名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

伊地知晋一の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

伊地知晋一のプロフィール

伊地知晋一、いじち・しんいち。日本のウェブプロデューサー。株式会社シノックス取締役を経て、プロジー株式会社営業部長。プロジーがライブドア(当時オンザエッヂ)に買収されたのを機に同社に移籍。ISP事業を担当した。その後上級副社長となり、ライブドアポータル、ライブドアブログをはじめとするウェブサービスを多数プロデュースし成功を収める。鹿児島大学非常勤講師。主な著書に『ネット炎上であなたの会社が潰れる!―ウェブ上の攻撃から身を守る危機管理バイブル』『ブログ炎上 Web2.0時代のリスクとチャンス』『CGMマーケティング 消費者集合体を味方にする』など。

伊地知晋一の名言 一覧

私の本業はクチコミマーケティングですが、ネットの反応がプラスに現れたものがクチコミ、マイナスに振れたものが袋叩きや炎上なのです。真摯に謝罪すれば、マイナスの反応はプラスに変えることができます。クレーマーはロイヤルカスタマーになるとよく言われます。袋叩きされて頭を抱えるのではなく、逆にチャンスと考え、上手く活用してはどうでしょう。


自社のブログが炎上(批判的なコメントが殺到するトラブル)した場合の最悪の対応は、問題の記事やコメントを削除したり、ブログそのものを閉鎖してしまうことです。謝罪もせず、うやむやにする態度を取られると、ネットユーザーはより怒ります。


自社が悪くなくて、誤解が先走っている場合、社員や協力会社の人がコメントを書き、議論の流れを修正するやり方も考えられますが、お勧めできません。あくまで当事者の対応が大切であり、横槍が入ると、議論が拡散して、コメントも膨大となり、収拾がつかなくなる恐れがあります。第一、ネットのヘビーユーザーは嘘を見抜く嗅覚が発達しており、サクラはすぐにバレます。バレたら、袋叩きはますます激しくなるでしょう。


ネット上で自社が批判された場合、現実の社会と同じで、自社に非がある場合はお詫びのコメントを書き込むべきです。場合によっては自社のホームページでも謝罪したほうがいいでしょう。放置しておくと、問題によっては、会社に嫌がらせや抗議の電話が入ったり、直接、人が訪ねてきたりする可能性があります。根も葉もない噂話の場合は、放っておけば沈静化するはずですから、むやみにコメントを書き込むことは控えた方がいいでしょう。


伊地知晋一の経歴・略歴

伊地知晋一、いじち・しんいち。日本のウェブプロデューサー。株式会社シノックス取締役を経て、プロジー株式会社営業部長。プロジーがライブドア(当時オンザエッヂ)に買収されたのを機に同社に移籍。ISP事業を担当した。その後上級副社長となり、ライブドアポータル、ライブドアブログをはじめとするウェブサービスを多数プロデュースし成功を収める。鹿児島大学非常勤講師。主な著書に『ネット炎上であなたの会社が潰れる!―ウェブ上の攻撃から身を守る危機管理バイブル』『ブログ炎上 Web2.0時代のリスクとチャンス』『CGMマーケティング 消費者集合体を味方にする』など。

他の記事も読んでみる

佐々木常夫

不況下での踏ん張りどきや組織の改革時は、3年くらいかけてダラダラと計画を実行してはいけません。痛みがいつまでも続くと思えば、部下がモチベーションを維持できなくなるのは当然です。それゆえ、痛みを感じる暇もないほどドラスティックかつ短期間で達成できる計画を実行しなければならないのです。


行天豊雄

初対面の相手との交渉もありますが、基本は同じ。相手がどんな考え方をするタイプなのか、どこに譲れない部分があるのか。表情や言葉の端々から、なるべく早く感じ取ることです。そのためにも、いろんな相手とのつきあいの引き出しを持っておくことが大事。


井阪隆一

鈴木(敏文)会長と私は、いわば師匠と弟子の関係です。鈴木会長との様々な商品開発を通して、「トップは妥協してはいけない」ことを学びました。その意味では、セブンは経営と現場とが近い会社だと思います。


土川健之

現在のポジションで仕事をやり込んでおかないと、仮に人の上に立つことになったとしても、部下の指導もできずに困るだけです。


小松永門

いま日本から生産基地がどんどんなくなっています。これで本当にいいのだろうか。私は大きな危機感を持っています。
【覚書き|日本国内に工場を集約し、設計からアフターサービスまで行っている理由について語った言葉】


森田仁基

自分で希望したからには言い訳ができませんから、成果を出そうとする意欲も当然高くなる。


遠山正道

「どうやら儲かるらしい」と言って、自分がいいと思ってもないことをやる方が、よっぽど、いわゆるリスキーな生き方だと感じます。あえてリスクを言葉で定義すれば、私は「美意識がないこと」だと思います。


堀江貴文

パブリックな薄っぺらい信用はどうでもいいんです。僕にはがっちりグリップしている一定の層があって、僕はその人たちを大事にしてきたし、その人たちも応援してくれている。もともと僕は、わかってくれる人だけわかってくれればいいというスタンスでやってきました。わかってくれている人はずっとわかってくれている。それが僕のいう「信用」です。


桐山一憲

リーダーを育てるための教育システムもあります。具体的には、各段階で「P&Gカレッジ」というトレーニングを受けます。ユニークなのが、カレッジの講師の大半がP&Gの幹部であることです。社長を含め経営陣が先生になり、しっかりと育てていきます。


吉山勇樹

完璧主義というのは場合によっては時間泥棒になってしまいます。


午堂登紀雄

タイムマネジメントとはモチベーションマネジメントそのものです。やる気さえあればたいていのことはできる。でもやる気がなければ、どんなに時間術を駆使しようと何もできません。


家次恒

お客様は、営業マンにはなかなか本音を言わないです。でも、サービスマンにはポロッと言います。これを、どううまく取り入れるかが重要です。