名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

伊丹万作の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

伊丹万作のプロフィール

伊丹万作、いたみ・まんさく。日本の映画監督、脚本家、俳優。愛媛県出身。旧制・愛媛県松山中学校(のちの愛媛県立松山東高等学校)卒業後、叔父を頼って上京。様々な職を転々としながら洋画の勉強をし、挿絵などを描いて稼ぐ。広島の野砲連隊に入隊、事業の失敗などを経て、旧制中学時代の友人のつてで京都に行き脚本を書き始める。『天下太平記』『國士無双』『赤西蠣太』『巨人傳』『無法松の一生』などの監督や脚本家を務めた。映画監督・伊丹十三の父。

伊丹万作の名言 一覧

法則とは自分で発見したら役立つが、人から教わるとあまり役に立たない。


見物(観客)にとっては、どんな美しい風景も、一人の人間の姿よりは、はるかに退屈なものである、というのは私の映画心理学の法則のひとつである。また、これと似たので、見物にとっては、どんな美しい音楽でも、ひとつの台詞よりは、はるかに退屈なものである、というのもある。じつに見物というものは、これほどまでに人間が好きなものである。


シナリオの形式上の問題で必ずかくあらねばならぬということはひとつもない。それは自然に決定される。たえず次のことさえ忘れなければ。すなわち、どうすればシナリオの読者に映画を見ていると同じ気持ちにさせることができるか。


伊丹万作の経歴・略歴

伊丹万作、いたみ・まんさく。日本の映画監督、脚本家、俳優。愛媛県出身。旧制・愛媛県松山中学校(のちの愛媛県立松山東高等学校)卒業後、叔父を頼って上京。様々な職を転々としながら洋画の勉強をし、挿絵などを描いて稼ぐ。広島の野砲連隊に入隊、事業の失敗などを経て、旧制中学時代の友人のつてで京都に行き脚本を書き始める。『天下太平記』『國士無双』『赤西蠣太』『巨人傳』『無法松の一生』などの監督や脚本家を務めた。映画監督・伊丹十三の父。

他の記事も読んでみる

小堀秀毅

これから10年先を見据えたとき、旭化成はもう一度変わらなくてはいけない。


谷村裕

ルールは基本的に法規によるべきで、企業が自分たちの立場で話し合って作るのでは世間に通用しない。
【覚書き:公正取引委員会委員長として企業の談合カルテル体質を批判しての発言】


佐藤可士和

悩むよりも、まず決断する。仕事はそこから拓けていくもの。


川本信彦

(92年、ホンダのF1参戦)最後の年にドライバーのアイルトン・セナが鈴鹿のレースでリタイアしたのは、小さなボルトがポロっともげただけなんです。なぜそんなミスが出るのか。守りに入ったときに起きる気の緩みです。成功の後には必ず代償が来るんです。


色平哲郎

患者さんが待っているし、僕には落ち込んでいる暇なんてないですよ。


前澤友作

スタートトゥデイがしていることは、誰も考えない、常識外れなことを「想像」し、それを実際に社会に体現して「創造」することの繰り返しだと考えているので、その2つを合わせてZOZOという響きは面白いと思い決めました。


吉原毅

これはアダム・スミスが『国富論』でちゃんと書いていることなんですが。上場会社というのは経営者も株主の短期的な視野につながるから、お金のことしか考えなくなっちゃう。それで不健全な方向にいって、バブルなんかをしょっちゅう起こすんだと。それがまさに現実化して表れるわけですよ。それを是正するには、どうしたらいいか。アダム・スミスは長期的な観点で、良識のある、コミュニケーションを持った経営をしなければと。


谷口祥子

周囲が盛り上がっている中で自分だけがその話題を知らない、というときはつまらなそうな顔で黙り込まず、積極的に質問を。「皆さんは何がきっかけでハマったんですか?」と聞くと会話に加われますし、「どんな話題にも対応できる楽しい人」という評価にもつながるでしょう。


宮沢俊哉

成功したとき、つい有頂天になって、祝杯を挙げて済ませてしまいそうな場面ですが、ここは落ち着いて振り返ることが必要です。すると「結果はよかったが、この部分には不安が残る」といった発見もできます。これは偶然を必然に変えるプロセスでもあります。最初は単なるラッキーで手に入った成功でも、分析すれば理由がわかり、その部分を繰り返せば次は意図的に成功を引き寄せられる。そんな成功セオリーを見つけるのも、俄然やる気が出てくる瞬間ですね。


野部剛

トップ営業マンは、事前準備で成約の8判が決まることを知っている。


黒川茂

リーマンショック以降、IT関連ビジネスは全体的に縮小しているため、われわれが取りに行けるパイも縮小していますが、採算性が多少落ちても、数多くの案件を取りに行くよう方向転換することで対応しています。数を取ることによって、以後の保守・サービスが継続的に見込めるようになるからです。


柏木英一

今後はお客様にとって、よりフリクションレス(無摩擦)な銀行を目指していきたいと考えています。銀行をご利用いただく上で、少しでも煩わしい点を解消し、さらに身近な銀行になりたいと考えています。