名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

伊与田敏の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

伊与田敏のプロフィール

伊与田敏、いよだ・さとし。日本の起業家。大和企画創業者。24歳でホールスタッフをしていた居酒屋ののれん分けを受けて独立し、群馬県高崎市で飲食事業を順調に業績を伸ばしている経営者。『高崎酒場』など数多くの地元人気店をつくった人物。

伊与田敏の名言 一覧

まだ創業10年ですから、収穫はまだ先だと思っています。いまは身も心も、仕事、仕事です。
【覚書き|年収1000万円を超えても、実家暮らし、服にも車にもカネをかけない理由について聞かれての発言。】


一組のお客さんの滞在時間を長くすることがいまは大事です。


居酒屋は労働時間が長くなりがちです。だから少しでも働きやすい環境、楽しい職場にしてあげたい。実際、うちでは昔から働いている子が多いんです。極意は、自主性を重んじること、とりあえずやらせてみることです。


伊与田敏の経歴・略歴

伊与田敏、いよだ・さとし。日本の起業家。大和企画創業者。24歳でホールスタッフをしていた居酒屋ののれん分けを受けて独立し、群馬県高崎市で飲食事業を順調に業績を伸ばしている経営者。『高崎酒場』など数多くの地元人気店をつくった人物。

他の記事も読んでみる

阿部絢子

生きていく上で一番大切なのは、自分が充足感を覚えられるかどうか。


玉塚元一

やりようはあるんですよ。こういった状況(不況)でも、いいところはいいわけですから。


松下幸之助

心配またよし。心配や憂いは新しくものを考え出すひとつの転機ではないか。


藤田近男

先代(創業者、中島董一郎氏)とは42歳の年齢差がありました。入社したときは先代を含めて社員はわずか5人。20年以上も一緒に仕事をし、マンツーマンで教育してもらいました。厳しかったが、それでも一回目の失敗は許してくれました。企業に失敗や敗者復活を許す風土がないと、やっぱり社員は育ちません。


水口和彦

よく「仕事に優先順位をつけなさい」といわれますが、私はあまり意味がないと考えます。優先順位の高いものから取り組めば、優先順位の低いものは先延ばしになります。優先順位が低いとはいえ、片づけるべき仕事であることに違いはないのに、それがいつまでも残っていると気分的にもスッキリしません。優先順位をつけずに「やる」か「やらないか」だけを早い段階で判断することを重視すべきです。そのうえで「やる」と判断した仕事について、仕事の期限と自分の空き時間で判断して割り振ればいいのです。


ワシントン・アーヴィング

良きにつけ、悪しきにつけ、変革にはある種の救いがある。


國分文也(国分文也)

事業を通じて世界の発展に貢献できるのが商社の醍醐味。心のどこかに国を背負い、その次に丸紅を背負う。一人一人が国や会社の代表者なのだということを考えて仕事をしてほしい。


冨安徳久

会社に入って働くことはお金を得ることだと思っている人がいますが、それは違います。働くことが得ることだという考えのまま入社させてしまうと、行動の全てが損得勘定になってしまいます。


渡辺健太郎(経営者)

そもそもインターネットに国境はありませんし、海外展開も私にとっては何も気負うことのない、普通のことです。私は、ボーダーをもっとカジュアルに超えていきたいと思っています。


ロバート・マートン

大切なのは、リタイアする前にいくら貯めるかということではなく、リタイアした後に毎年いくら必要なのかを把握し、その収入が確実に得られるよう手立てを講じておくことだ。


似鳥昭雄

受け身、守りの人は絶対にダメ。私が欲しい人材は、実績がありながらも、積極的にこれまでのやり方を変えていこうという人。過去の成功と、現在のシステムを変えて新しいことができる人が必要です。


糸井重里

ベースとなる「感じる」部分が錆びないことが大切です。次に「思う・考える」。それで「何をするか」だと。「感じる」が消耗すると、考えることだけしかしなくなって、それこそ前提などにとらわれてしまい、「誰も要らないよ、そんなの」といった、とんちんかんな商品やサービスを提供しかねない。