名言DB

9,510 人 / 112,245 名言

伊佐山元の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

伊佐山元のプロフィール

伊佐山元、いさやま・げん。日本人ベンチャーキャピタリスト。「WiL」代表。東京出身。東京大学法学部卒業後、日本興業銀行(のちのみずほフィナンシャルグループ)に入行。スタンフォード大学ビジネススクールでMBAを取得。米国の大手ベンチャーキャピタル「DCM」本社パートナーとしてシリコンバレーと日本を中心にベンチャー企業の発掘・育成を行う。その後、「WiL」を設立し、大企業とベンチャー企業の橋渡しを行った。著書に『シリコンバレー流 世界最先端の働き方』。

伊佐山元の名言 一覧

ネットでいくら人とつながっても意味がありません。恥をかいたり嫌な思いをしながらも、人とつき合っていくことが、最終的には自分を活かすことにつながります。これはどこでビジネスするうえでも大切です。


大企業には豊富なリソースは眠っていますが、残念ながら自分で自分を変えられない。世界で勝負できるものを生み出すには、大企業を外からシェイクする仕掛けが必要です。


アメリカ人はみんなリスクを取ってすごいといわれますが、向こうは失敗してもすぐ再トライできる環境があります。


僕は居心地がよくなりすぎると危機を感じる性格なので、飛び出しました。


大学の同期と話していると、みんな居心地がよさそうですよね。家族がいて、仕事でもそれなりのことをやらせてもらっている。そうなると、外で勝負したくてもできないのかも。


日本のベンチャー企業は国内路線が強すぎます。上場しても大半の時価総額は100億円以下。アメリカとは1ケタ違います。


シリコンバレーと日本の違いについてよく質問を受けますが、最近の僕のお気に入りの答えは、「現地のスタバヘ行けば、コーヒー1杯飲み終わるまでに答えがわかります」。シリコンバレーのカフェでは、起業家やベンチャーキャピタリストが日常的に会話をしていて、その中でビジネスの話が自然に生まれていきます。そうした空間がいたるところにあることが、シリコンバレーの強みですね。


そこは発想を変えるべきです。逆にシリコンバレーに東京をつくってしまえばいい。税金を使ってどんどん人を送り込んでもいいし、私たちのようなやり方で人を送ってもいい。そこで吸収したものを日本に持ち帰ってもらえば、日本にとっても有益です。
【覚え書き|東京にシリコンバレーのような場所をつくるのは無理だろうかと問われての言葉】


僕の場合、つねにアドレナリンが出っ放しの状況では、かえっていいアイデアが浮かびません。その点でいうと、オンとオフを切り替えやすいシリコンバレーの環境は最適。正直、東京は疲れます(笑)。


うちが出資したグミ(gumi)には期待しています。モバイルのゲームをつくっている会社ですが、売上の半分以上は海外です。社長もダイナミックで、外国語をマルチに操るタイプではないのに、中国やフランス、シンガポールなどに乗り込んで拠点を立ち上げています。彼は「俺は孫正義を超える」と大法螺を吹いていますが、それくらいの目線の高さは持っていたほうがいい。


企業は積み上げてきたブランド・エクイティ(資産価値)があるから、簡単に冒険できません。おもしろいアイデアが出てきてもボツになる可能性が高い。それならば、僕たちが代わりにそのアイデアにお金を出して実行してあげればいい。失敗したらWiLのせいで、企業はノー・ダメージ。うまくいったら、ビジネスとして買い戻してもいいし、独立企業として育てることもできる。大企業にとって僕たちは“都合のいいR&D(研究開発)センター”なわけです。


知恵やセンスがあっても、レイヤー(役職の階層)が多すぎて潰されてしまいます。たとえば現場の課長から余計なことをするなといわれたり、予算がないからと押さえつけられてしまう。いま私たちがやろうとしているのは、そのレイヤーを取り除いて、駆け込み寺になってあげることです。


日米の一番の違いは、「ヒト・モノ・カネ」の構造です。アメリカの場合、優秀な人がベンチャーを起こして、お金を呼び込み、成長したら売却して、またベンチャーをやるという地域が、シリコンバレーを筆頭に何カ所かある。ヒト・モノ・カネがベンチャーを通して回っている構造です。一方、日本は優秀な人の大半が大企業に集まります。たとえばソニーはマスコミにいろいろと叩かれていますが、いまでも優秀な人を採っている。日本はアメリカと比べてM&Aやベンチャーが少ないといわれますが、構造が違うからあたりまえ。大企業の中に優秀な人がいるのに、外から買う必要はないでしょう。


伊佐山元の経歴・略歴

伊佐山元、いさやま・げん。日本人ベンチャーキャピタリスト。「WiL」代表。東京出身。東京大学法学部卒業後、日本興業銀行(のちのみずほフィナンシャルグループ)に入行。スタンフォード大学ビジネススクールでMBAを取得。米国の大手ベンチャーキャピタル「DCM」本社パートナーとしてシリコンバレーと日本を中心にベンチャー企業の発掘・育成を行う。その後、「WiL」を設立し、大企業とベンチャー企業の橋渡しを行った。著書に『シリコンバレー流 世界最先端の働き方』。

他の記事も読んでみる

水野和敏

これまでのスポーツカーというのは、進化するほど軽量化していった。だからダメだったんだ。スピンしやすく、タイヤの温度依存性も高く、冷えたら途端にグリップ性能が下がっていた。すると、雨の日の運転なんてあぶなくて仕方がなかった。それで「安全のために」なんてネガティブな方向での制御機能を追加し、アクセルをきかせなくしちゃった。でも、これのどこに運転の楽しみがあるの?だから「GT‐R」は逆を行った。軽くせず、重くする。重量をエネルギーに変える。これはスポーツカーとしては世界初のコンセプトなんだ。「GT‐R」の車体重量は1740キロけど、これはすごく重い。でも、だからこそ、砂の上でも氷の上でも雪の降るサーキットでも滑らない。


小泉光臣

海外も含め、たくさんの工場がありますから、一カ所にせいぜい年に2回も行ければ御の字です。でもまったく見てない場合と1回でも2回でも見た場合とでは、大きな差があります。1回訪ねたくらいで偉そうにと思われるかもしれませんが、「それでも俺は見たいんだ」と正直に社員に宣言しています。


島井哲志

死の恐れを乗り越えるためには、利他性、つまり「他の人のために生きている」、言い換えれば、他者に支えられて生きているという気持ちが欠かせません。安心して生きるためには、いろいろな他人、共同体と関わること。職場だけではなく、友人、地域や趣味のつながりを持ち、「自分が死んだら悲しむ人」の顔が浮かぶような状況にすることです。


永守重信

やっぱり明るい人間でないとダメですね。昔はネクラな人材は経理に回せなんて言われていましたが、今は経理も明るくないといかん。明るいということは、前向きだということですから。


田原総一朗

成功するとそこに安住する人がいるけど、それじゃ面白くない。


佐々木大輔(経営者)

作業を自動化しないのは、たぶん、その作業をしているド真ん中の人たちは気づかないのだと思います。僕はベンチャー企業のCFO(最高財務責任者)をしていたことがあります。このとき経理の人が入力作業を1日中やっていて、自動化すれば楽なのにと思いました。でも、担当者はその状況に慣れていて、おかしいことに気づかないんですよね。


山本為三郎(経営者)

大阪には渡辺崋山の書いたという商人訓がある。その一番はじめに「召使より先に起きよ」とある。これは主人が使用人の生活を支えてやっているという考え方ではなく、使用人たちに自分の商売をしてもらっているのだ、だから主人は召使より先に起き「おはよう」というあいさつに、心から感謝をこめて、そして使用人を励まして働かせていくという心構えをいったものである。このごろのようにともすると重役は、朝はゆっくり11時ごろ出てくる。反対に従業員は8時からの出勤時間を1分遅れても、遅刻のハンコを押されるような風潮の逆を行くものである。


古川健介

社員にはやりたいことは責任もって進めてもらっています。ひたむきに仕事をしていれば、上司に許可をとる必要はなく、失敗したら謝罪すればいい、という形にしています。


山内雅喜

「満足ポイント制度」という名称のお互いを褒める仕組みが象徴的ですが、お互いのよい点、優れた点を見つけて褒め合うことによって、いわばヤマトのDNAをどんどん濃縮していくこと。社員全員が同じ価値基準をもって仕事をする方向にもっていく努力を、絶え間なく続けています。


岩田松雄

20代後半の頃、自宅の近くに、ハンバーガーチェーンA社と、B社の店舗がありました。ほぼ同じ商品、時給なのに、片方はスタッフが楽しそうに働き、片方は嫌そうに働いている。なぜ店員さんのやる気に差があるのか?これがまさしくマネジメントの差であると気づいて経営に興味を持ち、後にMBA取得を目指したのです。


吉田たかよし

ビジネスマンは平日忙しいせいで土日に朝寝坊をして、体内時計のリズムを崩してしまうものです。そうして休みを無駄にして後悔した経験のある人も多いでしょう。そうならないためにも、週末も平日と同じ時間に起床する。これはぜひ守ってほしいと思います。どうしても週末に寝だめをしたいのなら、早く就寝すればよいのです。そうして意識して朝方の生活に変えていくことが、早朝学習に適した身体をつくる第一歩です。


北野武(ビートたけし)

死ぬのが怖くて、どうにもならない時期があった。高校生から大学生にかけての時期は、毎日のように死について考え、死ぬことに怯えながら生きていた。死んだら人間どうなるとか、天国や地獄があるのかとか、形而上学的な問題を思い悩んでいたのではない。自分が生きているという快感がないまま、生きたって記憶も何もないまま、この世から消えることが怖かったのだ。