名言DB

9429 人 / 110879 名言

伊地知晋一の名言

twitter Facebook はてブ

伊地知晋一のプロフィール

伊地知晋一、いじち・しんいち。日本のウェブプロデューサー。株式会社シノックス取締役を経て、プロジー株式会社営業部長。プロジーがライブドア(当時オンザエッヂ)に買収されたのを機に同社に移籍。ISP事業を担当した。その後上級副社長となり、ライブドアポータル、ライブドアブログをはじめとするウェブサービスを多数プロデュースし成功を収める。鹿児島大学非常勤講師。主な著書に『ネット炎上であなたの会社が潰れる!―ウェブ上の攻撃から身を守る危機管理バイブル』『ブログ炎上 Web2.0時代のリスクとチャンス』『CGMマーケティング 消費者集合体を味方にする』など。

伊地知晋一の名言 一覧

私の本業はクチコミマーケティングですが、ネットの反応がプラスに現れたものがクチコミ、マイナスに振れたものが袋叩きや炎上なのです。真摯に謝罪すれば、マイナスの反応はプラスに変えることができます。クレーマーはロイヤルカスタマーになるとよく言われます。袋叩きされて頭を抱えるのではなく、逆にチャンスと考え、上手く活用してはどうでしょう。


自社のブログが炎上(批判的なコメントが殺到するトラブル)した場合の最悪の対応は、問題の記事やコメントを削除したり、ブログそのものを閉鎖してしまうことです。謝罪もせず、うやむやにする態度を取られると、ネットユーザーはより怒ります。


自社が悪くなくて、誤解が先走っている場合、社員や協力会社の人がコメントを書き、議論の流れを修正するやり方も考えられますが、お勧めできません。あくまで当事者の対応が大切であり、横槍が入ると、議論が拡散して、コメントも膨大となり、収拾がつかなくなる恐れがあります。第一、ネットのヘビーユーザーは嘘を見抜く嗅覚が発達しており、サクラはすぐにバレます。バレたら、袋叩きはますます激しくなるでしょう。


ネット上で自社が批判された場合、現実の社会と同じで、自社に非がある場合はお詫びのコメントを書き込むべきです。場合によっては自社のホームページでも謝罪したほうがいいでしょう。放置しておくと、問題によっては、会社に嫌がらせや抗議の電話が入ったり、直接、人が訪ねてきたりする可能性があります。根も葉もない噂話の場合は、放っておけば沈静化するはずですから、むやみにコメントを書き込むことは控えた方がいいでしょう。


伊地知晋一の経歴・略歴

伊地知晋一、いじち・しんいち。日本のウェブプロデューサー。株式会社シノックス取締役を経て、プロジー株式会社営業部長。プロジーがライブドア(当時オンザエッヂ)に買収されたのを機に同社に移籍。ISP事業を担当した。その後上級副社長となり、ライブドアポータル、ライブドアブログをはじめとするウェブサービスを多数プロデュースし成功を収める。鹿児島大学非常勤講師。主な著書に『ネット炎上であなたの会社が潰れる!―ウェブ上の攻撃から身を守る危機管理バイブル』『ブログ炎上 Web2.0時代のリスクとチャンス』『CGMマーケティング 消費者集合体を味方にする』など。

他の記事も読んでみる

江上治

実は、上司も会社も大事でない80%の仕事の結果はそれほど気にしてはいない。ここは落としてもいい、許される仕事だと考えている。大事なのは、常に大きな成果を上げる、20%の重要な仕事。ここをミスせずに、上司が望む以上の結果を出す人が最終的に評価され、仕事も快適にやれる人なのである。


米村でんじろう(米村傳治郎)

教師を辞めてから、仕事がなくなるのが不安で、来た仕事は片っ端から受けていました。


秋元康

今の大衆が何を求めているのかと聞かれても、正直全く分かりません。ただ、「見たことのないものを見たい」という心理はいつの時代も同じだと思います。


中山悠

いままさに日本の乳業の競争環境はこうなると思った通りになりました。世界の大企業は市場支配を広げようと国境を越え統廃合に動いている。変化が激しいから先が見えたんです。波もなく平穏だと、逆に将来予測が難しい。5年後も変わっていないのでは社員を鼓舞できません。


梅原勝彦

当社の場合、社員の定着力の高さが競争力につながっています。だから一度もリストラはしたことがないし、どんな社員でも、これは縁だからと、定年まで働いてもらう。私は新年のあいさつで「今年もみなさんが定年まで働ける会社づくりをめざすのでよろしく」と毎年話していますが、そこに嘘がないから社員がついてきてくれたのだと思います。


八郷隆弘

変化についていくために、他社とのコラボレーションも考えていきます。自分だけでできるなんて思っていませんから。


龍華明裕

キヤノンは知的財産について意識が非常に高い企業でした。そこではどのような特許がとれるのか、またその技術が特許できちんと守れなければ、事業としての可能性があってもやめる、ただ作れても売り出さないという徹底した姿勢がありました。その姿勢を見まして、「なるほど。特許というのはこれほど大切なものなのか」と価値の大きさを非常に実感しました。


竹中平蔵

政治もビジネスも同じで、本人の資質はもちろんですが、その資質をさらに伸ばすためのエリート教育は非常に大切です。日本はそういう面が弱くて、金太郎飴のような均質な人材を生み出しがちですから、早急に改めないといけません。


清田瞭

生産性向上のためのIT投資やイノベーションに取り組む。これしか生産性を上げる道はない。


経沢香保子

リクルート時代に、「無訪問くん」と呼ばれている先輩がいました。彼は自分から営業に出向いて、買ってくださいと頭を下げなくても、それこそお客さんから勝手に注文が入るんです。まあ、いきなりその域に達するのは簡単ではありませんが、実際、支払った金額をはるかに超える満足感を得られたとお客さんが思ったら、そこからリピート注文がくる可能性は高いし、そういう人が今度は別のお客さんを紹介してくれるようになれば、飛び込み営業ができなくても数字はつくれます。