。作者である僕の視点を徹底的に排除し、登場人物たちのなかだけの世界をつくりたかった。ノートに書くという構成にすれば、それができる。するとそれを読む人が必要になる。そこでKとGという読み手を用意しました。


奥田務

大丸と松坂屋の経営統合に向けて、まずは最終責任者を明確にすべきだと思いました。統合では連日、様々な決断を迫られます。誰が意思決定者か分からなければ混乱は必至。社員は誰が最終決断をするのか必ず見るでしょう。責任者が明確でないと、統合がうまくいくはずはありません。


太田彩子

普段は忙しくてイライラする人も、朝は余裕があるので穏やかです。「おはようございます」と元気に声をかければ、たいていは笑顔で応じていただけます。これは電話営業も同じです。朝の方が話を聞いてもらえる確率は高いと思います。


久水宏之

格差や不平等にただ反発するのではなく、それは私たちが仕事や人生を通して磨かれ、人間として成長するに必要な「条件」の一つと受け止め、むしろ活用する側に発想し直すことが大切。


河野貴輝

10年前に経営理念と行動指針を策定しました。これらを毎週月曜日に全国の支店とテレビ会議中継でつなぎ、唱和して、何かあったらここに立ち戻るようにしています。


関根勤

もともとプロのお笑い芸人になるなんて思ってなかったんです。そんな素人がいきなりテレビという舞台に立たされる。もう毎日が公開修業みたいなもんでしたよ。街でちょっとケンカが強かったやつが、いきなりプロだらけのリングに上げられて、負け続けながら鍛え上げられて……という感じでしたよ。


田岡信夫

後発が参入できないような壁をいくつも作っていれば、参入ができなくなるのは当然である。その場合の決定てきな条件は、いうまでもなく占拠率である。先発は、圧倒的な占拠率を握っていなければならない。いわゆる、価格のリーダーシップというものを握っていれば、なかなか参入されないし、また、地域の拠点を全部つかんでしまえば、なかなか参入されない。メインとなるチャンネルを握られていたのでは、製品だけできても、後発としてはなかなかチャンネルに食い込めないという問題が出て来る。


バラク・オバマ

この国の私たちは、ひとつの国として、ひとつの国民として、共に栄え、共に苦しむのです。この国の政治をあまりにも長いこと毒で満たしてきた、相変わらずの党派対立やくだらない諍いや未熟さに再び落ちてしまわないよう、その誘惑と戦いましょう。