名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

伊地知晋一の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

伊地知晋一のプロフィール

伊地知晋一、いじち・しんいち。日本のウェブプロデューサー。株式会社シノックス取締役を経て、プロジー株式会社営業部長。プロジーがライブドア(当時オンザエッヂ)に買収されたのを機に同社に移籍。ISP事業を担当した。その後上級副社長となり、ライブドアポータル、ライブドアブログをはじめとするウェブサービスを多数プロデュースし成功を収める。鹿児島大学非常勤講師。主な著書に『ネット炎上であなたの会社が潰れる!―ウェブ上の攻撃から身を守る危機管理バイブル』『ブログ炎上 Web2.0時代のリスクとチャンス』『CGMマーケティング 消費者集合体を味方にする』など。

伊地知晋一の名言 一覧

私の本業はクチコミマーケティングですが、ネットの反応がプラスに現れたものがクチコミ、マイナスに振れたものが袋叩きや炎上なのです。真摯に謝罪すれば、マイナスの反応はプラスに変えることができます。クレーマーはロイヤルカスタマーになるとよく言われます。袋叩きされて頭を抱えるのではなく、逆にチャンスと考え、上手く活用してはどうでしょう。


自社のブログが炎上(批判的なコメントが殺到するトラブル)した場合の最悪の対応は、問題の記事やコメントを削除したり、ブログそのものを閉鎖してしまうことです。謝罪もせず、うやむやにする態度を取られると、ネットユーザーはより怒ります。


自社が悪くなくて、誤解が先走っている場合、社員や協力会社の人がコメントを書き、議論の流れを修正するやり方も考えられますが、お勧めできません。あくまで当事者の対応が大切であり、横槍が入ると、議論が拡散して、コメントも膨大となり、収拾がつかなくなる恐れがあります。第一、ネットのヘビーユーザーは嘘を見抜く嗅覚が発達しており、サクラはすぐにバレます。バレたら、袋叩きはますます激しくなるでしょう。


ネット上で自社が批判された場合、現実の社会と同じで、自社に非がある場合はお詫びのコメントを書き込むべきです。場合によっては自社のホームページでも謝罪したほうがいいでしょう。放置しておくと、問題によっては、会社に嫌がらせや抗議の電話が入ったり、直接、人が訪ねてきたりする可能性があります。根も葉もない噂話の場合は、放っておけば沈静化するはずですから、むやみにコメントを書き込むことは控えた方がいいでしょう。


伊地知晋一の経歴・略歴

伊地知晋一、いじち・しんいち。日本のウェブプロデューサー。株式会社シノックス取締役を経て、プロジー株式会社営業部長。プロジーがライブドア(当時オンザエッヂ)に買収されたのを機に同社に移籍。ISP事業を担当した。その後上級副社長となり、ライブドアポータル、ライブドアブログをはじめとするウェブサービスを多数プロデュースし成功を収める。鹿児島大学非常勤講師。主な著書に『ネット炎上であなたの会社が潰れる!―ウェブ上の攻撃から身を守る危機管理バイブル』『ブログ炎上 Web2.0時代のリスクとチャンス』『CGMマーケティング 消費者集合体を味方にする』など。

他の記事も読んでみる

小池利和

インターネットが発達した現代では正しい判断を下すための知識の集積が容易になりました。しかし、実際に現場に出て自分の手足を動かしてみると思い通りにいかないことが多い。その「うまくいかない経験」を積ませるために、若手社員を海外市場に放り出す必要があると考えています。


藤沢久美

難しいことですが、スケジュールに予定を入れたら、徹底的にそのとおりに動くことが大切です。夜の会食も、始めの時間だけでなく、終わりの時間もスケジューラーに入力しておき、その時間になったら、どんなに楽しくても失礼するようにしています。


鈴木敏文

消費というものは心理的な要因が大きく左右する。売り手側は心理を変えるような手を打てるかどうかが重要。


柄澤康喜

「勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし」とは、野村克也・東北楽天イーグルス元監督がよく口にした名言だ。とくに勝因もなくたまたま勝ってしまうこともあるが、何の理由もなく負けることはなく、負けには必ず要因かある。敗因にいち早く対処するためにも、決断力とスピードが重要なのだ。


安河内哲也

予定を組む際には、いうまでもなく「優先順位」が大切。期限の迫っていることや、重要性(=経済的効果)の高いことを先にやるのが鉄則です。


中谷健一

フリーランスのノマドワーカーだと、いいアイデアを思いついたとしても、そばに気軽に話せる相手がいません。それではせっかく生まれた可能性が枯れてしまうこともあり得ます。その点会社であれば、アイデアをすぐ同僚に話すこともできますし、アドバイスをもらうこともできます。私は最近改めて「会社っていい仕組みだな」と感じるのですが、その仕組みを活かせるかどうかは、本人次第なのだと思います。


家守伸正

リスクというものは、いつか必ず発現します。回避する努力は必要ですが、発生確率は決してゼロにはできない。予想だにしなかったリスクが発現したとき、経営者は率先して向き合うことが求められます。


島正博

オイルショックの時には倒産の危機に陥りました。その際に開発し、売上げに貢献したのがコンピュータ制御の編機です。また、日本市場が飽和して売上げが伸び悩んだ際は、無縫製のホールガーメントに力を入れました。縫い目がなくハイセンスなニットワンピースは女性のニーズをしっかり掴んだ。窮地に追い込まれた時は、こういったアイデアと技術開発力で切り抜けてきました。


徳重徹

若い人は、手紙はハードルが高いと敬遠しがちだが、大事なのは形ではなくあくまで中身。私のところにもときどき、拙著を読んだ若い人から会いたいという手紙が届くが、その理由がきちんと書いてあり、さらに文面から真剣さが伝わってくれば、じゃあ食事でもしようかという気持ちになる。


本田宗一郎

人間死ぬときは、金も名誉も関係ないはずだ。なまじ金持ちになったりするから、家庭や兄弟が悶着を起こしたりする。死ぬまで金に執着したり、金の力に頼らなきゃ何もできない人間は不幸だと思う。別に金持ちになりたくて働いていたわけじゃない。仕事が面白くて仕方がなかったんだし、遊びたいために、一生懸命に働いた結果、会社の若い連中もついてきて、今日まで発展してきたんだ。


横澤夏子

番組では、とんねるずさんをはじめ、みなさんのお世話になりましたが、審査員の関根勤さんが「すごいねぇ!」「面白い!」と、特にほめちぎってくださって。大きな勇気と自信になりました。関根さんは、その後もお会いするたびに「いいねえ」「お肌もキレイになってきたねえ」と、ほめてくださって。ありがたすぎます。


住本雄一郎

1つや2つ失敗したからといって自分の生活が破綻するわけではないのが、会社員のいいところです。社員には柔軟な発想で、新しい時代の銀行づくりに臨んでほしい。トライ・アンド・エラーに寛容な会社を作るのも私の責務と考えています。