伊井哲朗の名言

伊井哲朗のプロフィール

伊井哲朗、いい・てつろう。日本の経営者。「コモンズ投信」社長CIO(最高投資責任者)。愛知県出身。関西学院大学法学部政治学科卒業後、山一証券、メリルリンチ日本証券などを経てコモンズ投信を設立。

伊井哲朗の名言 一覧

100人に聞いて100人がいいと思うことは必ず失敗する。むしろ90人ぐらいが反対するものにチャレンジする方がいい。


人生は限られている。なんとなく過ごしても一生。チャレンジして生きるのも一生。


自分の人生の主役は自分自身。だから、主体的に動くことが大事です。観客席にいてはダメ。


なんとなく生きるよりもチャレンジしたい。


48歳で起業しましたが、年齢がハンディだとまったく感じたことはない。新しいビジネスをつくるには、経験値や暗黙知が必要。とくに金融は経験値を活かせる部分が大きいですからね。


私は、50歳を過ぎたら少額でもいいので資産運用を始めることをお勧めしています。退職金を運用で増やすには、ある程度投資に慣れておく必要があるからです。50歳からでも十分資産は増やせます。


自分がよく知らない商品を、運用の「コア(中核)資産」にすべきではない。大事なのは、コア資産は自分の知っている、手触り感のある投資対象にすべきだということです。周りに勧められるがまま、よく分からない企業の株式に投資してはいけません。


ネットサーフィンをして共感できそうな人のサイトにコメントを書き込むことを習慣にしてきました。意気投合すれば、直接会います。その結果、今回の創業メンバーとも出会えたんです。金融系のベンチャーは初期投資が大きいので、1人では起業が難しかったでしょう。


当社は、しがらみのない独立系の運用会社として、投資信託の販売と運用を行なっています。これで、お客様目線の商品設計や金融サービスが出来るのです。


チャンスはいつ来るのかわからない。たとえは、5年後に海外に行くために英語を毎日1時間勉強するという準備をしていて、半年後に海外赴任の話が来たらどうするんですか? 5年後という計画が、5年間は動かないという安心につながるなら意味がありません。


30代から退職する数年前までは、ある程度リスクを負った運用をしてもいいと思います。コア資産の他に、全資産の5~10%ぐらいを「サテライト(衛星)資産」として高リスクの資産に投資するのもいいですね。サテライト資産は中小型の変動率が高い個別株であってもいいですし、最近話題の仮想通貨であってもいいです。サテライト資産はおまけのようなものであり、ハイリスク・ハイリターンを狙ってもいいと思います。サテライト資産は、自分が知らないものへの挑戦のための授業料と考えてもいいくらいです。ここで重要なのは、サテライト資産の運用に熱中してすぎて、気がついたらコア資産を取り崩してしまわないようにすることです。サテライトの全体に占める割合は増やさず、あくまでオマケぐらいの感覚がいいでしょう。


問題なのは、退職金をすべて投資に回してしまうこと。これは大体失敗します。銀行や証券会社にすすめられて退職金すべてを何種類かの金融商品に分散投資する人が多いのですが、ここに落とし穴がある。一度に投資してしまうと、仮にある商品で損をしたときに資産配分を修正するだけの余力がなくなってしまうのです。投資する時間を分散することによるリスク分散の効果も発揮できません。ですので、退職前から積み立て投資に慣れておこうというのが私の意見です。積み立てによる時間分散の効果を肌で感じることが大事です。


伊井哲朗の経歴・略歴

伊井哲朗、いい・てつろう。日本の経営者。「コモンズ投信」社長CIO(最高投資責任者)。愛知県出身。関西学院大学法学部政治学科卒業後、山一証券、メリルリンチ日本証券などを経てコモンズ投信を設立。

他の記事も読んでみる

分林保弘

私自身、京都の街の影響を強く受けています。能楽師の息子ですが、新しいものが大好きです。学生時代、東京オリンピックで多くの外国人が来日したのを見て、海外へ行きたくて仕方がない。でも学生が海外に行くのは難しい時代です。そこでアメリカの大学の学長宛に、大学で能の公演をしたいと手紙を出しました。そうしたところ20ほどの大学から許可が出て、半年がかりの公演旅行を実現しました。実際に自分の目でアメリカを見たことで、アメリカで起きたことはいずれ日本でも起きることが感覚的に分かるようになりました。それが後にM&Aに結び付きました。


藤田晋

自慢ばかりする人は、その時点で「終わっている」とも言えます。将来性を感じないからです。自慢をすればするほど、底の浅い、小さな人間であることを露呈するのも気づいていないのでしょう。「自慢はしない。自慢と捉えられてしまう発言にも注意する」という意識を持ちましょう。


志賀俊之

自分の意見だけを主張していたら、国内でも海外でも通用しません。相手を理解し、受け入れなければ、やっていけないのです。上手に波風を立ててイノベーションを起こす。そうした姿が日本人であろうが何だろうが、グローバルでも共感を呼び、人を動かすのです。


青木定雄(兪奉植)

韓国の慶尚南道で生まれ、15歳で日本に渡った私は、この国で勤勉と質素と自立心の大切さを教わりました。タクシーの仕事を通して、いいものを安く提供すれば、民族に関係なく、必ず受け入れてくれるものだとも学びました。


ナポレオン

手の内がわかってしまうので、同じ敵とは何度も戦いたくない。


堀木エリ子

巨大な和紙をすく技術や、骨組みやノリを使わずに立体物をつくる手法も、昔の人のように道具からつくっていけば、革新的な技術につながるのでは、という発想から生まれたものなんです。


池田弘(経営者)

小さな子どもはエネルギーがあり余って、やんちゃをすることがあります。その中で、怒られたり、社会性を身に付けることで、何が正しいのか、何を反省すべきかを学んでいくのだと思います。母は、その判断を神様との対峙によって教えてくれました。「神様は目に見えないけれど、神殿にいる神様は、あなたのことをいつも見ています。だから、何を反省すべきか、良く考えなさい」ということです。


村口和孝

社会に対する好き嫌いは当面辛抱せよ。まず、じっと世の中の成り立ちを眺めてみよう。地球も宇宙も社会も、同様にその事実現実を受け入れ、共通点や一見矛盾に見える違いをよく観察して、その不思議さをたっぷりと味わう時間を持つのだ。さらにすでに体験をした様々な人の話に耳を傾ける事も、社会を理解する勉強になる。


江口洋介

仕事を選り好みして好きなことばかりやるのではなく、あえてそれまで避けていたものや新しいものに挑戦してみる。その積み重ねで、人は成長していく。


本間宗久

米商いは踏み出し(仕掛けるタイミング)大切なり。踏み出し悪しき時は決して手違いになるなり。又商い進み急ぐべからず、急ぐ時は踏み出し悪しきと同じ。売買共、今日より外、商い場なしと進み立ち候時、三日待つべし。是伝なり。


石川康晴

「先入観」や「業界の習わし」にとらわれない柔軟さは、経営者だけではなく、現代のビジネスパーソンにも求められる。


大久保尚武(積水化学工業)

経営者の大事な役割は、時代の流れを見誤らないことです。情報収集というと新聞やテレビ、インターネットといった情報源が思い浮かぶかもしれません。しかし、もっと重要なものは顧客の声や職場の雰囲気といった現場で得られる情報です。もちろん、そうした情報収集のためには自ら現場におもむくことが欠かせません。


前川正

ユーザー様から要求されることに、我々ならではの答えを出していこうとするとき、今までつくったことのないものもつくっていかなければいけません。そのときには、斬新な発想が求められますが、それは高い技能、豊富な経験に裏付けされたところから出てくることが多い。


貝沼由久

人生は思い通りにならなかったからといって、それが必ずしも悪い結果になるとは限らない。とにかく与えられた環境の中で最善の努力をすることだ。


安東邦彦

強引な要求を突きつけてきたり、買う気もないのに見積もりだけを要求するお客さんとは、いい関係が築けない。私はあえて「できません」と断ってしまう。売るのは商品ではなく、価値であることを理解してくれる相手がお客さんだから、営業が楽しくなる。これからは売る側が顧客を選ぶ必要があるんです。


ページの先頭へ