名言DB

9413 人 / 110706 名言

伊勢彦信の名言

twitter Facebook はてブ

伊勢彦信のプロフィール

伊勢彦信、いせ・ひこのぶ。日本の経営者。鶏卵業界最大手「イセ食品」会長。富山県出身。旧制富山県立福野農学校(のちの富山県立南砺福野高等学校)卒業後、実家の「伊勢養鶏人工孵化場」に入社。同社のアメリカ進出を成功させ、生産量・販売量全米1位を達成。美術品収集家としても知られている。

伊勢彦信の名言 一覧

問題が起きたらそれに執着するのではなく拡大路線で解決することが大切。


成功の秘訣は「投資を恐れず、革新を恐れず」ということ。


伊勢彦信の経歴・略歴

伊勢彦信、いせ・ひこのぶ。日本の経営者。鶏卵業界最大手「イセ食品」会長。富山県出身。旧制富山県立福野農学校(のちの富山県立南砺福野高等学校)卒業後、実家の「伊勢養鶏人工孵化場」に入社。同社のアメリカ進出を成功させ、生産量・販売量全米1位を達成。美術品収集家としても知られている。

他の記事も読んでみる

常盤文克

数を売って稼ぐ大量生産型のビジネスモデルでは中国や韓国には勝てません。大量生産を突き詰めるとコスト削減と効率向上に走らざるを得ず、事業戦略が相似形になってしまい、差異化が難しくなります。いま取り組むべきはビジネスモデルの革新、イノベーションです。


窪山哲雄

すべてをお客さんの身になって考えることが重要です。モノを買ってもらうことなど考えずに、相手が望んでいること、困っていることを親身になってとことん考え、それに向き合うのです。


新浪剛史

自らしっかり考えて挑戦して失敗した人には「バッテン」をつけてはいけません。


小山昇

自分の成績とそれに影響を与える重要な先行指標は、常に細心の数字を把握しておいた方がいいでしょう。たとえば、訪問件数が成績に直結する営業の仕事なら、先行指標である訪問件数をチェックすることで、先手を打って対応ができます。ただ、変化が大きくなってから気づいても後の祭りです。対応が後手に回ってチャンスを逃したり、ピンチを拡大させたりしてしまいます。数字の動きはグラフに直してビジュアルで把握すべきです。


瀬戸内寂聴

小説を書くことは私にとって快楽なのです。この快楽を手放したくないという欲望が、私にはあります。煩悩は捨てなくてはなりませんが、私はいい小説を書きたいという煩悩だけは、いまも捨て去ることができません。死ぬまで煩悩を抱えて生きるのが、人間というものです。煩悩を完全になくせばブッダ(悟った人)ですが、世の中はブッダばかりになってしまったら、ちょっと困るでしょう。だから私は、そんなに立派なお坊さんではないのです。


広津崇亮

血液などでも試しましたが、どうもうまくいかない。駄目元で尿を試してみたら90%以上の確率でがんに寄っていくことがわかった。結果的に血液をとるよりも簡単にできるようになったのでコストは随分下がりました。線虫によるがん検査を毎年、受けてもらえさえすれば初期のがんから発見できるので、ステージ3やステージ4になってからがんが見つかる人は大幅に減ると思います。検診料も数千円でできると思うので費用も安く済みます。


ジェームズ・アレン(自己啓発)

怒りや憎しみで心をいっぱいにし、飽食に走り、自分を堕落させる快楽に浸って、うまくいかないことを世の中のせいにして不平を言う。そんな人が世の中にはたくさんいます。でも、本当に非難するべき相手は、人生を無駄にすり減らしている自分自身でしょう。自分の気質や能力は、もっと大事に扱うべきです。


紫関修

お客様は商品さえよければすべてを納得するわけではない。商品の質、サービスの質、スタッフの挨拶、椅子の座り心地……、お客様が店に入ってから、お店をお出になるときまですべてが真剣勝負です。


ケリー・マクゴニガル

重要な目標にはすべて、自分なりの「成功の基準」を設定しましょう。自分が望む仕事(やりたい仕事)をしているかどうか、どうやって知ることができるでしょうか。「自分にとって大事なこと」がはっきりしていれば、その基準を満たしているかどうかのサイン(兆候)を、他の人・事からもらうことは、簡単にできます。


茂木健一郎

日本はいま、社会的にも経済的にも厳しい状況にあります。従来経済をけん引してきたはずの製造業も、いまは苦しい立場に陥っています。この局面を乗り越えるには、創造性のスキルを身につけることが何より大切になってきているのです。


澤村諭

ターゲットとする市場をマクロな視点でとらえて、様々な立場のお客様のニーズを的確に把握し、製品に反映することが重要。


藤木英幸

ベンチャー企業には専業が多いが、我々は時代に合わせて常に形を変えていくのが最大の強み。


入山章栄

今はキャリア形成の不確実性も高まっている時代です。個人の知はすぐに陳腐化し、資格を取っても安泰ではありません。大企業に入ったところで「寄らば大樹の陰」は通用しなくなってきています。


村井満

読書で何より楽しいのは、書き手や登場人物との対話です。自分の身に重ねては手を止め、目を閉じて触れ合い、語り合うので、1日数ページしか進まないこともあります。でも、それでいいのです。本棚にある厳選された数十冊は、消費する本とは違い、まさに自分を作ってくれるもの。仕事で、初めての人に会ったり、特殊な事象に直面したときに開くと、何かしらフックにかかるものです。


織田大蔵

昔の苦しかったことを忘れないために、俺はいまでも握り飯持参で会社に出てきている。握り飯を食べながら、昔をしのび、これからのあり方を考える。これが事業家の心構えというものだ。