伊原保守の名言

伊原保守のプロフィール

伊原保守、いはら・もりやす。日本の経営者。「アイシン精機」社長。京都大学法学部卒業後、トヨタ自動車販売(のちのトヨタ自動車)に入社。調達企画部生準支援室室長、調達企画部副部長、グローバル調達企画部部長、事業開発部部長、事業企画室室長、トヨタ輸送社長、トヨタ自動車専務取締役、副社長などを経てアイシン精機社長に就任。

伊原保守の名言 一覧

真の競争力を身に付け、新しい価値を提案する会社になることが海外サプライヤーへの対抗になる。


今はトランスミッションが売れて忙しいから誰も危機感なんてない。だが、私から見ると怖くてしょうがない。将来、車が完全に電動化すると、アイシンの売上高は今の3.5兆円から1兆円ぐらいまで減る。そのインパクトは大きい。だからこそ好調な今のうちに手を打たないといけない。


まずは提案力を付けること。これまでトヨタの下でトヨタの言うことを聞いてやってきた。今は次のステージだ。トヨタ向けの製品をそのまま他社に売れる時代ではない。となると、ニーズに合わせた自主的な提案というのが必ず必要になってくる。


アイシン精機はハードばかりやってきた会社なので、ハードとソフトが完全に切り離せなくなった時のビジネスモデルを作らなければならないというものすごい危機感を持っている。


これからの最大の課題は、次のビジネスモデルをどう作るか。昨年、トヨタ自動車は2050年にはエンジンだけで走るクルマをほぼゼロにすると発表した。トヨタが具体的な数字を示したのは初めてで、我々に対する「変わりなさい」というメッセージだと受け取った。トランスミッションは不要になり、部品もかなり少なくなる。我々のビジネスがなくなるということだ。


グループ内で重複する事業の整理は順調に進んでいる。今後も、調達の共通化や共同開発、人事制度の一本化など、一緒に進められるところはどんどんやっていきたい。


アイシングループには、中核企業が14社、その子会社なども含めると200以上もの会社があります。アイシンのDNAには昔から、小さなプロ集団を作ってどんどん決断するという良いカルチャーがあった。ところが、一体感がない。グループ内の企業で事業はダブっているし、リソースも分散していた。そこで良さを捨てないために既存の会社組織は残し、同時に「パワートレイン」「走行安全」などの新技術領域のバーチャルカンパニーを作り、開発の人間を会社の壁を越えて割り振った。これが機能して、意思決定のスピードが上がりました。


伊原保守の経歴・略歴

伊原保守、いはら・もりやす。日本の経営者。「アイシン精機」社長。京都大学法学部卒業後、トヨタ自動車販売(のちのトヨタ自動車)に入社。調達企画部生準支援室室長、調達企画部副部長、グローバル調達企画部部長、事業開発部部長、事業企画室室長、トヨタ輸送社長、トヨタ自動車専務取締役、副社長などを経てアイシン精機社長に就任。

他の記事も読んでみる

緒形拳

演技をするうえで重要なのは、小手先の技術を駆使するよりも、心で演じること。


杉本隆一郎

いつ、どんなことをお客様や社内の関係者に聞かれても対応できる知識を常に持っておくため、チーム内で情報共有は徹底させています。


徳岡邦夫

自分の存在価値は、人に求められることで初めて輝きます。仕事の選択に悩んでいる人は、それを踏まえたうえで納得のいく答えを探してほしいと思います。


東山紀之

この歳になると先輩よりも後輩が増えますが、事務所の後輩に指導は特に考えないですね。基本的にアドバイスもしません。それぞれが責任を持ってやっていますから。結局は本人が自分の仕事を説得力を持ってやっているかどうか。それを見ているのは、周りなんです。だから、僕についてこい、なんて感じじゃないです。あえていえば、自分の仕事をキッチリやって、その姿勢を見せるということぐらい。


永山勝利

正義に反することはしてはいけません。私もお客様に正直に、従業員に正直に、お天道様に正直に今までやってきたつもりです。


新井一(起業コンサルタント)

自分のスキルを売る仕事では、いかに顧客に動いてもらうかで、仕事の効率化につながる。


詹國良(ボブ・セン)

法人向け市場で重要なキーワードは「生産性」。お客様は高機能で効率の高いマシンを求めておられます。


山田佳臣

僕ら自身が海の外へ出て、外国でも新幹線のような鉄道事業を展開しようという気持ちは全くありません。ただし新幹線やリニアで培った技術やノウハウは海外でも生かせます。ですからまずは、今、日本で作っている安全な鉄道システム全体を、本当に必要だと思っていただくところから出発したい。自分たちでも新幹線やリニアを作ってみたいという気持ちになっていただく。まずはそこから進めたいですね。


新井健一

責任転嫁をする人が多い職場は、そもそも将来の見通しが暗い会社といえる。責任転嫁する人は、「加点主義」ではなく「減点主義」の職場に生まれやすいからだ。減点主義の職場では、前例に倣って、決められたこと、上から指示されたことを過不足なく行うことが評価され、チャレンジして失敗するのはマイナスになる。こうした職場では、責任転嫁して保身に走る人が、案外出世してしまう。


高尾隆

まず沈黙を恐れないことが大切。こちらが慌てると、その雰囲気が相手に伝わり、さらに気まずくなってしまう。リラックスすることが第一です。楽しい話なら「それは面白いですよね」と口にして、仕事の労いなら「それは大変でしたね」という言葉をかけてみる。そこから相手が何かをしゃべり出してくれることもあります。


保坂隆(精神科医)

「仕事面」の人脈構築において心がけてほしいのが、「情報面でのソーシャルサポーター構築」です。具体的には、何かわからないことがあった際に、「○○に詳しい人は△△さんだから聞いてみよう」と気軽に聞くことができる関係です。そうした人が瞬時に出てくるかという、いわば「人間検索力」は、とくに新たな分野へのチャレンジをする際には欠かせません。そこで、まずすべきなのが、「人脈の棚卸し」です。自分がこれまで会ってきた人を再確認し、その中で自分に有益な情報をもたらしてくれる人は誰かを考え、その人との関係を強化していくのです。もちろん一方で、新たな人脈開拓も欠かせません。


林成之

ものごとに取り組むときには、人に言われてからではなく、自分から取り組むことを心がけていると、自己報酬系神経群が活性化して、高い意欲を得られるようになります。


石井ふく子

縁あって一緒に仕事をした人達ともずっといい関係を続けていきたい。石井ファミリーとよく言われるのは、私がそういう人間関係を育んできたからでしょうね。時代も家族のかたちも変わりましたが、家族を思う心は変わらないと私は信じています。


童門冬二

作品は「何を書いたか」が大切で、「誰が書いたか」は二の次だろう。しかし私にとって作品を信ずることは書き手を信ずることだ。


岡田裕介(東映)

子会社の社長は、できる限り生え抜きの人間にしていきます。やはり会社が成長するためには、自主独立ということが大変重要。


ページの先頭へ