名言DB

9412 人 / 110637 名言

伊与田敏の名言

twitter Facebook はてブ

伊与田敏のプロフィール

伊与田敏、いよだ・さとし。日本の起業家。大和企画創業者。24歳でホールスタッフをしていた居酒屋ののれん分けを受けて独立し、群馬県高崎市で飲食事業を順調に業績を伸ばしている経営者。『高崎酒場』など数多くの地元人気店をつくった人物。

伊与田敏の名言 一覧

まだ創業10年ですから、収穫はまだ先だと思っています。いまは身も心も、仕事、仕事です。
【覚書き|年収1000万円を超えても、実家暮らし、服にも車にもカネをかけない理由について聞かれての発言。】


一組のお客さんの滞在時間を長くすることがいまは大事です。


居酒屋は労働時間が長くなりがちです。だから少しでも働きやすい環境、楽しい職場にしてあげたい。実際、うちでは昔から働いている子が多いんです。極意は、自主性を重んじること、とりあえずやらせてみることです。


伊与田敏の経歴・略歴

伊与田敏、いよだ・さとし。日本の起業家。大和企画創業者。24歳でホールスタッフをしていた居酒屋ののれん分けを受けて独立し、群馬県高崎市で飲食事業を順調に業績を伸ばしている経営者。『高崎酒場』など数多くの地元人気店をつくった人物。

他の記事も読んでみる

長谷川穂積

山下(真正ボクシングジム会長・山下正人)さんと出会ったのは、前のジムでのこと。ジムからごっそりとトレーナーがいなくなってしまって、選手経験もなくトレーナー修業を始めたばかりの山下さんがミットを持ってくれることになったんです。正直、当時はいまほどミットもうまくないですし、バリエーションもありませんでした。でも、とにかく一生懸命やってくれるんですよ。もちろん、懸命なのはトレーナーにとって当たり前のことなんですけど、なんて言うんですかね……。ミットを受けていて、「この人、ほんまに俺を勝たしたいんだな」という気持ちが伝わってきたんです。


乘京正弘(乗京正弘)

やはり腹を割って話さないと現場の円滑な進行はできない。


佐野睦典

今、我々に必要なのは再び世界の産業をリードするためにプロデューサーの視点を持つこと。日本は商品単体を作るのは得意ですが、今後は構想力を駆使したプロデューサーになることが急務です。例えば「自動車」ではなく「安全で快適に移動するシステム」をプロデュースするのが自動車メーカーの役割です。プロデューサーになれば中国など新興国が勢力を拡大しても心配ありません。


吉山勇樹

仕事にとりかかる前に段取りをしっかりしなかったために、やり直しに2時間もかかってしまうくらいなら、そのうち1時間でも段取りの時間に回して、やり直しを30分に抑えた方が効率的です。


石渡美奈

コミュニケーションにできるだけ手間をかけることが必要です。私はEメールだけでなく手紙を書くように心がけているんです。たしかに、Eメールって便利ですけど、あの手軽さでは心が伝わりません。ところが同じ文面でも手紙なら、一字一字書いてポストに投函してくれたのだ、という気持ちが一緒に伝わります。手紙やハガキをもらうと嬉しいのは、だからなんです。


金子哲雄

自販機や24時間営業の店が増えたり、カードで買い物ができたり、世の中が便利になっている分、消費する機会も増えているのです。浪費の誘惑に気をつけたいものです。


千本倖生

DDIを立ち上げるというお話をしたとき、松下翁(パナソニック創業者・松下幸之助氏、当時90歳前後)は「やめたらあきまへんで」と言われました。やめたときに、事業は初めて失敗する。この言葉に支えられました。いったん始めたら、どんなにつまらないことであっても、目の前にあることをひとつひとつ確実にやっていくこと。それが、私が諦めることなくやってこられた理由です。


荻原紀男

企業が生き残るためには、新しい技術をいち早く取り込まなければならない。


神田昌典

多くの日本人は恥ずかしがってやりたがりませんが、最も効果的なスピーキングの練習はスピーチをすることです。まずは自分で日本語で文章を作り、ネイティブに英訳してもらいます。後はそれをスピーチし、テープに録音する。何度も聞き返しては修正を繰り返し、丸暗記してつまずくことなく話せるようになるまで練習します。現在は、様々な英語教材や勉強法がありますが、中国の知識人が『論語』を暗唱したように、暗記は今も最も効果的な練習法なのです。


近藤史朗

未来と現在をつないで両者の間にある溝を埋めるためには、マーケティングと技術経営を徹底的にやらなければいけません。これが経営の核心になるということです。


小杉俊哉

一見して不運なことのほうがチャンスに結びつきやすく、ラッキーにみえることのほうがリスキーであることが多いのです。


蟹瀬誠一

たしかにお金は大切だが、まず「自分が人生の最後の日まで、どう歩もうとしているのか」をじっくり考える時間を持つことを提案したい。どんなライフスタイルを選ぶかで、かかるお金の額も変わってくるからだ。


梶原しげる

相手を説得できないのは、話の内容や言葉遣いだけではありません。話す内容と声とのミスマッチも、説得できない原因の一つ。威圧的だったり、投げやりだったりする声を聞けば、誰しも嫌悪感を感じますよね。そうなると説得する以前に、聞く耳を持ってもらえない。声の印象が及ぼす影響は、皆さんが考える以上に大きい。


元谷外志雄

「若くして自分の城を持て」「借りた家に住んでいるようではダメだよ」社員によくこう言うんです。不動産投資の一番簡単な方法は自分の家に投資することです。そのとき、一部屋を貸し出して家賃が取れるような造りにするといい。まず家を1軒持てば、自宅資産プラス含み資産を評価して次の融資が受けられます。1軒目のローンをきちんと返済していれば信用もつくから、次のローンは組みやすい。そもそも家は最初の1軒を持つのが大変で、2軒目は少し楽になります。3軒目はもっと楽になるし、10軒目はもっともっと楽。家をたくさん持つと「大変だね」と世間の人は言いますけど、逆なんです。裏を返せば、投資リスクがそれだけ下がるということです。従って、持てる人はますます持つようになって、持てない人はいつまでも持てないのです。


鴻池善右衛門宗利(三代目善右衛門)

代々出入りしてきた大名方には、これまでどおり念を入れてお勤めするように。新規の大名方への出入りを求めて立て替えをするのは無用である。利益に目がくらみ、おぼつかない方との取り引きはしてはならない。間違いのないような取り引きのみにし、貸付金が大きくならないようにすること。末代までもこの心得を持って家業を勤めるように。