名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

伊吹晶夫の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

伊吹晶夫のプロフィール

伊吹晶夫、いぶき・あきお。日本のセールスマン、ビジネストレーナー。「オフィスミライング」代表。千葉県出身。高校卒業後、三越に入社。同社トップセールスを達成。三越日本橋本店「お客様サロン」チーフ・コンシェルジュを務めた。

伊吹晶夫の名言 一覧

お客様がお困りになったとき、お声をかけていただけるよう、普段から密な関係を築いていくことで、お客様から信頼され、新規のお客様の紹介に繋がった。


入社後10年間は辛い日々が続き、新聞の求人欄を眺めては、辞めることばかり考えていました。でも、辞めるのはいつでもできます。諦めたら逃げになると思い、せめて売り上げを増やした上で、数少ない私の専属のお客様にも恩返しをしてから辞めようと思ったのです。


商品知識も経験もない私が、お客様に何ができるのかを考えました。そして、お客様の秘書役になると決心したのです。私を頼ってご用命をいただいたのだから、お客様のお気持ちに感謝し、すぐに駆けつけよう、どんなに難しい依頼でも、頭で考えて「できません」と即答しないようにしようと心がけました。実際にお引き受けしてからいろいろな方にご相談するなど動いてみると、解決の方法が見つかるものです。いつからか、「伊吹に頼めばなんとかしてくれる」と信頼をいただき、新しいお客様を紹介してくださるようになりました。おかげで、42歳以後は社内でトップセールスを続け、700家族、3000名のお客様を担当させていただくことができたのです。


伊吹晶夫の経歴・略歴

伊吹晶夫、いぶき・あきお。日本のセールスマン、ビジネストレーナー。「オフィスミライング」代表。千葉県出身。高校卒業後、三越に入社。同社トップセールスを達成。三越日本橋本店「お客様サロン」チーフ・コンシェルジュを務めた。

他の記事も読んでみる

佐治信忠

当社が戦後発売したウイスキーは「トリス」「オールド」「ローヤル」と、どれも非常に売れて、社内には安泰ムードが漂っていました。ビール進出という冒険に出たのには、社内に危機感を持たそうという狙いもあったと思います。赤字も大きかったが、とにかく、あの時ビールに挑戦したからこそ今のサントリーがあります。ウイスキーだけをやっていたら、今頃この会社はないかもしれません。その意味で、ビール進出は当社にとって大きな決断だったと思いますね。


松下信武

取り扱う商品が新しく開発されたものであれば、消費者にとって未経験のものなので、その商品の将来性や潜在的な魅力を感じ取れる消費感性の高いプロシュマー(消費者としてプロの域に達した人)を探す必要があります。ロイヤリティの高い顧客を囲い込んでファンクラブをつくると、この中に影響力の大きいプロシュマーを見つけることができます。身銭を切って購入した複数のプロシュマーにインタビューし、販売ターゲットを絞ることが、マーケティング調査の第一歩です。


塚田健雄

「閉じこもる」「ぶらさがる」「しがみつく」の3つは日本人の悪い癖です。生き残りのために合併を決めながら、旧会社の経営幹部が何らかの形で新会社に居残るのはみっともない。


武永修一

20代の頃と違って体力も衰え、徹夜もきつくなってきた。そんなとき、知り合いの経営者は朝型が多いと気づいたんです。多忙な人ほど早寝早起きを実行している。ならば真似してみようと、試してみたのがきっかけです。なにより早起きして家でメール確認してから出勤すると、心の準備ができて焦ることもなくなりました。


岡本太郎

下手ならなお結構、とは僕が昔から言っていることだ。たとえば、上手いと評判の絵にロクな絵はないし、上手いと言われる歌にしても、ちっとも感動しない。だからといって、自分から引き下がって、ジメジメして下手であることを認めてはダメだ。そうじゃなく、自由に明るく、その人なりのユニークな下手さを押し出せば、逆に生きてくると思う。また、その方が人に魅力を感じさせる。下手なことを明るく自認すれば、コンプレックスを持たずに済むじゃないか。


村田諒太

僕は2011年の五輪予選前から、日々の練習の反省点などをノートに記録していましたが、五輪直前に手法を変えました。未来日記形式で、まず目標やテーマを「できました」と過去形で書いてしまう。それから、練習に出かけるようにしたんです。顔面に相手のパンチを受けないためには、常に頭を左右に振って的を絞らせないことが大事です。この日も前もって「頭を振れた」と書いたことで、スパーリングではパンチをもらいませんでした。


中原淳

よく生きるために、働きがいはとても大切なことです。大学卒業後、60歳定年まで働き続けた場合、一人の人が仕事に費やす時間は7万時間にもなります。どう仕事をしていくかは、どう生きるかという人生に関わる大問題です。


山久瀬洋二

コミュニケーション力に、もっと目を向けてほしいんですよ。私は欧米、中東、アジアなど、海外で様々な国籍のビジネスパーソンと一緒に仕事をしていますが、彼らが我々日本人のことをどう思っているかを知っていますか。残念ながら、「アジアを含めた世界の国々の中で、日本が最もコミュニケーションを取りにくい」と言われている。これを聞いて、「どうせ、俺たちは……」と卑屈になっている場合ではありません。仕事がスムーズに進まず、ロスを生むのですから、もっと真剣に考えないといけない。それは日本の多くのビジネスパーソンが異常に気にしている語学力の問題ではなく、コミュニケーション力の問題なのです。


永井浩二(経営者)

「いままでの3倍の汗をかけ」と言っています。数字のための営業ではなく、お客様のための営業をしてほしい。結果はいままでと同じで構わないが、そのために3倍の努力をしてほしい。そう指示しています。


吉川晃司

生涯一歌手でいたい。映画も舞台も音符の肥やしです。俺みたいなタイプは、死ぬまで幻想と妄想の中を走りゃいい。夢見て生きて行けるんだぜ!みたいなものを、エンターテインメントとして伝えるのが仕事です。40代半ばなのに、バカだったって思われたいんですよ。


吉留真

昼間の会議では意見を言うことは少ないものです。夜、全員を飲みにつれていって、いろいろな意見や本音を聞く。それが大切なんです。


樋口武男

運は勝手についてきませんが、特別な才能もいりません。「口」に「+(プラス)」と書いて「叶う」と読みますが、ポジティブな言葉を発するといい。そして私の祖母の教えのように、嘘とごまかしなく、人様に迷惑をかけることなく、堂々と生きればよいと思います。