名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

伊勢彦信の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

伊勢彦信のプロフィール

伊勢彦信、いせ・ひこのぶ。日本の経営者。鶏卵業界最大手「イセ食品」会長。富山県出身。旧制富山県立福野農学校(のちの富山県立南砺福野高等学校)卒業後、実家の「伊勢養鶏人工孵化場」に入社。同社のアメリカ進出を成功させ、生産量・販売量全米1位を達成。美術品収集家としても知られている。

伊勢彦信の名言 一覧

問題が起きたらそれに執着するのではなく拡大路線で解決することが大切。


成功の秘訣は「投資を恐れず、革新を恐れず」ということ。


アメリカでもインドでも、我々の卵と他の卵を割ってみて比べたら、その新鮮度が一目で分かります。他では鶏を狭い部屋に閉じ込めますが、我々の場合は、ゆったりとした場所で飼育します。他では呼吸器病を防ぐために抗生物質を餌に混ぜたりしていますが、当社は絶対に混ぜたりしません。


実はインドという国は、一つの国としてまとまった政策がなかなか打てないでいるのです。州によって言語、宗教、習慣が違うからです。公用語でも12言語以上あります。さらに、電気が通じていない町や村が70万もある。そういった場所にはテレビもラジオもありませんからね。その点、我々のような外部から来た者にはチャンスがあると思っているのです。州境も関係なく仕事をするからです。しかも、それをやるのが日本人。今までの日本人の信用がインドでは大変広く知れ渡っています。


インド事業では、特に電気が通じていないエリアではソーラー発電を活用していきます。実は当社は日本でも有数のソーラー発電会社でもあります。関東でも1万坪単位で農場を作っていったのですが、それでも手狭ということで集約しました。すると、20か所や30か所という単位の農場の跡地が空いたままになった。そこで跡地にソーラーパネルを並べ、売電収入を得ることができるようになりました。このノウハウがインドでも活用することができます。


インドの事業はスズキと提携しています。鈴木(修)会長とは昔から交友ができていました。それであるとき、こんな話をしました。インドの農村では自動車を買おうと思う人が極端に少ない。では、まずはスズキの車を卵の収集に使い、農村でも車の便利さを伝えることができれば、農村にもスズキの車を広げていけるかもしれませんねと。「2人でスズキの車を運転しながら、卵を集めに行こうよ」というような話から始まりました。最初は両社で新会社「イセ・スズキ・エッグインディア」を設立して出発しましたが、今後は食品や飼料、物流・流通、自動車、エネルギー、ソフトウエアなど多岐にわたっていきますので、参加したい方はどなたでも参加していただきたいと。それを協議会(日印フードビジネス協議会)でサポートしていきます。


当社の海外での鶏卵事業の取り組みが伝わったようで、インドの財務大臣と東京で一昨年、去年と、2度お目にかかることになりました。そこで「ぜひモディ首相に会って欲しい」と言われたんです。モディ首相は、農村でいろいろな仕事を広めたいという気持ちがあったようです。実際にモディ首相にお会いすると、次々にモディ首相から要望を言い渡されました。まるで私が気の弱いのを見透かしていらっしゃるように感じましたね(笑)。安倍(晋三)首相とは高速鉄道や空港などの建設プロジェクトを締結していましたが、一方で民衆に届くような仕事も求めておられたのです。それで私どもにもやって欲しいと。最初はお断りするつもりだったのですが、人間の力の差ですね。一も二もなく全部やりますと言ってしまいました(笑)。


伊勢彦信の経歴・略歴

伊勢彦信、いせ・ひこのぶ。日本の経営者。鶏卵業界最大手「イセ食品」会長。富山県出身。旧制富山県立福野農学校(のちの富山県立南砺福野高等学校)卒業後、実家の「伊勢養鶏人工孵化場」に入社。同社のアメリカ進出を成功させ、生産量・販売量全米1位を達成。美術品収集家としても知られている。

他の記事も読んでみる

是枝秀治

英会話のトレーニング企業「English for Everyone」を立ち上げたのは、私自身の経験がきっかけです。新卒で大手商社に就職して以来、英語をモノにしようと、いくつもの英語学校に通い、数え切れないほどの英語教材で学びつくしました。英語学習には18年間で1000万円以上投資しています。おかげでTOEICのスコアは満点(990点)、米MIT(マサチューセッツ工科大学)にも留学できました。しかし、現地ではネイティブの英語を聞き取れず、自分が話しても理解されないことも多かったのです。「あれだけやったのに、何かがおかしい」と分析をし始めたのがきっかけでした。


吉澤準特

ロジカルシンキングをいくらしても課題解決につながらず、煮詰まってしまうことがあります。そんなときは、目の前の課題からいったん視線を外して、他の領域に目を向けてください。すると、思わぬところから、課題解決のために転用できる知見を得ることができることがあります。


陰山英男

やりかけたことが、方針変更により途中で頓挫することはありますが、モチベーションが下がったからやりたくないということはまったくないです。それは、面白いと思うことに積極的に挑戦しているからにほかなりません。人が一生でやれることは限られています。モチベーションが上がらないといって落ち込んでいる時間はありません。


平本あきお

たとえば「ファイナンシャルプランナーの資格を取ろう」と決心して教材のDVDを買ったものの、「集中しなければ」と考えれば考えるほど、勉強が嫌になってしまう。これは「DVDを観ること」が「苦痛」に結びついてしまっている状態です。DVDを観ることと苦痛とが結びつかないようにする条件は、「ちゃんとやらない・最後までやらない・効果が出るまでやらない・時間を取らない」の4つです。画面に流しっぱなしにして、食事をしたり風呂に入ったりしてかまいません。ただし、家にいるあいだは、ずっとDVDを流すこと。なるべくいい加減に、でもたくさんやることが重要なのです。これが一週間も続くと、DVDがBGMのように馴染んできて、耳に入ってきた内容に「あ、これ覚えている」と身体が反応し始めます。そして、「ここをもっとよく知りたい」と、自分から画面の前に座ってしまう瞬間がやってきます。この段階になれば、DVDを観ることが日常の一部になっています。


川本佐奈恵

ここでやめたら自分は何も達成していないという負い目を感じていた昔の自分に戻ってしまう。そうした自分を変えたいという思いが強かったから、勉強を続けられたのだと思います。実際、性格も変わりました。「忙しいから」「子供がいるから」などと言い訳を言うことがなくなりましたから。


瀬々敬久

起承転結の「結」となるような決定的な出来事に向かって踏み込んでいかないと、いつまでたっても相手との関係性は変化しないと思うし、世の中で起きているいろいろな問題も解決しないと思ってしまう。


川原和久

役を演じるうえでは、常に自分自身を客観的に見るようにしています。


ゲーリー・ベッカー

良いリーダーのそばで学ぶことが、リーダーシップの一番の勉強になります。


朝原宣治

前例となるメソッドがありませんから、自らを実験台にするしかありません。これまでの経験や勘を基に、仮説を立て検証する。この繰り返しでした。


福岡伸一

自分は威張ってなどいないという人でも、謙虚になることは必要だと思います。知的であることの最低条件は、自己懐疑ができることですから、謙虚さは、その出発点になるのです。


山田賢治(経営者)

ザ・プレミアム・モルツはビールのおいしさはもちろん、プレミアム感がしっかり伝わるように飲む瞬間の「飲用時品質」を高める努力も怠りません。専用ジョッキとグラスには、クリーミーな泡を保つための形状や内部のコーティングに工夫があり、飲食店様での注ぎ方や容器の洗浄にも、ブランド価値を高めるためのノウハウがあります。


村上和徳

「ブラックやめれば会社は儲かる」。実にシンプルですね。社員が、個人の成長とチームの成長を重ね合わせて捉えるマインドを持つことが重要なのです。個々で頑張るより、チームとして成果を上げるために頂張るほうが、はるかに生産性が上がります。仲間のため、顧客のため、地域のため、という意識を持った、強靱で幸福な企業が日本に増えることを願ってやみません。