名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

伊地知晋一の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

伊地知晋一のプロフィール

伊地知晋一、いじち・しんいち。日本のウェブプロデューサー。株式会社シノックス取締役を経て、プロジー株式会社営業部長。プロジーがライブドア(当時オンザエッヂ)に買収されたのを機に同社に移籍。ISP事業を担当した。その後上級副社長となり、ライブドアポータル、ライブドアブログをはじめとするウェブサービスを多数プロデュースし成功を収める。鹿児島大学非常勤講師。主な著書に『ネット炎上であなたの会社が潰れる!―ウェブ上の攻撃から身を守る危機管理バイブル』『ブログ炎上 Web2.0時代のリスクとチャンス』『CGMマーケティング 消費者集合体を味方にする』など。

伊地知晋一の名言 一覧

私の本業はクチコミマーケティングですが、ネットの反応がプラスに現れたものがクチコミ、マイナスに振れたものが袋叩きや炎上なのです。真摯に謝罪すれば、マイナスの反応はプラスに変えることができます。クレーマーはロイヤルカスタマーになるとよく言われます。袋叩きされて頭を抱えるのではなく、逆にチャンスと考え、上手く活用してはどうでしょう。


自社のブログが炎上(批判的なコメントが殺到するトラブル)した場合の最悪の対応は、問題の記事やコメントを削除したり、ブログそのものを閉鎖してしまうことです。謝罪もせず、うやむやにする態度を取られると、ネットユーザーはより怒ります。


自社が悪くなくて、誤解が先走っている場合、社員や協力会社の人がコメントを書き、議論の流れを修正するやり方も考えられますが、お勧めできません。あくまで当事者の対応が大切であり、横槍が入ると、議論が拡散して、コメントも膨大となり、収拾がつかなくなる恐れがあります。第一、ネットのヘビーユーザーは嘘を見抜く嗅覚が発達しており、サクラはすぐにバレます。バレたら、袋叩きはますます激しくなるでしょう。


ネット上で自社が批判された場合、現実の社会と同じで、自社に非がある場合はお詫びのコメントを書き込むべきです。場合によっては自社のホームページでも謝罪したほうがいいでしょう。放置しておくと、問題によっては、会社に嫌がらせや抗議の電話が入ったり、直接、人が訪ねてきたりする可能性があります。根も葉もない噂話の場合は、放っておけば沈静化するはずですから、むやみにコメントを書き込むことは控えた方がいいでしょう。


伊地知晋一の経歴・略歴

伊地知晋一、いじち・しんいち。日本のウェブプロデューサー。株式会社シノックス取締役を経て、プロジー株式会社営業部長。プロジーがライブドア(当時オンザエッヂ)に買収されたのを機に同社に移籍。ISP事業を担当した。その後上級副社長となり、ライブドアポータル、ライブドアブログをはじめとするウェブサービスを多数プロデュースし成功を収める。鹿児島大学非常勤講師。主な著書に『ネット炎上であなたの会社が潰れる!―ウェブ上の攻撃から身を守る危機管理バイブル』『ブログ炎上 Web2.0時代のリスクとチャンス』『CGMマーケティング 消費者集合体を味方にする』など。

他の記事も読んでみる

江上治

一度でも困難を克服したことがある人は、困難を越えた先には、自分にとっての、新たな可能性が待っていることを知っている。そして、その困難が大きければ大きいほど、手に入る成長も大きいことに気づいている。


嶺脇育夫

「音楽が好き」ではダメ。もっともっと好きにならなければいけないし、仮に嫌いなジャンルがあっても、好きになる努力を続けることが求められる。個人的な「好き」と、仕事の成果につなげられる「好き」は全然違うんです。


隈研吾

これからさらに「和」が大事になってくると思います。そのときの和というのは、いわゆるコテコテの和食やコテコテの和風建築ではなく、何かもっとそういうもののベースにある「優しさ」や「自然に対する愛情」などだと思います。これからの日本人は、こうした和を育てていかなくてはいけない。


永守重信

企業というものは、一体いつから弱くなるのだろうか。それは、成長の過程で社員が創業の精神や理念を忘れて官僚化が始まるときからだろう。


大村浩次

加盟店に行くと、現場の意見が吸い上げられます。店舗スタッフと会議している最中、彼らからリクエストを受けて、それを本部に投げかけ、会議が終わる頃にはもう、その問題が解決していたなんてこともしょっちゅうあります。


FROGMAN(CGクリエイター)

いまの40~50代は感性が若い。そうした層に情報が届く工夫をすれば、若者向きのものでも受け入れてもらえる。


川上哲治

思えば自分が四番打者だったころは苦しくてたまりませんでした。「自分が打たねば勝てないと思っていました。」


原田泳幸

グローバル社会で活躍できる人材を育てるためには、「答えがひとつではない」環境下で、「自ら考える」力を育むことが重要。


竹中平蔵

これから私たちに問われるのは、人としての基礎力でしょう。では、どうすれば基礎力を鍛えられるのか。残念ながら、哲学書を読んでも答えは書いてありません。大切なのは、その先です。本を読むだけでなく、それをきっかけに自分の頭で考えるのです。日本のエリートは、記憶力勝負の、答えのある問題には強いですが、それでは地頭は良くならず、答えのない問題に対応できません。


関根純

ブランドの本質的な価値を大切にしながらも、時代の変化とお客様が求めるものの変化をいかにキャッチアップし、応じていくかが重要なテーマ。


下村朱美

採用の際、人事部に伝えていることがあります。それは「卑賤(ひせん)な子は採ってはならない」ということです。卑賤とは、嘘をついたり、逃げたり、自分勝手で人を思いやることができないことです。お天道様の下、堂々と天下の王道を歩んでいける子たちと一緒に働きたいと思っています。もう1つ伝えていることは「最後は、お客様の顔を思い浮かべるように」ということです。お客様がいいと思う子、お客様に喜んでいただける子を採用するようにということです。


永田豊志

図解思考のポイントは、シンプルな図にすること。図解というと作品のような美しい図を描こうとする人がいますが、基本的には、四角い囲みと矢印だけで十分です。日常のちょっとした情報を整理するために、つねに図を使うには、シンプルでなければなりません。