伊佐山元の名言

伊佐山元のプロフィール

伊佐山元、いさやま・げん。日本人ベンチャーキャピタリスト。「WiL」代表。東京出身。東京大学法学部卒業後、日本興業銀行(のちのみずほフィナンシャルグループ)に入行。スタンフォード大学ビジネススクールでMBAを取得。米国の大手ベンチャーキャピタル「DCM」本社パートナーとしてシリコンバレーと日本を中心にベンチャー企業の発掘・育成を行う。その後、「WiL」を設立し、大企業とベンチャー企業の橋渡しを行った。著書に『シリコンバレー流 世界最先端の働き方』。

伊佐山元の名言 一覧

ネットでいくら人とつながっても意味がありません。恥をかいたり嫌な思いをしながらも、人とつき合っていくことが、最終的には自分を活かすことにつながります。これはどこでビジネスするうえでも大切です。


大企業には豊富なリソースは眠っていますが、残念ながら自分で自分を変えられない。世界で勝負できるものを生み出すには、大企業を外からシェイクする仕掛けが必要です。


アメリカ人はみんなリスクを取ってすごいといわれますが、向こうは失敗してもすぐ再トライできる環境があります。


僕は居心地がよくなりすぎると危機を感じる性格なので、飛び出しました。


大学の同期と話していると、みんな居心地がよさそうですよね。家族がいて、仕事でもそれなりのことをやらせてもらっている。そうなると、外で勝負したくてもできないのかも。


日本のベンチャー企業は国内路線が強すぎます。上場しても大半の時価総額は100億円以下。アメリカとは1ケタ違います。


シリコンバレーと日本の違いについてよく質問を受けますが、最近の僕のお気に入りの答えは、「現地のスタバヘ行けば、コーヒー1杯飲み終わるまでに答えがわかります」。シリコンバレーのカフェでは、起業家やベンチャーキャピタリストが日常的に会話をしていて、その中でビジネスの話が自然に生まれていきます。そうした空間がいたるところにあることが、シリコンバレーの強みですね。


そこは発想を変えるべきです。逆にシリコンバレーに東京をつくってしまえばいい。税金を使ってどんどん人を送り込んでもいいし、私たちのようなやり方で人を送ってもいい。そこで吸収したものを日本に持ち帰ってもらえば、日本にとっても有益です。
【覚え書き|東京にシリコンバレーのような場所をつくるのは無理だろうかと問われての言葉】


僕の場合、つねにアドレナリンが出っ放しの状況では、かえっていいアイデアが浮かびません。その点でいうと、オンとオフを切り替えやすいシリコンバレーの環境は最適。正直、東京は疲れます(笑)。


うちが出資したグミ(gumi)には期待しています。モバイルのゲームをつくっている会社ですが、売上の半分以上は海外です。社長もダイナミックで、外国語をマルチに操るタイプではないのに、中国やフランス、シンガポールなどに乗り込んで拠点を立ち上げています。彼は「俺は孫正義を超える」と大法螺を吹いていますが、それくらいの目線の高さは持っていたほうがいい。


企業は積み上げてきたブランド・エクイティ(資産価値)があるから、簡単に冒険できません。おもしろいアイデアが出てきてもボツになる可能性が高い。それならば、僕たちが代わりにそのアイデアにお金を出して実行してあげればいい。失敗したらWiLのせいで、企業はノー・ダメージ。うまくいったら、ビジネスとして買い戻してもいいし、独立企業として育てることもできる。大企業にとって僕たちは“都合のいいR&D(研究開発)センター”なわけです。


知恵やセンスがあっても、レイヤー(役職の階層)が多すぎて潰されてしまいます。たとえば現場の課長から余計なことをするなといわれたり、予算がないからと押さえつけられてしまう。いま私たちがやろうとしているのは、そのレイヤーを取り除いて、駆け込み寺になってあげることです。


日米の一番の違いは、「ヒト・モノ・カネ」の構造です。アメリカの場合、優秀な人がベンチャーを起こして、お金を呼び込み、成長したら売却して、またベンチャーをやるという地域が、シリコンバレーを筆頭に何カ所かある。ヒト・モノ・カネがベンチャーを通して回っている構造です。一方、日本は優秀な人の大半が大企業に集まります。たとえばソニーはマスコミにいろいろと叩かれていますが、いまでも優秀な人を採っている。日本はアメリカと比べてM&Aやベンチャーが少ないといわれますが、構造が違うからあたりまえ。大企業の中に優秀な人がいるのに、外から買う必要はないでしょう。


伊佐山元の経歴・略歴

伊佐山元、いさやま・げん。日本人ベンチャーキャピタリスト。「WiL」代表。東京出身。東京大学法学部卒業後、日本興業銀行(のちのみずほフィナンシャルグループ)に入行。スタンフォード大学ビジネススクールでMBAを取得。米国の大手ベンチャーキャピタル「DCM」本社パートナーとしてシリコンバレーと日本を中心にベンチャー企業の発掘・育成を行う。その後、「WiL」を設立し、大企業とベンチャー企業の橋渡しを行った。著書に『シリコンバレー流 世界最先端の働き方』。

他の記事も読んでみる

日覺昭廣

最後まで言ってしまうと、おそらく言われたとおりにやる。そうではなく、自ら考え、自らやる方向に持っていくのが上司の務め。そうでないと失敗しても自分のせいではないと思ってしまう。


大西実(大西實)

ニクソンショックによる円高、石油ショック、フィルムの主要原料となる銀価格の急騰、フィルム関税の撤廃プレッシャー、振り返ってみますと、富士写真フィルムは1970から80年代に様々な危機の局面に遭遇しつつもこれを乗り越えて、創業以来の目標だったイーストマン・コダックと肩を並べる規模まで、事業を拡大することができました。これは創業以来の経営陣が持った、経営ターゲットに対する鋭い目測の力に負うところが大きかったのではないでしょうか。


窪田良

慶応義塾大学病院を辞めてワシントン大学に赴任した時も、アキュセラを創業した時も、周囲の友人には「無謀だ」と止められました。ただ、私には世界から失明をなくしたいという夢があります。その夢の最短距離に起業があると思えば、経営経験の有無などほとんど意識しませんでした。


スティーブン・コヴィー

アルコール依存症連合会という断酒団体があるが、その座右の銘はとても参考になる。「主よ、変えられることを変える強さを、そして変えられないことを受け入れる穏やかさを、さらにそれを見分ける知恵を与えたまえ」


木暮太一

私の場合は、会社の中で「これをやってきた」と誇れるものを作ってきました。ビジネスとしてこれをやって、世の中にこういう影響を与えた、と言えるような実績です。それを作るまでは転職はしない。そのために必要な時間は、人によって3年、5年と異なるでしょう。


松岡修造

誤解を恐れずに言えば、長く続けるのが必ずしもいいというわけではありません。僕は31歳でテニスをやめましたが、そのことをまったく後悔していないどころか、今のほうが楽しいとすら思っています。結局は「自分が主体」となっているかどうかだと思います。自分が続けたいなら続ければいいし、そうでなければ別の道を探せばいい。


一圓克彦

起業するとき、企業ホームページはプロの制作会社に任せた方がいい。素人が作ったホームページは、クオリティの低さが一目瞭然です。これでは、読者も不安になってしまうでしょう。また、独立直後は本業に集中したい。ホームページ作りに時間を費やす余裕などないのが普通です。


大西洋

お客様から「このサイズの靴はないの?」とご要望があれば、そのニーズに応えるよう努力する。当然それは、たいへん重要なことです。しかし、お客様からいわれてから動く御用聞きだけではダメなのも事実。お客様が口にはしないご要望、もしかしたらお客様ご自身も気づいておられない潜在ニーズを察知して、先回りして応える。それこそが仕事の面白さです。


伊藤謙介

業績について社員を追及することもありますが、決して文句を言っているわけではありません。社員みんなで働いて、稼いで、心だけでなく物、つまり経済的な面からもいい会社にしていきたいからです。社員が自分の家の近所や子どもの通う学校で、「いい会社にお勤めですね」と言われるような、自他ともに認めるすばらしい会社になっていくことを願っています。


ジェイ・エイブラハム

人生は、単なる瞑想によって成し遂げられる成果よりも、行動によって成し遂げられた結果の方が、より多い。


小寺春樹

社会に貢献し、企業が成長することが社員一人ひとりの成長、愛社精神につながっていく。


林修

勝ちやすい場所で、やられない準備をする。もしやられても負けを認めて、敗因を分析して次の戦いに挑む。これを繰り返して、自分の実力を積み重ねることが、結果的には、やられた相手にやり返したことになる。


石川光久

まずは下請けから始めたんですが、下請けを脱却して本当の意味で白分の仕事をしたというのは「イノセンス」になりますね。これはビジネスのスキームから変えていきましたから。これは原作の漫画があるんですが、許諾を含めて全部取りに行って、資金集めのために海外にまで出かけました。資金的にはアメリカのドリームワークスの存在は大きかった。結局、全部で50億円ほどのキャッシュが会社に集まったんです。


堀江裕介

多くの人が、短期的な合理性だけに基づき、意思決定をしています。長期の目標を決め、そこから逆算して、目の前の1日は何をするかを考えるような視点も重要だと考えています。


南部靖之

私はベンチャーで会社を興した創業者です。会社に就職して昇進を重ねて社長になった経営者ではありません。私は創業者と経営者では、大きく異なる点があると思っています。経営者はひと言でわかりやすく言うなら「儲ける人」です。会社の売上を上げて、利益を上げる。事業を拡大して既存事業の競争力を高めて会社を大きくし、相対価値を高めていく人です。一方、創業者はゼロから新しい事業を生み出します。理念にもとづいた絶対価値で物事を判断します。これまで世の中になかった新しい仕組みをつくり、イノベーションを起こしていくのが創業者です。だからある意味では「お金を使う人」かも知れません。創業者と経営者にはそれぞれ異なる役割があり、二人の力がうまく組み合わさることで、企業は大きな力を発揮できると思います。


ページの先頭へ