伊本貴士の名言

伊本貴士のプロフィール

伊本貴士、いもと・たかし。日本のITコンサルタント。「メディアスケッチ」社長。大学卒業後、NECソフト、フューチャーアーキテクト、ベンチャー企業などを経て独立。著書に『問題を解いて実力をチェック IoTの問題集』『IoTの全てを網羅した決定版 IoTの教科書』。

伊本貴士の名言 一覧

私たちが持つべきものは、何より「危機感」なんです。それがあれば、自然と学びのスタート地点に立つようになると思います。


次世代テクノロジーについて学ぶときは、できれば、趣味や遊び感覚で学べるものを選びましょう。パソコンをおもちゃとして遊んだ人ほど、優秀な技術者になっていたりしますから。


次世代テクノロジーの場合、これを学んでおけば安心というものはありません。大きなキーワードだけでも、枚挙にいとまがありません。全部に手を出そうとすると挫折するので、まずは興味のあるところから手をつけましょう。たとえば、教育関係の仕事をしている人なら、「教育×AI×小学生」という視点を軸に、次世代テクノロジーを学んでいく。その方が効率よく、モチベーションを維持しながら学べます。


伊本貴士の経歴・略歴

伊本貴士、いもと・たかし。日本のITコンサルタント。「メディアスケッチ」社長。大学卒業後、NECソフト、フューチャーアーキテクト、ベンチャー企業などを経て独立。著書に『問題を解いて実力をチェック IoTの問題集』『IoTの全てを網羅した決定版 IoTの教科書』。

他の記事も読んでみる

井上智治(コンサルタント)

私が経営するコンサルティング会社には、外資系の有名コンサルティング会社出身であるとか、欧米の一流大学でMBAを取得したというような、錚々たる経歴の人がやってきます。当然ですが、みな強い自負心を持っています。しかしそんな彼らも、当社で一緒に仕事をするうちに「これまで『自分はできる!』と思っていましたが、それは勘違いでした」と漏らすようになるのです。私は部下にコンサルタントとしてハイレベルな成果や精度を求めます。それに応えようとするうち、自然と謙虚になっていくのだと思います。


樋口泰行

目指すのは、悪い情報が早くトップの耳に届く組織です。


チャールズ・リンドバーグ

ヨーロッパ全行程にわたる完全無欠な好天候の確報など待っていられるものか。いまこそチャンスだ。よし、明け方に飛び出そう!
【覚え書き|この後、世界初の大西洋無着陸単独横断飛行に成功】


野村和史(経営者)

お客様が困っている時には極端な話、徹夜をしてでも面倒を見てあげるくらいのマインドが必要。そうした日本人らしいマインドをいかに海外の従業員に植え付けていくかというのは永遠の課題でしょう。


猪瀬直樹

人に頼まれてもいないことをやるのは損だと考える人もいるでしょう。が、ちょっとしたサポートが回り回って、いつか自分に返ってくるのです。お互いに気配りができる職場は活気があって、結局は自分も働きやすくなります。損得勘定はひとまず脇に置いて、自分から気配りの輪を広げてみてはどうでしょうか。


曽野綾子

道楽は、初めから楽をすることではない。すべての道楽は苦労がないことはないのだが、その苦労を楽しみと感じられるように変質させ得るのが、道楽なのである。


知識賢治

会社が成長するには、まずは足元で取り逃がしているビジネスチャンスを探し、それを着実に積み上げていく。それができるようになってはじめて、次の成長に向けた手立てが打てる。


横山秀夫

組織にいる人間にとって組織なんて当たり前すぎてまともに考えたりしないんですよ。私も新聞社を辞めて名刺一枚持てずに世の中を泳いでいく中で、あらためて組織というものを見つめ、その功罪を考えるようになった。そこから私の小説の土台ができたのだと思います。


小林佳雄

意思決定とは「情報をもとに勘で決めること」。勘と言うと適当に聞こえるかもしれませんが、実際にやってみるまで、上手くいくかわかる人など誰もいない。わからないことを決めるのが意思決定。


佐々木正悟

思考の整理を阻害し、逆に混乱を招いてしまう原因として、「情報のインプット量をコントロールできていない」ということが考えられます。


澤田秀雄

情報の重要性を端的に示す例としては、私が再建に成功したモンゴルAG銀行(のちのハーン銀行)が好適だろう。実は、再建の打診を受けた2003年当時、破綻しかけているモンゴルの銀行などに興味を持つ人間はほとんどいなかった。しかし世界の情報の流れをつぶさに観察していれば、いずれモンゴルの豊富な地下資源に注目が集まり、モンゴルの経済が上向くことは自明だった。だから私は再建を引き受け、会長に就任した。予想通り、ハーン銀行は見事な復活を遂げて、いまやモンゴルナンバーワンの銀行となった。


サイモン・クーパー(経営者)

大切なのは「プライド&ジョイ(誇りと喜び)」が職場に満ちていることなのです。それが、全従業員のモチベーションを高めます。


熊坂隆光

いまのキャッチコピーは「産経新聞があってよかった」です。これは読者の方の率直な感想でもあります。今日の政治状況や大震災後の日本など、今の日本が置かれた状況下で、どの新聞を読むべきか、何に論拠を求めたらいいのかという時代に「産経新聞があってよかった」という読者の率直な感想から、こういうキャッチコピーにしたんです。


田中仁(経営者)

自分がどんな人生を歩んだら納得できるかという考え方が大切。


森山文弘

「総本家もり山」には、創業来47年で培ってきた絶対的な味がある。オリジナルのニンニク風味のタレが強く効いた唐揚げは、他社にはない味であり常習性も高い。当社の唐揚げは90%以上がリピーターです。「家庭でも作れるけど、本物も食べたい」といった方が、よく来店していただきます。


ページの先頭へ