名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

伊庭貞剛の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

伊庭貞剛のプロフィール

伊庭貞剛、いば・ていごう。第二代住友総理事。住友新居浜精錬所の煙害問題の解決にあたった人物。多くの企業設立にかかわった。衆議院議員でもある。住友家から能力をかわれ、さまざまな部署で活躍した

伊庭貞剛の名言 一覧

事業の進歩発達に最も害をするものは、青年の過失ではなく、老人の跋扈(ばっこ)である。


君子は財を愛す。されどこれを取るに道あり。
【覚書き|道=道徳的な規範】


友とは憎み合ったときのことを考えて付き合え、敵とは愛し合ったときのことを考えて付き合え。


因果とは、まことに妙なものだ。因縁のある金は、いくら掃き出すようにしても入ってくる。因縁がなければ、腹にくくりつけていてもさっさと出ていってしまう。人間もこれと同じだ。


いくら訪問しても、先方が留守で会えぬことがある。私は留守なほどよいと思う。四度も五度も留守で、やっと6・7度目に会えたというようなときは、たいがいの頼みごとは、先方がこころよく承知してくれる。こちらの誠意が会わぬ先から先方に届いているからだ。


人の仕事のうちで一番大切なことは、後継者を得ることと、後継者に仕事を引き継がしむる時期を選ぶことである。これがあらゆる仕事中の大仕事である。後継者が若いといって、譲ることを躊躇するのは、己が死ぬということを知らぬ者だ。


もしその事業が本当に日本の為になるもので、しかも住友のみの資本では到底成し遂げられない大事業であれば、住友はちっぽけな自尊心に囚われないで何時でも進んで住友自体を放下し、日本中の大資本家と合同し、敢然之を造上げようという雄渾なる大気魄を絶えず確りと蓄えて居ねばならない。


伊庭貞剛の経歴・略歴

伊庭貞剛、いば・ていごう。第二代住友総理事。住友新居浜精錬所の煙害問題の解決にあたった人物。多くの企業設立にかかわった。衆議院議員でもある。住友家から能力をかわれ、さまざまな部署で活躍した

他の記事も読んでみる

髙松修身(高松修身)

礼を尽くしてこそ礼を返してもらえる。そしてその返された礼に報いてこそ本物のまごころが生まれる。


田村潤

「どうせムダだ」という思いは言葉の端々からにじみ出て、相手に伝わる。裏を返せば、「お客の困りごとの解決のお手伝いがしたい」という気持ちを本気で宿していれば、それも必ず伝わる。


高橋淳(経営者)

お客様を飽きさせないためには、常にブラッシュアップするしかありません。メニューは年2回、大幅に変えています。基本の肉メニューは一緒ですが、そのほかは旬の野菜や季節メニューをとり入れたりと、かなり手を入れています。


朝倉千恵子

社員に私が何を残せるかというと、「自力で生きていけるたくましさ」だと思っています。どこに行っても通用するスキルを身につけてほしいと思うから、厳しく言うのです。


山口淑子(李香蘭)

交流って、一方通行、押しつけじゃダメ。相手が魅力的に思うものを伝えていくことが大切。


御手洗冨士夫

自己完結的で内向き志向の日本人は、世界から一歩取り残されるのかと言えば必ずしもそうではありません。日本はもともと多神教的な精神構造を持っているため、宗教的な偏見を持ちません。その意味で日本人はコスモポリタン(世界市民)になれる資質を十分に持っています。相手との違いを理解し、異なる価値観を認める。それにはまず、自分たち自身の強みをしっかり理解することです。自虐的な発想からは何も生まれません。


阿部俊則

営業に限らず、組織というのはリーダー次第でがらりと変わります。どんな障害があっても、ブレることなく前向きに愚直にやっていく、そうしたリーダーの育成・教育も強化します。


曳野孝

他社と差別化が難しい状況の中で、ブランドをいかに確立するか。それが利益を確保し続けるカギです。ユニクロのブランドコンセプトは、「手ごろな価格でファッショナブルな商品を提供する」です。ユニクロは価格競争を促す側で成長しましたが、ブランド確立後は低価格に依存しない体制を築き、事業を展開しています。


小宮一慶

他人を褒めるには、その人の良い所を見つける必要があります。心から褒めるクセをつければ、物事の良いところを見るようになって、自然と口に出る言葉が前向きになる。厳しい局面でも「やれる!」「できる!」と前向きになれる。すると、仕事が集まってきて、成果もあげやすくなるはず。


鍵山秀三郎

私が昭和36年に事業を始めたころ、たくさんの同業者がいました。しかも、いずれの方々も私から見ると商才がある。いち早く成功された方が、「今度ビルを建てました。本社を大きくしました」とよく報告してくださったものです。ところが、そうした方々がどうなっているかと申しますと、いまほとんど存在していません。驚くほどです。それはなぜだったのでしょう。私は、彼らが成功に甘んじてしまったから、あるいは目標の達成がすべてであったために、そのあと目指すべき行き場所をなくしてしまったからだと思わざるをえないのです。


柳沢慎吾

お父ちゃんは新潟から出てきて、それこそリヤカーを引きながら裸一貫で小田原の地に八百屋を築いた苦労人でね。酒好きで、面倒見がいいからかな。昔から近所の人がご飯を食べていったり、風呂に入っていったりする家だったんですよ。ただ、ご飯も「おかわり」ってはっきり言わないと、「もうないよ」って(笑)。それこそ「自己主張しなきゃ駄目なんだ」と。それはそれは賑やかな環境で育ったからね。人を笑わせたり、喜んでもらったりするのが大好きな子供になっていったんでしょうね。


澤功

英語を聴き取る力も、長年の間にかなり向上したと思います。旅館で使われる言葉はだいたい決まっていますから、想像もつきやすいですしね。しかし、時にはわからないこともあります。そんな場合、まずはゆっくり話していただく。それでもわからなければ紙を持ってきて文字に書いてもらい、辞書を引きます。それでも無理なら、絵を描いてもらいます。