伊夫伎一雄の名言

伊夫伎一雄のプロフィール

伊夫伎一雄、いぶき・かずお。三菱銀行頭取・会長。東京大学卒業後、三菱銀行入行。

伊夫伎一雄の名言 一覧

銀行員は単なる金貸しではない。銀行員は人を見て金を貸すのであって、信用できる人なのか信用できない人なのかを見極めることが最も重要である。【覚書き:バブル経済崩壊後の1992年に不良債権処理にあたっていた氏の経営哲学を語った言葉。バブル中、ほとんどの銀行が土地および株式等の運用資金の融資審査を極端に甘くしていた】


勤め人として伸びたいのなら、やはり他の人間とは一味違ったものを持って努力しなきゃいかんだろう。僕は課長代理のとき、課長・部長になったつもりで仕事をした。上の人間には絶対迷惑をかけない。自分で泥をかぶるんだと腹を決めて仕事に取り組みました。


伊夫伎一雄の経歴・略歴

伊夫伎一雄、いぶき・かずお。三菱銀行頭取・会長。東京大学卒業後、三菱銀行入行。

他の記事も読んでみる

坂本光司

考えていただきたいのは「そもそも業績は第一優先事項なのか?」ということです。「当然そうである」と多くの人は考えるでしょう。しかし私の考え方は違います。業績は目的ではなく、手段です。真の目的は利潤の追求ではなく、そこに属する人を幸せにすることです。この考え方に賛同する経営者は、国内外で年々増えつつあります。


大江英樹

上昇相場に乗り遅れたら買わなければいいだけ。休むも相場。「○○ショック」と呼ばれる下げ局面は1年に1~2回は来る。そのときだけ買えばいい。


藤原智美

最初の一文に悩む人は、学校の作文のイメージを捨てて、まずは無秩序に書き始めてみることです。すると、頭の中だけで考えていたときには見えなかった思考の空白地帯が浮かび上がってきます。あとは薄い部分を埋めるようにして思考を完結させていけばいいのです。その過程で、最初の一文も見えてくるはずです。


田原総一朗

僕が思うのは、初対面の相手と60分の打ち合わせ時間が取れたのなら、50分は雑談に費やせということ。若い人がやりがちな失敗は、いきなり本論から入るのね。でも、相手からしたら、見ず知らずの人間が突然やってきて「あなたのドキュメンタリー番組を作りたいんです」と言い出したら、逃げ出したくなるよね。だからまずは、雑談を通じて自分を知ってもらう必要があります。相手に裸になってほしいのなら、先に自分が裸にならなくてはいけない。


マハトマ・ガンジー

私たちは人生の中で経験したことを、何もかも覚えていられるわけではない。むしろほとんど忘れてしまっていいのである。そうでなければ、後悔や迷いが頭から離れることがないだろう。ある出来事があって、そこから何かを学んだなら、起きたことは忘れてしまおう。


安川英昭

当社には時計をベースにした、他社が真似のできない精密加工技術があるんです。時計メーカーは総合的な技術や技能が豊富にあって、うまく引き出すだけでかなりのことができます。ポテンシャルを生かす仕組みつくりが、経営者またはリーダーの仕事です。


安永竜夫

PAT(当期純利益)よりもキャッシュフローを大事に、どれだけキャッシュフローをしっかり生み出せるか。これが我々のアーニングパワー(収益力)だと思います。PATだけでなくキャッシュフローと両方を見ながら、自分たちが考えているレベルに達しているかはしっかり見ていきたい。いかに市況が下がっても、きちんと利益を出す体質をつくる。これが私の使命。


亀田啓一郎

プロジェクトが動き出し、少しずつ成果が出てきたら、そのプロセスを振り返り、活動の精度を上げていこう。リーダーがすべきことは、振り返り方をルール化し、さらに大きな成果につなげていくことだ。


後藤輝基

まだまだ僕らは売れたとは思ってません。いまレギュラー番組がいくつあろうと、その先の保証なんか何もないですからね。次のクールで担当する番組が全部なくなる可能性もある。すぐにゼロになる世界ですよ。だからこそ、前に前に行かないと、とどまると危ないっていう恐怖心があります。


川鍋一朗

「まずは動いてみる」ことも大切。人と会って話すか、現場を見る。「多分こうだろう」と物事が見え始めると、次の展開も見えてくる。


松村清

コミュニケーションというと、すぐに「技術」に目が向いてしまう。しかし、コミュニケーションのベースにあるのは心と心の通い合いであり、その点をまず理解しておく必要がある。


本田有明

トヨタはちょっと前に成果主義を導入しましたが、わずか1年半で元に戻しました。従来は課長昇進の条件が「個人の成果5割」対「育成5割」の比率でしたが、それをいったん7対3に変えたのです。ところが変えた途端に、社員たちが育成をないがしろにし始めました。そのため、人が育たなくなることに強い危機感を抱いたトヨタは、課長昇進の条件を従来の5対5に戻しました。


井筒廣之

ページ振りさえできていない資料が会議に出てくるのは、資料を作成した社員とその上司との意思疎通に問題があるケースがほとんどです。


福原賢一

お金を稼ぐことを目的化してはいけない。お金はあくまで手段であって、稼いだお金をどう使うかが大事。それは人が幸せになるような文化や地域を作るために使われるべき。


小倉広

部下に任せながらも要所要所で経営者視点を加味していく。このバランスが重要。


ページの先頭へ