名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

伊丹敬之の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

伊丹敬之のプロフィール

伊丹敬之、いたみ・ひろゆき。日本の経営学者。愛知県出身。一橋大学商学部卒業、一橋大学商学研究科修士課程修了、カーネギーメロン大学経営大学院博士課程卒業。一橋大学商学部専任講師、スタンフォード大学経営大学院客員助教授、一橋大学商学部教授・学部長、東京理科大学大学院イノベーション研究科長・教授などを務めた。

伊丹敬之の名言 一覧

人を育てるという点で大事なのは叱ることです。失敗させて、厳しく叱って、また使う。


プロ野球でね、ノックアウトされた投手を次の試合でも使うんですよ。「俺はお前を信頼してるぞ」と。打たれたそばから2軍に落としていたら、エースなんか育たない。


大事なのは下手なやつを我慢して使ってあげること。我慢して失敗させること。これで人が育つ。


人間をカネで動かすのは限界がある。最後は事業や社員に対する愛情ですよ。


人員削減は1回こっきりにすること。何回もずるずるやっちゃダメ。残った社員が不安で不安で、働けなくなってしまう。


企業が大きくなって人が増えれば、ポストが足りなくなる。皆に平等にポストを与えるには仕事を細切れにするしかない。これがリーダーの供給不足につながった。


もともと人事に「正しい評価」なんてありませんよ。神様じゃないんだから、全員の仕事を正しく評価するなんて不可能です。大切なのは、「正しい評価」ではなくて「納得性」。人事部が汗をかくんです。


高度成長の時はどんどん仕事が増えるから。放っておいても人が育った。でも低成長で仕事が減ったら、人を育てる工夫が必要になる。どう工夫するかというと、ポストにメリハリをつけるんです。若くてもできるヤツにドーンと大きな仕事を任せる。ここでも格差を受け入れなければならない。経営者にその勇気がないから、みんな同量の細切れ仕事しかしていない。悪平等です。これではリーダーが育ちません。


伊丹敬之の経歴・略歴

伊丹敬之、いたみ・ひろゆき。日本の経営学者。愛知県出身。一橋大学商学部卒業、一橋大学商学研究科修士課程修了、カーネギーメロン大学経営大学院博士課程卒業。一橋大学商学部専任講師、スタンフォード大学経営大学院客員助教授、一橋大学商学部教授・学部長、東京理科大学大学院イノベーション研究科長・教授などを務めた。

他の記事も読んでみる

野津基弘

経営に「軸」を持つことで目的が明確になり、従業員の意識改革もはかれる。


安田正

話が長い人は、自分はまだまだ話し足りないと思って話をしているものです。人には自分の思いをすべて話したいという欲望があるからです。ところが話すのと聞くのとでは、聞いているときの方が時間を長く感じます。話し手はまだまだだと思っていても、聞く方はすでにウンザリなのです。まずは、そこに気づくことが大切です。


杉村健一

TOEICの得点を上げたいなら、総合的な英語力を磨く前にTOEICに特化した勉強に集中すべきです。そして、TOEICで自信をつけたうえで勉強範囲を広げていったほうが、総合的な英語力もより向上しやすいと思います。


吉江勝

好きこそものの上手なれと言いますが、好きなこと、得意なことこそ大きな収入につながる。それを踏まえて自分自身を見直すことが可能性を広げることになる。


ロバート・キヨサキ

私が最も重要視するのは価格ではなく、得られるリターンだ。キャピタルゲインを狙って投資してはいけない。「キャッシュフロー」を狙うべきだ。


織田幹雄

オリンピックやアジア大会を見ていると日本の選手は体つくりや技術作りはやっていることがわかる。しかしスポーツは勝負であるということを忘れがちだと思うことがしばしばある。陸上競技でいくら記録がよくても、いかに勝負するかを考えて相手に当たらない限り勝機をつかむことはできない。マラソンの記録などはコースに違いがあるのだから、単なる参考記録にすぎないと考えるべきだ。


石黒征三

いま、中国などで様々なコピー商品が出回っています。ここでの差異化ポイントは品質です。日本メーカーは今後も品質で勝負していくべきだと思います。


角田秋生

いま、世界中が変革期を迎えています。うちの教室に来てくれている子供たちは、そうした状況の中を歩んでいくわけです。何かあるたびに腰が引けたり、新しい課題にぶつかってへこたれたりするようではまずい。挑戦意欲や忍耐力が求められます。


菊原智明

生活リズムや環境によって集中できる時間帯は人それぞれなので、「昼食後の1時間」などでもいい。自分にとってのプラチナタイムを決めて、その時間帯に重要な仕事をすることが大切。


中嶌武夫

私自身についてはまず、お客様に喜んでいただくことに何のこだわりもなく素直に「ありがとう」と思える自分でありたい。そして、逆にお客様のほうから「ありがとうね」と、口には出していただかなくとも、心の中で思っていただける自分でありたいとも思っています。


村田シャイニーひろみ

手帳のメモページに住居や家族像など理想の結婚生活を書いてください。結婚相手に求めていることが分かり、会った瞬間に「この人」と気づけます。


土井英司

人間は「成功が手に入らない」と思った瞬間、ファンタジーに逃げますが、日本全体がファンタジーに走っている時代かなという気がします。実を言うと、最近はビジネス書でさえファンタジー化の傾向があります。