名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

伊吹晶夫の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

伊吹晶夫のプロフィール

伊吹晶夫、いぶき・あきお。日本のセールスマン、ビジネストレーナー。「オフィスミライング」代表。千葉県出身。高校卒業後、三越に入社。同社トップセールスを達成。三越日本橋本店「お客様サロン」チーフ・コンシェルジュを務めた。

伊吹晶夫の名言 一覧

お客様がお困りになったとき、お声をかけていただけるよう、普段から密な関係を築いていくことで、お客様から信頼され、新規のお客様の紹介に繋がった。


入社後10年間は辛い日々が続き、新聞の求人欄を眺めては、辞めることばかり考えていました。でも、辞めるのはいつでもできます。諦めたら逃げになると思い、せめて売り上げを増やした上で、数少ない私の専属のお客様にも恩返しをしてから辞めようと思ったのです。


商品知識も経験もない私が、お客様に何ができるのかを考えました。そして、お客様の秘書役になると決心したのです。私を頼ってご用命をいただいたのだから、お客様のお気持ちに感謝し、すぐに駆けつけよう、どんなに難しい依頼でも、頭で考えて「できません」と即答しないようにしようと心がけました。実際にお引き受けしてからいろいろな方にご相談するなど動いてみると、解決の方法が見つかるものです。いつからか、「伊吹に頼めばなんとかしてくれる」と信頼をいただき、新しいお客様を紹介してくださるようになりました。おかげで、42歳以後は社内でトップセールスを続け、700家族、3000名のお客様を担当させていただくことができたのです。


伊吹晶夫の経歴・略歴

伊吹晶夫、いぶき・あきお。日本のセールスマン、ビジネストレーナー。「オフィスミライング」代表。千葉県出身。高校卒業後、三越に入社。同社トップセールスを達成。三越日本橋本店「お客様サロン」チーフ・コンシェルジュを務めた。

他の記事も読んでみる

榎本博明

失敗を恐れないためには、「減点法」をやめて、「加点法」の思考に切り替えるといいでしょう。イチロー選手は、打率にはこだわらず、ヒット数にこだわることを明言していますが、それは失敗してもヒット数が減ることはないからです。打率は失敗すれば下がりますが、ヒット数なら失敗してもプラスマイナスはゼロで、成功するたびに一本ずつ増えていきます。だからイチロー選手は「もし失敗したら」と気持ちが萎縮することなく、打席で伸び伸びとチャレンジができる。このように、「失敗は0、成功はプラス1」という加点法の思考を習慣づければ、「0と1なら、やってみるしかない」と考えるようになるはずです。


玉川長雄

お客さまが「あったらいいな」と思っているのに、世にないもの「は」自分で作る。ないもの「を」を作ろうとすると間違いが起こりますよ。独善的で、こんなすごい技術ができたぞと自慢するようなものをやったら、売れない。


ゲーテ

どんな地位であっても、実行、あるいは忍耐によって貴くし得ないような地位はない。


潮田健次郎

褒章の類いにはこれまで関心はなかったんですが、もらえばやはりうれしい。ですから将来、次は勲一等をもらいたいと思います


北見尚之(経営者)

移動が多いのでスケジュールやメールなどはタブレットで管理しています。移動中も作業環境が変わらず便利ですね。


国部毅(國部毅)

より多様な人材を採用していく必要があると思っています。我々は今、前例のない世界に生きています。課題を自分で発見して解決策を作っていく、という発想ができる人材が必要です。採用の段階からそういう人物を評価して、入社後も教育していくことが重要です。


泉谷直木

ユーモアのセンスを身につけるためには、目上の人のセンスを盗むことだ。私は若いころから歴代の社長と直接仕事をする機会が多く、おかげでずいぶんと盗ませてもらった。


有馬誠

経営者にはぜひとも、どこか家電量販店に赴き、半日ほど売り場を眺めることをお勧めしたいですね。衝撃的ですよ。家電製品の前でお客さんが無言でスマホを凝視しているのです。「メールでもしているのかな?」と思いきや、大部分が価格を調べているのですから。


楠木建

センスを磨きたければ、好き嫌いを判断のベースに置くことが大切です。センスがいいというレベルに達するには、相当な鍛錬と試行錯誤が必要です。普通は途中で挫折しますが、好きなことになると人は努力を惜しまなくなる。「好き」は、努力の娯楽化です。自分の好きなことじゃないと、センスは育たないのです。それに対してスキルは、「好き嫌いを言っている場合じゃない」という話になる。たとえば、グローバル化の時代だから英語力は必要というプレッシャーで勉強したりする。センスはそうではありません。あくまでも好きだから磨かれるのです。


安永竜夫

とにかく大事なことは、ビジネスを切り拓く人材を育て、挑戦する社員を会社が後押しする仕組みをつくることです。それが私の役割。今後も若い人たちが失敗を恐れずにチャレンジできる会社であり続けます。


高野登

相手にとって当然のことを褒めるのではなく、相手のこだわりを褒めてみましょう。料理人の包丁さばきを褒めるのではなく、包丁に目を向ける。「弟子にはどういう包丁を勧めるのですか?」と聞いてみることで、相手の心をくすぐることができます。


大前研一

答えのない世界で生きたことがない世代は、とにかく教えられた答えを覚えて吸収しようとする。学校で答えを教わる教育ばかりを受けてきたから、手探りで失敗を繰り返しながら答えを導き出す習慣がほとんどない。だから新聞に書いてある情報やテレビが流す情報を、すべて正しいものだと思い込んで覚えようとする。