名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

伊奈輝三の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

伊奈輝三のプロフィール

伊奈輝三、いな・てるぞう。日本の経営者。「INAX」社長。東京工業大学卒業後、父の経営する伊奈製陶(のちのINAX)へ入社。企画営業、副社長を経て社長に就任。温水シャワートイレなどをヒットさせINAXを総合住宅設備機器メーカーへと成長させた。

伊奈輝三の名言 一覧

我々が目指すのは生活文化の創造。自分たちが作り出す文化に共感してもらうのだという意識が大切だ。【企業理念を刷新し、INAXのCI(企業イメージの統一)を行った際の決意表明】


遊び心。私がよく例にあげるのは車のハンドルの遊びの部分のこと。運転する時、ハンドルに遊びがあるから正常に走れるわけで、人の場合もこういう遊びの部分があってはじめていい仕事が出来るはずです。


伊奈輝三の経歴・略歴

伊奈輝三、いな・てるぞう。日本の経営者。「INAX」社長。東京工業大学卒業後、父の経営する伊奈製陶(のちのINAX)へ入社。企画営業、副社長を経て社長に就任。温水シャワートイレなどをヒットさせINAXを総合住宅設備機器メーカーへと成長させた。

他の記事も読んでみる

佐野研二郎

デザインとしてアウトプットする前に、僕はいつもアイデアのもととなる簡単な言葉を個条書きにします。つや姫の場合は、特にこの言語化する作業を重要視しました。僕が山形県庁にプレゼンテーションするだけでなく、山形県庁の担当者が県知事などにデザイン意図を説明し、納得してもらうというプロセスを踏まなければならないからです。


泉谷しげる

逃げるのは絶対に嫌だ。過酷さを避けたら心の中に「避けた自分」が残っちゃう。それなら、やれるかどうか「向かった自分」が残った方がいいよな。


吉田穂波

皆さんにお伝えしたいのは、「学びたいと思うこと自体が尊く素晴らしい」ということです。自分の謙虚な姿勢や学びたい気持ちを肯定し、家族や職場の人たちに、自分が勉強を始めたことを隠さず、オープンにしてみてください。公言したからにはやり通そう、という心の支えになりますし、周囲の協力を得やすくなります。


溝口勇児

自分に足りない力があれば、そこを補ってくれる人を探して協力を仰げばいい。


林野宏

私は現地法人を作るにしても、株式の過半数を持つことは意識しません。従業員も経営もできるだけ現地の人に任せたい。ベトナムの会社は今、従業員が5千人以上ですが、日本から送りこんでいるのはたった3人です。日本のノウハウを現地に持ちこむことが目的だとも言えます。それができたら、3人の日本人も引き上げていい。


中澤優子(経営者)

細部につくった人のこだわりがあれば、どこか心に引っかかるんじゃないでしょうか。


水城せとな

大きく変われる最後のタイミングが28~29歳だという気がします。もちろん50歳で突然小説家デビューする人もいるし、可能性はいろいろあるんですけど、自分の生き方を客観的に見て、否定する勇気、違う自分を受け止められる余地を持てる一番大きな最後のチャンスがアラサーなんじゃないかと思っています。その頃に変わらなかった人が後から変わったという話は、あまり聞かないですね。


たむらけんじ

利益よりも原価率に注意しています。飲食店の原価率は一般的に30%以内と言われているんですが、うちの原価率は37~40%くらいと高めなんです。「誰でも気軽に入れるお店」をコンセプトにしているので、値上げしてしまうと店のコンセプトが変わってしまいます。ですから値上げはせず、原価率を36%以内くらいに抑えようと努力しています。


峰岸真澄

海外で迅速に事業基盤を整えるためには、既存の資産を獲得するM&A(企業の買収・合併)が主軸にならざるを得ません。国内では法人顧客約30万社、ネット事業で数千万人というユーザーを抱えるまでになりました。しかし、海外ですべてを自前で展開した場合、50年かけても日本で築き上げたもの以上は得られないでしょう。


塚本昌彦

机上の研究、論文だけで終わらせるのがイヤだった。情報技術の研究って、頭でっかちになりがちなんですよ。僕は実際に使うことで、そんなスタイルも変えたかった。実際に使い続ければ、利便性や可能性、または問題点がより見えてくる。


日高祥博(日髙祥博)

フランスに5年、オランダ6年、米国に2年半駐在しました。フランスの時はまだ20代で、何も分からないながら一生懸命仕事をしました。


石野信一

座右の銘というほどでもありませんが、私の好きな言葉に「水は科(か)に満ちて流る」という言葉があります。私が大蔵省にいたころに、鎌倉の円覚寺の故朝比奈老師から私の家内が頂いてきた、その著「佛心」という本の中に出ていた言葉です。水は常に淡々と低きにつくという自然の摂理に従って流れていく。決して逆行はしない。そしてもし、穴やくぼみがあればまずそれを満たす。決して飛び越えたりしない。穴やくぼみがいっぱいになれば、また淡々と流れ始める。