伊与田敏の名言

伊与田敏のプロフィール

伊与田敏、いよだ・さとし。日本の起業家。大和企画創業者。24歳でホールスタッフをしていた居酒屋ののれん分けを受けて独立し、群馬県高崎市で飲食事業を順調に業績を伸ばしている経営者。『高崎酒場』など数多くの地元人気店をつくった人物。

伊与田敏の名言 一覧

まだ創業10年ですから、収穫はまだ先だと思っています。いまは身も心も、仕事、仕事です。
【覚書き|年収1000万円を超えても、実家暮らし、服にも車にもカネをかけない理由について聞かれての発言。】


一組のお客さんの滞在時間を長くすることがいまは大事です。


居酒屋は労働時間が長くなりがちです。だから少しでも働きやすい環境、楽しい職場にしてあげたい。実際、うちでは昔から働いている子が多いんです。極意は、自主性を重んじること、とりあえずやらせてみることです。


伊与田敏の経歴・略歴

伊与田敏、いよだ・さとし。日本の起業家。大和企画創業者。24歳でホールスタッフをしていた居酒屋ののれん分けを受けて独立し、群馬県高崎市で飲食事業を順調に業績を伸ばしている経営者。『高崎酒場』など数多くの地元人気店をつくった人物。

他の記事も読んでみる

伊丹万作

法則とは自分で発見したら役立つが、人から教わるとあまり役に立たない。


大竹伸一

チャレンジ精神とは、言葉をかえれば、世の中のあらゆる事象に興味を持つということです。ひとつの工程を手掛けていても、最近は川上や川下の工程すべてに関わるような仕事が増えています。すると、与えられたパーツだけを突き詰めていくのではなく、全体に目配りした仕事ぶりが必要になります。逆に全体を見ることができなければ、それ以上の成長は望めません。


細谷英二

社外取締役には経済同友会を通じて知り合いだった花王元副社長の渡辺正太郎氏、トヨタ自動車の常勤監査役を務めた井上輝一氏らが入りました。花王もトヨタも国内を代表するモノづくりメーカーです。銀行の現場を自ら徹底して分析し、サービス改革、ローコストオペレーション、「カイゼン」の概念をりそなに持ち込みました。


倉本由香利

オーナーシップはものごとを組み立てて、前に進むためのポイントになります。オーナーシップとは、常に当事者意識を持ち、自分が積極的に動いて解決しようとすることです。


ジャック・ウェルチ

人が第一、戦略は二の次と心得ること。仕事でもっとも重要なことは適材適所の人事であって、優れた人材を得なければ、どんなにいい戦略も実現できない。


常見陽平

40代が目指すべきは教養のある大人である。いい年齢なのだからネットや新書、テレビだけでわかりやすい知識を得ようとせず、岩波や中公文庫を買って古典に接しよう。


福地茂雄

いまはあらゆる分野に変化が起き、しかも変化の奥行きが深く、スピードも速いという三次元の変化の時代です。私たちは変化に流されることなく、適応していく必要があります。流されることと適応することとは大きく違います。適応するためには、確固たる判断の軸足を持っていなければなりません。


鈴木三郎助(三代目)

うんと学び続け、お客様にその報告にうかがうことは、実に楽しいことだった。私にとっては、そのことで心豊かになり、充実感に充たされる焔の時だった。


高橋克実

僕は、仕事に対してこういう形を目指すぞ、という思いはないんです。「強い意思や目標がなかったら、今の自分はなかったでしょ?」と皆さん言われますが、石にかじりついてでも、売れてやるなんて考えたこともない。では、なぜやり続けられたかといえば好きってことに尽きますね。子供のころから夢中で見ていた映画や舞台。その作品や、憧れていた素敵な役者さんたちが活躍する世界に自分も参加できる喜び。一緒に芝居ができる日々は夢のようで、それだけで達成感があるんです。


梅原誠

僕はいろんな人の注意や言葉との出会いにインスパイアされて生かされてきた。


江上治

足元、目先の相場の動きに一喜一憂しては長期のリターンを獲得するのは難しい。日経平均株価や円相場でも長期の視点を持って見る必要がある。


シェイクスピア

ふたつの道のうち、どっちにしても極端に走るような人は、嫌悪すべきだ。


伊藤一郎(経営者)

高分子ろ過膜プラノバは初期の研究から10年がかりでしたが、粘り強い開発と、時代の要請が事業を成功に導いたのだと信じています。


いっこく堂

ブレイクし始めた頃、大手の芸能事務所からオファーをいただいたのですが、自分の思うような方向へは行けないかもしれないと考え、辞退しました。もちろん大手芸能事務所に所属すれば、テレビタレントとして仕事が増えた可能性はあったと思いますが、僕はテレビよりもライブが好き。直接、お客様の驚いたり喜んでいる顔が見られる環境が好きなんです。


松平康隆

私のミュンヘン時代の部下は、選手、コーチ、トレーナーとも私の持っていない、尊敬できるものを持っていた。しかし、私はコンプレックスを感じたことは微塵もなかった。なぜなら、私は彼らの知らないことを知り、できないことをできるように努力したからである。この努力をしないで、「俺は監督だから」というところに拠り所を求めたら、すべてが終わりになる。


ページの先頭へ