伊吹晶夫の名言

伊吹晶夫のプロフィール

伊吹晶夫、いぶき・あきお。日本のセールスマン、ビジネストレーナー。「オフィスミライング」代表。千葉県出身。高校卒業後、三越に入社。同社トップセールスを達成。三越日本橋本店「お客様サロン」チーフ・コンシェルジュを務めた。

伊吹晶夫の名言 一覧

お客様がお困りになったとき、お声をかけていただけるよう、普段から密な関係を築いていくことで、お客様から信頼され、新規のお客様の紹介に繋がった。


入社後10年間は辛い日々が続き、新聞の求人欄を眺めては、辞めることばかり考えていました。でも、辞めるのはいつでもできます。諦めたら逃げになると思い、せめて売り上げを増やした上で、数少ない私の専属のお客様にも恩返しをしてから辞めようと思ったのです。


商品知識も経験もない私が、お客様に何ができるのかを考えました。そして、お客様の秘書役になると決心したのです。私を頼ってご用命をいただいたのだから、お客様のお気持ちに感謝し、すぐに駆けつけよう、どんなに難しい依頼でも、頭で考えて「できません」と即答しないようにしようと心がけました。実際にお引き受けしてからいろいろな方にご相談するなど動いてみると、解決の方法が見つかるものです。いつからか、「伊吹に頼めばなんとかしてくれる」と信頼をいただき、新しいお客様を紹介してくださるようになりました。おかげで、42歳以後は社内でトップセールスを続け、700家族、3000名のお客様を担当させていただくことができたのです。


伊吹晶夫の経歴・略歴

伊吹晶夫、いぶき・あきお。日本のセールスマン、ビジネストレーナー。「オフィスミライング」代表。千葉県出身。高校卒業後、三越に入社。同社トップセールスを達成。三越日本橋本店「お客様サロン」チーフ・コンシェルジュを務めた。

他の記事も読んでみる

張富士夫

燃料電池車ではホンダがカナダのバラード社の電池を使っているのに対して、トヨタは内製化しています。その辺はトヨタの「モノづくり屋」としての伝統でしょう。自分たちで作っていきたいという思いが強いんです。うちの技術者たちがよくいうのが、「どれだけ失敗しているかが大切」ということなんです。人が開発したものを持ってくるのでは、失敗のノウハウが自分たちのものにならない。ですから、できるだけ自前主義を貫いていこうという気持ちを持っています。


大山健太郎

震災後に会社の進むべき道を少し変えました。あの震災では、仙台に本社を置く当社に対しても、あるいはこの地域全体に対しても、全国からたくさんの支援を頂きました。皆さんに少しでも恩返ししたい。ならば、私たちができる範囲内で、日本の課題を解決してみようと。


村岡花子

ほそい道には、ひろい、まっすぐの道よりもずっとたくさんの心の宝がそなえられている。


高田明(ジャパネットたかた)

いまは思い立ったらすぐ実行できるスピードがないと勝てません。


山本忠人

当社が情報通信大手などライバルと違うのは、直販であり、直サービスということ。お客様とダイレクトに接しお客様ごとの業務フローを理解している。それだけに、困っていることへの解決業務はやりやすい。


伊藤友則

かつては本流とされる人事、企画出身の人材が内部昇格し社長に就任するケースが多かったが、内向きの世界に浸りすぎた人材は、変化を起こすリーダーにはなれない。


田中辰巳

調査の際は「現場は必ず嘘をいう」と考え、必ず原本に当たらなければなりません。情報を耳だけで取ってはいけません。しっかり原本を見て、目で情報を取り、事態の全容をしっかり把握するのです。


久保田一美

長い人生とライフイベントを見据えながらも、5年、10年という節目を意識的に作り、その節目ごとに、今自分が手にしているキャリアや環境、年齢などと照らし合わせて、次の5年、10年は、どのようにより良い人生を送りたいのかと、自分の「生き方」を先に考える時間を作っていただきたい。これは、若い世代にかぎらず、どの世代であっても実践することをお勧めします。


秋山浩保

判断はつい人柄の方に引っ張られる傾向があるので要注意です。民間企業時代、解任しなければならない役員がいるときは、決断が鈍らないよう、家族の話などは聞かないよう気をつけたりしました。


伊地知晋一

ネット上で自社が批判された場合、現実の社会と同じで、自社に非がある場合はお詫びのコメントを書き込むべきです。場合によっては自社のホームページでも謝罪したほうがいいでしょう。放置しておくと、問題によっては、会社に嫌がらせや抗議の電話が入ったり、直接、人が訪ねてきたりする可能性があります。根も葉もない噂話の場合は、放っておけば沈静化するはずですから、むやみにコメントを書き込むことは控えた方がいいでしょう。


バラク・オバマ

私たちは今まであまりにも長いこと、あれはできないこれはできないと言われてきました。可能性を疑うよう、シニカルに恐れを抱いて疑うように言われ続けてきました。けれども私たちは今夜、アメリカに答えをもらったおかげで、手を伸ばすことができたのです。歴史を自分たちの手に握るため。より良い日々への希望に向けて、自分たちの手で歴史を変えるために。


妹島和世

立場や考え方の違うメンバーをまとめるには、全員でアイデアを共有することが必要。


荒井裕樹

ひとつの仕事を進めながら、あるいは休憩を取りながら、頭の隅では常に次に手を付ける仕事のことを考えます。まとまった仕事に取り掛かるときは、その2時間くらい前から仕事の手順やイメージを頭の中で思い描いています。日曜夜も、自宅で土日の間にたまったメールを頭の中で思い描いています。日曜夜も、自宅で土日の間にたまったメールの返事を書きながら、漠然と明日からの仕事を考えていたりします。その準備期間がないと、スッと切り替わらないんです。


福田勝幸

日本には約780もの大学があって、その時代や社会に対して何を貢献できるのかが問われている。何も必要とされていない大学が無くなるのは当然です。


元谷芙美子

今のようなネット時代は、スピードこそが価値を生みます。時間がとにかく大切。「タイム・イズ・マネー」じゃなくて、「タイム・イズ・ライフ」「時は命なり」と号令をかけています。


ページの先頭へ