名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

伊庭貞剛の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

伊庭貞剛のプロフィール

伊庭貞剛、いば・ていごう。第二代住友総理事。住友新居浜精錬所の煙害問題の解決にあたった人物。多くの企業設立にかかわった。衆議院議員でもある。住友家から能力をかわれ、さまざまな部署で活躍した

伊庭貞剛の名言 一覧

事業の進歩発達に最も害をするものは、青年の過失ではなく、老人の跋扈(ばっこ)である。


君子は財を愛す。されどこれを取るに道あり。
【覚書き|道=道徳的な規範】


友とは憎み合ったときのことを考えて付き合え、敵とは愛し合ったときのことを考えて付き合え。


因果とは、まことに妙なものだ。因縁のある金は、いくら掃き出すようにしても入ってくる。因縁がなければ、腹にくくりつけていてもさっさと出ていってしまう。人間もこれと同じだ。


いくら訪問しても、先方が留守で会えぬことがある。私は留守なほどよいと思う。四度も五度も留守で、やっと6・7度目に会えたというようなときは、たいがいの頼みごとは、先方がこころよく承知してくれる。こちらの誠意が会わぬ先から先方に届いているからだ。


人の仕事のうちで一番大切なことは、後継者を得ることと、後継者に仕事を引き継がしむる時期を選ぶことである。これがあらゆる仕事中の大仕事である。後継者が若いといって、譲ることを躊躇するのは、己が死ぬということを知らぬ者だ。


もしその事業が本当に日本の為になるもので、しかも住友のみの資本では到底成し遂げられない大事業であれば、住友はちっぽけな自尊心に囚われないで何時でも進んで住友自体を放下し、日本中の大資本家と合同し、敢然之を造上げようという雄渾なる大気魄を絶えず確りと蓄えて居ねばならない。


伊庭貞剛の経歴・略歴

伊庭貞剛、いば・ていごう。第二代住友総理事。住友新居浜精錬所の煙害問題の解決にあたった人物。多くの企業設立にかかわった。衆議院議員でもある。住友家から能力をかわれ、さまざまな部署で活躍した

他の記事も読んでみる

笹沼泰助

経営理念を発表した翌日から、会社の雰囲気は一変しました。これまでの経緯も経験も全く違う社員たちの間には、正直なところ少し温度差や溝がありましたが、理念発表後はお互いに対する敬意のようなものが芽生え、組織の一体感が高まりました。社員から「会社に対するロイヤルティーが高まった」という声も聞こえてきました。恐らく確固とした理念の下で仕事をすることに誇りを感じてくれたのだと思います。


尾崎元規

毎日毎日コツコツと続ける努力の積み重ねこそが大事です。半年間山にこもって勉強しても、その後の日々を安易に過ごしていたら何にもなりません。いきなりスーパーショットを打つ必要はありません。それよりも長い期間コツコツと努力を積み上げることによってこそ、大きな成果も生まれるのだと思います。


勝海舟

俺はそこで、もうだめだと思って大声で「自分が愚かで、教師の命令を用いなかったために諸君にまでこんな難儀をさせる。実に面目ない次第だ。自分の死ぬるのはまさにこのときだ」と叫んだところ、水兵どもはこの語に励まされ、一同全力を尽くして海岸の方へ(船を)寄せ付けた。【覚書き|長崎海軍伝習所時代の航海実習時に教官からあまり沖に出すぎるなと言われていたが、遠出してしまい、かつ嵐に会って沈没しそうになった時を振り返っての発言】


橋本真由美

どんな工夫をすれば、中古本を売りに来やすくなるか。その集めた本を、いかにきれいに加工するか。そして、商品を売り場にきちんと出すため、スタッフ力(やる気)をいかに高めるか。これが繁盛店をつくる原動力なんだと、現場に立ちながら身体で感じていったんです。


山内隆司

細かなところまで目配り、気配りができる余裕のある作業所運営ができているかどうかは、30分も現場を見ればすぐにわかります。うまくいっている現場は、非常に整然としていますし、塵ひとつ落ちていません。


アラン(哲学者)

敏感な人は悲しければ悲しいなりに、嬉しければ嬉しいなりに、必ずそれぞれの理由を考えだすものだ。


内藤誼人

部下に仕事を任せるコツは、「相手に選ばせる」という1アクションを加えること。たとえばひとつのプロジェクトに対し複数の仕事があるとしたら、「AとBとC、どれがやりたい?」とたずねるのです。じつは、この「選ぶ」という行為が、人の満足感に深く関わっています。人には本来、たくさんの中から選びたい欲求があります。選ぶことで「会社の仕事」が「自分の仕事」と思えるようになり、結果、部下も納得のうえで前向きに取り組むようになるのです。もし、上司であるあなたがBをやらせたいのに、部下が簡単な仕事である「Aがやりたい」と答えたとしたら。そんなときは、「最近すごく頑張っているし、Bをやれる実力があると思うよ」「Aもいいけど、難しいBのほうが向いているんじゃないかな?」などと、相手を立てつつBの仕事へと導いていきます。この方法は、「選ばせるふりして、選ばせていない」のがミソ。しかも、部下が「あれ?」と気づくことはありません。なぜなら、ほめて気持ちよくさせつつ、方向転換をさせているから。


小林喜光

中庸バランスであると思うんですよね。ひとつの指標だけをよくしようというような考え方では、程度が低いのではないかと思います。


斎藤広達

先延ばしをしてしまう人は、具体的なネガティブ妄想ができず、恐怖感を覚えないから「大丈夫だろう」と考えてしまう。ですから、部下に先延ばしをさせないためには、「いまやらなくて大丈夫?」というだけではなく、「いま取りかからないと、こうなって次にこうなるから、ヤバいんじゃない?」と、問題を放置した場合のネガティブなシナリオを具体的に示してあげる必要があります。そうすれば、「これ以上は先延ばしできない」ということを、リアリティーをもって感じてくれるはずです。もちろん、いつもこんなことばかりやっていては嫌がられるでしょうから、大事なポイントに絞ることが大切です。


大串哲史

POSデータは重要な気づきを与えてくれるものですが、ある意味では魔物です。組織の目的が明確になっていて、みんなで組織を良くしようという思いを共有できているなら、数字は大いに役に立ちます。しかし、組織の人間関係が悪いと、数字はとたんに粗探しの道具になってしまう。「あいつは自分より結果を出していないじゃないか」といった攻撃の道具になってしまうのです。


村井勉

夜、時間があくと若い人たちを誘って飲みに出かける。みんなからいろいろな話を聞いているうちに、自分の若いころはどうだったかなど、わが身を振り返ってみたりする。こうした意思の疎通がすべての前提だと私は考えている。


西藤彰

会社にはお客様からのクレームがたくさん来ます。言ってみれば、そのクレームも楽しい。それらが全て、我々の蓄積になっていくからです。