伊丹万作の名言

伊丹万作のプロフィール

伊丹万作、いたみ・まんさく。日本の映画監督、脚本家、俳優。愛媛県出身。旧制・愛媛県松山中学校(のちの愛媛県立松山東高等学校)卒業後、叔父を頼って上京。様々な職を転々としながら洋画の勉強をし、挿絵などを描いて稼ぐ。広島の野砲連隊に入隊、事業の失敗などを経て、旧制中学時代の友人のつてで京都に行き脚本を書き始める。『天下太平記』『國士無双』『赤西蠣太』『巨人傳』『無法松の一生』などの監督や脚本家を務めた。映画監督・伊丹十三の父。

伊丹万作の名言 一覧

法則とは自分で発見したら役立つが、人から教わるとあまり役に立たない。


見物(観客)にとっては、どんな美しい風景も、一人の人間の姿よりは、はるかに退屈なものである、というのは私の映画心理学の法則のひとつである。また、これと似たので、見物にとっては、どんな美しい音楽でも、ひとつの台詞よりは、はるかに退屈なものである、というのもある。じつに見物というものは、これほどまでに人間が好きなものである。


シナリオの形式上の問題で必ずかくあらねばならぬということはひとつもない。それは自然に決定される。たえず次のことさえ忘れなければ。すなわち、どうすればシナリオの読者に映画を見ていると同じ気持ちにさせることができるか。


伊丹万作の経歴・略歴

伊丹万作、いたみ・まんさく。日本の映画監督、脚本家、俳優。愛媛県出身。旧制・愛媛県松山中学校(のちの愛媛県立松山東高等学校)卒業後、叔父を頼って上京。様々な職を転々としながら洋画の勉強をし、挿絵などを描いて稼ぐ。広島の野砲連隊に入隊、事業の失敗などを経て、旧制中学時代の友人のつてで京都に行き脚本を書き始める。『天下太平記』『國士無双』『赤西蠣太』『巨人傳』『無法松の一生』などの監督や脚本家を務めた。映画監督・伊丹十三の父。

他の記事も読んでみる

林文子

私は自動車のセールスを始めたのが31歳と遅く、当時は女性がほとんどいない業界でしたので、「男性よりも多く売らなければ認めてもらえない」という一心で一生懸命に働いてきました。


青木仁志

当社では「セルフカウンセリング」を徹底して実施しています。「私にとって一番大切なものは何か」「私が本当に求めているものは何か」「それを手に入れるために、私は今何をしているのか」「その行動は、本当に効果的か」「もっといい方法はないか」など。要は、みずからの内発的動機を呼び起こし、それに改めて気づくきっかけとなるような自問自答を、毎朝、社員全員で励行し、内的コントロールを深めているのです。しかも、「主語」を変えながら。それが当社の「セルフカウンセリング」のキモでしょう。つまり、「私」を「お客様」「経営者」「上司」などと置き換え、「お客様が本当に求めているものは何か」「経営者にとって本当に大切なものは何か」と、自分自身に問いかけていきます。そうすることで、「私」の自己実現が単なる自己満足に矮小化されないよう、企業の発展と個々人の自己実現を絶えずすり合わせているのです。


佐野末四郎

リーマンショックを境に船の注文がパタリと止まってしまって……。それなら、船大工の技術を多くの人に伝えるために自転車を作ってみようと思ったんです。最初は周りに不可能だって言われた。でも、船大工は1ミリ以下の世界でモノを作りあげる技術を長い間、身につけてきた。はじめから作れるっていう自信はありましたね。


山中伸弥

米国に行くまでは、「研究者は実験して論文さえ書けばいい」と考えていました。当時の私をはじめ、日本人の中には「研究結果が良ければそれでいい」と考える人が少なくないのではと思います。「結果が良ければ、他人に分かってもらえなくていい」という考えが、頭のどこかにある気がする。ところが、米国はそうではありません。研究者だけでなく、寄付してくれる方にも、正確に、かつ分かりやすく、自分の研究内容を説明しなければならない。「誰にでも分かりやすく伝える」ことの重要性を、叩き込まれました。


尾野真千子

心掛けたのは、現場に入る前に、そこにあるものを全部触ってみること。美術さんが用意してくれた小物とか、建物とか。その時代のものを一通り触ってみるんです。かき氷機をくるくる回してみたり、扉を開け閉めしてみたり。そうやって、少しでも自分をその時代になじませるようにしました。


古市幸雄

あなたは心のどこかで、お金がないと思ってはいないでしょうか。一方で、大型テレビに数十万円を投じたり、玄関先に家族の人数より多い傘が陣取っていたりしないでしょうか。お金がない理由はひとつしかありません。収入に対して支出が多いということです。身分不相応の生活をしているということです。世間で「普通」と言われていることは、商品の売り手が発信しているイメージの中の普通にすぎません。それに律儀に付き合う必要はありません。


土光敏夫

これから期待される社員像は変化に挑戦しうる人である。


山田敏夫

驚いたのは「お客様は神様」ではなかったこと。GUCCIでは短パンにランニングを着た観光客が来るとドアマンが追い払うし、お金持ちが「このかばんを10個くれ」というと、「そんなに買わないでください」とお断りすることもある。彼らはものづくりに誇りを持っていて、お客様と対等な立場で話すのです。

【覚え書き|フランス留学中、グッチで働いた時を振り返って】


森下篤史

セールスが上手いと言われる先輩に同行して、なぜかレジを売りに行った店で、半日ずっと「どうか買ってください」って先輩と一緒に土下座したりしました。最後に相手が根負けして買ってくれるのを見て、「こんなやり方もあるのか」と驚いたものです。たぶん、こういう技というか、いけるパターンみたいなものは、それぞれが見つけるものでしょう。


舘ひろし

常に女性のことを考えていれば、いくつになっても色気のある男になれますよ(笑)。


美輪明宏

好きなことをしてお金をもらえるのは、よほど稀な人だけです。その人でさえ、陰ではものすごい努力と血の涙と汗を流しているのです。世に名を残す人は皆例外ではありません。楽をしながら好きなことをしてお金を得ようと思っていることは図々しいのです。そんなことはこの世では許されません。


堀紘一(コンサルタント)

時間を有効に使うため、細切れの時間を活用することも大切だ。僕はいつも鞄の中に文庫本を用意している。訪問先で少し待たされたりするときに、少しずつ読み進む。そうすると一週間に一冊くらいのペースで読了する。相手に待たされても、腹を立てることがなくなる効用もある。


森下一喜

パズドラのヒットは運が良かったから。流行っているゲームと同じことは絶対にやらない。そう強く思っていました。


國貞文隆

仕事上手な人は、息抜きを非常に大事にしています。


松井道夫

これからは日々進化するロボットやコンピューターが人間の単純労働を代替していくだろう。さりとて、人間がいらなくなるわけではない。もっと高次の仕組み「創り」にその能力を発揮すればよい。人間本来の持つ、アナログ的能力が再び付加価値の源泉となるだろう。


ページの先頭へ