名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

伊丹万作の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

伊丹万作のプロフィール

伊丹万作、いたみ・まんさく。日本の映画監督、脚本家、俳優。愛媛県出身。旧制・愛媛県松山中学校(のちの愛媛県立松山東高等学校)卒業後、叔父を頼って上京。様々な職を転々としながら洋画の勉強をし、挿絵などを描いて稼ぐ。広島の野砲連隊に入隊、事業の失敗などを経て、旧制中学時代の友人のつてで京都に行き脚本を書き始める。『天下太平記』『國士無双』『赤西蠣太』『巨人傳』『無法松の一生』などの監督や脚本家を務めた。映画監督・伊丹十三の父。

伊丹万作の名言 一覧

法則とは自分で発見したら役立つが、人から教わるとあまり役に立たない。


見物(観客)にとっては、どんな美しい風景も、一人の人間の姿よりは、はるかに退屈なものである、というのは私の映画心理学の法則のひとつである。また、これと似たので、見物にとっては、どんな美しい音楽でも、ひとつの台詞よりは、はるかに退屈なものである、というのもある。じつに見物というものは、これほどまでに人間が好きなものである。


シナリオの形式上の問題で必ずかくあらねばならぬということはひとつもない。それは自然に決定される。たえず次のことさえ忘れなければ。すなわち、どうすればシナリオの読者に映画を見ていると同じ気持ちにさせることができるか。


伊丹万作の経歴・略歴

伊丹万作、いたみ・まんさく。日本の映画監督、脚本家、俳優。愛媛県出身。旧制・愛媛県松山中学校(のちの愛媛県立松山東高等学校)卒業後、叔父を頼って上京。様々な職を転々としながら洋画の勉強をし、挿絵などを描いて稼ぐ。広島の野砲連隊に入隊、事業の失敗などを経て、旧制中学時代の友人のつてで京都に行き脚本を書き始める。『天下太平記』『國士無双』『赤西蠣太』『巨人傳』『無法松の一生』などの監督や脚本家を務めた。映画監督・伊丹十三の父。

他の記事も読んでみる

ガー・レイノルズ

いくら論理を積み重ね、ビジュアルを工夫してスライドをつくっても、プレゼンターの存在を感じられないプレゼンに魅力はありません。「ほかの誰でもない、私の提案だ」という顔の見えるプレゼンをしてこそ、オーディエンスはそのプレゼンに一目置くのです。


荒蒔康一郎

考えに考えて夜も眠れないこともあります。トップであれば、それは仕方がないと思っています。


吉田松陰

書を読む人は天下に満つれども、道を求むる者は絶えてなくして僅(わず)かにあり。
【覚書き|本を読む人はたくさんいるけれど、人の道を追求する人はわずかしかいなくなった】


ドナルド・トランプ

一夜にして実現することなどめったにない。一夜にして成功を手に入れたといわれる話もたいてい、内実は違うものだ。最近あなたが耳にした一夜のサクセス・ストーリーも、その陰には20年、30年以上の努力があったのかもしれない。


内藤誼人

相手を機嫌よくさせる、というのは「話させる」ための大事なポイント。人は上機嫌なときほど多弁になります。ですから、自分が話すときも、相手の機嫌がよくなるようにと意識してください。一見ネガティブな話題も、ポジティブな持っていき方をする。雨の日に商談で人に会ったとき、「雨だと嫌な気分になりますね」では、気分が落ち込んでしまう。それよりも「僕は雨の日が好きなんです。街路樹が雨に濡れてツヤツヤして、きれいですよ」と言えたら、相手もちょっといい気分になるじゃないですか。


大嶋祥誉

最も重要なのは、最初に話す「結論」が短い言葉でわかりやすく、具体的にまとまっていることです。そうすれば、根拠が多少長くても、上司は話を聞いてくれるものです。


出雲充

私が仕事のうえで効率よりも大切にしていることは、明るく、楽しく、前向きに仕事をすることです。


枡野俊明

禅には、2本の梅の木を題材にした例え話があります。梅の花は春の暖かい風が吹くと咲き始めます。しかし、早春の気候は気まぐれで、暖かくなったり寒くなったりするもの。春風が吹いたら支度をしようと考え、何も備えていなかった梅の木は、突然、春風が吹いてもすぐに花を咲かせることはできない。もたもたしているうちに、翌日にはまた寒くなり、結局、存分に花を開けないまま春が過ぎてしまう。一方、春風が吹いた瞬間きれいな花をポッと咲かせることができるのは、寒い冬の間、咲かせる準備をしていた木。言うなれば、この梅の木はチャンスをものにしたわけです。


マイケル・ポーター

あなたの直感通り、自分がハッピーで、自分が働きかけている相手にエネルギーを与え、ワクワクさせ、ハッピーな気持ちにさせることができなければ、成功する見込みは非常に低いでしょう。


大橋洋治

JALに勝つには何をすべきか、大きな視点に立ってみんなで考えなきゃいかん。


小松真実

地元では知られていても、全国的な知名度が低いために、新事業にチャレンジする資金が集まらない。そんな事業者が地方にはとても多いんです。ファンドを組成することで、資金調達だけでなく、その活動内容や存在についても発信ができます。マーケティング的な効果も大きいですね。


土田晃之

みんながそんなに詳しくないところをさも知っているかのように話すことで、「コイツ、全部知ってるんだな……」と勝手に思ってもらえる。そして一度「賢い」「物知り」という印象をつけてしまえば、その後はグッと話を聞いてもらいやすくなるし、説得力も大きく増す。