名言DB

9412 人 / 110637 名言

伊丹敬之の名言

twitter Facebook はてブ

伊丹敬之のプロフィール

伊丹敬之、いたみ・ひろゆき。日本の経営学者。愛知県出身。一橋大学商学部卒業、一橋大学商学研究科修士課程修了、カーネギーメロン大学経営大学院博士課程卒業。一橋大学商学部専任講師、スタンフォード大学経営大学院客員助教授、一橋大学商学部教授・学部長、東京理科大学大学院イノベーション研究科長・教授などを務めた。

伊丹敬之の名言 一覧

人を育てるという点で大事なのは叱ることです。失敗させて、厳しく叱って、また使う。


プロ野球でね、ノックアウトされた投手を次の試合でも使うんですよ。「俺はお前を信頼してるぞ」と。打たれたそばから2軍に落としていたら、エースなんか育たない。


大事なのは下手なやつを我慢して使ってあげること。我慢して失敗させること。これで人が育つ。


人間をカネで動かすのは限界がある。最後は事業や社員に対する愛情ですよ。


人員削減は1回こっきりにすること。何回もずるずるやっちゃダメ。残った社員が不安で不安で、働けなくなってしまう。


企業が大きくなって人が増えれば、ポストが足りなくなる。皆に平等にポストを与えるには仕事を細切れにするしかない。これがリーダーの供給不足につながった。


もともと人事に「正しい評価」なんてありませんよ。神様じゃないんだから、全員の仕事を正しく評価するなんて不可能です。大切なのは、「正しい評価」ではなくて「納得性」。人事部が汗をかくんです。


高度成長の時はどんどん仕事が増えるから。放っておいても人が育った。でも低成長で仕事が減ったら、人を育てる工夫が必要になる。どう工夫するかというと、ポストにメリハリをつけるんです。若くてもできるヤツにドーンと大きな仕事を任せる。ここでも格差を受け入れなければならない。経営者にその勇気がないから、みんな同量の細切れ仕事しかしていない。悪平等です。これではリーダーが育ちません。


伊丹敬之の経歴・略歴

伊丹敬之、いたみ・ひろゆき。日本の経営学者。愛知県出身。一橋大学商学部卒業、一橋大学商学研究科修士課程修了、カーネギーメロン大学経営大学院博士課程卒業。一橋大学商学部専任講師、スタンフォード大学経営大学院客員助教授、一橋大学商学部教授・学部長、東京理科大学大学院イノベーション研究科長・教授などを務めた。

他の記事も読んでみる

為末大

スポーツだと、金メダルを獲った瞬間の自分の姿を想像しつつも、「昨日できなかったことが今日できるようになった」ということに小さな喜びを感じられるから続けられる。


新藤晴一

本当にいろんなバンドがいる。テレビに出たいというバンドもいれば、地元で自分たちが信じる音楽だけをやっていたいというバンドもいる。そのどれもが正しいと思うんです。音楽を続けるためにはいろんな手段があっていい、向き合うためにはいろんな手段があっていい。


プブリウス・シルス

常に人間は、自分に対してはあることを考え、他人に対しては他のことを考える。人間は他人を判断するのとは異なったように自分を判断する。


藤井美英

赤ちゃんのおしっこで発電し、おむつが濡れたときに知らせる電池不要のセンサーシステムを、立命館大学と共同で開発しました。こうしたシステムの価値は、子育て世代だからこそ気がつくものです。


坂田栄男

勝負は時の運などというように、力だけでは勝てない時もある。しかし、普段から努力してコツコツと実力をつけていくことがまず最初に必要なことだ。実力が本当に十分発揮できるとき、それを波とかツキとか呼ぶのだと私は考える。


二村ヒトシ

女性に警戒されてしまう男性への一番の処方箋は「一回負けてみる」ということです。女性の理屈は自分とは違う。そもそも自分にはわからないんなら、あっさり白旗を揚げちゃうぐらいのことをしたほうが、相手との距離も縮まるんです。負けたってどうということはありません。男と男の闘いは負けたらマウンティングされておしまいですが、相手が女性の場合は、負けることで相手も気がすんで、かえってうまくいくことが多い。


俣野成敏

個人的感情ではなく、「どう喜んでもらうか」「世の中にどう貢献するか」と考えると、楽しい気持ちになってくるものです。


ラルフ・ウォルド・エマーソン

どんな英雄も、最後には鼻につく人間となる。


前川孝雄

相手の年齢にかかわらず、声かけで大事なのは具体性です。


南場智子

米ハーバード・ビジネススクールでMBAを取得しましたが、マッキンゼーへ戻って早々に、退職を考えていました。プロジェクトがうまくいかず、「この職業は向いてない」と思ったんです。そんなある日、お世話になっている上司から、別件のプロジェクトを手伝うことを頼まれ、退職前の最後の仕事にするつもりで取り組みました。すると、初めて伸び伸びとした気持ちで働けた。なぜなら、退職を決めていたので、「成果を出す」という点に意識を向けられたからでしょう。それまでは、「自分は仕事がデキるのか」という点を気にしていた。それで自分は仕事がデキていないと思っていて、肩に力が入っていたんです。


根津公一

市民の声を活かし、応え、地域社会に貢献しようという、意を尽くし、人間性を大事にする企業グループの信条を貫くことが企業のゴーイングコンサーンをつくる。


根岸秋男

現場に答えがある。


三木雄信

ビジネス英語は働きながらでも1年間でマスターできる。語学センスなどはまったく要らない。必要なのは強烈で明確な目的意識だけ。


和田洋一(スクウェア・エニックス)

アイデアを書きとめる際、あるいは自分のアイデアを他社に伝える際には、なるべく絵や図表で表現したほうがいいと私は考えています。視覚は言語に比べるとはるかに生理的なものだから、嘘や曖昧さの紛れ込む余地が少ない。逆にいえば、言葉で表現すると論点が曖昧になりがちなのです。とりわけ冗長な言葉は、論点を不明瞭にしてしまいます。


カーリー・フィオリーナ

若い人にアドバイスするときに、私はいつもこう言っている。「次の仕事のことを考えてはダメ。目の前の仕事にベストを尽くしなさい。誰からでも、どんなことでも、学びなさい。自分の力を出し惜しんではいけない。全力を尽くしていれば、必ず誰かがチャンスをくれる。」