名言DB

9,528 人 / 112,482 名言

伊原保守の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

伊原保守のプロフィール

伊原保守、いはら・もりやす。日本の経営者。「アイシン精機」社長。京都大学法学部卒業後、トヨタ自動車販売(のちのトヨタ自動車)に入社。調達企画部生準支援室室長、調達企画部副部長、グローバル調達企画部部長、事業開発部部長、事業企画室室長、トヨタ輸送社長、トヨタ自動車専務取締役、副社長などを経てアイシン精機社長に就任。

伊原保守の名言 一覧

真の競争力を身に付け、新しい価値を提案する会社になることが海外サプライヤーへの対抗になる。


今はトランスミッションが売れて忙しいから誰も危機感なんてない。だが、私から見ると怖くてしょうがない。将来、車が完全に電動化すると、アイシンの売上高は今の3.5兆円から1兆円ぐらいまで減る。そのインパクトは大きい。だからこそ好調な今のうちに手を打たないといけない。


まずは提案力を付けること。これまでトヨタの下でトヨタの言うことを聞いてやってきた。今は次のステージだ。トヨタ向けの製品をそのまま他社に売れる時代ではない。となると、ニーズに合わせた自主的な提案というのが必ず必要になってくる。


アイシン精機はハードばかりやってきた会社なので、ハードとソフトが完全に切り離せなくなった時のビジネスモデルを作らなければならないというものすごい危機感を持っている。


これからの最大の課題は、次のビジネスモデルをどう作るか。昨年、トヨタ自動車は2050年にはエンジンだけで走るクルマをほぼゼロにすると発表した。トヨタが具体的な数字を示したのは初めてで、我々に対する「変わりなさい」というメッセージだと受け取った。トランスミッションは不要になり、部品もかなり少なくなる。我々のビジネスがなくなるということだ。


グループ内で重複する事業の整理は順調に進んでいる。今後も、調達の共通化や共同開発、人事制度の一本化など、一緒に進められるところはどんどんやっていきたい。


アイシングループには、中核企業が14社、その子会社なども含めると200以上もの会社があります。アイシンのDNAには昔から、小さなプロ集団を作ってどんどん決断するという良いカルチャーがあった。ところが、一体感がない。グループ内の企業で事業はダブっているし、リソースも分散していた。そこで良さを捨てないために既存の会社組織は残し、同時に「パワートレイン」「走行安全」などの新技術領域のバーチャルカンパニーを作り、開発の人間を会社の壁を越えて割り振った。これが機能して、意思決定のスピードが上がりました。


伊原保守の経歴・略歴

伊原保守、いはら・もりやす。日本の経営者。「アイシン精機」社長。京都大学法学部卒業後、トヨタ自動車販売(のちのトヨタ自動車)に入社。調達企画部生準支援室室長、調達企画部副部長、グローバル調達企画部部長、事業開発部部長、事業企画室室長、トヨタ輸送社長、トヨタ自動車専務取締役、副社長などを経てアイシン精機社長に就任。

他の記事も読んでみる

ロバート・ルービン

アメリカ合衆国は、何を支持しているかばかりでなく、何に反対しているかによって評価されることを進んで受け入れなければならない。


山田満(経営者)

弱音を吐いてはいられない。自らやるしかありません。誰かを頼っても仕方ない、実行あるのみ。


中野裕哲

起業の成功のポイントのひとつが、固定費の抑制。廃業とは事業を諦めること。売り上げが伸びないなかで、毎月お金が出ていくのは精神的にきつい。固定費を抑えることで、諦めるまでの時間が延びます。そうやって長く続けられれば、成功の確率も上がります。資金繰りもしっかり管理しましょう。


吉田松陰

自分一身に降りかかる労苦を何とも思わないような人でなければ、どうして天下国家の人々を幸せにすることができようか。


野村克也

素振りはつまらないし、回数を基準にすると続かない。私がこの単純作業を継続できたのは、振ったときのブッという振幅音に興味を持ったから。ミートポイントで力を爆発させるようなスイングができたときは、この音が短い。そして、この短い音を出すためには、力を抜いていないとダメだということに気がついた。これがおもしろくて、1時間、2時間はすぐに過ぎていきました。


笹氣健治

先送りの最大の原因は、自分の理想に執着すること。「すべてが思い通りにできない時がある」という風に達観することも大切。仕事に手がつけられなくても、とにかく机に向かい、資料を眺めているだけでいい。初めの30分は無駄にするかもしれないけど、少しずつやり始めたりするものです。


市川憲和

お客様からのご要望があれば何でもやるので総花的ではありますが、多面多様であることが特徴かもしれません。


吉野真由美

相手の話を促したり、相づちを打ったりする際に効果的なフレーズがあります。「すごい」「教えてください」「さすがですね!」の3つです。これらのフレーズは相手の「自分を尊敬してほしい」という力の欲求を満たすことができるので、相手が目上の人や有力者の場合はとくに有効です。これで相手は気持ちがよくなって、いろいろなことを喜んで話してくれるでしょう。


安田佳生

企業は人なりといいます。どんな製品やサービスも、それをつくるのは人であり、売るのも人です。そこで、多くの経営者は、ビジネスマンなど最前線で働く人たちをイメージして社員を採用しようとします。しかし私は、勝負のカギは中間層が握っていると考えています。いわば30代前半のマネジャークラスです。大手と中小企業では、この層の厚さが違います。私は長年、中小企業を中心とした採用活動をサポートして核になる人物をつかんだ会社が伸びるということを実感しています。


佐藤裕久

誰もが「あかん」ということでも、自分が本気になってやればいつか誰かが振り向いてくれる。


森泉知行

決断を求められるときというのは、大きいことから日々のことまでいろいろあります。もちろん、経営上、会社の屋台骨を左右するような重要な事柄は、あらゆる角度から検討し、材料を集め、慎重に考えますが、日々のことについては、まず決めて、やってみて、万が一、失敗しそうになったら素早く修正すればいい。その繰り返しです。


井上英明

自分の貴重な人生を、会社の求める成果やノルマのために消費するのはもったいない。自分の成長を軸に考えるなら、成果に重きを置くのではなく、成果を達成するプロセスの中で何を学ぶかが重要でしょう。成果が達成できなければ、自分の何かが未熟だということだから、どこを変えれば成績が上がるかを考える。そうすれば、仕事を通して学ぶことができるでしょう。