名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

伊勢谷友介の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

伊勢谷友介のプロフィール

伊勢谷友介、いせや・ゆうすけ。日本の俳優、映画監督、美術家、経営者。「リバースプロジェクト」代表。東京都出身。東京藝術大学美術学部デザイン科卒業、同大学院美術研究科修士課程修了。学生時代からモデル活動を開始。その後、俳優、映画監督として活躍。日本アカデミー賞優秀助演男優賞を受賞。

伊勢谷友介の名言 一覧

未来の子供のことを考えれば、今の世界が正しいのか、という大前提を疑わなくてはならないわけです。自分たちの子供に顔向けできない世界をつくってはだめだということです。


僕自身、自分の命で何かが変わるとは思っていませんが、諦めることは誰でもできることですから、諦めることをやめました。挫折禁止がモットーですから。


幅広い活動ですが、複合的にやることで全体像が見えてくると思うんですよ。幅広く感じますが、何かに偏ると世界観が薄まってしまいそうで、なんかスッキリしないんですね。


未来から見たとき、恥じることのない人生でありたい。


志を持てとよくいいますが、志を持つことは自分の命の意味を知ること。


現在の活動は決して効率的とは言い難いですが、僕らは企業というものは仕事としてお金を稼いでいくということ以上に、ビジョンを提供していくことが重要だと考えています。そういった意味でも、今年は教育に力を注いでいきたいですね。


世界は今クローズしていく方向に向かっていますが、逆にオープンにしていくべきです。かなり苦しいこともあるでしょうが、そこをあえて歯を食いしばって日本が乗り越えていく。そうすることで、日本という国自体が特別な国になり、世界に対してもイニシアティブを取れる国になると思います。


常に宇宙からの目線で見るようにしているんですよ。どういうことかというと、地球のことを宇宙人が見れば、「資源はなくなりつつあるし、食糧危機が起こっていることを世界中の多くの人が分かっているのに行動がともなっていない、人間ってアホだね」という風に見えると思うんです。


大学院を卒業した後、監督として映画を25、6歳で公開しているんですが、その時、監督は手段であって、自分の目的は何かと、生物として最大限の目的とは何か、と自分を問い詰めたわけです。そこで、「人類が地球に生き残るため」ということに行き着いたんです。


リバースプロジェクトは、ぼくにとっての現代アートでもあります。でもそのアートは一人で完成させられるものではなく、いろんな人との協創によって大きく広がり、社会に存在感を示せるもの。リバースプロジェクトがあるから、俳優として演じること、監督として映画をつくることの意味を、より深く考えられるようになった部分もあります。


個人も企業も、地球のために何かしなくてはいけないと気づき、活動しているケースはあります。ただ散発的で横のつながりが薄く、ビジネスではなくコストと捉えがちです。そうではなく、人類が地球のために活動することが仕事になる仕組みをつくれないか。そこがリバースプロジェクトの出発点になりました。


「人は何で生きているのか」というところは、教えられることだと思うんです。答えに対し納得するにはすごく時間がかかると思います。でも、そのことを教えられないまま成長した大人自身が、今こそ考える時期なんじゃないかと思っているんですよ。


時間がない、お金がない、面倒くさい。そんなことに流されるのは志がないからで、そこに自分の命の意味があると分かれば、誰でも必死になります。反対されても、何が何でもやり遂げようとするはずです。そうやって生きていれば、共感してくれる仲間が必ず現れる。それが大きな輪になれば推進力が高まり、どんどん前に進めるようになる。すべては志を持ち、命の意味を知るところから始まります。


物理的なものが幸せではないと若者は感じ始めています。だから、新たな価値観を提供できると思っています。それは、「人から生かされることが大事なんだと思えること」です。そういう人は当然、人を生かそうとする人ですから、互いを高め合うことができる。利他の究極というのは、必ず返ってくると思うんですね。そういうことを子供にも伝えたいと思っています。そのためには、自分の命も顧みず、世の中を変えようと思わない限り、変わらないと思っています。


人は子供に「将来、あなた何になりたいの」って聞くじゃないですか。それは手段であって目的ではないんです。つまり、「志」を持つことを学ばなければならないんですよ。例えば、「イイクニつくろう鎌倉幕府」にしても、年表を覚えても意味はないですよね。大事なのはその時起こったドラマなわけで、手段と目的をはき違えることが多いわけです。しかも、年号が間違っていましたと変えるわけです(笑)。


自分たちが暮らす場所について考えるのは、すべての大人が行うべき行動であり、責任だと思うんですよね。人口が爆発し、食糧危機も起き、化石燃料もなくなりつつある中で、地球上で人間が生き延びていく限りは、現在の世界の状況を変えなければいけないでしょう。人間の存在というのは、そもそも地球の環境を考えればマイナスなのですから、持続可能な世界を意識して生きていかないといけないと。


伊勢谷友介の経歴・略歴

伊勢谷友介、いせや・ゆうすけ。日本の俳優、映画監督、美術家、経営者。「リバースプロジェクト」代表。東京都出身。東京藝術大学美術学部デザイン科卒業、同大学院美術研究科修士課程修了。学生時代からモデル活動を開始。その後、俳優、映画監督として活躍。日本アカデミー賞優秀助演男優賞を受賞。

他の記事も読んでみる

樺沢紫苑

脳科学での「直感」の定義は、脳内の無意識レベルで行われる膨大なシミュレーションの結果出てくるアウトプットのこと。つまり、直感力とは、自分で意識していないのにもかかわらず、総合的な判断で優れたアイディアを出せたり、重要な決断ができる力のことです。


金井英之

周囲との人間関係を深めていくには、普段の何気ない会話から、真意を聞き取ることもポイントです。部下が「仕事が終わりました」と報告したときと、「仕事がやっと終わりました」と報告してきたときでは、部下の気持ちは違います。「やっと」のひと言に「苦労して大変だった。上司に理解してもらいたい」という気持ちが込められているのです。それを受け止めて言葉をかければ、部下は「この上司は、自分をよく理解してくれている」と感じ、話も弾みます。


小池淳義

技術革新は技術者だけのものではありません。あらゆるところで起こる可能性があります。それは、技術関係の業務ばかりではなく、それをサポートする事務や営業関係の業務でも同じことです。


三田紀房

思いきりのいい人は、何事もまずやってみるわけです。もし失敗したとしても、思いきりがいいぶん、「なぜ失敗したか」を検証しやすいから、次に活かすことができます。逆に、迷いながら物事に取り組んでいると、失敗の理由もあれこれと浮かんできてしまい、次に活かすことができません。それが積み重なって、成長のスピードにも自ずと大きな違いが出てくるのではないでしょうか。


森永卓郎

発想の転換をするうえで私がおすすめなのが、異なる世界の人との交流。そう言うと、異業種交流会を思い浮かべるでしょうが、異業種交流会はしょせんサラリーマンの集まり。オタクや主婦、女子高生、外国人のように、自分にはない価値観を持つ人でないと意味がありません。いまはSNSが盛んで、普通なら知り合えないような人とも話せますから、異ジャンルの人と話す機会を積極的に作りましょう。柔らか頭で考えれば、「うちの会社の売れなくなったアノ商品、もしや……」と、アイデアが出てくるかもしれませんよ。


前刀禎明

現場で働く人たちからは、「二言目には会社から損益計算を追求されるので前例のない企画は出しにくい」という話をよく聞きます。エンジニアが本気なら、「確かにコストはかかりますが、その分は売上で十分カバーできます」と会社に掛け合えばいいのです。それができないのは、そこまで突き詰めてモノづくりに取り組んでいないからだと言わざるを得ません。


澤田秀雄

験値を蓄積し、考え抜けば、必ず途は開ける。


若園浩史

何をやりたいかという観点と、何がやれるのかという観点の両面から検討していくと、現実的な次の一手はかなり絞られる。なるべく具体的に自身の可能性を見極めた上で、選択的に活動の幅を広げ、「自分らしい起業」を実現して下さい。


村上憲郎

「人に認められるには」などと考えてしまう人というのは、あまりにも人の評価にとらわれすぎている面があるように思います。それよりも、「自分で自分を認められるか」という視点が大切です。


孫正義

日次決算で社員のコスト意識が明確になる。


澤上篤人

成長産業や急成長企業というのは、意外と長期投資の対象とならない。理由は簡単で、成長産業であるが故に新規参入してくる企業が後を絶たず、常に激しい淘汰が繰り返されているからだ。そんな中で、どの企業が勝ち残っていくのか、なかなか見極めがつかない。つまり、その時々で勝者がどんどん入れ替わっていくので、どっしりと腰を下ろした長期投資など、とてもやっていられない。


徳重徹

成功させるという思いが強いほど失敗のショックは大きいが、終わったことをクヨクヨと振り返らないことも大切だ。