名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

伊与田敏の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

伊与田敏のプロフィール

伊与田敏、いよだ・さとし。日本の起業家。大和企画創業者。24歳でホールスタッフをしていた居酒屋ののれん分けを受けて独立し、群馬県高崎市で飲食事業を順調に業績を伸ばしている経営者。『高崎酒場』など数多くの地元人気店をつくった人物。

伊与田敏の名言 一覧

まだ創業10年ですから、収穫はまだ先だと思っています。いまは身も心も、仕事、仕事です。
【覚書き|年収1000万円を超えても、実家暮らし、服にも車にもカネをかけない理由について聞かれての発言。】


一組のお客さんの滞在時間を長くすることがいまは大事です。


居酒屋は労働時間が長くなりがちです。だから少しでも働きやすい環境、楽しい職場にしてあげたい。実際、うちでは昔から働いている子が多いんです。極意は、自主性を重んじること、とりあえずやらせてみることです。


伊与田敏の経歴・略歴

伊与田敏、いよだ・さとし。日本の起業家。大和企画創業者。24歳でホールスタッフをしていた居酒屋ののれん分けを受けて独立し、群馬県高崎市で飲食事業を順調に業績を伸ばしている経営者。『高崎酒場』など数多くの地元人気店をつくった人物。

他の記事も読んでみる

丸山学

設備投資など初期投資にお金をかけてしまうと、それが重荷となり、潰れてしまうケースは多い。ここを工夫できるかどうかが勝負の分かれ目。


松下幸之助

経営を預かる者は、仕事がたとえなくても、社内を沈滞させないように考えなくてはいかん。それができるかどうかが、経営者としての分かれ道。


相澤賢二

当社では、買っていただいたお客様に対するご様子うかがいの訪問も、原則としてやっていません。その代わり、ハガキをお送りしています。ハガキを一枚お送りするのは訪問一回と同じ効果があると、私は考えているんです。ハガキを書くのは、手間暇かかって根気のいる作業です。でも、そういう地道な努力と準備が、売れる営業マンになるためには不可欠。お店でのトークをいくら磨いても、そんなものはすぐに、お客様に見破られますからね。


楠本憲吉

会話のセンスは、要はその人、その人に合った言葉を選び、この場合はこんな言葉づかいがいいのかなという、できるだけ新鮮な、手あかのつかない言葉で話すことだ。


篠原欣子

こちら側で誠意を尽くせば、相手もそれを受け入れてくれる。


遠藤保仁

僕が心がけたいのは、誰もが自分の考えを何でも言い合える、風通しの良い雰囲気をチームに作っていくことです。


柳生博

八ヶ岳倶楽部は利益のためにやっているわけではありません。スタッフが生活できる程度の収入はありますが、僕の懐には入っていない。日本野鳥の会の会長職もノーギャラで引き受けています。お金のためではなく、自分がやりたくてやっているからこそ長続きもするし、人も集まってくれるのでしょう。


鬼頭宏昌

発想やアイデアとは言い換えれば「気づき」。企画だけでなく仕事のやり方や人間関係も含めて「気づく」ことができる人が、ビジネスで成功している。


水野幸男

現在コンピュータのOSは米国に席巻されており、日本はこれに全面的に追随しているのが現状です。新しいOS開発は、リスクが高い事業です。経営陣が二の足を踏む気持ちもわからないではありません。しかし、新しいことにチャレンジしなければ、日本は永遠に米国の追随者で終わってしまうでしょう。いまこそ、日本は総力を挙げて、新しいOS開発に取り組むべきではないでしょうか。
【覚書き|2002年末の発言】


佐治信忠

日本には、人生の喜び、楽しみといった側面を重視する国になって欲しいと思う。


熊坂隆光

いまのキャッチコピーは「産経新聞があってよかった」です。これは読者の方の率直な感想でもあります。今日の政治状況や大震災後の日本など、今の日本が置かれた状況下で、どの新聞を読むべきか、何に論拠を求めたらいいのかという時代に「産経新聞があってよかった」という読者の率直な感想から、こういうキャッチコピーにしたんです。


後藤卓也(花王)

「教科書にすべて書いてあるから、これさえ修得すればいい」という思考に陥らないように気をつけないといけない。