名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

伊井哲朗の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

伊井哲朗のプロフィール

伊井哲朗、いい・てつろう。日本の経営者。「コモンズ投信」社長CIO(最高投資責任者)。愛知県出身。関西学院大学法学部政治学科卒業後、山一証券、メリルリンチ日本証券などを経てコモンズ投信を設立。

伊井哲朗の名言 一覧

100人に聞いて100人がいいと思うことは必ず失敗する。むしろ90人ぐらいが反対するものにチャレンジする方がいい。


人生は限られている。なんとなく過ごしても一生。チャレンジして生きるのも一生。


自分の人生の主役は自分自身。だから、主体的に動くことが大事です。観客席にいてはダメ。


なんとなく生きるよりもチャレンジしたい。


48歳で起業しましたが、年齢がハンディだとまったく感じたことはない。新しいビジネスをつくるには、経験値や暗黙知が必要。とくに金融は経験値を活かせる部分が大きいですからね。


私は、50歳を過ぎたら少額でもいいので資産運用を始めることをお勧めしています。退職金を運用で増やすには、ある程度投資に慣れておく必要があるからです。50歳からでも十分資産は増やせます。


自分がよく知らない商品を、運用の「コア(中核)資産」にすべきではない。大事なのは、コア資産は自分の知っている、手触り感のある投資対象にすべきだということです。周りに勧められるがまま、よく分からない企業の株式に投資してはいけません。


ネットサーフィンをして共感できそうな人のサイトにコメントを書き込むことを習慣にしてきました。意気投合すれば、直接会います。その結果、今回の創業メンバーとも出会えたんです。金融系のベンチャーは初期投資が大きいので、1人では起業が難しかったでしょう。


当社は、しがらみのない独立系の運用会社として、投資信託の販売と運用を行なっています。これで、お客様目線の商品設計や金融サービスが出来るのです。


チャンスはいつ来るのかわからない。たとえは、5年後に海外に行くために英語を毎日1時間勉強するという準備をしていて、半年後に海外赴任の話が来たらどうするんですか? 5年後という計画が、5年間は動かないという安心につながるなら意味がありません。


30代から退職する数年前までは、ある程度リスクを負った運用をしてもいいと思います。コア資産の他に、全資産の5~10%ぐらいを「サテライト(衛星)資産」として高リスクの資産に投資するのもいいですね。サテライト資産は中小型の変動率が高い個別株であってもいいですし、最近話題の仮想通貨であってもいいです。サテライト資産はおまけのようなものであり、ハイリスク・ハイリターンを狙ってもいいと思います。サテライト資産は、自分が知らないものへの挑戦のための授業料と考えてもいいくらいです。ここで重要なのは、サテライト資産の運用に熱中してすぎて、気がついたらコア資産を取り崩してしまわないようにすることです。サテライトの全体に占める割合は増やさず、あくまでオマケぐらいの感覚がいいでしょう。


問題なのは、退職金をすべて投資に回してしまうこと。これは大体失敗します。銀行や証券会社にすすめられて退職金すべてを何種類かの金融商品に分散投資する人が多いのですが、ここに落とし穴がある。一度に投資してしまうと、仮にある商品で損をしたときに資産配分を修正するだけの余力がなくなってしまうのです。投資する時間を分散することによるリスク分散の効果も発揮できません。ですので、退職前から積み立て投資に慣れておこうというのが私の意見です。積み立てによる時間分散の効果を肌で感じることが大事です。


伊井哲朗の経歴・略歴

伊井哲朗、いい・てつろう。日本の経営者。「コモンズ投信」社長CIO(最高投資責任者)。愛知県出身。関西学院大学法学部政治学科卒業後、山一証券、メリルリンチ日本証券などを経てコモンズ投信を設立。

他の記事も読んでみる

川鍋一朗

「いいサービス」さえ提供すれば、世の中は反応してくれると思っていました。しかし「そのサービスを人に知ってもらい、使ってもらい、リピートしてもらう」には、半年から1年近くの時間を要します。この時間を考慮に入れてなかったことが、「日交マイクル」の失敗の原因でした。結果、初年度で2億円強の赤字になり、最終的に4.5億円の累積赤字を抱えた。


サイモン・クーパー(経営者)

従業員の皆さんが職場に愛着を持てなかったり、仕事に愛情を感じていなければ、お客様に当ホテルへの愛着を深めていただくことはできないでしょう。従業員の全員が全身全霊で仕事に向き合ってこそ、お客様に心のこもった笑顔のおもてなしができるんです。それに、従業員全員が職場に愛着を持っていれば、離職をすることもないでしょう。


野田一夫

僕は若いころから、思ったことは腹蔵なくぶちまけるたちだ。だから、若いころはさんざん陰口をいわれたし、いろいろ損をしたこともある。しかし、その場で発散してしまうから余計なストレスは感じなかった。いまとなっては、つくづく得な性分だと思っている。


菅原道仁

「小さなミスがあっても、目的を達成できればいい」という考えに至ったのは、ゴルフをしているときでした。少ない打数でカップに入れることができれば、ボールをバンカーに入れようが、ラフに入れようが、関係ないのです。そう考えると、バンカーに入れてしまったとしても、イライラしないで次のプレーに集中できます。このように、仕事のことをすっかり忘れているときほど、意外な発見が得られるものです。


岡藤正広

私は仕事に関して必ず仮説・検証をやっています。人からいろんな話を聞いた段階で、自分なりにこうではないかと仮説を立てて、結論を出してみます。それをいろんな人に「それで間違いはないか、間違いはないか」と確かめて検証し、正しい結論を出すよう心がけています。


安田佳生

何か変えないとしょうがないというところに自分を追い込むのです。仕事ができるようになるというのは、一種の革命です。昨日よりできるようになるだけでなく、劇的にできるようになるということが大事なのです。


御手洗冨士夫

会社で最も資金を使うのが工場です。ここを合理化すれば損益が改善し、キャッシュフローも楽になる。そう考え、調査の末に出合ったのが、セル生産でした。ベルトコンベヤーを使うライン生産と違い、十数人のチームが製品を組み立てます。ライン方式ではコンベヤーのスピードを上げない限り生産性は上がりませんが、セル方式なら創意工夫の余地が生まれ、作業者が習熟することで生産性が上がります。ラインで滞留する在庫が減り、資金繰りも楽になる。これだ、と確信しました。


早河洋

テレビが過渡期だとか、曲がり角を迎えていると言われるが、そうではない。曲がり角はもうとっくに曲がっていて、過渡期もとっくに通り過ぎている。テレビもインターネットワールドの中にあるという意識を持たないといけない。


丹羽宇一郎

ダイレクトトーク(直接対話)をやるなら、徹底的にやらないと駄目だ。


大坪英夫

改革はまず旗を揚げることから。そして、到達地点を確認し、その先にまた旗を揚げる。この繰り返しです。振り返ってなどいられません。


猪瀬直樹

動く気のない人を無理に動かそうとするのは時間のムダ。それよりも、動かしやすい人から攻めていったほうがずっと効率的。


マギー司郎

今思えば、隙だらけ。試行錯誤して、テレビに出るチャンスを掴んで生き延びたいとか、そういう思いはまるっきりなかったから。逆に時代に合ったんだろうね。マジックよりも見ている人が賢くなって、今じゃ、目の前でゾウが消えても、「消えた!」とは思わないよね。「どこに隠したんだろう?」だよね。出てきても、「うまいもんだな」だよ。誰も腰は抜かさない。そういう考え方に変わっていき始めた頃だったから、「僕、手品が下手なんですよ」とか言う、ぼけた味の芸人がゆとりになったんじゃないかな。